いつも遊ぶ本体 セーブデータ。 【ポケモン剣盾】ゲームのセーブデータ取り扱い注意

あつまれ どうぶつの森のセーブ引越し・バックアップは年内提供。当初は始めた本体に固定

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

Nintendo Switchのダウンロード版の中古の取り扱いについてご説明しますね。 まずNintendo Switch自体アカウントが必要になります。 そしてダウンロード版というのはインターネット上で同一のアカウントを使用してNintendoのサイト内で購入し、Switch場でそのアカウントを使用してダウンロードするという形になっています。 そのため、Switchの使用アカウントしかダウンロードコンテンツで遊ぶことはできません。 もしダウンロード版を含めて売却する場合には、売却相手にアカウントを教えなければいけません。 しかしアカウントには住所や電話番号、最悪はクレジットカード情報なども記載している場合があります。 かなり重要な個人情報を載せているものですので、気軽にアカウントごと売却するのは得策ではありません。 もし、ダウンロード版を含めて売却する場合には、アカウント情報の住所や年齢や名前などをあらかじめ売却相手の物にしたうえで行う方が良いでしょう。 ただし、この方法が使えるのはブックオフなどの仲介業者が入ってしまうと成り立ちませんので、お店に売却するのであればアカウントは消すか消されるかすると思います。 またご自身のアカウントをお持ちであれば、他のSwitchで遊ぶときに再度ダウンロードが出来ますので、そういったところがダウンロード版の魅力ですね。 また、通常は本体に保存されるセーブデータがインターネット上に保存できるサービスも昨年から始まったようなので、インターネット回線とSwitchさえあればいつでも遊ぶこともできるようですね。 一方パッケージ版はソフトも売却できるので、お金に換えられるメリットがありますので、売却を考えているのであれば、パッケージ版を購入することをおすすめします。 以上参考になさってください。 Nintendo Switchのダウンロード版ソフトは、Nintendo Switchではなく、あなたの個人アカウントにひも付けされています。 なので本体を売ってしまっても、またあたらしく本体を購入すれば、そちらに同じアカウントで登録することで、ダウンロードしなおして遊ぶことができます。 しかしセーブデータの方は、そのまま消えてしまいます。 いちおうNintendo Switchオンラインに加入していればセーブデータがオンライン上に自動でバックアップされているので、大丈夫なのですが。 ちなみに個人アカウントにひも付いているんだったら、Nintendo Switchを何個も買ってそれぞれにダウンロード版ソフトを買ったものと同じアカウントを登録すればどれでも遊べるのかと言うと、ちょっと話が複雑になります。 どのNintendo Switchにもダウンロードすること自体は可能なのですが、本Nintendo Switch本体に個人アカウントを「いつもあそぶ本体」として登録しておかないと、オフライン上ではそのソフトを遊ぶことができません。 そして個人アカウントはひとつのNintendo Switchにしか「いつも遊ぶ本体」登録することができません。 登録していないNintendo Switchでダウンロード版ソフトを遊ぶには、オンラインに繋いでいないといけません。 そしてふたつのNintendo Switchで同時にゲームを遊ぶことはできません。 ゲームをプレイする優先権は常に「いつも遊ぶ本体」の方にあり、そちらでゲームが開始されると、もうひとつのほうはプレイできなくなってしまいます。 これがNintendo Switchのアカウントのひも付けの仕組みと言うわけです。 基本的にゲーム機本体を売却する時は、一度本体のデータを全て削除して初期化しない限り売ることは出来ないと思います。 ですがゲーム自体はニンテンドーアカウントに紐付けられているので、また新しいSwitchに買い替えた場合はまたそのゲームをダウンロードして遊ぶことが出来ます。 ニンテンドーSwitchを初期化する際は、ホームにある設定から初期化を選んで、本体の初期化を選ぶことで全てのデータの削除が可能です。 ただし、あくまでこれはSwitch本体のデータだけであって、その本体とリンクされていたニンテンドーアカウントが消えることはありません。 パスワードとID、もしくは登録メールアドレスさえあれば新しいSwitchに買い替えても簡単な手続きをすることで、また同じゲームを遊ぶことが出来ます。 セーブデータについては、月額サービスのニンテンドーSwitchオンラインに加入している場合としていない場合で移行方法が異なります。 オンラインに加入している場合は、「セーブデータお預かり」という機能があるので、ネットに繋がっていれば自動でセーブデータがクラウドに保存されています。 後は新しい本体を購入した時に、同じニンテンドーアカウントでユーザー登録を行い、セーブデータのダウンロードを行うだけです。 セーブデータがバックアップされているかの確認や、新しい本体でのダウンロードは、全て「設定」の「データ管理」から行うことが出来ます。 加入していない場合は二台のSwitchを同時にネットに繋がなければいけません。 この場合は両方の本体から「ユーザーとセーブデータの引っ越し」という項目を操作することでセーブデータの移行が出来ます。 注意点として、二台目はこの場合、ニンテンドーアカウント側の「いつも遊ぶ本体」に登録されていないため、二台目でダウンロードゲームを遊ぶことが出来るのはそのままではネットに接続したときだけとなります。 移行後に一台目の初期化を行って、改めて二台目をいつも遊ぶ本体に登録しなければなりません。 総じて、かなり煩雑で制限と手間の多い移行方法のため、素直にオンラインに加入してセーブデータお預かりサービスを使うのが一番だと思います。 月額も税込み300円とかなり安いです。 まあ、スプラトゥーンやスマブラなどを所持していた場合大半はすでにオンラインに加入しておられるとは思いますが…… ただし、どちらの場合でも写真や動画はmicroSDカードに保存しなければなりません。 これは単に登録した新しい本体にmicroSDカードを差し替えるだけなので手間はかかりません。 実は以前は一度同じ本体で購入したダウンロードソフトは、本体を買い替えた場合は移行不可能でしたが、アップデートにより移行が可能になりました。 セーブデータお預かりサービスと合わせて、売却やダウンロードゲームの削除などがより容易になったということですね。 もちろん、ニンテンドーアカウントとニンテンドースイッチオンラインは別のサービスなので、新しい本体を買い替えた時に改めてオンラインに加入する、という形式も可能です。

次の

【NintendoSwitch】本体更新ver.6.0.0からSwitch2台持ちでのダウンロードソフトの管理が便利になった!?

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

2020年3月20日より Nintendo Switch でいよいよはじまる新しい『どうぶつの森』、『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)。 最新作ではたぬきちの会社たぬき開発が提案する「無人島移住パッケージプラン」に参加。 豊かな自然に囲まれたとある無人島を舞台に、本編の発展のみならず派生作品の要素も取り込んで、これまで以上に自由気ままなぶつ森ライフを楽しむことができます。 「無人島移住パッケージプラン」への参加を前に、このページでは、一つのソフトで遊べる島やプレイヤーの数であったり、Nintendo Switch Online や amiibo 対応、連携、マイデザイン、とたけけやリセットさんといったおなじみのキャラクターは登場するの?など、『あつまれ どうぶつの森』を遊ぶ上で気になることについてまとめています。 コンテンツ• 『あつまれ どうぶつの森』で気になること FAQ ソフト1本で何人まで遊べる? 『あつまれ どうぶつの森』は、Nintendo Switch 本体1台とソフト1本で、本体に登録されているユーザー最大8人まで1つの島を共有して遊ぶことができます。 マルチプレイ マルチプレイは、同じ島の住人同士の場合は最大4人まで参加が可能(人数分のコントローラーが必要です。 おすそわけプレイ対応)。 ローカル通信プレイやオンラインプレイでは、最大8人まで自分の島や相手の島に集まって遊ぶことができます。 複数の島を作って遊びたい Nintendo Switch 本体1台で作れる島は1つだけ。 ソフトを複数本用意しても、別の島を作ることはできません。 仮にパッケージ版とダウンロード版を併用したときも、島データは本体に1つしか作成・保存されないため、1つの本体に複数の島を作ることはできません。 別の本体にセーブデータを引っ越しできる? 『あつまれ どうぶつの森』のセーブデータは「ユーザーの引っ越し」や「セーブデータの引っ越し」には対応していません。 そのため従来の方法で、他のソフトと同じように別の本体へデータを移動させることはできません。 本体の故障や紛失でセーブデータがなくなるのが不安 『あつまれ どうぶつの森』は Nintendo Switch Online の「セーブデータお預かり」(クラウドセーブ)機能にも対応していません。 となると、万が一の本体故障や紛失・盗難などで大切なセーブデータがなくなってしまわないか非常に不安です。 任天堂は本作独自の形でユーザーやセーブデータを他の本体に引っ越しさせる機能を検討中。 年内にも対応する予定であると発表しています。 セーブデータお預かり機能と似ていますが、「サーバーにバックアップしたセーブデータを復旧できるサービス」を、提供する予定だとしています。 Nintendo Switch Lite で遊べますか 『あつまれ どうぶつの森』は Nintendo Switch Lite にも対応しています。 ただしコントローラーを取り外せないので、同じ島の住人同士でマルチプレイを楽しみたいときは、Joy-Con やプロコントローラーを別途用意、接続する必要があります。 とたけけなどおなじみのキャラクターは登場する? 『あつまれ どうぶつの森』で主人公は「無人島」に移住して新たな暮らしをはじめることになります。 となると、おなじみのキャラクターがこれまでのように登場してくれるのか心配です。 最初は島民だけの小さな集落でしかありませんが、徐々に島を発展させ新たな施設の建設や誘致をできるようになります。 博物館や商店、エイブルシスターズなども登場します。 しずえ 案内所を改築していくと、『とびだせ どうぶつの森』で登場しまたたく間にシリーズを代表するキャラクターの1人となった「しずえ」さんも登場。 よりよい島づくりのサポートを行ってくれます。 とたけけ 毎週土曜の夜に弾き語りライブを行っているミュージシャン「とたけけ」。 『とび森』ではクラブDJ「DJ K. K」としても活躍を見せてくれましたが、『あつ森』でも彼のライブは健在。 土曜の夜に会うことができるようです。 またラジオから音楽を聴くこともできます。 『あつ森』では様々なかたちでとたけけの音楽を耳にすることができるようです。 なおSpotifyなど、ストリーミング配信サービスへの展開は未定だとか。 amiibo 対応について 『あつまれ どうぶつの森』は『amiibo』に対応。 どうぶつの森シリーズはフィギュアタイプとカードタイプとがあり、ラインナップが最も多いシリーズとなっています。 『あつまれ どうぶつの森』ではフィギュアとカードの両方に対応。 連動内容 Joy-ConやプロコンのNFCエリアに『amiibo』をタッチすると、その動物を呼び出すことができます。 どうぶつたちをキャンプサイトに招待したり、撮影スタジオにモデルとして招き、こだわりの写真撮影を楽しんだりすることができます。 一部の特別なキャラクターに関しては順次対応予定。 アップデートを待ちましょう。 入手困難なキャラクターは再生産される? 「どうぶつの森シリーズ」の『amiibo』は、現在では入手困難なキャラクター、商品が多くなっています。 同じく品薄となっていた シリーズ」の『amiibo』は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』発売のタイミングで再生産され、現在も多くのキャラクターを見かけることができます。 『あつ森』についても2020年3月以降、各キャラクターの再生産が行われるのではないでしょうか。 あるいは、新登場のキャラクターや服装が変わるメインキャラクターもいるでしょうから、『あつ森』のデザインで新作が制作されることもあるかもしれません。 Nintendo Switch Online Nintendo Switch Online に加入すると様々な特典を受けることができ、その1つに「セーブデータお預かり」(クラウドセーブ)という機能があります。 セーブデータを自動的にオンライン上に保存してくれる便利機能です。 関連:• 関連: 多くのソフトが対応している一方で、お預かり対象外となる例外的なソフトも一部存在しています。 上で紹介したように『あつまれ どうぶつの森』はこの機能に対応していません。 時間操作(巻き戻しによるやり直し)を避けるためだとされています。 別のかたちで提供される予定のバックアップ機能は Nintendo Switch Online 加入者限定サービス。 セーブデータのバックアップを考えているのなら加入しておくほうがベターです。 マイデザイン カスタマイズ要素の1つとして、『とびだせ どうぶつの森』や『ハッピーホームデザイナー』にあった「マイデザイン」が『あつ森』にも収録。 自分だけのデザインで家具や衣服をリメイクすることができます。 タッチ操作 Nintendo Switchは携帯モード時、タッチ操作を利用することができます。 ボタンだけでなくタッチでも操作できると快適。 『あつ森』でも「TVモード」時は従来の操作方法で、「携帯モード」時にはタッチ操作を行える場面もあるようです。 スマホ連携 『あつまれ どうぶつの森』は、スマートフォン向けアプリ「Nitnendo Switch Online」アプリに対応。 ウェブサービス「タヌポータル」が提供されます。 過去タイトル(とびだせ どうぶつの森やハッピーホームデザイナー)で作成したマイデザインを読み取ったり、スマホをキーボード代わりにしてチャットをしたり、あるいはボイスチャットを行ったりなどができます。 『ポケ森』との連携 『あつまれ どうぶつの森』はスマホ向けに配信中の『どうぶつの森 ポケットキャンプ』(ポケ森)と連携。 『ポケ森』を遊んでいる場合、両方のソフトそれぞれで特別なアイテムを受け取ることができます。 ただ3DS版で作成した「マイデザイン」を、『あつ森』へもってくることは可能です(Nintendo Switch Onlineアプリ経由)。 お気に入りのデザインをスイッチでも。 無料アップデート 『あつまれ どうぶつの森』では継続的な無料アップデートが実施。 更新を適用することで、年間を通じた季節イベントが追加されます。 発売直後のアップデートでは4月のイースターイベントが追加されます。 時間操作について 時間操作自体は可能。 ですが、特別な季節イベントは無料アップデートで追加あるいはアンロックされる形式となっており、スイッチ/スイッチライト本体の日付をイベント開催期間に変更しただけでは開始されず、体験できません。

次の

【あつ森】新作ではデータの引っ越しができない!?あつ森を購入するときに注意すべきこと

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

Switchのユーザーとニンテンドーアカウントについて 2台のSwitchの設定の前に、まず「Switchのユーザー」と「ニンテンドーアカウント」について説明します。 ニンテンドーアカウントとは? ニンテンドーアカウントというのは、Switchなどのゲーム機とは関係なく、 任天堂が利用者を識別するためのアカウントです。 基本的にメールアドレスと対応づけられます。 参考: Switchのユーザーとは? 一方、Switchでゲームをプレイする場合、 Switch本体でユーザを作成する必要があります。 さらに、Switchのユーザは、 インターネットを使用する場合、ニンテンドーアカウントと連携する必要があります。 参考: ざっくり言うと、「ニンテンドーアカウント」と「Switchのユーザー」は連携して使うのが基本というわけです。 このため、 後で説明するSwitchのユーザーの引っ越しでは、ニンテンドーアカウントとSwitchのユーザーとが連携した状態で、Switchのユーザーの引っ越しが行われます。 以下の説明では、常にSwitchユーザーとニンテンドーアカウントが連携しているものとします。 ちなみに、1つのニンテンドーアカウントを、複数のSwitchのユーザに連携させることもできます。 これについては、ダウンロード版でゲームをする場合に重要になってくるので、また後で説明します。 パッケージ版:2人のユーザーが別々のSwitchでゲームをする場合 さて、ここからは2台のSwitchがある場合に、 2人のユーザーが別々のSwitchで同じゲームを同時にプレイできるようにする設定について説明します。 パッケージ版とダウンロード版で考え方が違うので、まずはパッケージ版から説明していきます。 おさらい:1台のSwitchでパッケージ版のゲームを遊ぶ場合 パッケージ版の場合に、1台のSwitchで2人が遊ぶときは下図のような状態になっています。 上の図に示すように、Switch本体には息子と私の2人のユーザーが登録されています。 パッケージ版のゲームとして「スプラトゥーン2」と「マリオカート8」を所有している場合、パッケージ版の ゲームカードを差し替えてゲームができます。 このとき、 2人のセーブデータ(スプラトゥーン2とマリオカート8)は、Switch本体内に保存されています。 2台のSwitchでパッケージ版のゲームを遊ぶ場合 これが2台のSwitchになるとどうなるのでしょう。 「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を実行すれば、ゲームカードを差し替えることにより2つのゲームを遊ぶことができます。 下の図に示すように、1台目のSwitchに登録されていた私の「ユーザーとセーブデータ」を2台目のSwitchに引っ越しさせます。 ただし、この場合、図を見ればわかるように以下の2つのことができないので注意が必要です。 2の場合の解決法は、 自分の使うSwitch本体を決めておけばOKです。 間違えて自分のSwitch本体を持って出かけないように気を付けましょう。 ユーザーとセーブデータの引っ越し手順 では、「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を実際にやってみましょう。 今回は、 1台目のSwitchに既にあるユーザー「あきやま」を、2台目の新しいSwitchに引っ越しする手順を例として紹介します。 2台目のSwitchの設定(1) 2台目のSwitchを初回起動すると最初に以下の画面が表示されます。 ここでは、1台目のSwitchから2台目のSwitchへとユーザーを引っ越しするので「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を選択します。 ここでACアダプターを接続していない場合、「ACアダプターを接続してください。 」と表示がされ、先に進むことができなくなります。 2台目のSwitch用のACアダプターは別途用意しておきましょう。 続いて、以下の画面で「引っ越し先の本体」を選択します。 このSwitchは2台目の新しいSwitchなので「引っ越し先」になります。 続いて、以下の画面で「ログイン」を選択します。 上の方でも説明したように、Switchのユーザーはニンテンドーアカウントと連携するのが基本です。 今回はニンテンドーアカウント「あきやま」でログインします。 引っ越し対象のニンテンドーアカウントでログインすると、以下の画面になります。 ここで1台目のSwitchに作業をバトンタッチします。 1台目のSwitchの作業(2) ここからは1台目のSwitchに持ち替えて作業を続けます。 画面の指示に沿って進むと、1台目のSwitchにACアダプターを接続していない場合、「ACアダプターを接続してください。 」と表示がされ、先に進むことができなくなります。 結局は、2台のSwitchの両方にACアダプターが必要になります。 画面の指示に沿って進むと、以下のような画面が出るので「出て行く本体」を選択します。 引っ越しをするユーザーを選択します。 ここでは「あきやま」を引っ越しします。 続いて、以下の画面で「つづける」を選択します。 これで、1台目のSwitchからデータを送信可能な状態になりました。 1台目と2台目のSwitchを近付ける(3) (1)の作業で2台目のSwitchが受け入れ状態になり、(2)の作業で1台目のSwitchが送信できる状態となりました。 そこで、 1台目と2台目のSwitchを近付けて通信させます。 すると、1台目(送信するSwitch)の画面が以下のようになるので、「引っ越しする」を選択します。 これで通信が開始されます。 しばらく待つと、1台目の「あきやま」のユーザーとセーブデータが、2台目へ移動します。 これで「ユーザーとセーブデータの引っ越し」は完了です。 以上のように、 パッケージ版で運用している場合、「ユーザーとセーブデータの引っ越し」をすればOKです。 ダウンロード版:2人のユーザーが別々のSwitchでゲームをする場合 では次に、ダウンロード版について説明します。 目標はズバリ、 「私と息子が2台のSwitchを使ってスプラトゥーン2を対戦・協力すること」です。 ダウンロード版の場合は設定がややこしいので、少しずつ説明していきますね。 おさらい:1台のSwitchでダウンロード版のゲームを遊ぶ場合 ダウンロード版の場合、1台のSwitchで2人が遊ぶときは下図のような状態になっています。 (初期状態) ダウンロード版を購入すると、Switch本体にゲームのデータがダウンロードされます。 上の図の場合は、スプラトゥーン2とマリオカート8がダウンロードされています。 この情報は、 購入したニンテンドーアカウントに連携して1つのSwitch本体でしかダウンロード版を使えなくするための仕組みです。 上の図の場合、私のSwitchユーザーには「ダウンロードできる本体はこの本体ですよ」という情報が付いているので、この本体にダウンロードされた2つのゲームを、 このSwitch内のユーザーなら誰でも自由にプレイすることができます。 いつもあそぶ本体(追記) 2018年の秋から、 「ダウンロードできる本体」にかえて「いつもあそぶ本体」という設定が導入されました。 参考 これにより、 購入したユーザーに限り、2台のSwitchのどちらでも遊べるように緩和されました。 詳しくは、別途記事を書きましたので、そちらも参考にしてみて下さい。 ユーザーとセーブデータの引っ越しをやってみる 上の画像の状態から、私が1台目のSwitchから2台目のSwitchへと引っ越しをするとどうなるのでしょうか。 やり方は、既に説明した「ユーザーとセーブデータの引っ越し手順」と全く同じです。 引っ越しが終わると以下の図のようになります。 ダウンロード版を購入した私のSwitchユーザーが2台目に移ってしまったために、 1台目のSwitchにはゲームデータが残っているものの、使えなくなってしまいました。 1台目のSwitchで実際にゲームを起動してみると、以下の画面のように「このソフトはあそべません」というメッセージが出て、ゲームがあるのに起動できません。 一方、私のSwitchユーザーはというと、ダウンロードできる本体が「2台目のSwitch」に変わりました。 これはユーザーの引っ越しの際に自動で行われます。 なので、2台目のSwitchには今ゲームが全く入っていないですが、 私のSwitchユーザーが2台目のSwitchで新たにスプラトゥーン2とマリオカート8をダウンロードしてプレイできます。 しかし、当初の目的は、私と息子が別々のSwitchでスプラトゥーン2を対戦することなので、1台目のSwitchでゲームデータが使えなくなっては意味がありません。 また、実際には1台目のSwitchにはもっとたくさんのゲームがダウンロードされています。 私はスプラトゥーン2ぐらいしかプレイできなくてもいいんですが、子供達はたくさんのゲームをやりたいと思っています。 なので、1台目のSwitchのゲームが全部使えなくなるのは避けたいです。 ダウンロード版:1台目のSwitchでゲームできるように設定 1台目で今まで通り、既にダウンロードされたゲームを息子がプレイできるようにするにはどうしたらいいのでしょう。 答えは、以下の手順になります。 2台目のSwitchで私のSwitchユーザーから、「ダウンロードできる本体」を解除• 1台目のSwitchに新たなSwitchユーザーを作成し、そのSwitchユーザー(私)に私のニンテンドーアカウントを連携• 1台目のSwitchの新たなSwitchユーザー(私)の「ダウンロードできる本体」を「この本体」に設定 参考 ややこしいので、実際にやってみましょう。 2台目のSwitchでダウンロードできる本体を解除 設定するのは、2台目のSwitchです。 まず、 SwitchのHOMEから「ニンテンドーeショップ」を選択し、ダウンロード版を購入したSwitchユーザー(この場合は私)を選択します。 以下の画面で、右上のアイコンを選択します。 画面を下の方へ進めると、「ダウンロードできる本体」という項目があります。 ここの「解除」ボタンを選択します。 このとき以下のように、確認メッセージが表示されますが「解除する」を選択します。 これで2台目のSwitchでは、購入したゲームをダウンロードできない状態になりました。 といってもダウンロードできる本体が解除されただけで、購入したニンテンドーアカウントにはきちんと購入履歴が残っています。 このとき、以下のようなメッセージが表示されます。 つまり、 購入履歴と連携しているSwitchユーザーが次にニンテンドーeショップを起動したら、起動したSwitch本体が新しく「ダウンロードできる本体」になる、ということです。 勘の鋭い人はわかりましたね。 そうです、1台目のSwitchで私がニンテンドーeショップを起動すれば、1台目のSwitchがダウンロードできる本体に設定されるということです。 では、次の項目でこの設定をやっていきましょう。 1台目のSwitchで新たなSwitchユーザーを作成 設定するのは、1台目のSwitchです。 以下の画面で「つぎへ」を選択します。 あたらしいユーザーのアイコンを選んで、ニックネームを入力します。 ニックネームはSwitchユーザーの名前なので何でもいいです。 わかりやすいように、上の例では「あきやま」の後ろに1台目のユーザーであることを示す「!」を付けています。 以下の画面で「ログイン」を選択し、 ダウンロード購入履歴のある私のニンテンドーアカウントでログインします。 これで、私のニンテンドーアカウントに連携したSwitchユーザーが1台目のSwitchにも作成されました。 実はこのように、 異なるSwitch本体であれば、1つのニンテンドーアカウントを2つ以上のSwitchユーザーに連携させることができるのです。 1台目のSwitchでダウンロードできる本体に設定 続く設定も1台目のSwitchです。 SwitchのHOMEから「ニンテンドーeショップ」を選択し、ダウンロード版を購入したSwitchユーザー(この場合は私)を選択します。 ニンテンドーeショップにログインできれば設定は完了です。 これだけです。 念のため、実際に登録されているか確認してみましょう。 解除したときと同様に、ニンテンドーeショップの画面で右上のアイコンを選択します。 画面を下の方に進めると、きちんと「この本体が登録されています」と表示されていますね。 以上で1台目のSwitchで、既にダウンロードされたゲームを自由にプレイできるようにする設定は終わりです。 1台目のSwitchの最終状態 この結果、1台目のSwitchは以下のような状態になりました。 ちなみに、1台目に新たに作った私のSwitchユーザーには、セーブデータがありません。 今までプレイしたセーブデータは、2台目に引っ越しているためです。 この状態で私が1台目のSwitchでゲームをすると、2台目のSwitchとは別に、新たに1台目のSwitchにセーブデータが蓄積されることになります。 ダウンロード版:2台目のSwitchでゲームできるように設定 上記のように1台目のSwitchで今まで通りゲームできるようになりました。 しかし、先ほどの作業中に2台目のSwitchででダウンロードできる本体が解除されたことで、2台目のSwitchではゲームできなくなりました。 では、2台目のSwitchでスプラトゥーン2をプレイできるようにするにはどうしたらいいのでしょう。 答えは、以下の手順になります。 2台目のSwitchで、元の購入者(私)とは別にスプラトゥーン2を購入するための新たなSwitchユーザーを作成• 2台目のSwitchの新たなSwitchユーザーで、スプラトゥーン2のダウンロード版を購入 実際にやってみましょう。 2台目のSwitchでは私はスプラトゥーン2を買えない 実際の手順に入る前に、上の手順を見て勘の鋭い人は疑問に思ったと思います。 そうです、「2台目のSwitchでも私がダウンロード版を購入すればいいのでは?」と。 私も最初はそう考えたのですが、これは実際やってみると無理なのです。 購入しようとすると以下のような画面が表示されます。 つまり、先ほど私のSwitchユーザーで、ダウンロードできる本体として1台目のSwitchを設定したために、2台目のSwitchでは購入できなくなった、ということです。 なので、2台目のSwitchでスプラトゥーン2を購入するためには、別のSwitchユーザー(ニンテンドーアカウント)を使う必要があるのです。 2台目のSwitchで新たなSwitchユーザーを作成 では、実際に設定していきましょう。 設定するのは、2台目のSwitchです。 (手順が重複する部分は簡単に説明します) まず、2台目のSwitchで 新たに購入用のSwitchユーザーを作成し、購入用ニンテンドーアカウントと連携させます。 私の場合は、2台目のSwitchで新たに妻のSwitchユーザーを作成し、既にあった妻のニンテンドーアカウントをこのSwitchユーザーに連携させました。 あるいは、1台目のSwitchから「ユーザーとセーブデータの引っ越し」で2台目にSwitchユーザーを引っ越しさせてもいいです。 Switchユーザーを追加するときに、忘れずにニンテンドーアカウントとも連携しておきます。 新たなSwitchユーザーでスプラトゥーン2のダウンロード版を購入 次に、 新たに作成したSwitchユーザーで(私の場合は妻のSwitchユーザーで)、 ニンテンドーeショップに進み、スプラトゥーン2を購入します。 購入は、上の画像のようにニンテンドーeショップから直接購入するほか、Amazonで購入することもできます。 Amazonの場合は、ダウンロード番号 16ケタの英数字 をニンテンドーeショップで入力するとダウンロードできます。 購入すると、2台目のSwitchにスプラトゥーン2がダウンロードされます。 以上で2台目のSwitchで、既にダウンロードされたゲームを自由にプレイできるようにする設定は終わりです。 2台目のSwitchの最終状態 この結果、2台目のSwitchは以下のように状態になりました。 2台目のSwitchには、先ほど別のSwitchユーザー(妻)で購入したスプラトゥーン2がダウンロードされており、ダウンロードできる本体は「この本体(2台目)」になっています。 これで、 2台目のSwitchに登録されている全てのSwitchユーザーはスプラトゥーン2をプレイできるようになりました。 さらに、私が1台目のSwitchで長らくプレイしていたスプラトゥーン2のセーブデータは2台目に引っ越ししているので、今までと同じように私はスプラトゥーン2をプレイできます。 まとめ パッケージ版とダウンロード版のそれぞれで、2台のSwitchを使って対戦できるように設定する手順を説明しました。 2台のSwitchで対戦できるようになると、上の画像のように親子でスプラトゥーン2のリーグマッチをプレイできるようになって超楽しいです! スプラトゥーン2について個人的な振り返りをした記事もあります。 こちらもどうぞ! それにしても、ダウンロード版で運用している場合の設定手順がややこしいですね。 ダウンロード版はゲームカードの差し替えをする必要がなく、パッケージ版の箱が家の中で散らかることもないので、私は一貫してダウンロード版を買い続けています。 この記事を見て2台のSwitchの設定がわかるようになれば幸いです。 ただ、これだと同じものを2つ買う必要あるんですよね。 ですが「いつも遊ぶ本体」が導入されたことにより、いくつかの制限はあるものの、ダウンロード版を1つ買うだけで2台のSwitchで遊べるようになりました。 1つのダウンロード版を2台のSwitchで遊ぶことについて、新たに記事を書きました。 こちらもぜひチェックしてみてください。

次の