お供 類語。 「便宜」の意味と使い方、例文、類語、「便宜を図る」とは?

「随時」の意味と使い方は?類語や「適宜」「都度」との違いも

お供 類語

「随時」の意味とは? 「随時」の意味は「ときどき」「いつでも」 「随時」の意味は、「ときどき」「おりおり」「好きなときにいつでも」です。 「随時」で使われている「随」という漢字には、「したがう」「ついていく」「よりそう」「成り行きまかせ」という意味があります。 また「随時」における日時には、定期性や序列のようなものはありません。 「随時」の場合、日時はいつでも気の向いたときに決めてよいことになるため、何月何日の何時というように特定できないのです。 「随時」のニュアンスは「非定形・不定期」 「随時」に含まれる「随」という文字が持っている、「よりそう」「成り行きまかせ」という意味を読み取れる熟語の例としては、「随行」「随筆」「夫唱婦随」「水随方円」などがあります。 「随行」は供としてつき従って行くことで「したがう」という意味が、「随筆」は思いつきなどを筆のおもむくままに書いた文章、つまり「成り行きまかせ」という意味がふくまれています。 「夫唱婦随」では夫と妻が、「水随方円」では水が入れ物に対して「よりそう」という意味があるものです。 同様に「随時」においても、時に「したがう」「ついていく」、「成り行きまかせ」に時を決めるということとなり、「ときどき」「おりおり」「好きなときにいつでも」という意味を持つ言葉となっています。 「随時」の使い方 「随時」の日時は変動する 「随時」における日時は、好きなときに必要に応じていつでも決めたり変えたりすることができるものです。 したがって「随時対応」とする場合、日時を対応する側とされる側のどちらが決めるのかという点が重要になります。 たとえば「随時入院可」という場合、入院日時は患者側が自由に決めることができるので、病院側はいつでも受入れ可能な状態にしておかなければ対応できません。 このように「随時対応」といってしまうと日時が限定されないため、常時対応できる状態で待ち受けておく必要が生じます。 受け入れ側として「随時」を使う場合には、常時対応が可能かどうかを確認してからにすることが大切です。 「随時」は定期性がないものに使う 「随時」には定期性がないため、毎月定期的に行うような場合は用いられません。 たとえば毎月1回決まった時期に発行するレポートなどは、「随時発行」ではなく「定期発行」が正しい表現となります。 発行日がまちまちであったり月によって発行回数が異なったりするケースなら、「随時発行」が正解です。 随時の類語は「適宜」や「適時」、「都度」など 「随時」の類語にはさまざまなものがありますが、意味合いが少しずつ異なっているので、意味合いの違いごとに類語を分類して紹介します。 ときどきという意味の類語:「折々」「往々」• 必要に応じてという意味の類語:「適宜」「適時」• そのたびにという意味の類語:「都度」• 順番通りにという意味の類語:「順次」• 順を追ってという意味の類語:「逐次」 「随時」と「適宜」「都度」との違い 「随時」の類語である「適宜」と「都度」について、「随時」との違いを詳しく解説します。 「随時」と「適宜」の違いは判断基準 「適宜」は「状況に適合していること」「時々に応じて行動すること」という意味で、「適宜対応する」というように使います。 「適宜」は状況に合わせて判断・行動するという意味合いがありますが、「随時」では状況にかかわらず自分の都合に合わせて対応するということを示しています。 つまり「随時」と「適宜」は、判断基準が自己都合にあるか周囲の状況にあるかという点に違いがあるのです。 「随時」と「都度」の違いは毎回かどうかにある 「都度」の意味は「物事が行われるたびごと」「毎回」で、「出張の都度、お土産を買う」というように使います。 「都度」のポイントは「毎回」にありますが、「随時」にはそのような縛りはありません。 「随時」には気が向いた時という意味があり、「出張の都度、お土産を買う」では出張すれば必ずお土産を買いますが、「出張では随時、お土産を買う」ではお土産を買わないときもあるのです。 つまり「随時」と「都度」の違いは、毎回かどうかがという点にあります。 まとめ 「随時」の意味と使い方および類語の紹介と、「適宜」「都度」との違いについても説明しました。 日時を表す言葉の意味を取り違えると、ビジネスにおいては致命的なエラーとなることもあります。 また人間関係においても信頼を失うことになるなど、ダメージは計り知れません。 曖昧な言葉ですませずに正確な日時を確認しておくことが、失敗を未然に防ぐ秘訣です。

次の

「共に」「供に」「ともに」の使い分けと区別 ~「子供」と「子ども」はどう使い分けるべきか

お供 類語

公開日: 2018. 29 更新日: 2018. 29 「便宜」の意味と使い方、例文、類語、「便宜を図る」とは? 「便宜」という言葉をご存知でしょうか。 「便宜上... 」「便宜を図る」などと、ニュースや新聞などで見聞きすることが多いですよね。 日常会話で使うことはほとんどありませんが、ビジネスシーンでは頻繁に使われています。 「便宜を図る」という形で用いることが多いですが、意味をしっかりと理解しているでしょうか。 実は「便宜を図る」を使う際は注意しなければいけない点があります。 適切に使うために、今一度確認しておきましょう。 そこで今回は「便宜」の意味や使い方、類語、「利便性」との違いについて解説していきます。 「便宜」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「便宜」の読み方と意味 「便宜」は< べんぎ>もしくは< びんぎ>と読みます。 一般的には「べんぎ」と読むことが多いです。 ある政治家が「便宜」を「びんせん」と読んだことがありましたが、「便 宣」としないように注意しましょう。 「便」は音読みで「ベン・ビン」、訓読みで「たより・すなわち」と読みます。 「便」は「障りなく事が運ぶ。 都合がよい」を意味します。 「宜」は音読みで「ギ」、訓読みで「むべ・うべ・よろしい」と読みます。 「宜」は「程よくかなっている」を意味します。 「便宜」の意味は、 1. ある事をするのに都合の良いこと。 便利なこと 2. 適宜の処置 です。 ある目的や必要なものにとって都合の良いこと、便利なこと・特別な計らい、その時に適しているやり方を表します。 「便宜」は「音信。 たより」という意味も含まれますが、こちらの意味ではほとんど用いません。 「便宜」の使い方と例文 「便宜」は単体よりも、「便宜的」「便宜を図る」などとといった表現で使うことが多いです。 「便宜」を用いた表現を紹介します。 このように、「こうした方が便利」「こっちの方が良い」ということを、少々堅く表現したのが「便宜上」「便宜的」です。 この中でもよく使われる表現が「便宜を図る」です。 「便宜を図る」については下記で解説します。 例文 1の「都合の良いこと」を意味 ・購入者の便宜を考慮して、値段を安くする。 ・便宜上、表記の仕方については通常と異なっている。 ・彼の意見は良いとは思わないが、便宜上、賛成しておく。 ・呼び方はたくさんあるが、ここでは便宜的に良く使う名前で統一する。 ・時間がないため、彼をリーダーに決定することで便宜的に済ます。 2の「適宜の処置」を意味 ・便宜を図る代わりに、こちらの言い分を聞いてもらう。 ・利用客の便宜を図るため、入場料をいくらか安くした。 ・上司に便宜を図るようにお願いされたが、無視しておいた。 ・働く女性に対しては、育児休業制度を設けるなどの便宜を図る。 ・政治家AがB社に便宜を図り、見返りで多額の報酬を得ていたことが公となった。 ・新しい事業は、忙しいビジネスパーソンに便宜を図るために考えられた。 「便宜を図る」の使用上の注意点 上記で説明したように、「便宜を図る」は「相手にとって利益になるようなことだったり、都合よく物事が運ぶように特別な計らいを行う」という意味です。 「便宜を図る」は、政治家の贈収賄などといった汚職や不正が起きたときによく使われる表現です。 こういったこともあって、 本来「便宜」は「相手にとって便利なように。 良いように」と特に悪い意味ではありませんが、「便宜を図る」は「相手が好都合なようにずるいことを行う」とマイナスなイメージを伴います。 ただ、「便宜を図る」はネガティブなイメージを伴わずに使うこともできます。 「利用者の便宜を図り、電車のダイヤ改正を実施する」といったように、配慮を必要としている人に、適当な対応をするという意味で用います。 「便宜を図る」はどちらかというとあまり良くない印象がある表現なので、 目上の人に対しては使用するべきではありません。 目上の人に使う場合は、「お取り計らい」や「ご配慮」と他の言葉に言い換えるようにしましょう。 などとします。 「便宜性」と「利便性」の違い 「利便性」は 「利用する人にとって都合がよいこと」です。 「利便性の向上」「利便性に優れている」「利便性が高い」などと使います。 「便宜性」は「都合がいい様子」 「利便性」は「利用する人にとって都合が良いこと」 どちらも「都合が良い」ということを表していますが、少々意味合いが異なります。 「利便性」には「都合の良い度合い」という意味も含まれます。 ですので、「利便性が良い」という表す以外にも、「利便性が悪い」と表すことができます。 「便宜性」には「度合い」という意味は含まれないので、主に「便宜性が良い」と優れていることに対して使います。 例文 ・新しく買ったカメラは利便性が良く、とても使い勝手が良い。 ・利用者が多いサービスの利便性の向上に努める。 「便宜」と「忖度」の違い 「忖度」は< そんたく>と読みます。 「忖度」は 「他人の心中を推し量ること。 推察」です。 「便宜」は「相手にとって都合の良いように取り計らうこと」 「忖度」は「他人の気持ちや考えを推し量ること」 「便宜」と「忖度」はよく混同されますが、意味は全く異なります。 「忖度」は、相手が心に留めている本音を察する場合に使います。 最近では、政界や会社などにおいて「上司など目上の人の意図を推し量り気遣う」といった意味で使われるようになっています。 「忖度」は親しい間柄の相手に対して使えますが、少々堅苦しい印象がある言葉なので日常会話ではほとんど使いません。 例文 ・取引先に忖度した結果、いい契約を結ぶことができた。 ・父親を忖度し、大学へは進学せず家業を継ぐ。 「便宜」の類語 「便宜」の類語 便利 (意味:都合の良いこと。 うまく役立ったこと) 「これは便利な用具である」 好都合 (意味:都合の良いこと) 「会うのには好都合な場所だ」 有益 (意味:利益のあること。 ためになること) 「有益な書物が見つかる」 重宝 (意味:使って便利なこと。 便利だと感じて良いこと) 「これは重宝する道具だ」 有利 (意味:利益のあること。 うまくいく見込みのあること) 「有益な取引を行う」 割りの良い (意味:ある特定の終わりを達成するために適当なこと) 「割りの良い仕事を見つける」 簡便 (意味:簡単で便利なこと) 「簡便な方法を見つける」 調法 (意味:使って便利なこと) 「以外にもこの道具は調法する」 「便宜上」「便宜的」の類語 暫定的 (意味:しばらくの間、仮に定めるさま) 「暫定的なランキングが発表される」 都合が良い (意味:他の事柄との関係が良いこと) 「明日に行う方が都合が良い」 風見鶏(かざみどり) (意味:定見を持たず大勢の動向にすぐ順応する人) 「あの人は政界の風見鶏だ」 無節操<むせっそう> (意味:節操がないこと。 成り行き次第で前と矛盾した言動をしても平気なさま) 「無節操な人だから、気にしないと思うよ」 八方美人 (意味:誰に対しても如才なく振る舞う人を、軽んじていう語) 「彼女は八方美人だからね」 右顧左眄<うこさべん> (意味:人の思惑など周囲の様子を窺ってばかりいて、決断をためらうこと) 「いたずらに右顧左眄している」 「便宜を図る」の類語 特別扱いする (意味:他のものとは区別して大事に扱うこと) 「社長だからといって特別扱いはしない」 口利きする (意味: 仲介・斡旋・紹介などをすること) 「就職のため口利きする」 斡旋(あっせん)する (意味:事が進展するよう、人と人との間をとりもつこと) 「知人に就職先を斡旋してもらう」 仲介する (意味:両方の間に立って便宜を図ること) 「売買を仲介する」 取り計らう (意味:物事がうまく行くように取り扱うこと) 「穏便に取り計らう」 融通(ゆうずう)する (意味:金銭の流通すること。 臨機応変に事を処理すること) 「資金を融通してもらう」 用立てる (意味:用に立たせる。 金銭を他人の用に供する) 「念のために会費を用立てる」 手配する (意味:物事の手配り。 準備) 「タクシーを手配する」 贔屓(ひいき)にする (意味:気に入った者に特別に目をかけ、力を添えて助けること) 「あの子は先生に贔屓されている」.

次の

「共に」と「供に」の使い分け!?意味の違いや簡単な覚え方!

お供 類語

「 共に」、「供に」、「伴に」・・・「ともに」という言葉を使うとき、どう使い分けたらいいのでしょうか? 漢字の意味も含めて見ていきましょう。 共に・供に・伴にー意味の違いはある? 「共通」「共同作業」などで使われる「共」、「花を供える」「提供」などで使われる「供」、「伴走」「伴奏」などで使われる「伴」。 あまり意識したことなく使い分けていましたが、調べてわかった衝撃の事実がありました。 共に・供に・伴に・・・3つともその意味はほぼ同じだったのです。 じゃあどう使い分けたらいいの?ということで表題に戻ります。 そして「又」の語源は「手」の形なので、「共」という字は左右の手を合わせた姿となります。 左右の手を「(両方)ともに」挙げているというところから「ともに」の意味になりました。 一般的にはこの「共に」を使いますが、語源の意味を考えると、「一緒に・同時に」の意味合いのときに使えます。 「共に」・・・「一緒に」の意味合いがある時に使用します。 例えば「お父さんと共に釣りに出かけた」といった使い方ができます。 「ともに」・・・「同時に」、「(複数を表す名詞の後に続く「ともに」の場合に)みんな同じ状態、どちらも」という意味合いがある時に使用します。 例えば「ともに学んだライバルたち」、「母子ともに明るく元気な様子でした」というように使えますね。 この使い分けができると、読む人により伝わるのではないでしょうか。 ですが、使い分けで困った時はひらがなで書いておけば問題はないと思います。 実際に、ひらがな表記「ともに」は、ひんぱんに見かけますよね。 人と一緒に・・・という意味が強まってはいますが、「供に」という漢字しか使えないということはありません。 また、この漢字には「人が神様などに願いを込めて物を捧げる」「目上の人に仕えたり、付き従う」という意味合いがあります。 「ご主人様をお供する」なんて言い方があるように、その意味合いを踏まえて使えるとよいですね。 そこから2つの物や人が一緒にいる、ともにあることで「伴」になりました。 そこから「つれ」「とも」の意味になりました。 「共」と同じ意味が含まれていますので「共に」で表記して間違いはないのですが「伴に」はどういう時に使うといいのでしょうか。 一緒に、という意味にはなってはしまうのですが「伴奏」や「伴走」の場合、隣や近くで「ともに」その行動(演奏、走る)をしている時に使うとより情景が浮かびます。 「伴にコンクールで演奏し、金賞を受賞した」や「伴に走ってくれたおかげでくじけずに完走できた」といった感じですね。 ただし、「伴」は常用漢字だけど音訓表に示されていない文字、つまり「伴に」を「ともに」と元々は読めないものです。 公用文では「ともに」とされていましたので、後は使う人次第です。 まとめ 多くの場合、「共に」か「ともに」を使えば間違いではないです。 「共に」と比べてより一般的な意味で使われる。 (「~の伴、お伴」のように使うことが多いです) ぜひ参考にしてみてください。

次の