大 食い かよ ねえ。 食いねえ、食いねえ: ナムカの観察日記

トッモ「飯食い行こうぜ」 ワイ「ええで」 →

大 食い かよ ねえ

Sponsored Link 「シブがき隊」のメンバーはTBSによって選ばれていた 「シブがき隊」といえば、ジャニーズですが、 実は、もともと、 「シブがき隊」はTBSにより選ばれていたそうで、 もともと、1981年4月、TBSテレビドラマ、 「2年B組仙八先生」に生徒役で出演していた、 さん、薬丸裕英さん、さんは、 特に人気が高かったことから、 「仙八トリオ」 「悪ガキトリオ」などと呼ばれていたのですが、 「2年B組仙八先生」より。 (左から)本木雅弘さん、布川敏和さん、薬丸裕英さん。 同年夏に、女性向けファッション雑誌 「セブンティーン」 の一般公募で正式に 「シブがきトリオ」と命名されます。 」 10月 「ZIG ZAG セブンティーン」 1983年2月 「処女的衝撃! (ヴァージンショック)」 5月 「ZOKKON 命(LOVE)」 8月 「Hey! フジヤマ」 10月 「べらんめぇ! 伊達男(ダンディ)」 1985年1月 「男意ッ気(イッキ)」 4月 「DJ in My Life」 6月 「月光淑女! (ムーン・ビーナス)」 10月 「KILL」 1986年1月 「トラ! 」 と、立て続けにシングルをリリース。 ただ、それでいて、ルックスはリーゼントなどのツッパリ風ではなく、 アイドルのままだったことから、この絶妙なバランスが、 アイドルファン、ツッパリファンの両者に受け入れられ人気者に。 また、 「シブがき隊」は、アイドルでありながら、 バラエティ番組でのコントやフリートークのほか、 歌番組に出演した時のコメントなどでも、 卓越したお笑いのセンスを発揮。 こちらも、 「ヤンキー文化」同様に、当時の 「MANZAIブーム」に乗って、 「面白いことが言えるアイドル」として、 今でいう、バラドルのさきがけとなったのでした。 「すし食いねえ!」の誕生秘話 そして、1986年2月、 17枚目のシングル 「すし食いねえ!」をリリースすると、 寿司ネタの歌詞とラップ調のメロディからなる、 斬新な楽曲がウケ、大ヒット。 「すし食いねえ!」 実は、この曲には、 ちょっと変わった誕生秘話がありました。 というのは、1985年、 名古屋でのコンサートツアーの初日、 薬丸さんが諸事情で参加できず、 布川さんと本木さんのみ参加のコンサートとなったのですが、 二人だけでは曲間のトークが盛り上がらなかったそうで、 その夜、布川さんは、バックバンドのベーシストKUZUさんと2人で、 場を持たせるための曲を作ろうということになります。 そこで、布川さんは、その当時、 アメリカのヒップホップグループ 「Run-D. 」の影響で、 日本でもラップが知られはじめていた時期だっったことから、 ラップを作ることを提案。 そして、翌日のステージでこの歌を本木さんと二人で、 振りを付けて披露したところ、予想以上に大ウケ。 それで、薬丸さんの復帰後も、 ツアーのトーク時にはこの曲をやり続けていると、 それがプロデューサーの目にとまり、 プロの作詞、作曲家によって作り直され、 レコーディングすることに。 そして、出来た曲が、NHKの歌番組 「みんなのうた」で、 1985年12月~1986年1月の曲として放映されるのですが、 そのユニークさがウケて大きな話題に。 同年12月31日に行われた、 「第36回NHK紅白歌合戦」でも披露することになったのでした。 (NHK紅白歌合戦史上初のリリース前に歌唱された楽曲だったそうです) こうして、翌年の1986年2月、 「すし食いねえ!」は、 満を持して、17枚目のシングルとしてリリースされたのでした。 解散理由は少年隊? しかし、どうしたことか、同じ年の1986年8月、 「シブがき隊」は、突然、東京厚生年金会館で解隊宣言。 同年11月、「解隊」(解散)してしまいます。 一体、何があったのでしょうか? 実は、 「シブがき隊」には、 解散の話が2度持ち上がったことがあったそうで、 いずれも、布川さんが解散を言い出されているのですが、 一度目は、当時、お給料はすべてご両親に振り込まれていたこともあり、 仕事をしているというよりは、部活をしている感覚に近かったそうで、 18歳になると、周囲が就職活動や大学進学など、 進路を決めている姿を見て、「俺も働かなきゃ」 と思われ、解散を言い出されたそうです。 ただ、その時は、周囲の大人たちから、 攻められたり、なだめられたりして丸め込まれてしまったそうで、 そのまま 「シブがき隊」として活動を続けることに。 そして、布川さんが23歳になり、 2度目の解散の話を切り出すのですが、 それは、その頃、がデビューし、 バック転をする姿を見て、 「俺ら終わったな」 と感じたからだそうで、 (「シブがき隊」はバック転ができなかったことから) このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか? どうせなら人気のあるうちに解散しよう。 と、3人で話し合い、解散が決まったのだとか。 布川さんは、当時を振り返り、 少年隊がデビューするために猛レッスンしてるのは知っていたから、 それを見て、「あいつらがデビューしたらシブがき隊は終わりかもね」 なんて話してたんですよ(笑)。 でも、シブがき隊にいたから、三の線でコントやったり、 メンバーをバラ売りしたり、新しいチャレンジができた。 まあ僕らはお試し用で、もし失敗しても、 少年隊やがいるからっていうのがあったのかな(笑)。 でも、それが今のジャニーズの活躍に、 つながっているんじゃないかなと思いますね。 僕らはコンサートのMCもハチャメチャだったんだけど、 ジャニーさんは「シブがき隊のトークを盗みなさい」 って後輩に言ってたらしいですよ。

次の

シブがき隊の解散理由は少年隊?メンバーは?すし食いねえの秘話って?

大 食い かよ ねえ

カンニング竹山氏は以前、営業で2回ほど福島に行ったときは、どこでやったのか記憶すらないほどだったが、ここ数年の間に何度か福島に通ううちに、飯は安くて旨いし、酒も旨く、大好きな温泉はたくさんあるし、出会う人たちは皆親切で、すっかり福島の魅力にハマってしまい、今では年に3~4回は通うほどだという。 きっかけは、1991年3月11日の東日本大震災だった。 震災から1、2ヶ月後に行ったときは、悲惨な光景にただただ圧倒されるばかりだった。 「何かやらなきゃ」という気になったが、「自分にできることは何だろう」と考えたときに、押し付けがましくないのがいいと思い、観光して福島の魅力を継続して発信していこうと決めたという。 そんな感じで始めた「日帰りぶらり旅」だが、一つ決めているのは嘘をつかないということ。 つまらないところは「つまらない」、旨くないものは「旨くない」と正直に言う。 また、一般の人が素通りするようなつまらなそうな施設も訪れた。 「行ってみて何か探す」ことが旅であり、そうこうするうちに素敵な温泉とかラーメン屋に巡り合って、行くたびに福島が好きになっていったという。 大震災の1年後の2012年2月、福島の露天風呂があまりによかったため、ツイッターで紹介し、更に近くのス-パーで野菜を買ったことを報告したところ、大炎上が起きた。 批判文はどれも、真実など何もないただのバッシングだった。 ツイッターで叩かれた反発もあり、このころを境に、より頻繁に通うようになった。 こと原発に関しては賛成、反対の感情を抜きにした現実を伝えようと、気持ちが変わったという。 とはいえ、色んな意味で「福島は大丈夫」と思えるようになったのは、震災から3年経った2014年の春ごろだった。 このころから野菜を買ったとつぶやいても、そんなに批判されなくなった。 福島の食べ物は一袋ごとに放射線量を検査しているから、むしろどの産地よりも安心と言える。 福島駅周辺は、どこの街でも見かけるごく普通の日常といった印象である。 2016年の5月に福島第一原発内に入ったが、印象がガラリと変わった。 防護服も全面マスクも必要なく、ポケット線量計を持って、ヘルメットをかぶり、普段着の上に立ち入り証を入れるベストを着るだけだった。 作業員も、防塵マスクに普通の作業服のみ。 除染と自然減の結果である。 農家の青年たちとも親しくなり、彼らの話をもっと聞いてみたいと思ったことも、福島に通うようになった理由のひとつだった。 震災の前は同業者ばかりが集まって、同じような話をするだけだったが、震災が起きてからは、異業種が一緒になって「何かやろう」「福島の食材をアピールしよう」という感じになったという。 風評とかで物が売れなくなって、取引先には手のひら返しをされて、「じゃ、自分らでなんかやってやる」と、インターネット販売を始めたり、地元の料理屋で地産地消のメニューを出して評判を呼んだりなど、「震災があったから変われた」というのもあったという。 そして竹山氏は、風評被害を起こす報道に対して怒りの声を上げる。 福島のことを「フクシマ」と言うのが一番イヤだ。 原発うんぬん言っても福島の90%以上の地域はそうじゃない。 なんの根拠もない話をさもありそうな顔で大真面目に語る連中や、デマを鵜呑みにする自分勝手な奴ら、福島で何かやるたびにヒステリックに噛みついてくる連中、悲劇ばかりを煽り立てるメディアの姿勢に憤りを感じる。 彼らの理論で言えば、当時原発の周りで働いていた人や福島の野菜をバクバク食べていた竹山氏などは、とうに死んでなきゃいけない、もしくは色んな病気が発症していなければいけない。 だが、その人たちが思っていた通りにはなっていない。 日本はダメになどなっていない。 ラグビーのW杯はある。 東京五輪もある。 福島の子供たちは野原を走り回っているし、若者はナンパもしている。 他の街と同じことをしている。 機会があればぜひ見に来て下さいと述べている。 追記:この書と直接の関係はないが、甲状腺がんについて述べてみたい。 甲状腺がんは、罹った人の多くが気づかずに天寿を全うしてしまうくらい悪影響のないがんであり、甲状腺がんに罹っている自覚がないまま、普通に暮らしている。 なので、ほとんどの日本人は死ぬまでに一度も甲状腺がんの検査を受けることはない。 福島の被ばく量はチェルノブイリとは比較にならないほど低く、甲状腺がんを引き起こすレベルに至っていないのに、福島の子供に甲状腺がんが多発しているのは、多くの子供たちが潜在的に持つ悪影響のない小さな甲状腺がんを超音波検査で見つけてしまっているせいとしか考えられないという。 精度の高い超音波によるスクリーニング検査で、本来は診断や治療の必要のない甲状腺がんを多数発見してしまっているのである。 「若年型甲状腺がんは早期診断・早期治療してはいけないがんなのです」と甲状腺の専門家は指摘する。 手術の必要のない若年者の甲状腺がんを手術した場合、手術の合併症で声がかすれたり、血中のカルシウムや甲状腺ホルモンが低下するといった悪影響が生じる。 また甲状腺がんは頸部リンパ節へ転移しても、ほとんどが途中で成長を止め、一生問題なく終わるという。 「25年以上診察していますが、未成年で受診された患者で死亡した人は誰もいません」と専門家は言う。 2014年頃から早期診断・早期治療の弊害が広く認識されるようになり、超音波検査は推奨できないということは、甲状腺の専門家の間では国際的なコンセンサスになっているという。 ボランティアは自分の経験を感情的に美談にしようとしてはいけない。 現地に何回も行ったからとか、声の大きい者が正しい訳ではない。 竹山さんが福島は安全だと豪語する各地で測定した放射線量は、安全とされる地域では全く出ない数値だ。 そして国は「支援を打ち切りたいが為に安全基準を大幅に上げている」ことを忘れてはならない。 「レントゲン1~2回程度の放射線量」はその時の値であり、それが延々と続く。 掛け算だ。 それが外界からのみならず内部被爆もダブルでおきる。 被爆して癌を発症するリスクについては「しきい値」はない。 原発事故以前においても、自然界や日常生活で受ける放射線被爆について、絶対に癌を発症しないという保証はない。 そして実際に福島では小児甲状腺癌の子供さんが異常に増加している。 安全だとされている自分の地域でも「女性のバセドウ病や橋本病」等の甲状腺疾患患者数が一昨年辺りから急増している。 発症したのは何れも3.11以降だ。 あるニュースで伝えていたが、昨年の女性のかかった癌の臓器として甲状腺が上位に「急浮上」した。 福島以外でも甲状腺に限らず若い人の癌が増え、命を落としている。 富士山の向こうまで放射能の影響が農作物等に現れている。 事実をねじ曲げてまで安全だと言うのなら、自ら軽装で行ってきたという原発に多くの子供達を毎日連れていき、自分が観光ガイドになって宿泊合宿でもしてみては?と、言いたい。 竹山さんはあまりにも無知だ。 もしくは感情的なだけだ。 復興の支援は大切だ。 現状苦しんでいる人、悲しみも枯れ果てて命つきようとしている人達…寄り添いと支援は必要だ。 間近でみてきて寄り添ってきたからこそ、自分が何とかしなければと、立ち上がりたい気持ちは解る。 けれど表現は悪いが「味噌糞一緒にするな」と言いたい。 妊婦さんや子供達にはその負荷を負わせてはならない。 また特攻隊の悲劇を繰り返すつもりなのか?若い人に負わせるのか?集団自決すれば美しいとでも言うのか?若い人は生きていかなければならない。 「わざわざその命を縮めさせる必要があるのか?」 竹山さんは相当の覚悟をもってこの本を出したことは理解する。 しかし「駄目なものは駄目」だ。 追記: 「甲状腺癌のほとんどは悪性を示さず、老衰で亡くなった方からみつかったというエピソードが多いものなので、そんなに心配しなくて良いですよ」という台詞は、自分の勤める甲状腺専門クリニックの医師が述べていた言葉だ。 だから何なのだと思う。 全ての甲状腺癌がその様なタイプの癌である訳ではない。 そして実際に罹患している人が増えているのだ。 大人 特に女性 も子供も遺伝子に傷が入った。 それは放射能の影響だけとは言わない。 しかし女性と子供の甲状腺ということはやはり放射能の影響が一番大きいと言える。 そして病としての影響は甲状腺という部位の癌だけにはとどまらないだろう。 まだ八年だ。 発症しても「直ちに」癌によって死に至るものではない。 どこかで聞いたような台詞だ。 「原発事故より五年後から病が増えてゆく」ということが言われているが、「八年もたった今、バタバタと死んでいるはずだ。 だからもう大丈夫だ」等と言う人達は本当に無知なんだな…と、気の毒に思う。 福島の影響がチェルノブイリ以下ととらえることも、スクリーニングしたからその疾患が急増したととらえることも、殊更に何もなかったことにしたり事実をねじ曲げて伝えようとする「政府、マスゴミ、御用学者の常套句」である。 今の日本で経済にとってマイナスとなる事柄については正確な情報は流されず、隠蔽される。 正しいことを伝えようとする者は抹殺される。 東海村云々についての言及は申し訳ないが意味不明だ。 逆に何でそんなに脱原発が嫌だとか拘ってしまうのも??? それでもまだ今は深く調べていけば正しい情報は得ることが出来る、にもかかわらず「安全だとどうしても思い込みたい、臭いものに蓋をしたい」思考停止の状態も多く見受けられる。 「何故それがおきるのか?」「そしてこの先どうなるのか?」深くは考えない。 考えたくないのであろう。 その結果が福島の原発事故であるのに…、思考停止は、また更に罪の上塗りをする事になるだろう。 福島を見捨てろと言いたいわけではない。 50才も過ぎればガンガン福島のものを食べて復興を応援したら良いだろう。 別の形での支援も沢山ある。 自分も事故後に復興支援の目的で東北へは旅行に行ったり、チャリティーにもずっと参加し続けている。 この本をガイドに訪れることも良いと思う。 そして常に関心を持ち続けることが大切だと思う。 自由意思を謳歌出来る者は責任主体のもと実行すれば良いだろう。 肚を括って。 しかし、子供と妊婦さんは巻き添えにしないでほしい。 復興の為だと言い、地の物を子供に給食で食べさせるとはなんと残酷な事だろう。 「大人の我欲の為にまだ自分の意思で選択の出来ない子供達を犠牲にしないでほしい」と心から願う。 現地でやむを得ず子育てをして暮らす人の中にもせめて我が子の健康は守りたいと思いつつも、それを口にしたり行動すると批判されてしまう人もいると聞く。 その事の方が自分は悲しいと思う。 私の住む地域ではガイガーカウンターはならない。 私はガイガーカウンターを所有しており、各地で測っていたりもする。 つい最近も福島へ行く事があった。 だから福島の放射線量が他の地域と比べて低いなどということは絶対にないと知っている。 全く福島と関係のない人が好き勝手言ってるとのことだが「そう思いたいならお好きにどうぞ」と思う。 全員が深い穴にどっぷりとはまり、誰一人抜け出すことも出来ず、「集団自決」するのが良いことだとは私は思えない。 私はヒステリックに原発反対を訴えたいわけではない。 命にしがみつきたいわけでもない。 むしろ事実を調べて、又身近に感じて、知っているだけだ。 そしてこのような世の中にした一人としての責任も感じている。 だから放射線や原発事故等についての否定的な言及に対して即座に「ヒステリー!」「大袈裟だ!」等と叫んでしまう人達については、事実を無視して感情的になっているのはあなた達の方ではないのか?と疑問に思う。 大切なのは現実をきちんと直視して、丁寧に取捨選択しつつ、共に生きる事ではないのだろうか?深く考えず、雑に十把一絡げになってしまおうとすることではないと思う。 竹山さんが雑ということではない。 この本を読むことで深く考えず知ろうとせずにいることが雑であると思う。 批判的レビューを見ると、一体どこの国のどこの時代の話をしているのか?と首を傾げたくなる。 ガイガーカウンターなんて日本全国どこでも音がなる。 ぶっちゃけ今の福島で人が住んでいるところは有名どころの温泉場よりも線量が低い。 反原発イデオロギー的な部分で情報を更新せず、福島をスケープゴートにして「危険だ!危険だ!」と煽り続ける人達を尻目に 「ふくしまの旨いもの楽しい場所を堪能して遊んでこよう!」 こんな純粋な動機で来てくれる竹山さんに感謝しかない。 食べて応援しなくてもいい、とっくの昔に福島の多くの人は自分で立って生活している。 なので、福島に来て楽しんでほしい。 そんな県民の想いに本当に寄り添ってくれているいい本だと思う。 原発をやめさせたい連中には、福島を廃県にしろだとか、福島県民は1年以内に大量死するとか言われ、それが3年、5年、7年、10年に伸びた。 そんな呪いをかけられながらも多くの福島県民は今日も美味しいものを食べて、普通の人生を送っている。 そしてそんな人たちと肩を並べて酒を酌み交わし、同じく旨いものを食い、多くを語ってくれている竹山さんの本です。 原発云々の話は少なめ。 ほとんどが福島の観光情報満載の本です。 GW前にこの本を手にして福島に遊びにきてください。 本を買って読みもしないのに批判的レビューをあげていそうなユーザーがいるので、買って読んだ証拠として本の画像をアップ。 【追記】 原発事故の不安を過度に煽りたがる人達が被災した地域を苦しめている事がここのレビューからもわかる。 それらの人がやたら追記でこの本を批判しているが、そのような人達が東海村の臨界事故の時になんと言ってたか、そして今の東海村はどうなっているかを調べたら、それらの人が言ってる事が単なる妄言である事が分かると思う。 反原発のイデオロギーと言う棍棒で、今も福島の人たちを彼らは叩いているのだ。 8年もの間福島県に何度も通って顔なじみもできたという、カンニング竹山さんの本です。 放射能が危険とかいろいろな話が飛び交う福島県へ実際に足を運び、地元の人の営みをとても細かく取材(飲食とか観光とか)された内容が書かれていて面白く読みました。 が、本当に力が入っているのは原発の現状とメディアへの苦言の章だと思います。 例えば、『福島のことを、いまも「フクシマ」という人がいる!」』とか、『すぐに俺のことを殺そうとする人たちにもの申したい!』とか。 芸能界で生きていくうえでマスメディアを敵に回すのは得ではないのではと思いますが、それ以上に福島県を愛する気持ちが勝っているのではないかと思います。 福島県の本当の現状を知ることのできる本です。 ぜひ読んでください。

次の

森の石松

大 食い かよ ねえ

森の石松まつり 静岡県周智郡森町 森の石松(もりのいしまつ、生年月日不明 - (元年))は、の子分として期に活躍したとされる。 出身地は半原村(後の富岡)とも森町村(後の)とも伝えられるが定かでない。 では「福田屋という宿屋の倅」ということになっている。 森の石松の「森」とは森町村のことである。 半原村説では、半原村で生まれたのち、父親に付いて移り住んだ森町村で育ったという。 なお、現在語り継がれている石松は、清水次郎長の養子になったの聞き書きによって出版された『』に因るところが大きく(つまりお手盛りの伝記 )、そこに書かれて有名になった隻眼のイメージは、同じく清水一家の子分で隻眼のと混同していた、または豚松のことを石松だと思って書かれたとも言われており、石松の人物像はおろか、その存在すら信憑性が疑われている。 しかし、「遠州っ子」(、・刊)の森の石松にまつわる記事には、出所後の晩年を興行主として相撲や芝居などの開催を仕切っていた清水次郎長と会った事のあるという人が、次郎長が森の石松の事を聞かれて涙したと語っていた事などの記述があるため、森の石松が実在の人物なのか、それとも空想上の人物なのか、ますます判らなくなっている。 愛知県新城市一鍬田に、生家あり。 略歴 [ ] 孤児となった石松は侠客の森の五郎に拾われて育てられた。 侠客同士のから(後の)で人を斬り、次郎長に匿われて その子分となった。 酒飲みの荒くれだが義理人情に厚く、どこか間が抜けており、温泉地の賭場で いんちきを使って100両儲けたと思ったら翌日以降300両負けて次郎長の湯治費を丸ごとスッてしまい、仲間から「馬鹿は死ななきゃ直らない」とからかわれた 、といった愛すべきキャラクターとして講談や浪花節(浪曲)にも数多く登場する。 病で妻に先立たれたばかりの次郎長と共に宿敵を討ち果たし、親分の御礼参りの代参でへ出掛けた帰路、方々から預かっていた次郎長へのを狙った侠客の都田の吉兵衛(都田は後の静岡県北区都田。 講談や浪花節では「都鳥」とされる)に、遠州中郡(後の静岡県浜松市浜北区小松と思われる)にて騙し討ちに遭い、斬られて死亡した。 吉兵衛は翌(万延2年)、次郎長によって討ち果たされる。 史料 [ ] 石松のことを伝える史料の代表格は、一時期次郎長の養子であった天田五郎(ペンネーム:山本鐵眉。 後に出家しと号した)が(明治17年)に出版した『東海遊侠伝』であり、以降の『明治水滸伝清水次郎長の伝』((明治19年)出版)や(森町出身)が(大正9年)頃 雑誌『騒人』に連載した「正伝清水次郎長」をはじめとする伝記の殆どのルーツと言ってよい。 講談や浪花節 [ ] 一方、講談や浪花節に描かれる石松や次郎長は、彼らの仲間であり後に旅講釈師となった清竜が講談師の三代目に金銭と引き換えにネタとして提供したものが元であり、さらに浪曲師のがひ、次郎長伯山ことの弟子、の協力を得て、伯山の講談をフシ付けし、浪花節とした。 虎造の十八番の一つ「石松三十石舟」の中で石松が、たまたま舟に乗り合わせて石松の名と噂を懸命に思い出そうとしている旅人に「あんた江戸っ子だってね、食いねぇ、寿司を食いねぇ」と勧める有名な台詞は虎造の創作である。 その後、実はその江戸っ子はその人が石松である事に気づいており、「 馬鹿は死ななきゃ直らねぇ! 」と石松をからかう。 後世、代にが歌って一世を風靡した「」(作詞:S. S、、作曲:)はこの曲からヒントを得たとも言われるが、本来のの台詞はあくまで「寿司を食いねぇ」である。 なお、神田伯山の元ネタには、石松が大阪の本町橋付近の八軒店(はっけんだな)で押し寿司を買う件があるため、金比羅に行く舟の中で神田生まれの江戸っ子に食べるよう勧めた寿司は大阪の押し寿司であり、江戸前寿司ではない。 墓 [ ] はにある ()のものが有名だが、他にも墓とされるものは複数あり、どれが正墓が定かではない(因みにのものは であるという理由から寺の敷地内ではなく、門前に建てられている)。 石松の墓石の欠片を持っているとに強くなるという俗信があり、の石松の墓は何度も作り直されている。 現在建っている物は産の極めて硬い石材を使用している。 盗まれた墓石がの河原で 発見され大騒ぎになったというエピソードも残っている。 題材となった作品 [ ] 映画 [ ]• 「清水の次郎長」(1938年、東宝) - 森の石松:• 「エノケンの森の石松」(1939年、東宝) - 森の石松:• 「」(1940年、日活) - 森の石松:• 1957年再上映、改題「清水港代参夢道中」。 現代の舞台監督:石田勝彦(演:片岡千恵蔵)が江戸時代にタイムスリップして、森の石松になるという異色の作品。 「森の石松」(1949年、松竹) - 森の石松:• 「殴られた石松」(1951年、新東宝) - 森の石松:• 「清水次郎長伝」(1952年、新東宝) - 森の石松:田崎潤• 「唄祭り清水港」(1952年、松竹) - 森の石松:• 「次郎長一家罷り通る」(1953年、松竹) - 森の石松:• 「次郎長三国志 第二部 次郎長初旅」(1953年、東宝) - 森の石松:• 「次郎長三国志 第三部 次郎長と石松」(1953年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港」(1953年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長三国志 第五部 殴込み甲州路」(1953年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」(1953年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長三国志 第七部 初祝い清水港」(1954年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」(1954年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長遊侠伝 秋葉の火祭り」(1955年、日活) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長遊侠伝 天城鴉」(1955年、日活) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長意外伝 灰神楽の三太郎」(1957年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「次郎長意外伝 大暴れ三太郎笠」(1957年、東宝) - 森の石松:森繁久彌• 「森の石松」(1957年、大映) - 森の石松:• 「次郎長外伝 石松と追分三五郎」(1957年、松竹) - 森の石松:• 「清水港の名物男 遠州森の石松」(1958年、東映) - 森の石松:• 「暴れん坊森の石松」(1959年、東宝) - 森の石松:• 「次郎長富士」(1959年、大映) - 森の石松:勝新太郎• 「森の石松幽霊道中」(1959年、東宝) - 森の石松:フランキー堺• 「大暴れ森の石松」(1959年、東宝) - 森の石松:フランキー堺• 「続 次郎長富士」(1960年、大映) - 森の石松:勝新太郎• 「森の石松鬼より恐い」(1960年、東映) - 森の石松:中村錦之助• 「続清水港」(1940年、日活)のリメイク• 「ひばりの森の石松」(1960年、東映) - 森の石松:• 「次郎長血笑記 秋葉の対決」(1960年、第二東映) - 森の石松:• 「次郎長血笑記 殴り込み道中」(1960年、第二東映) - 森の石松:品川隆二• 「次郎長血笑記 富士見峠の対決」(1960年、第二東映) - 森の石松:品川隆二• 「次郎長血笑記 殴り込み荒神山」(1960年、第二東映) - 森の石松:品川隆二• 「大笑い次郎長一家 三ン下二挺拳銃」(1962年、新東宝) - 森の石松:• 「ジェリーの森の石松」(1963年、東映) - 森の石松:• 「次郎長三国志」(1963年、東映) - 森の石松:• 「次郎長三国志 甲州路殴り込み」(1965年、東映) - 森の石松:長門裕之• 「次郎長青春篇 つっぱり清水港」(1982年、松竹) - 森の石松:• 「次郎長三国志」(2008年、角川映画) - 森の石松: テレビドラマ [ ]• 「」(1957年、日本テレビ) - 森の石松:• 「森の石松、新国劇アワー」(1959年、TBS) - 森の石松:• 「森の石松、日立劇場」(1959年、TBS) - 森の石松:• 「」(1964年、フジテレビ) - 森の石松:• 「珍説森の石松、瓦版大喜劇」(1964年、毎日放送) - 森の石松:• 「初笑い森の石松、コメディ・フランキーズ(第27回)」(1964年、日本テレビ) - 森の石松:フランキー堺• 「」(1968年、NET) - 森の石松:• 「巷談森の石松、剣(第44回)」(1968年、日本テレビ) - 森の石松:• 「」(1971年、フジテレビ) - 森の石松:• 「森の石松」(1973年、日本テレビ) - 森の石松:• 第27話 「殴られた石松」(1973年、NET) - 森の石松:• 「」(1974年、NET) - 森の石松:• 「」(1975年、NET) - 森の石松:• 「清水次郎長 3 男の涙・石松の最後」(1982年、フジテレビ) - 森の石松:• 「」(1988年、テレビ朝日) - 森の石松:• 「」(1991年、テレビ東京) - 森の石松:• 「森の石松 すし食いねェ!ご存じ暴れん坊一代」(1992年、フジテレビ) - 森の石松:• 「勢揃い清水一家 次郎長売り出す」(1992年、日本テレビ) - 森の石松:• 「」 1995年、フジテレビ - 森の石松:• 「」(1995年、NHK) - 森の石松:水谷豊• 「」(1998年、テレビ朝日) - 森の石松:• 「」(2000年、テレビ東京) - 森の石松:• 「」(2006年、NHK) - 森の石松:• 「」(2009年、テレビ東京) - 森の石松: 小説 [ ]• 「」() 舞台 [ ]• 「森の石松」(1985年、)-森の石松:• 「森の石松」(再演、1986年、東京・)-森の石松:近藤真彦• 「次郎長 ながーい目でみてください 」(2012年、社団法人日本喜劇人協会、東京・、福岡・、岡山・後楽座)-森の石松:泉堅太郎• 「桜舞う夜、君想ふ」(2019年、大阪・) -森の石松:ドヰタイジ• 「次郎長、渡世人辞めるってよ」(2019年、有限会社神田時来組、東京・) -森の石松: アニメ [ ]• 「」(2004年、) - 企画製作:ピーマんハウス/トマソん パチスロ [ ]• 「ガッツだ!! 森の石松」(2004年、エレコ()) - 森の石松: 楽曲 [ ]• 「森の石松」(1971年、作詞:、作曲:、歌:)• 「夜もすがら踊る石松」(2006年、作詞:、作曲:、歌:)• 「ラップ・石松」(2009年、作詞:Ryuji、作曲:Douji・Yoh、歌:) - 森の石松とを組み合わせた内容。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 脚注 [ ] [].

次の