腎臓 病 食 宅配 ランキング。 糖尿病と食事|腎臓病食・糖尿病食の全国宅配サービス。≪アットライナ≫

腎臓病の方におすすめのたんぱく質制限・塩分調整ありの宅配食サービスランキング

腎臓 病 食 宅配 ランキング

腎臓病の食事療法:スーパーの食材では無理!? スーパーマーケットで売っている普通の食品では毎日の腎臓病の食事療法は困難です。 普通の白ごはんでもタンパク質が多いため、肉や魚などのおかずを減らすことになります。 お肉やお魚はほんのひと切れ程度です。 見た目はひと口かふた口で食べ終わってしまうほどの量しかありません。 カロリーを補うために油や砂糖を使うことになり、かえって腎臓に負担をかけてしまいます。 スーパーの食材だと、毎日エビなし野菜のかき揚げを食べることになりかねません。 揚げ物で胃もたれするのも嫌なものですが、 これでは大事な腎臓病の食事療法の意味がまったくありません。 食材や調味料は計量して調理するので、今までの何倍も時間がかかります。 料理のプロではない人には、とてもハードルが高いのが事実です。 そこで!腎臓病の食事制限に合わせた宅配食です!!! 腎臓病食宅配ランキング 腎臓病食事宅配サービスは、最初にどの会社に頼んで、どの商品を選べば良いか不安になることがあります。 食事というのは人それぞれ好き嫌いがあります。 3~5品のおかずの中にたった一つでも自分の嫌いなものがあれば、途端に食欲もなくしてしまうものです。 そういった点からも、腎臓病食事宅配サービスの会社を順番に一週間ずつ試してみるのもとても有効な方法だと考えられます。 ほとんどの腎臓病食事宅配サービスは、冷凍弁当のメニューが最低でも30種類以上はラインナップされています。 そしてそのメニューの中から自分の好きなものをチョイスできるコースもあります。 そのような方法で試した後に、自分に合う腎臓病食事宅配サービスの会社を選んで継続的に宅配食を利用するのがベストではないでしょうか。 >>>関連記事: 宅配食って高い? たんぱく質と塩分を制限したお弁当は、 7食で5,184円 税込 1食あたり税込みで740円 塩分だけを制限したお弁当は、 7食で4,860円 税込 1食あたり税込みで694円 送料は初回無料・クレジットカード・郵便局とコンビニで後払い可能 食事制限できる?• たんぱく質と塩分は抑えて、カロリーは高く食事制限に合わせて管理栄養士がしっかりと献立作り!• 自宅調理では考えられないメニューの豊富さで、飽きさせることはありません!• 国内産の食材を国内工場で万全の衛生管理の中で手作りしています! おいしいの?• 料理に後から醤油などをかけるのは塩分摂りすぎの原因。 そのままでおいしく食べれます!• 緑・赤・黄の三食の食材を取り入れるように心がけ見た目も華やかに作っています!• ダシや香辛料で味わい深く、絶妙の歯ごたえで満足のいくボリュームに仕上げています!• 「冷凍食品はまずい」というのは先入観です。 今の冷凍技術は驚くほど進化しています。 楽できるの?• 毎日の献立と食材の計量から開放されます!• 賞味期限が3ヶ月以上で管理の負担も少しだけ!• 電子レンジで温めるだけなので用意も後片付けも楽できます! 注文と発送は?• ヤマト運輸のクール宅急便で全国へ配送• クレジットカード決済ですと商品が速く到着します。 代引きもできます(要手数料)• ゆうちょ銀行・コンビニで後払いができます。 注文はネットで24時間受付。 日中は電話でも注文できます。 たんぱく質と塩分を制限したお弁当・塩分制限のみのお弁当ともに、 7食で4,340円 税込 1食あたり税込み620円 送料は390円 腎臓病の食事療法 腎臓病の食事療法には、病気と食事の双方の知識が大切です。 また、食事療法は病気に真剣に取り組み、継続することが大事になってきます。 そうなるためには食事療法に対して苦手意識を持たず、むしろ楽しむくらいに気持ちを切り替えてみてください。 腎臓病食を少しだけ理解する 腎臓病の食事療法といっても、制限ばかりのウンザリした食事だと考えないでください。 重要なことは、体調に合わせた食事構成です。 正しい知識を勉強し、適正な素材を選択し、調理や味付けにアイデアを出すことで、食事を満足できるものにできます。 調理未経験の方、単身赴任や独身の男の方は、食事療法は煩雑だと考えられるかもしれませんが、食事や料理への理解を深める良い機会になるはずです。 これを機に、調理にチャレンジして、料理を趣味にしてください。 料理を楽しめるようになるまでは、最初から複雑なメニューに挑むのではなく、普段通りの食事を作ることが大事な点です。 外食でも腎臓病の食事療法可能な場合があります 忙しい現代人の日常では、3食外食で済ます方もめずらしくありません。 そんなときも組み合わせや分量に考慮すれば、腎臓病の食事療法を継続することが可能です。 外食をする時には、なるべく高カロリーのメニューを選ぶのですが、醤油や塩をかけて塩分の摂り過ぎにならないでください。 外食のメニューごとにカロリーや塩分を調べて、単品物だけでなく、定食のような主食、主菜、副菜のそろった料理を選んでください。 医師の指導を受けている方は、外食についても医師や管理栄養士さんに相談してください。 家族の食事と食事制限の料理 食事療法が必要なご家族を持つ方は、ほかの家族と別の献立を考えるより、調味料の使用法などを創意工夫して同じ食材でも味付けを変えたりしましょう。 煮物やシチューなどは材料を煮込むところまでは同じ鍋で作り、食事制限の分を取り分けて、別に味付けをします。 ドレッシングを使うサラダや酢の物などの和え物も、調味料の量を可能な限り減らしましょう。 肉や魚などの調理では、フライパンで焼かずに網焼きになど、区別して仕上げるなどの方法があります。 それから、塩分の少ない冷凍食品や加工食品を利用して副菜を1品増やすなど、調理の手間を減らす事も考えてください。 塩分の多い加工食品は、野菜を加えて1人前を2回に分けて使うなどして、1食分の塩分摂取量を抑えることもできます。 腎臓病の食事療法中のお酒とタバコについて 喫煙による体への健康被害は、食事療法を努力したプラスを無慈悲にマイナスにします。 食事療法を正しく継続しても、その効果が出なければ続ける意欲をなくしてしまいます。 喫煙も飲酒も百害あって一利なしです。 病気を患ったことを肝に銘じてきっぱりとやめてください。 腎臓に良い食べ物 玉ねぎ 玉ねぎは、フラボノイド・ケルセチン・グルコキニン・グルタチオン・セレンなどの活性酸素を無毒化する各種の抗酸化物質を豊富に含んでいます。 ケルセチンは、血液中の中性脂肪を減らす働きがあり、血液をサラサラに保ちます。 にんにく にんにくのアリシンは強力な抗菌・殺菌・解毒作用があります。 さらに、チルアリルトリスルフィド・アホエンなど数種類のイオウ化合物は血小板凝集作用を抑制する働きがあり、血栓を作りにくくし、血流促進効果を高めます。 イソチオシアネートという成分には、血流を良くし血栓ができにくくなる働きがあります。 オリーブオイル オリーブオイルにはオレイン酸がたっぷり含まれており、悪玉コレステロールを減らします。 さらに、血小板の凝血作用を弱める働きがあり、動脈硬化の予防します。 オレオカンタールという成分は、市販の風邪薬に含まれている抗炎症作用があるイブプロフェンに似た作用を持っており、風邪の予防に心強いサポートをしてくれます。 青魚 青魚に含まれているDHAとEPAは、高血圧の予防・悪玉コレステロールの減少・中性脂肪の減少・視力向上の効果があります。 DHAとEPAは青魚の脂質部分にたくさん含まれています。 青魚の調理方法は脂が落ちてしまう塩焼きよりも、刺身や煮付けが賢い調理法です。 りんご リンゴポリフェノールは、高い抗酸化作用があり、活性酸素の酸化を弱める働きがあります。 血中脂質が酸化して過酸化脂質になることを防ぎ、動脈硬化や血栓などをできにくくするのに役立ちます。 ペクチンはコレステロールや糖質の吸収を抑制する作用があり、糖尿病や腎臓病などの生活習慣病の予防に効果的です。 お酢 腎臓病・糖尿病・高血圧・低血圧・動脈硬化などの病気は血液の流れや汚れが原因と考えられていますが、お酢には酢酸・クエン酸・アミノ酸などの有機酸が豊富に含まれており血液をサラサラにする血液浄化作用があります。 さらに、利尿作用があり、過剰な塩分を体外へ排出する効果があります。 体内に蓄積される酸化物の処理を促進したり、他の食品の栄養分が効率よく体に吸収させるサポートをします。 あなたが元気じゃないとご家族が悲しみます 一日の中で家族がコミュニケーションをとる場の一つに食事があげられます。 その食事が家族の食事と明らかに違っていたり、腎臓病の食事制限のため自分だけ味付けの薄い食事だとテンションも下がってしまいます。 元気がなくなると周りの家族や友人も心配したり悲しんだりします。 栄養を摂ることで身体を動かすことができ、生活の中で一番元気になれるのは食事です。 腎臓病食事療法の難しい制限食を少しでも笑顔が出るような、おいしい食事にすることが最大のポイントとなります。 自宅に居ながらにして食べられる腎臓病食事宅配サービス 腎臓病の食事療法の中で厄介なタンパク質を特殊な方法で少なくした加工食品や、塩分を少なくした食品をアマゾン・楽天で購入することができます。 こういった腎臓病食事専門の特殊食品を使うことで、家族と見た目は同じ食事を楽しむことができます。 ただし、特殊食品や調味料など普通食品とは別に購入するため、調理時間や料理の種類、台所のスペースやご家族の手間などの問題もでてきます。 腎臓病の食事療法を楽にできる方法はないのでしょうか そこで、管理栄養士がカロリーやタンパク質、塩分などを抑え、バランスよく出来上がった食事(腎臓病食の冷凍弁当)を宅配してもらうことで、本人にも調理してくれる家族にもストレスなく暮らすことができます。 腎臓病食事の宅配サービスは管理栄養士の指導で作られた食事が宅配されるため安心してお召し上がりいただけます。 3ヶ月以上は冷凍保存も出来るため管理がとても楽なのも宅配食の利点です。 食事宅配の冷凍弁当は、減塩・カリウム・低たんぱく調整食なのに見た目も豪華で健康な方が食べても美味しいと評判です。 腎臓病の食事宅配サービスを使うと 腎臓病食宅配サービスを利用すれば、ご本人も家族も非常に精神的に楽になります。 しかし、腎臓病食事宅配サービスの食事は金銭面的にも多少の負担がかかってくるかもしれません。 はじめは利用しても長続きしない患者様を何人かいらっしゃいました。 金銭面的には厳しい場合があるかもしれませんが、腎機能が悪化してしまい透析に移行してしまっては元も子もなく、 腎機能は一度失われてしまうと取り戻すことができません。 管理栄養士が腎臓病の患者様にあった栄養計算をしてくれるため、面倒な計算をしなくて済むので宅配食は、プラス要素の方が遥かに大きいと考えらます。 アマゾンや楽天から購入した特殊食品と腎臓病食事宅配サービスの宅配食を上手に組み合わせて、腎臓病の患者様にも家族の方にもお財布にも優しい選択肢をお選びください。 まずはお試しで腎臓病食事宅配サービスを利用されてみてはいかがでしょうか。 腎臓病の食事宅配サービスの満足度は高い 腎臓病の食事宅配サービスの利用者396名対象に調査した『宅配治療食利用者の現状に関するアンケート調査』という論文が日本栄養士会の雑誌に掲載されました。 その要旨を引用します。 宅配治療食利用者の現状を把握することを目的とし、エネルギー調整食・たんぱく質調整食の利用者を対象に、アンケート調査を実施した。 396名の調査結果を集計・解析したところ、70歳以上の利用者が76. 0%であり、家族と同居している者が65. 4%であった。 宅配治療食の利点としては、「適量が分かるようになった」 等、「食事療法に役立った」 と回答した者が上位を占めていた。 栄養指導を受けた経験のある者は、57. 0%であり、栄養指導を受けたことがない者と比べて、「減量できた」、「血糖値が改善した」 等、健康状態が改善したと回答した者の割合が、高い結果であった。 利用者は糖尿病をはじめとし、糖尿病性腎症、慢性腎不全といったさまざまな病態を持つ者が、混在していることが明らかになった。 利用者が病態に応じた食事を選択できているかどうか不明である。 今後、栄養指導に関わる医師・管理栄養士等の医療従事者と、宅配治療食業者が患者の病態に関する情報を、個人情報に配慮しながら共有していく必要があると考えられた。 アンケートの内容的には、満足している利用者が90%程のようです。 アンケートの項目別の内容は以下のグラフに掲載しています。 「宅配治療食の利点-食事面以外」グラフの「買い物の負担が減った」「調理の負担が減った」という部分が、腎臓病の食事宅配サービスを利用する最大のち利点だというのが非常によくわかります。 腎臓病食宅配サービスの冷凍弁当でも、慢性腎臓病の患者さんと人工透析を受けている人患者さんではたんぱく質の制限量が変わってきます。 そう言った理由で 1日に食べることのできるたんぱく質の量の制限内で作られている腎臓病食事宅配サービスを選んで下さい。 続いて、白飯付きかおかずのみかを選びます。 低たんぱく質の白飯付きの冷凍宅配弁当は手軽ですが、冷凍では食味や食感が若干落ちてしまいます。 白飯の量はお弁当だと調整しづらいので、おかずのみの冷凍宅配弁当を注文して主食の白飯は自宅で準備した方が賢明です。 さらに、日々食べる食事なので、継続(注文方法・金額等)が面倒ではないかどうかも大事な点になります。 継続可能な料金かどうか、送料無料になる注文金額など比較して腎臓病食事宅配サービスを選択して下さい。 冷凍宅配弁当もタイプが同じメニューが並んでいると飽きてしまいます。 毎日様々な食材を使った冷凍宅配弁当が食べられることがベストなので、どれくらいの期間で献立変更があるのかなどを入念に確認してみてください。 実際に冷凍宅配弁当の味を食べてみることのできる、お試しコースや冷凍宅配弁当1個からオーダーできる腎臓病食事宅配サービスがベストです。 腎臓病制限食の宅配食サービスを選ぶ時のポイント• 冷凍宅配弁当の料金や送料は適切か• 継続していくことは可能な料金か• 献立やコースは自分の好みにマッチしているか• レトルトごはんを一緒に購入できるか• 嫌いな食材を使用していないか• 自分の病状に合わせた適切な制限量の冷凍宅配弁当なのか 以上のポイントを考慮して、 最初は7食づついろんな宅配食サービスを利用してみるのが賢い選択ではないでしょうか。 宅配食サービスを利用してあなたとご家族の手間と時間の負担を軽くしましょう! 腎臓病食事宅配ランキング.

次の

糖尿病と食事|腎臓病食・糖尿病食の全国宅配サービス。≪アットライナ≫

腎臓 病 食 宅配 ランキング

腎臓病の食事療法 まずは腎臓病の食事療法の基本についておさらいしてみましょう。 たんぱく質制限 腎臓病の方は食事から摂取するたんぱく質を控えるように指示を出されます。 たんぱく質は私たち人間の皮膚、髪の毛、血液、筋肉などを作る重要な栄養素の一つです。 しかし、腎臓病の方は食事からたんぱく質を摂取した際に作られる老廃物を正常に処理、排泄することが難しいです。 腎機能が低下して老廃物が体内に蓄積されたままになると、腎臓に大きな負担がかかり、腎機能の低下が進行するようになります。 このような理由から腎臓病の方はたんぱく質の摂取量を制限する必要があります。 一般社団法人 日本腎臓学会によると慢性腎臓病のステージごとによるたんぱく質の標準摂取基準は以下のようになっています。 8~1. 0 ステージ3b GFR30~44 0. 6~0. 8 ステージ4 GFR15~29 0. 6~0. 8 ステージ5 GFR<15 0. 6~0. 8 ステージ5D 血液透析 週3回 0. 9~1. 2 ステージ5D 腹膜透析 0. 9~1. 腎機能が低下すると、塩分の排泄機能が上手く働かずに体内は塩分で蓄積されたままの状態になります。 このような状況になるとむくみ、高血圧などの症状をもたらすことになるため、腎臓病の方は塩分の摂取量にも制限をかける必要があります。 またCKDステージがステージ5D、腹膜透析を行っている方は以下の摂取量が推奨されています。 カリウムは筋肉や神経の正常な働きを支えるミネラルの一種ですが、体内のカリウム濃度が高くなりすぎると不整脈や筋の脱力感、重篤の場合は心停止を起こすことも。 このような理由から腎臓病の方はカリウムの摂取量にも十分に気を使う必要があります。 カリウムは基本的にたんぱく質を含むあらゆる食品に含まれています。 したがってたんぱく質の摂取量を調節することで、同時にカリウムの摂取量も減らすことが可能です。 CKDステージによる食事療法基準ではカリウムの1日推奨摂取量は以下のように定められています。 腎臓の機能が著しく低下し、尿がほとんど出ない状態になると体の中には水分が溜まっていきます。 これによりむくみ、体重増加、高血圧、心不全、肺水腫などの原因にもなるので注意が必要です。 CKDステージによる食事療法基準ではステージ5D 週3回の血液透析 を行っている方は1日の水分摂取量をできるだけ少なくすることが推奨されています。 また腹膜透析を行っている方の1日水分摂取量目安は以下のとおりです。 【PD除水量+尿量】 リン制限 慢性腎臓病 CKD が悪化すると体内のリン濃度が高くなる高リン血症が現れるようになります。 リンは骨や歯を形成する栄養素ですが、血液中のリン濃度が高くなりすぎると関節周辺の強い痛みや動脈硬化を促進させる弊害を引き起こします。 高リン血症が長引くと副甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、骨も弱くなります。 このような理由から普段の食生活からリンの摂取量も調整しておく必要があります。 CKDステージによる食事療法基準ではステージ5Dに該当する方のリン1日摂取量目安は以下のとおりです。 この制限によって生命活動に必要不可欠なエネルギー カロリー が不足する恐れがあります。 エネルギーが不足すると体は筋肉などのたんぱく質を分解し、不足分を補う動きを見せます。 すると血液中の老廃物が増えることになるため、結果的にたんぱく質を摂りすぎた時と同じぐらいの負担を腎臓にかけることになります。 このような弊害を防ぐためにも、たんぱく質を制限しながらも十分なエネルギーを確保する必要があります。 腎臓病の方が効率的にエネルギーを摂取するには糖質や脂質を上手に体内に摂り込むことです。 これらの栄養素を含む食品を上手に利用することで、エネルギー不足の問題を解消することができます。 腎臓病の方が目標にしたい摂取エネルギー量は以下のとおりです。 一方の二次性腎疾患は腎臓以外の病気が原因となって腎臓に障害を与える病気のことを指します。 具体的には糖尿病性腎症、腎硬化症、痛風腎などの種類があります。 そして二次性腎疾患の方の食事療法は、一時性腎疾患のものと異なる可能性があるので注意が必要です。 特に注意しておきたいのは糖尿病性腎症を患っている方。 糖尿病性腎症の場合は糖尿病と腎臓病を考慮した食事を摂り入れる必要があります。 一般的に糖尿病の食事療法では血糖値をコントロールするために糖質を控えた食事を推奨されます。 一方の腎臓病はたんぱく質を控える代わりに糖質や脂質などからエネルギーを摂取する必要があります。 「糖尿病のことを考えて糖質を制限し、たんぱく質を多めに摂取すると腎臓に大きな負担がかかる」「腎臓病のことを考えてたんぱく質を制限し、糖質を多めに摂取すると血糖値の問題が出てくる」。 このように糖尿病と腎臓病の食事療法は互いに矛盾する内容があり、多くの方が戸惑ってしまう原因になっています。 したがって糖尿病性腎症などに代表される二次性腎疾患をお持ちの方は、一度かかりつけの医師や管理栄養士などに食事療法で注意すべき点などを聞くようにしましょう。 病気、食事、栄養素のスペシャリストのアドバイスを受けた上で通販の低たんぱく食品や宅配食を利用するのが最も安全です。 ちなみに宅配食事サービスを提供する会社によっては「栄養相談サービス」などのコーナーを設けているので、摂取すべき栄養素、制限すべき栄養素で迷ったら積極的に活用してみましょう。 腎臓病の制限食の悩みは低たんぱく食品や宅配食で解決 腎臓病を患っている方は慢性腎臓病のステージ 病期 に応じてさまざまな栄養素摂取に制限をかける必要があります。 しかし、 自宅で腎臓病に対応した制限食を作るのはとても大変なことです。 また料理や栄養素に関する知識に乏しい方が制限食を作ると、どうしても適切ではない献立、レシピになってしまう可能性も否定できません。 そのような不安、悩みがある方は通販の低たんぱく食品や宅配食を有効活用してみましょう。 通販の低たんぱく食品や宅配食は食、栄養に関する知識に長けた人間が製造に携わっているため、非常に安心できるのが魅力的です。 「制限食作りが大変」「食事がつまらない」という方はぜひ参考にしてください。

次の

腎臓病の方におすすめの食事宅配3選【タンパク質制限】

腎臓 病 食 宅配 ランキング

年齢と共に腎臓の健康に不安を感じている方、実際にお医者さんから腎臓に関する病気と診断されている方にとって日々の食事には症状に合わせて栄養の摂取に関する数値が設けられ、栄養指導による食事療法を行っていくことがあります。 一般的に腎臓食と呼ばれる食事は食事療法の一つで、主にたんぱく質や塩分量を調整、さらに炭水化物や脂質の量を摂るといった食事をするのが基本です。 参考: 慢性的な病気による食事コントロールは入院している場合は良いですが、自宅療養で通院をされている方にとっては日々の食事作りの負担がとても大きいです。 宅配食事の中には調整食に適した栄養範囲の食事を提供しているサービスがあります。 中でもタンパク質調整や塩分制限といったメニューは腎臓の健康に不安がある方が自宅で栄養指導のもと食事を用意する時などに利用されている方が多いです。 もし食生活の中でタンパク質や塩分の摂取量をコントロールしたいけど食事作りの負担が大きい方は宅配食事サービスの活用を検討されてみてはいかがでしょう? こちらではタンパク質調整食を用意している宅配食事サービスをご紹介しています。 >> たんぱく質を控えたい方向けのコースはA〜Dの4コースの他に魚メインのコースが用意されています。 期間限定メニューも用意されており、こちらは8食セットの他に単品注文も可能という利便性が高いのが特徴です。 レトルト食品やご飯付きの食事、ごはん・麺、調味料といったたんぱく質調整食品のラインナップが豊富な宅配食です。 標準栄養成分はエネルギー244kcal、たんぱく質9. 9g、食塩相当量1. おすすめセット:肉と魚をバランス良く組み合わせたおかずセット• おまかせ和洋中セット:和洋中のバリエーション豊かな献立が楽しめるおすすめのセット• いろどりセット:肉・魚をメインに見た目もキレイな彩り豊かな食事が楽しめるセット• バラエティセット:様々な献立が組み合わされた飽きずに続けられるセット 以上の4つのセットから選択できます。 一つのコースで4つの献立プランが用意されているたんぱく質調整食は他の宅配食では少ないので、食事に制限があっても食べる楽しみを感じさせてくれるのがおすすめしたいポイントです!1食取り入れるだけで一日の食事内容にも選択肢が増えるので毎日の食事を楽しみたい人にピッタリです。 温度管理、衛生管理された工場で製造されているので、品質も安心、有料サービスですがチャット形式で管理栄養士や医師、薬剤師への相談ができるのも注目したいポイントです。 腎臓病の栄養指導に取り組むのにスーパーの食材では難しい? 腎臓の健康に不安がある方、医者から腎臓に関する病気と診断された方にとって日々の食事は内容を重視していかなくてはなりません。 普段利用しているスーパーで用意した食材で作るにも、たんぱく質・塩分の調整と共にカロリーや脂質といった面も意識する必要があります。 料理に詳しい方ならスーパーで買い物をした食材を使い腎臓をいたわる食事を用意することは可能でも、大抵の方にとって食材の栄養情報などは、おおよそしか把握できていないのが現実です。 そんな中で作る食事は作る側にとっては正直手間がかかり、食べる側にとっては味気ないものになってしまうことが多くなります。 たんぱく質を調整すると主菜となるお肉や魚の量も一切れ程度になってしまい、さらに塩分調整をすることで、味にも満足できないということが多くなります。 宅配食の活用で食事制限をストレスなく続ける お医者さんから食べても問題無いと判断された数値の中で宅配食を選ぶことができれば食事制限の負担を減らせるかもしれません。 宅配食事サービスが提供するたんぱく質調整食は• たんぱく質・塩分量を調整• 炭水化物・脂質量を調整• 他の栄養バランスに配慮した内容• 自分で作るよりも品数が豊富• 季節に合わせた色味・風味を活かした調理• 食べた時に美味しいと感じられる料理を管理栄養士が監修• 食べた時の満足感も重視• 食事は電子レンジなどで解凍して準備が楽 というように自分で用意しようと思うと大変な面をしっかり解決してくれるのが特徴です。 そのため宅配食を食事制限に活用するメリットとして• 食事作りの負担が減らせる• 調整食が必要な家族の1人分だけの食事を別で用意する必要がない• 毎食違うメニュー・味付けの趣向が違うので食べる方が飽きない• 食べ過ぎを防げて栄養管理が楽• サービスによっては管理栄養士による栄養相談が受けられる• 冷凍総菜なので保存期間が長いので管理も楽• 注文はネットなら24時間注文受付 以上の面が挙げられます。 もちろんデメリットとしてはスーパーで食材を買って料理を作る方が安く上がりますので、食費が利用前よりも増えることがあります。 この点については、価格面で努力している宅配食事サービスも増えていますので、うまく比較しながら活用することで、食費の増加を抑えられます。 何より無理なく自宅での食事療法が続けるために負担を減らしてくれるのが宅配食事のメリットと言えます。 たんぱく質調整食を提供している宅配食会社 健康宅配 メディカルクック宅食便 ミールタイム ウェルネスダイニング ニチレイフーズダイレクト 食宅便 彩ダイニング 彩食健美 ビースタイル本店 アットライナ けんたくん 健康うちごはん すこやかキッチン ほほえみサポーター 食と健康社 自分に合った調整食を選ぶコツ 宅配食事を自身の食事療法に取り入れる場合、まずはかかりつけ医・管理栄養士による栄養指導を元に1日、1食の中でどれくらいのタンパク質や塩分を摂ることができるのかを把握して、その数値内に抑えられるたんぱく質調整食を提供している宅配食事サービスを選ぶのがスタートです。 例えば腎臓を患っている方でも慢性腎臓病の方、人工透析を受けるような人とでは1日のたんぱく質や塩分摂取の目安が違ってきます。 1食の中でこれらの栄養数値が収まる範囲の宅配食事を探すのがおすすめです。 たんぱく質調整食はご飯付きがおすすめ? 宅配食事の献立はおかずのみの冷凍総菜タイプとごはんもセットになったタイプ、さらにご飯が別売りで用意されているタイプの宅配食事がありますので、用途に合わせて選びましょう。 ご飯の量はつい食べ過ぎてしまうという方は、ごはんがセットになった宅配食事が数値の管理がしやすいです。 また、ごはんを楽しみたいけど数値も収めたいという方の場合は低たんぱくごはんを販売している宅配食事を利用すると、1食を目標の数値内に収めやすくなります。 >> 腎臓病にまつわる食事療法の基本 腎臓を患った方に勧められる食事療法の目的の一つにタンパク質摂取の調整が必要になるケースが多いです。 これは機能が低下した腎臓への負担を軽くすることが目的となっています。 腎臓の働きの一つにフィルターのような役割をしていて、流れ込む血液に含まれる老廃物を取り除き、浄化するというのが一つの働きです。 例えば、慢性腎臓病とたんぱく質の関係は、たんぱく質は体内で使用された後、老廃物となります。 本来フィルターの役割をする腎臓によって処理され尿として排出されるのですが、腎臓機能が低下することで老廃物が排出されず、血液中に老廃物が蓄積してしまい、この蓄積した老廃物がさらに腎臓へ負担をかけてしまい、腎臓の機能を低下させてしまうというのが問題になってくるため、症状・ステージに応じて適正な量に調整が必要とされています。 日本腎臓学会: 食事の中では• たんぱく質は摂取不足に注意しながら制限• 塩分は基準内に収まるように制限• カリウムは必要に応じて制限• カロリーは十分に確保 というような内容に基づいて食事療法を進めていくことが多いです。 中でも肉・魚といった主菜に多く含まれるたんぱく質を不足しないように注意しながらも制限をするという、たんぱく質の摂取に関する食事の調整はご家庭で食事を調整するのが難しい面があります。 腎臓病の方向けの食事レシピもネットなどで公開されている たんぱく質量の調整を含めた腎臓病の方向けの食事レシピはネットなどでも公開されています。 一つ一つ確認しながら食事の準備をすることで、慣れていけば習慣として食材選び、調理方法、調味料の使い方などの工夫の仕方がわかってくるので、活用することもポイントです。 食事だけでなく、間食などでもたんぱく質や塩分を控える工夫が必要となりますので、参考に料理のレパートリーを少しずつ増やしていく必要があります。 肉料理での調整のポイント お肉はたんぱく質源の基本です。 食べたいけれど、たんぱく質の摂取量がオーバーしてしまう可能性もあるので、調理に工夫が必要です。 制限食や調整食のポイントとなるのが、使用するお肉自体は少なくても味わいを感じられるように食材の品目を増やしてアレンジするのが基本です。 野菜を上手く使いヘルシーでカサ増しをしつつ、味付けではニンニクやショウガといった味のアクセントになる食材で食べた時の満足度を高めて減塩も行うことで調整に適した内容に近づけます。 例えば、少ない肉に衣をつけて揚げ物にしたり、野菜と一緒に炒めて増やしたり。 ショウガやニンニクでアクセントをつけることで、減塩でも物足りなさを感じない味付けに仕上がります。 魚料理での調整のポイント 魚も肉と同様にたんぱく質源の食材です。 ですので、肉と同じく魚自体の量を減らしつつ、他の食材でボリュームをアップさせる工夫が必要です。 揚げものや野菜、こんにゃくなどの調整食に適した食材を使用しながらボリュームをアップしていくのがポイントです。 煮魚などは塩分が多くなってしまうので、注意が必要ですし、焼き魚の場合は醤油などの調味料の使い方も意識しましょう。 デザートでの調整のポイント 果物やデザートにもカリウムや卵やバター、ヨーグルトなどが使用されているものが多いです。 カリウムを控える必要がある場合には茹でる・煮るといったアレンジでカリウム量を控えるのがポイントです。 デザートは寒天とフルーツを合わせたもの、コンポートなど加熱をしてカリウムを控えたアレンジも基本と言えます。 みかんはカリウムが少ない果物ですので、生の果物が食べたいという場合にはカリウム量が少ない果物をチョイスするのが良いですね。 腎臓食の基本まとめ 腎臓食を作る必要がある場合、病気や栄養に関する正しい知識を身につけつつ日々の料理を作る必要があります。 ですが毎日食べ飽きないように献立を考えるといった苦労が出てきます。 これらの負担を考えると自分ですべて食べるものを作るというのは現実的ではありません。 宅配食はもちろん、ネット通販でも腎臓をいたわる食品・デザートも購入できますので、うまく活用しながら料理を作る方の負担を減らし、食べる方の楽しみを無くさないようにできると、ポジティブに食事療法も進めやすくなるかと思います。 その中で自分の目的に合った料理が用意されている宅配食事を利用するというのは、現代の食事制限のポイントとなるでしょう。 たんぱく質調整は食事療法の一つの要素です。 さらに様々な栄養に関する調整が必要なのが腎臓病にまつわる食事です。 かかりつけ医の指導・判断のもと、食事作りのヒントにしてみてはいかがでしょう?.

次の