妊娠 初期 風邪 喉 が 痛い。 妊娠初期症状に、喉の痛みとかはあるんですか?体がだるいなど...

妊娠超初期症状は風邪に似ている!咳や鼻水は?見分け方を教えます!

妊娠 初期 風邪 喉 が 痛い

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠初期症状・妊娠超初期症状のあらわれ方は、人によってさまざまです。 妊婦さんによっては、風邪のような症状が出ることもあり、「喉の奥に違和感がある」という人もいます。 今回は、妊娠初期・超初期の妊婦さんに見られる喉の痛みや違和感の原因や対処法、風邪で喉が痛いときの対処法などをご説明します。 妊娠初期・超初期に見られる症状とは? 受精卵が着床し妊娠が成立すると、「hCGホルモン」というホルモンの分泌が増えます。 また、妊娠を継続するために、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンも増加します。 これらのホルモン分泌の影響で、妊娠5~6週頃から様々な体調変化、いわゆる「妊娠初期症状」があらわれ始めます。 また、受精卵が着床する前の妊娠0〜4週頃のことを妊娠超初期と呼びますが、この時点ですでに女性の体は妊娠を維持するために変化を始めているため、なかには妊娠超初期の段階で症状が出ることもあります。 しかし、妊娠初期・超初期に起きる体の変化は個人差があります。 普段と体調がほとんど変わらず、妊娠したことに気づかない人も珍しくありません。 よく見られる妊娠初期・超初期の症状として、次のようなものがあります。 妊娠初期・超初期によく見られる症状• わずかな性器出血(着床出血)• 胸の張り、痛み• 吐き気やだるさ、眠気• 頭痛や腰痛、下腹部痛、胃痛• おりものの変化• 味覚や嗅覚の変化• 頻尿や便秘、下痢• 微熱や体のほてり、寒気• 肌荒れ• 情緒不安定 関連記事 妊娠初期・超初期には喉の痛みが現れることがある? 妊婦さんの体は、プロゲステロンの働きにより基礎体温が高い状態で維持されるため、前述のとおり妊娠初期・超初期に微熱や頭痛、だるさなど風邪のような症状が現れる人もいます。 なかには、「喉の奥に違和感がある」という人もいるようですが、一般的に喉の痛みは、ウイルスや細菌などに感染することによる炎症が原因です。 そのため、妊娠の可能性がある人、もしくは妊娠が判明したばかりの人が少し喉の痛みを感じても、それは妊娠によるものではなく、風邪をひいていたり喉が乾燥していたりするだけかもしれません。 ただし、妊娠するとホルモンの作用により、様々な変化が体に現れることは確かです。 もともと喉が弱い人は、妊娠して喉の粘膜がさらに敏感になることで、喉の奥がゴロゴロしているように感じる可能性もあります。 関連記事 妊娠初期・超初期に喉の痛みがあるとき、うがい薬は使えるの? 「うがい薬で喉の痛みや違和感をスッキリさせたい」という妊婦さんもいるかもしれませんね。 一方で、妊娠初期・超初期に薬を使っても良いものかどうか、心配な人もいるのではないでしょうか。 たしかに、うがい薬のなかには、「ポビドンヨード」など胎児に悪影響を与える可能性がある成分を含むものもあります。 しかし、飲みこむわけではないので、妊婦さんでもそれほど気にしすぎる必要はありません。 むしろ、妊娠中は免疫力が落ちていて、風邪をひきやすいので、手洗いとうがいを徹底することは大切です。 うがい薬の使用について、どうしても不安な場合は、医師や薬剤師に確認してみてくださいね。 関連記事 妊娠初期・超初期の喉の痛みで風邪薬を飲んでしまったけれど大丈夫? 妊娠初期・超初期の時点では、まだ妊娠に気がついていない女性もいます。 場合によっては、妊娠初期・超初期に「喉の痛みは風邪のひきはじめかも」と思い、市販の風邪薬を飲んでしまった、という女性もいるかもしれませんね。 日本産科婦人科学会のガイドラインによると、妊娠3週の終わり(妊娠成立直後)までの時期であれば、ごく一部の医薬品を除いて「胎児奇形を引き起こさない」とされています。 そのため、妊娠3週までは、市販の風邪薬を数回飲んだ程度であれば、赤ちゃんへの影響はないと考えられます。 いずれにせよ、妊娠がわかったら、服用した時期にか関わらず、使った薬の種類や時期、量を産婦人科の医師に伝えましょう。 関連記事 妊娠初期・超初期の喉の痛みをやわらげる方法は? 妊娠していないときであれば、気軽に風邪薬や咳止めを飲むこともできますが、妊娠中や妊娠の可能性があるときは、そうもいきませんよね。 そんなときは、昔ながらの民間療法で喉の痛みや違和感をやわらげてはいかがでしょうか。 レモンや大根のはちみつ漬けを食べる 喉の粘膜をあたため、痛みをやわらげてくれるはちみつと、栄養価の高いレモンや大根を組み合わせると、喉の痛みがやわらぎます。 輪切りのレモンや適度な大きさに切った大根を、はちみつにしばらく漬けておきます。 レモンや大根は一晩漬けたら取り出しましょう。 はちみつをお湯や紅茶で割ると飲みやすくなりますよ。 関連記事 乾燥やホコリから喉を守る 空気が乾燥していると、喉の痛みが悪化してしまうことがあります。 加湿器などを使って、適度な湿度を保ちましょう。 また、鼻と喉の粘膜をホコリなどから守るために、マスクを着けて過ごすのもいいですね。 こまめにうがいをして、水分補給も心がけてください。 妊娠初期・超初期の喉の痛みは焦らず治しましょう 妊娠すると、ホルモンの作用によって体に様々な変化が見られます。 普段はほとんど風邪をひかない健康な女性でも、妊娠初期・超初期は風邪をひきやすくなったり、乾燥などちょっとしたことが原因で喉の痛みや違和感が現れるかもしれません。 妊娠している可能性があるか、すでに妊娠がわかっている女性は、自己判断で薬を飲んだりせず、医師に相談してください。 今回の記事で紹介したような昔ながらの対処法も試してみてくださいね。

次の

妊娠初期に喉が痛いのは良くある事?まさか妊娠のサインだなんて!

妊娠 初期 風邪 喉 が 痛い

ここ数日「何だかだるい」「熱っぽい」「鼻水が出る・・・」という風邪のような症状を感じていませんか? 風邪と似たような症状は、妊娠初期症状である可能性があります。 妊活中の方や、心当たりのある方は、風邪と同時に妊娠を疑ってみましょう。 私が妊娠したときは、鼻水や頭痛などの症状はなかったものの、ずっと微熱が続いたため頭がぼーっとしてしまい、とにかく暑かったです。 朝起きると「汗びっしょり」「暑い、暑い!」と言いながら目覚めたことを覚えています。 なぜ、妊娠すると微熱が出たり、風邪のような症状が現れるのでしょうか? 今回は、「風邪のような妊娠初期症状はいつから始まるのか?」「妊娠初期にはどんな症状が、なぜ起こるのか?」についてご紹介していきます。 妊娠検査薬で反応が出る前から、妊娠初期症状が出始める方もいらっしゃいますので、風邪か妊娠かを見極める判断材料にしてみて下さい。 スポンサーリンク 風邪のような妊娠初期症状はいつから? 受精卵が子宮内膜に着床すると「妊娠」が成立します。 妊娠が成立すると、妊娠を継続するために「黄体ホルモン」という女性ホルモンが大量に分泌され始めます。 この急激なホルモンバランスによっておこる体の変化や不調を「妊娠初期症状」と言います。 妊娠初期症状は、主に「熱っぽい」「頭痛がする」「寒気がする」「鼻水が出る」など、風邪のような症状が現れるのですが、このような風邪と間違う妊娠初期症状は、いつから現れるのでしょうか? 妊娠「超」初期とは、妊娠0~3週目をいい、最終生理日から着床後(受精後)の期間を言います。 最終生理から排卵・受精までを妊娠2週目と計算しますので、妊娠2週目までは妊娠が成立していないことになります。 受精して妊娠が成立するのが妊娠3週目なので、早い人では妊娠3週目から妊娠の兆候を感じ始めることがあります。 そして「生理が来ない」と妊娠を疑い始めるのが、だいたい妊娠5週目で、この時期を「妊娠初期」といいます。 妊娠5週目以降に入ると、妊娠検査薬に反応が出始めるようになり、ほとんどの女性が妊娠初期症状を感じ始める時期となります。 妊娠初期症状は、妊娠16週目くらいまで続きます。 妊娠すると寒気がするのはなぜ? 妊娠すると、体温が高い状態が続きます。 これは、妊娠が成立したことによって分泌される黄体ホルモンの働きによるものです。 そのため、 ・体がほてる、熱っぽい ・微熱が続く ・だるい ・真夏でも寒気がする という症状が現れます。 微熱が続くことから、風邪と間違えてしまうこともあります。 私の場合、常に37度~37.5度が続いたと同時に、生理が来なくなったので、妊娠を疑いました。 体は寒気や悪寒がするのですが、頭や顔がほてるため、頭がぼーっとしていました。 風邪のようでありながらも、風邪の熱とはちょっと違う感覚がありました。 (「」に関連記事を書いています。 ) 妊娠初期症状で鼻水も出る? 妊娠初期症状の一つとして、鼻水が出ることがあります。 そのため、「生理予定日前から鼻水が止まらなくなり、その後妊娠が発覚した!」という方は以外と多いそうです。 妊娠すると鼻水が出る症状を「妊娠性鼻炎」と言います。 妊娠性鼻炎の原因は、妊娠すると増える黄体ホルモンの作用によって自律神経が乱れるからです。 自立神経が乱れてしまうと、鼻の粘膜が過敏になり、ゴミやほこり、花粉などのわずかな刺激にも反応してしまうため、鼻水、鼻詰まり、くしゃみなどの症状が現れます。 これまで鼻炎とは無縁だった方でも、妊娠をきっかけに鼻炎になることもあるそうです。 私も、妊娠してから鼻水が止まらなくなったのですが、なぜか「食べ物を食べると大量に鼻水が出る」という症状に悩まされました。 そのため、常に鼻をかみながら食事をしなければならず、人と一緒に食事をすることに抵抗を感じるほどでした。 鼻水が出ると風邪を疑いますが、妊娠性鼻炎である可能性もあるため、微熱や鼻水が出るからと言ってすぐに風邪だと判断するのは危険です。 スポンサーリンク 妊娠初期症状では咳や喉の痛みは出ない? 妊娠症状は、熱っぽい、鼻水が出るという風邪のような症状がありますが、咳が出たり、のどが痛くなったりすることはあるのでしょうか? 咳やのどの痛みは、ウイルスが原因であるため、「妊娠が原因では起こらない」と言われています。 しかし、妊娠すると体は受精卵を「異物」とみなすため、ウイルスを排除する働きとして咳の症状が現れる方もいらっしゃるようです。 また、妊娠すると口内環境が変化して唾液の分泌量が減ることから、口内や喉が乾燥しやすくなります。 そのため、のどの痛みや咳が現れたり、のどに違和感を感じることがあります。 咳が出たり、のどが痛くなったときは、妊娠の可能性がありますので、水分を多めにとったり、はちみつをなめるようにし、薬に頼らないようにしましょう。 頭痛や肩こりも妊娠のサイン? 妊娠中は女性ホルモンの影響によって、頭痛が起こりやすい状態です。 妊娠初期症状の頭痛は、片頭痛のような症状が現れ、こめかみを中心にズキンズキンと脈打つような痛みが現れます。 これは、女性ホルモンの影響によって、血管が広がるため、その周辺にある神経が圧迫されるからです。 このようなホルモンバランスの変化に加え、体調がすぐれない時期は活動量が減るため血行不良になったり、妊娠かどうかが気になることでストレスを感じることも、頭痛の原因となります。 また、血行不良やストレスは、肩こりの原因にもなり、肩こりが原因で頭痛を引き起こしていることもあります。 頭痛が悪化すると吐き気を催すこともありますので、頭痛がひどいときは横になり、痛む個所を冷やすようにしましょう。 逆に、肩こりがひどいときは、お風呂に入ったり、湯たんぽを使ったりして、患部を温めるようにしてください。 このように、熱っぽさや風邪の症状に加え、頭痛や肩こりがあるときは、妊娠のサインかもしれません。 いずれにしても、「妊娠したかな?」と疑い始めたら、薬ではなく、を摂取しておいて下さいね。 まとめ 「妊娠初期症状」と「風邪の症状」って、本当によく似ていると思います。 そのため、心当たりがある方は、安易に薬の服用を避けるためにも、まずは妊娠を疑ってみましょう。 妊娠初期症状と風邪の違いは「微熱が続いているかどうか」が判断材料になるかと思います。 風邪の場合、発熱しても2~3日で治まったり、38度以上の高熱が出ると思いますが、妊娠初期症状の場合は、37度前後の微熱が、2週間ほどだらだらと続きます。 風邪のときは、悪寒がしますが、妊娠初期症状の場合は、悪寒というより体がほてる気がします。 さらに私の場合、風邪のときは食欲が低下しますが、妊娠初期症状の場合は食欲は低下しませんでした。 (つわりが始まってからは食欲の変化はありましたが) 風邪の症状に加え、生理が遅れる、胸が張る、匂いや味覚に敏感になる、などほかの症状があれば、妊娠の可能性が高いと思います。 妊娠検査薬で反応が出るまでは薬を飲まず、しばらく様子を見るようにして下さいね。 スポンサーリンク.

次の

妊娠初期症状に、喉の痛みとかはあるんですか?体がだるいなど...

妊娠 初期 風邪 喉 が 痛い

ここ数日「何だかだるい」「熱っぽい」「鼻水が出る・・・」という風邪のような症状を感じていませんか? 風邪と似たような症状は、妊娠初期症状である可能性があります。 妊活中の方や、心当たりのある方は、風邪と同時に妊娠を疑ってみましょう。 私が妊娠したときは、鼻水や頭痛などの症状はなかったものの、ずっと微熱が続いたため頭がぼーっとしてしまい、とにかく暑かったです。 朝起きると「汗びっしょり」「暑い、暑い!」と言いながら目覚めたことを覚えています。 なぜ、妊娠すると微熱が出たり、風邪のような症状が現れるのでしょうか? 今回は、「風邪のような妊娠初期症状はいつから始まるのか?」「妊娠初期にはどんな症状が、なぜ起こるのか?」についてご紹介していきます。 妊娠検査薬で反応が出る前から、妊娠初期症状が出始める方もいらっしゃいますので、風邪か妊娠かを見極める判断材料にしてみて下さい。 スポンサーリンク 風邪のような妊娠初期症状はいつから? 受精卵が子宮内膜に着床すると「妊娠」が成立します。 妊娠が成立すると、妊娠を継続するために「黄体ホルモン」という女性ホルモンが大量に分泌され始めます。 この急激なホルモンバランスによっておこる体の変化や不調を「妊娠初期症状」と言います。 妊娠初期症状は、主に「熱っぽい」「頭痛がする」「寒気がする」「鼻水が出る」など、風邪のような症状が現れるのですが、このような風邪と間違う妊娠初期症状は、いつから現れるのでしょうか? 妊娠「超」初期とは、妊娠0~3週目をいい、最終生理日から着床後(受精後)の期間を言います。 最終生理から排卵・受精までを妊娠2週目と計算しますので、妊娠2週目までは妊娠が成立していないことになります。 受精して妊娠が成立するのが妊娠3週目なので、早い人では妊娠3週目から妊娠の兆候を感じ始めることがあります。 そして「生理が来ない」と妊娠を疑い始めるのが、だいたい妊娠5週目で、この時期を「妊娠初期」といいます。 妊娠5週目以降に入ると、妊娠検査薬に反応が出始めるようになり、ほとんどの女性が妊娠初期症状を感じ始める時期となります。 妊娠初期症状は、妊娠16週目くらいまで続きます。 妊娠すると寒気がするのはなぜ? 妊娠すると、体温が高い状態が続きます。 これは、妊娠が成立したことによって分泌される黄体ホルモンの働きによるものです。 そのため、 ・体がほてる、熱っぽい ・微熱が続く ・だるい ・真夏でも寒気がする という症状が現れます。 微熱が続くことから、風邪と間違えてしまうこともあります。 私の場合、常に37度~37.5度が続いたと同時に、生理が来なくなったので、妊娠を疑いました。 体は寒気や悪寒がするのですが、頭や顔がほてるため、頭がぼーっとしていました。 風邪のようでありながらも、風邪の熱とはちょっと違う感覚がありました。 (「」に関連記事を書いています。 ) 妊娠初期症状で鼻水も出る? 妊娠初期症状の一つとして、鼻水が出ることがあります。 そのため、「生理予定日前から鼻水が止まらなくなり、その後妊娠が発覚した!」という方は以外と多いそうです。 妊娠すると鼻水が出る症状を「妊娠性鼻炎」と言います。 妊娠性鼻炎の原因は、妊娠すると増える黄体ホルモンの作用によって自律神経が乱れるからです。 自立神経が乱れてしまうと、鼻の粘膜が過敏になり、ゴミやほこり、花粉などのわずかな刺激にも反応してしまうため、鼻水、鼻詰まり、くしゃみなどの症状が現れます。 これまで鼻炎とは無縁だった方でも、妊娠をきっかけに鼻炎になることもあるそうです。 私も、妊娠してから鼻水が止まらなくなったのですが、なぜか「食べ物を食べると大量に鼻水が出る」という症状に悩まされました。 そのため、常に鼻をかみながら食事をしなければならず、人と一緒に食事をすることに抵抗を感じるほどでした。 鼻水が出ると風邪を疑いますが、妊娠性鼻炎である可能性もあるため、微熱や鼻水が出るからと言ってすぐに風邪だと判断するのは危険です。 スポンサーリンク 妊娠初期症状では咳や喉の痛みは出ない? 妊娠症状は、熱っぽい、鼻水が出るという風邪のような症状がありますが、咳が出たり、のどが痛くなったりすることはあるのでしょうか? 咳やのどの痛みは、ウイルスが原因であるため、「妊娠が原因では起こらない」と言われています。 しかし、妊娠すると体は受精卵を「異物」とみなすため、ウイルスを排除する働きとして咳の症状が現れる方もいらっしゃるようです。 また、妊娠すると口内環境が変化して唾液の分泌量が減ることから、口内や喉が乾燥しやすくなります。 そのため、のどの痛みや咳が現れたり、のどに違和感を感じることがあります。 咳が出たり、のどが痛くなったときは、妊娠の可能性がありますので、水分を多めにとったり、はちみつをなめるようにし、薬に頼らないようにしましょう。 頭痛や肩こりも妊娠のサイン? 妊娠中は女性ホルモンの影響によって、頭痛が起こりやすい状態です。 妊娠初期症状の頭痛は、片頭痛のような症状が現れ、こめかみを中心にズキンズキンと脈打つような痛みが現れます。 これは、女性ホルモンの影響によって、血管が広がるため、その周辺にある神経が圧迫されるからです。 このようなホルモンバランスの変化に加え、体調がすぐれない時期は活動量が減るため血行不良になったり、妊娠かどうかが気になることでストレスを感じることも、頭痛の原因となります。 また、血行不良やストレスは、肩こりの原因にもなり、肩こりが原因で頭痛を引き起こしていることもあります。 頭痛が悪化すると吐き気を催すこともありますので、頭痛がひどいときは横になり、痛む個所を冷やすようにしましょう。 逆に、肩こりがひどいときは、お風呂に入ったり、湯たんぽを使ったりして、患部を温めるようにしてください。 このように、熱っぽさや風邪の症状に加え、頭痛や肩こりがあるときは、妊娠のサインかもしれません。 いずれにしても、「妊娠したかな?」と疑い始めたら、薬ではなく、を摂取しておいて下さいね。 まとめ 「妊娠初期症状」と「風邪の症状」って、本当によく似ていると思います。 そのため、心当たりがある方は、安易に薬の服用を避けるためにも、まずは妊娠を疑ってみましょう。 妊娠初期症状と風邪の違いは「微熱が続いているかどうか」が判断材料になるかと思います。 風邪の場合、発熱しても2~3日で治まったり、38度以上の高熱が出ると思いますが、妊娠初期症状の場合は、37度前後の微熱が、2週間ほどだらだらと続きます。 風邪のときは、悪寒がしますが、妊娠初期症状の場合は、悪寒というより体がほてる気がします。 さらに私の場合、風邪のときは食欲が低下しますが、妊娠初期症状の場合は食欲は低下しませんでした。 (つわりが始まってからは食欲の変化はありましたが) 風邪の症状に加え、生理が遅れる、胸が張る、匂いや味覚に敏感になる、などほかの症状があれば、妊娠の可能性が高いと思います。 妊娠検査薬で反応が出るまでは薬を飲まず、しばらく様子を見るようにして下さいね。 スポンサーリンク.

次の