公務員 夏ボーナス 何ヶ月分。 公務員の冬の賞与(ボーナス)は何ヶ月分?2017平均額予想と支給日!

【2019夏】公務員の6月ボーナスは何ヵ月分?計算方法も詳しく!

公務員 夏ボーナス 何ヶ月分

国比較 月数 自治体 多い 4. 35 横浜市 同じ 4. 3 札幌市、仙台市、さいたま市、 千葉市、川崎市、相模原市、 新潟市、静岡市、浜松市、 京都市、大阪市、堺市、 神戸市、岡山市、広島市、 北九州市、福岡市 少ない 4. 25 名古屋市 4. 3月でしたね。 国より多いのは53件(すべて4. 4月)で、 国より少ないのは206件で、最低月数は夕張市の3. 5月でした。 2007年に財政破綻した 夕張市は例外として除くと、3. 95月が2件ありました。 実質の最低月数は3. 95月だとすると、最高との差は0. 45月なので、都道府県と同じになりますね。 2016年のボーナスの支給月数は、8割以上の自治体で国と同じ• 過去10年でも国と同じ自治体がほとんど こうして実際に調べてみると、 ほとんどの地方公務員は国家公務員と同じ支給月数だったことが分かりました。 ぼくも公務員だった頃は国と同じ月数もらってたみたいです。 公務員の方なら、こうやってボーナスや給料の額をある程度予想できるので、 ライフプランを立てる際に便利ですね。 公務員専用「お金のメルマガ」あります ぼくは元公務員のファイナンシャルプランナーですが、 公務員時代は「お金」に無頓着で、結果的にいろいろ損してました。 あのころ、今の【お金の専門家】としての知識があれば、損せずに公務員のメリットを最大化できていたのになぁ…と後悔してます。 そこで、 現役の公務員の方向けに、お金の知識やスキルが身につく無料のメールマガジンを配信してます。 ボーナスの税金を取り戻す効果的な方法や、 公務員の方しか使えない裏技など、いろいろとお話ししてますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください.

次の

公務員の夏の賞与(ボーナス)は何ヶ月分?2018平均額予想と支給日!

公務員 夏ボーナス 何ヶ月分

Contents• 公務員 夏のボーナスは何ヶ月分?2019年予想 2019年の公務員 夏のボーナスは 何ヶ月分ぐらいでしょうか? と、先に結論から申しますと、、、、 ズバリ約2. 3ヶ月分 2018年の8月に人事院勧告によって民間との均衡を図るため、支給月数を0. 05月分引き上げる改定がされました。 この流れでいくと私の見解では2019年夏のボーナスは据え置きになるのではないかと予想されます。 なぜならここ5年間、公務員のボーナスは増額改定が続いていますが、その背景には、アベノミクスによる景気が好調だったのだと思われます。 しかしここ最近、伸びが鈍化してきてアベノミクス効果は薄れ下方修正している企業が目立っている様に思われます。 こうした情勢を受け、景気が好調なままでいることは難しいのではと考えます。 しかしながら民間の景気が好調だとどこまでもボーナスが上昇して行くという話ではないのです。 民間企業ならば景気が好調だとボーナスの方もどんどん上がっていきますが、いったん景気が減退すると公務員の給料やボーナスは上がらなくなるのです。 というか約2. 3か月分でもいいですよね。。。。 私のところなんて1. 5か月分ぐらしか出ないんですけどね。。。。 2019年夏のボーナスの支給日は 6月28日 金)と予想されます。 本来は、国家公務員も地方公務員も、日付が休日や祝日ではない限り6月30日に支給されますが、休日や祝日と重なったりすると前日か前々日になります。 さて、2019年のカレンダーを見てみると2019年の夏のボーナス支給日は丁度日曜日になる為に繰り上がって、通常の日付ではなく6月28日の金曜日に支給される事になりそうです。 しかし、中には定められた日付よりも後ろ倒しでしか給与やボーナスを貰った事がなく「何故支給日が休日のときには前日に支払うの?」という疑問がある方も居るので簡潔に説明すると、それは条例や規則で、支給日が休みの場合の取扱いについての約款があるからです。 定められた日付よりも後ろ倒しで支払われると、その日数分だけお金が入るのが遅くなり支払いなどに支障をきたすので民間よりも福利厚生的な面での便宜上が関係してると思います。 地方公務員は、給料日なども自由に条例で決めることができますが、ほとんどが国にならっている為支給日は同じになるようです。 公務員 夏のボーナスで国家と地方で差はあるの? ちなみに公務員でも 国家公務員と 地方公務員で 夏のボーナスに差は出てくるのでしょうか? 結果から言うと国家と地方の公務員では数万円ですがボーナスの額に差があります。 以下の推計値をご覧ください 2019年の人事院勧告は据え置きと予想しているので、昨年に引き続きほぼ同額のボーナスになります。 国家公務員の2019年夏のボーナス平均支給額(推計値) 約80万円(平均年齢43. 6歳) 地方公務員の2019年夏のボーナス平均支給額(推計値) 約73万円(平均年齢42. 3歳) このボーナスの推計値を見ると地方公務員は国家公務員のボーナスよりも7万円程少ないですが、地方の町村役場など支給額が平均より少ない団体が含まれる事と、平均年齢が若いので平均値を押し下げていると考えられます。 今回は公務員の「ボーナス」についてご紹介しました。 ボーナスは日頃頑張っている人たちの楽しみのひとつボーナスがあるから頑張ろうという人も居るんではないでしょうか? 公務員の人たちとは額が違いますが夏のボーナスに向けて頑張っていきましょう! それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。 zumi 東証一部上場の会社で まだ働いている zumiです。 会社だけの給料だとどうしてもラットレースから抜け出せないことにやっと気がつき、自分でどうにかお金を増やす方法を探していた際に出会ったブログで稼ぐという方法。 ブログで会社の給料以上の金額を稼ぐことに成功し、経済的自由と、会社に縛られない精神的自由を手に入れました。 このブログではブログで収益をゼロから1へどうやってするのか? そういった情報を発信してい期待と思っています。

次の

公務員の夏の賞与(ボーナス)は何ヶ月分?2018平均額予想と支給日!

公務員 夏ボーナス 何ヶ月分

公務員、夏のボーナスは何ヶ月分もらえるのか。 まず、公務員全体の話をしましょう。 公務員は夏のボーナスは何ヶ月分貰えるのでしょうか? 結論から言えば、公務員は夏のボーナスでは 基本給の2ヶ月前後分ぐらいは貰えるはずです。 公務員のボーナスは基本的には自治体ごとの人事委員会によって決まります。 そして公務員の場合、ボーナスは大きくは変動しないのですが、だいたい 年間で4. 5ヶ月分くらいが相場となります。 それを年に2回ないし3回に分けて支給されます。 多くの場合ボーナスは夏のボーナスより冬のボーナスの方が多くなるので、夏のボーナスはだいたい2ヶ月分前後になりますね。 今の時代、給料も上がりませんし、ボーナスも出ない、スズメの涙程度しか支給されない会社もたくさんあります。 ですのでそんな中、これだけのボーナスを安定して貰えるのはやはり公務員の強みであり人気なのも納得ですね。 公務員1年目の夏のボーナスはどのくらいもらえるのか。 では公務員1年目の夏のボーナスはどのくらいもらえるのでしょうか? まず結論から言うと、 公務員1年目で夏のボーナスが全額もらえることはないです。 しかしこれに関しては公務員だからというより、どの企業でも1年目の夏のボーナス、つまり最初のボーナスは「寸志」という扱いにされます。 寸志(すんし)とはお心付け的なニュアンスで使います。 実際に「寸志」と書かれたものを頂くことって人生で一度あるかないかだと思いますが、使い方としてはお世話になった人へお金や品物で形にして渡したいときに「寸志」と書くと相手も受け取りやすいですよね。 まずボーナスの仕組みとしては、基本的には業績や個人の働きを評価されて支給されるものになっています。 ですが新入社員は年度で入社をしてきて、最初は研修などが続くので十分な評価をされません。 ですので、公務員に限らず、大抵の企業では1年目の夏のボーナスはだいたい基本給の0. 5ヶ月から0. 7ヶ月分程度を寸志として支給されることが多いです。 どのくらいもらえるかということに関しては自治体や公務員の形態によりますが、金額で言ったらだいた支給額としては15万前後が一般的です。 寸志と言っても初めてのボーナスはやっぱり嬉しいですし、学生の感覚からしたらそれでも十分多いと感じられるぐらい貰えますよね。 スポンサーリンク 夏のボーナスはいつからいつまで働いた分もらえるのか。 夏のボーナスですが、いつからいつまで働いた分がもらえるのでしょうか? こちらは自治体や会社によって微妙に異なりますが、多くの場合はボーナスがもらえる月から過去6ヶ月分の勤務態度や民間企業の場合は営業成績や経営状況によって決められます。 ですので、だいたい上半期と下半期で働いた分貰えると思ってもらってOKです。 公務員に限らず1年目の夏のボーナスは寸志になるのは納得ですね。 まとめ 公務員1年目のボーナス事情についてなんとなくイメージできたと思います。 ボーナスはまとまったお金がドンと入るので嬉しいですよね。 しかしそれは自分が仕事に精を出して頑張った結果だと言えます。 ぜひ自分の仕事に自信を持って、ボーナスは胸を張って貰いましょう。 そして、毎日の仕事をさらに頑張って公務員なら市民のために働いていきましょう!.

次の