行政 書士 試験 内容。 行政書士の試験科目は?出題内容や難易度・配点まで徹底解説!

行政書士の資格|人気の高い行政書士の資格取得方法・試験内容・勉強法を紹介

行政 書士 試験 内容

行政書士の資格試験とは? 行政書士として働くためには、行政書士の国家資格を取得しなければなりません。 そのための一番の近道は、行政書士試験に合格する方法。 他にも、弁護士や弁理士、税務士などの法律専門職の資格を有することや公務員として行政事務に20年以上従事していることなどの資格でも取得できますが、年数もかかり、かなりの遠回りなので一般的な方法ではありません。 なるべく早く行政書士として仕事がしたいのであれば、行政書士の資格取得試験を受けるのが一般的でしょう。 行政書士試験の受験資格 行政書士の資格試験は、年齢や学歴、国籍等に縛りがありません。 つまり、誰でも受験できるというわけです。 今までの職歴なども問われないので、実に色んな背景の人が受験する珍しい職種でもあります。 中には最年少14歳の合格者もいるほど。 受験への道が狭められていない国家資格なので、挑戦したいという意欲を掻き立てられることでしょう。 ただし一つだけ注意点があり、行政書士試験に合格したとしても以下の人物は行政書士の資格登録ができないことになっています。 未成年者• 成年被後見人や被補佐人• 懲戒処分を受けた公務員• 禁固刑以上の刑を受けた者• その他、行政書士法第2条の2(欠格事由)に該当する対象者 事前にきちんと確認しておきましょう。 平成30年度の行政書士試験の日程 行政書士試験は年に1回しか行われていません。 これを逃すと来年ということになるので、日程は正確に把握しておくべきです。 平成30年度の行政書士試験日程は、下記の通りです。 行政書士試験の受験者の傾向 行政書士はどうしても法律系の専門職という職種ですから、受験者は法学部出身か、法律系の職種に長く従事していた人が多い傾向にあります。 試験も法律科目が中心となり、専門用語も多く使うので、法学部出身だったり法令や判例に関する知識があると大変有利なようです。 もちろんそのような背景ではなくても、合格者はいますし、特に問題はありません。 行政書士試験の受験者は、どちらかというと男性の方が割合が多いのですが、最近では女性の受験者も増えつつあります。 例えば、平成29年度の行政書士試験受験者数の公表人数は40,449名でしたが、このうち男性が29,608名で、女性が10,841名。 その中で合格したのは6,360名でしたが、性別を分けて見てみると男性4,958名で、女性1,402名でした。 割合としては男性の方が上回りますが、女性行政書士も沢山誕生しています。 時代の流れで女性の社会的立場も確立されてきましたから、女性行政書士の活躍の場はこれから増え続けていくことでしょう。 行政書士試験の難しさ 行政書士試験はかなり難関と言われていますが、思ったより受験者が多い傾向があります。 それはなぜなのか? その理由は、他の法律系の職種の試験に比べれば難易度が低い、という理由です。 法律系の資格といえば有名どころとして弁護士、弁理士、司法書士、税務士、社会労務士などがありますが、どの国家資格もレベルが高く、試験勉強も楽ではありません。 かなりの時間と労力が必要なようです。 一方、行政書士試験においては、それらの他の法律資格に比べると出題範囲は限られているため取り組みやすいという利点があります。 ですが、だからといって侮ることなかれ。 行政書士試験では、素人がひっくり返っても理解できないような難解な法律、専門用語、事例を扱うので、簡単に合格できるほど甘くはありません。 専門のスクールや通信講座を利用して1年以上勉強した人でさえ、簡単に不合格になることもあるのです。 また最近の行政書士試験では、より法的な理解力や思考力を問うような内容も多く出題されるようになり、単なる法律の丸暗記や過去の解答集を覚えただけでは到底合格は皆無です。 行政書士試験の具体的な概要 ここ通年の行政書士試験の合格率は、平均約10%前後です。 計算上は10人に1人の合格率で、かなり狭き門です。 同じ士業と言われている弁護士や司法書士、税理士などと比べると難易度は低いようですが、それでも十分難しい試験内容です。 では、行政書士試験の概要をご紹介します。 行政書士試験の出題範囲 行政書士試験の出題範囲は、大きく分けると2つです。 一般的に「法令」と「一般知識」と呼ばれていますが、どちらの分野も行政書士の仕事に必要な知識で、最低でも理解しておくべき要素です。 行政書士の業務に関し必要な法令等 行政書士の業務に関し必要な法令等としては、以下の5科目から出題されます。 この法令科目は配点が多いので、重点的に勉強しておくことをおすすめします。 基礎法学• 行政法(行政不服審査法、行政手続、事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法などを含む)• 商法 行政書士の業務に関連する一般知識等 もう一つの行政書士の業務に関連する一般知識等としては、以下の4つの分野から出題されることになります。 法令より配点が少ないとはいえ、必要点数まで満たなければ不合格になりますので、こちらも念入りに勉強しておきましょう。 政治経済社会• 情報通信• 個人情報保護• 文章理解 行政書士試験の出題形式 行政書士試験の出題形式は、3種類あります。 多肢択一式、5肢択一式、記述式です。 法令等の科目では、3種類すべての形式が使われますが、一般知識等の科目では5肢択一式のみの形式です。 多肢択一式形式 多肢択一式とは、複数の選択肢の中から正しい選択肢を選ぶタイプの出題形式のことで、いわゆるマークシート式の出題のことです。 多肢択一式形式の配点は、1つの解答欄につき2点と決められています。 5肢択一式形式 5肢択一式とは、5つの選択肢の中から正しい解答を選ぶマークシート式の出題形式のことです。 5肢択一式形式の配点は、1問につき4点と決められています。 記述式形式 記述式とは、与えられた質問に対し、文章を書いて回答する形式のことです。 回答になる文章の文字数は、例年40字程度という制限が設けられています。 記述式形式の配点は、1問につき20点と決められています。 行政書士試験の合格ライン 合格率が低く難しいと言われている行政書士試験ですが、気になるのは試験の合格基準。 もちろん何点以上取らなければならないという最低ラインがあり、それを理解しておくことが大切です。 行政書士試験で定められている合格基準点• 法令等科目の得点が、122点以上であること• 一般知識等科目の得点が、24点以上であること• 試験全体の得点が、180点以上であること このどれかに当てはまれば合格ライン突破というわけです。 180点以上ということは全体の6割の点数が取れれば合格ということになりますから、これを念頭に置きながら重点を絞って試験勉強をすれば効果的でしょう。 行政書士試験の出願期間と方法 行政書士試験を受験するためには、前もって願書を提出する必要があります。 この願書の提出期限というのが、試験日程の約2ヶ月前までです。 試験日程のギリギリには出願できませんので、前もって提出期限も確認しておきましょう。 これが通らないと行政書士試験が受けられず、来年待ちになるので、気をつけてください。 また、出願方法としては、郵送とインターネットでの受付があります。 特に郵送の場合は、提出期限までに行政書士試験センターに必着するように気をつけなければなりません。 不測の事態がある場合もありますから、なるべく早め早めの準備を心がけましょう。 行政書士試験の受験料 行政書士試験には受験料が必要です。 価格は7,000円。 受験料の支払い方法は申し込み方法によって異なります。 郵便での申し込みの場合 試験案内に同封されている所定の払い込み用紙に沿って、郵便局の窓口にて受験料を払います。 インターネットでの申し込みの場合 インターネットでの場合にのみ、クレジットカードでの支払いができます。 最近は現金の払い込みより、クレジットカードの支払方法を選択する方のほうが多いようです。 ただ、クレジットカードの使用は本人名義のカードに限られるので、家族のカードを使ったり、試験の手続きを他人にしてもらった場合には注意が必要です。 また、支払期限もあるので、事前にしっかり確認しましょう。 行政書士試験に合格するための秘訣 行政書士試験に一発合格するために気合を入れて勉強している方は多いと思いますが、ただ闇雲に勉強しても受かるものではありません。 法律の勉強は非常に範囲が広く、的を絞らなければゴールはありません。 上を目指せばどこまでも勉強し続けなければならなくなるので、本気で一発合格を狙っているのであれば、合格のための秘訣を理解しておくことが必要です。 では、そのいくつかをご紹介します。 優先順位を決める 試験に出てくる可能性のある科目を一通り勉強することは大切ですが、時間が限られているなら効率よく学ぶべきです。 ですから、勉強にのめり込む前に学ぶべき優先順位を定めておきましょう。 多くの合格者が口を揃えて言うポイントは、配点の少ない一般知識等科目よりも、配点の多い法令等科目の方を重点的に勉強すること。 まずこれが基本です。 また、その法令等科目の中でも特に配点の高い、行政法(計112点)と民法(計76点)を集中的に勉強しておくことをおすすめします。 この解答を満点近くで取れれば、他の科目の点数が多少低くても合格ラインに持っていけるからです。 この2科目の満点合格は必須だという秘訣を覚えておきましょう。 過去の問題を復習する 他の試験勉強でもそうですが、過去の問題集を何回も解き、正答率を高めることは合格への近道です。 行政書士試験は、平成18年度の試験以降から形式が定まってきたので、その期間の出題を使って勉強すると役立つでしょう。 平成18年度以降の問題を時間を計りながら繰り返し解き、正答率を高めていくならかなりリアルな試験勉強になるはずです。 同じ問題は出ないにしても、類似している出題パターンがありますから、それに慣れていれば本番でも緊張することなく試験に臨めるでしょう。 勉強の方向性を間違えてしまうと、相当な量の勉強をしているのになぜか合格できないという罠にはまってしまうので、効率の良い勉強法を取りいれましょう。 行政書士資格試験まとめ 難易度が高く、出題範囲も広い行政書士試験。 合格率は平均10%前後で、一発合格できる人は稀だと言われています。 とはいえ法律関係の専門職ということもあり、法学部出身者や法律関係の仕事に長く携わっていた人にはかなり有利な試験内容でもあります。 受験資格もあまり規定がないので、どんな人でも挑戦でき、比較的手が届きやすい国家資格と言えるでしょう。 試験は難しいと言われていますが、きちんと準備し、コツさえ押さえて勉強していれば合格ライン到達も夢ではないかもしれません。 試験の日程や出願期限、受験料などの確認要素も忘れず備えを怠らなければ、行政書士として働ける日もそう遠くはないはずです。

次の

行政書士の試験科目は?出題内容や難易度・配点まで徹底解説!

行政 書士 試験 内容

物権における物は例えば、家や土地もしくは洋服などのことを言ったり、債権における「契約」は人と人の約束事についてのことを言ったりします。 つまり、民法というのは私たちの生活に最も身近なことを規定している法律です。 行政書士試験の民法の配点 まずは、試験全体に占める民法の配点から解説します。 行政書士試験は300点満点ですが、民法の配点はそのうち76点となります【5択:36点、記述式:40点】 全科目の中では、行政法の112点の次に配点が高い科目となります。 次に、民法の【5択:36点】の中の配点ですが、例年下記のような出題となっています。 ここから1つずつ深掘りしていきます。 民法が規定している内容が実際の裁判でどのような解釈をされて、どのように適用されたのかを知る必要があります。 なぜなら、過去の出題を振り返った場合、 条文の暗記で解ける問題だけでなく判例を知らないと解答にたどり着けない問題が多くあります。 例えば、実際に平成30年度に出題された物権に関する過去問の1つの選択肢を見てみましょう。 問:抵当権の効力に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。 解説:抵当権の対抗要件があれば、原則として、抵当権をつけた不動産(宅地)にある従物(例:灯篭・庭石)にも、抵当権の効力があることを第三者に主張できる、という判例(最判昭44.3.28)があります。 上記の理由から、民法の条文に加えて関連判例を覚えなければ解けない問題もあるため、しっかりと判例も読み込むようにしましょう。 なぜなら、民法は、選択肢の文章が長いため、関係図を書かないと選択肢をしっかり頭に入れた状態で回答できません。 たとえば下記のような登場人物が複数いる問題が債権分野ではよく出題されます。 (平成30年 問33) 問:Aに雇われているBの運転する車が、Aの事業の執行中に、Cの車と衝突して歩行者Dを負傷させた場合に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。 なお、Aには使用者責任、BおよびCには共同不法行為責任が成立するものとする。 解答については省略しますが、こういった登場人物が複数いる場合には関係図を可視化しないと文章が非常に読みづらくなります。 ですので、しっかりテキストでも問題を解くときでも、 関係図を書くようにしましょう。 筆者はこれを意識してから、民法が得意分野に変わりました。 出題される相手(問題)が分からない状態でやみくもにテキストだけを読んでも、ゴールがないマラソンをしているようなものです。 ですので、まずは問題集でどのような問題が出るのかを把握し、実際に解いてみた後に解説を読みながらテキストも読んでいくようにしましょう。 行政書士試験 民法にかける勉強時間について 民法は行政書士試験の中で最も時間をかけるべき科目です。 なぜなら、行政書士試験は民法と行政法が満点であれば合格点の180点を超える試験です。 行政書士と民法が不得意では合格が難しいのです。 行政法は暗記が中心となり、実力をつけるために民法ほど時間はかかりません。 一方で、 民法は得点力をつけるために時間が非常にかかります。 得点力の伸び方としては最初が伸びづらく、あるとき急に得意科目に変わっていくイメージです。 ですので、行政書士試験の中では 民法はできる限り早めに勉強を着手して理解を深めることが重要です。 何度も言いますが、民法は得点が伸びて安定するまでに時間がかかります。 早い時期から理解を積み上げていくことでしっかりと本番で得点できるようにしましょう。 今回は勉強法について話しましたが、勉強のおすすめ教材については下記の記事にまとめていますので参考にしてみてください。 なお、通信講座のおすすめを知りたい方は下記記事をどうぞ。

次の

行政書士試験の試験科目は?

行政 書士 試験 内容

社会人 社会で高まる、資格というものの 必要性 1 キャリアアップへの近道として 社会人の方にとって、仕事と試験勉強の両立は厳しいものです。 しかし、自己のキャリアアップを考えた時に、資格というものの必要性は痛感されているのではないでしょうか。 そこで行政書士の資格取得がキャリアアップへの近道となります。 2 第2のスタートラインを 難関といわれる資格は合格まで長い時間を要しますが、行政書士ならば短期間で合格レベルまで達することができます。 また、独立開業など、 社会人として「第2のスタートライン」を目指すことも、もちろん可能です。 女性 自己啓発として資格取得を目指す方が増えています 1 法律資格では特に行政書士がオススメ 近年、自己啓発として資格に挑戦される女性の方も増えてきています。 法律資格の中では特に行政書士の資格取得がオススメです。 多くの法律科目があり、敬遠される方もいらっしゃいますが、その多くは基本的な部分からの出題なので、初学者の方も安心です。 2 生活に密着した法律知識の習得 試験科目には 身近な法律である民法が含まれているので、生活に密着した知識を身につけられます。 また、前述の通り、初学の方も他の法律資格に比べれば短期間の学習で十分合格レベルに達しますので、 学習方法さえ間違わなければ仕事や家庭生活との両立もそう難しくはありません。 過去7年間の行政書士試験の合格率は約8%~15%前後で推移しています。 【参考】2019年度:受験者39,821名、うち合格者4,571名(合格率11. 社労士と行政書士は業務上の相性が非常に良く、ダブルライセンスで仕事の幅を大きく広げることができます。 建設労働者の雇用に関しても、常勤や日雇いなどバラバラなことが多いので、社労士資格も併せ持てば労働者の労働契約や給与計算なども手掛けられます。 なお、社労士試験には受験資格があります。 受験資格のうちの一つに、行政書士試験合格者にも社労士の受験資格が与えられます。 そのため、「社労士になりたいけど、受験資格がない」という方が、まず行政書士試験に挑戦するという場合も多くあります。 司法書士と行政書士は業務上でも学習上でも大変相性の良い資格です。 司法書士は登記を専門にしていますが、行政書士の資格を併せ持つことにより、例えば会社設立業務においても定款の作成から法務局への登記申請までワンストップサービスを行うことができます。 また、司法書士の学習経験がある方は、学習上の観点からもメリットがあります。 司法書士試験で重要な科目となる「憲法」「民法」「商法」の3科目は、行政書士試験でも試験全体の4割を占めます。 また、問題の内容も条文・判例をベースとした基本問題が多く、司法書士試験の学習のベースがあれば十分カバーできます。 あとは、行政書士試験特有の科目である「行政法」や「一般知識」について重点的に追加学習することで、行政書士試験合格レベルまで一気に到達することが可能です。

次の