せい ほう の ま きょう。 脳卒中に有効な醒脳開竅法についてのページです(温知堂鍼灸氣院)

青年法律家協会・青法協

せい ほう の ま きょう

享保(きょうほう)の改革 とは、8代将軍の 徳川吉宗(とくがわよしむね) が行った江戸幕府の政治の立て直しである。 徳川吉宗(とくがわよしむね)は、江戸幕府(えどばくふ)の政治を立て直すために、支配体制の強化を行った。 だが、平和な時代が続くようになると、人々はぜいたくな生活をすることになれ、お金を湯水のように使うようになった。 それは、武士も同じことであった。 武士もはでな衣服を身につけ、金銀をちりばめた高価な刀や生活道具を使うようになり江戸幕府の財政は苦しくなっていた。 一方で、武士の中には馬に乗れない者や刀ややりをうまく使えない者まであらわれた。 そのため、8代将軍の徳川吉宗(とくがわよしむね)は、ぜいたくなくらしをいましめ、節約を中心としたむかしの武士の生活を基本として、質素倹約(しっそけんやく)を進めた。 将軍の徳川吉宗(とくがわよしむね)自身が、はでな衣服を着ず、もめんのそまつな衣服を着続けた。 また、刀も金銀のはでな物ではなく、銅と鉄で作られた実用的な物を身につけた。 また、 食事も白米ではなく、玄米(げんまい)を食べ、魚肉をあまり食べず、おかず一皿とお吸い物一杯の一汁一菜(いちじゅういっさい)を中心とした。 このように自分が率先して質素(しっそ)な生活を行うことで、徳川吉宗(とくがわよしむね)は、武士や民衆にも質素な生活を進め、平和にゆるみきった武士の意識を引きしめたのであった。 江戸幕府(えどばくふ)の財政の根本は 「米」 である。 幕府に入ってくる米の量が増えれば、幕府の財政もよくなることになる。 そのため、新しい田を開くことを進めていった。 16世紀末には全国で150万ヘクタールであった田が、18世紀前半には2倍の300万ヘクタールになり、明治時代の初めには450万ヘクタールにまで増えた。 しかし、これはかえって米の値段を下げることになり、給料を米でもらい、その米を売ってお金にかえていた武士にとっては、逆に収入をへらすことになり、下級武士の生活が苦しくなることになった。 下のグラフを見てもわかるように、1722年には米もお金も支出が収入を上まわっているが、江戸幕府の収入の増加がはかられ、お金はその後、収入が上まわるようになっている。 また、質素倹約(しっそけんやく)の成果もあり、お金の支出もおさえられている。 グラフではわかりにくいが、合計的には米の収入も支出を上まわるようになっていた。 結果として、徳川吉宗(とくがわよしむね)の享保の改革(きょうほうのかいかく)は、一時的には幕府を立て直せたものの根本的な解決にはならなかった。

次の

脳卒中に有効な醒脳開竅法についてのページです(温知堂鍼灸氣院)

せい ほう の ま きょう

[どんな病気か] 陰茎(いんけい)先端の亀頭(きとう)は、生まれたときには、包皮(ほうひ)におおわれていて露出していません。 また、包皮と亀頭の粘膜(ねんまく)が(ゆちゃく)していることも珍しくありません。 ふつう、亀頭がつねに露出するようになるのは、思春期を過ぎてからです。 亀頭が包皮におおわれている状態を包茎といいます。 包皮の表層は、自然なふつうの状態では、先端に包皮輪(ほうひりん)とか包皮口(ほうひこう)と呼ばれる折り返しの部分があり、ここを境にして、外板(がいばん)と内板(ないばん)という部分に分けられます。 内板は、亀頭に接している部分です。 包茎でも、包皮を陰茎の根もとのほうに寄せていくと、包皮はしだいにめくれて亀頭が現われ、亀頭に接していた内板も翻転(ほんてん)され、外板に続く状態で外向きになります。 このように翻転できる包茎を、仮性包茎(かせいほうけい)といいます。 仮性包茎である陰茎を、包皮が翻転した状態で勃起(ぼっき)させると、血管やリンパ管が狭い包皮輪の部分によってしめつけられ、血液などが流れにくくなり、亀頭は赤紫色に腫(は)れ、しめつけられているところから先の包皮もひどくむくんで、激しい痛みをともなうことがあります。 これを(かんとんほうけい)といいます。 勃起していない仮性包茎でも、包皮輪が十分に広くなく、翻転後に亀頭先端から陰茎の根もとのほうに移動した包皮輪の部分が陰茎を強くしめつける場合は、嵌頓包茎の状態になる危険があります。 包皮輪が狭くて包皮の翻転ができない状態は真性包茎(しんせいほうけい)といいます。 真性包茎をむりに翻転して放置すれば、嵌頓包茎になります。 [原因] 乳幼児期の包茎は、病気ではありません。 成長とともに自然に亀頭が露出するようにならない場合に、病気とみなされます。 包茎は、基本的には先天的な病気と考えられますが、真性包茎は包皮輪が線維化して狭くなっているもので、先天的か後天的か区別できないことがあります。 [検査と診断] 視診と触診で診断できます。 小児の真性包茎で、排尿時に包皮の部分が球状に膨らむ場合には、包皮輪がきわめて狭いので、早期に手術をしたほうがよい兆候と考えられます。 また、亀頭包皮炎(「」)などによって包皮と亀頭部が癒着していることもあります。 [治療] 真性包茎は手術を行ないます。 幼小児期の場合は、成長にともなってしだいに包皮が退縮し、包皮を翻転できるようになって自然によくなることがありますので、3歳ころまで経過をみます。 仮性包茎は、嵌頓包茎のおそれがあったり、亀頭包皮炎をくり返す場合には手術を行ないます。 嵌頓包茎は、まず手でもとの状態になるように試み(用手的整復)、それがむりなら、ためらわずに手術を行ないます。 なお、仮性包茎の場合は、翻転できても余分な包皮が長くて性交に支障をきたす場合や、性的劣等感の原因となっている場合には、手術を行なうこともあります。 手術は、包皮の背面切開術と環状切除術が代表的なものです。 背面切開術は、おもに幼小児に行なわれています。 局所麻酔でよいのですが、小児の場合は全身麻酔が行なわれます。 [日常生活の注意] 嵌頓包茎になるおそれのある仮性包茎では、包皮を翻転した状態での勃起をひかえ、手術が必要かどうか専門医(泌尿器科医(ひにょうきかい))の診察を受けるようにします。 また、包茎を翻転しない状態で放置すると、将来、(「」)にかかりやすくなることがわかっています。 真性包茎は3歳ごろ以降、早めに手術を受けさせるようにするとよいでしょう。 いきまないと尿が出ないほどの高度な真性包茎では、尿路閉塞(にょうろへいそく)性疾患としてのさまざまな症状が現われ、膀胱拡張(ぼうこうかくちょう)・肉柱形成(にくちゅうけいせい)、水腎症(すいじんしょう)(「」)へと進み、腎不全(じんふぜん)(「」)になることさえあります。 [予防] 確実な予防法はありませんが、仮性包茎では、入浴時などにときどき包皮を翻転して、ぬるま湯でよく洗い、亀頭包皮炎や陰茎がんにならないように心がけましょう。 出典 家庭医学館について の解説 陰茎を包む皮膚は亀頭部で内板 ないばん と外板 がいばん からなる包皮となっており、この内外両板の移行部である包皮口が狭いために包皮を反転させて亀頭を露出できないものを包茎という。 包皮が長すぎていつも亀頭を覆っていても、包皮口が狭くなくて反転が容易にできるものは仮性包茎または偽 ぎ 包茎とよんで区別されることもある。 乳児では内板と亀頭が癒着しているので包茎は生理的な現象であるが、2歳を過ぎると癒着が先端のほうからしだいにとれてくるのが普通で、この癒着がとれないまま包皮が長すぎたりすると、先端部が不潔になって炎症(亀頭包皮炎)を繰り返すことになる。 この結果、包皮口が瘢痕 はんこん 化してますます狭くなり、成人しても包皮が反転できない、いわゆる真性包茎となる。 包茎が高度の場合、つまり包皮口が極端に狭いと排尿障害が強くなり、排尿時に先端が球状に膨らんだり、上部尿路にまで拡張が及んで水腎 すいじん 症をおこすこともある。 また、包皮口が狭いのに性交などにより無理に包皮を反転させたままにしておくと、循環障害により亀頭は狭い包皮輪に締め付けられ、包皮が腫 は れ上がって亀頭を包皮内に戻せなくなる。 これを嵌頓 かんとん 包茎という。 包茎のまま局所を不潔にしておくと、包皮内に恥垢 ちこう がたまったり、亀頭包皮炎を繰り返したり、ときにはこうした慢性の刺激が原因となって陰茎癌 がん が発生することもある。 包皮内板と亀頭の癒着をはがすだけで治ることもあるが、多くの場合、包皮の背面を切開して包皮口を広げるか包皮を環状に切除する。 仮性包茎はかならずしも手術の必要はない。 [松下一男] どんな病気か のようにおちんちんの 亀頭 きとう 部分が 包皮 ほうひ (おちんちんを包んでいる皮膚)でおおわれたままになっているものを包茎といいます。 手で包皮をむく(亀頭に沿ってひっぱる)と、亀頭の一部でも露出する場合は 仮性 かせい 包茎で心配ありません。 原因は何か 胎児のころは、包皮内板(包皮の内側部分)と亀頭はもともとくっついていて、包皮は亀頭を保護する役割を果たしていると考えられます。 したがって乳幼児にみられる包茎のほとんどは生理的包茎で、幼児、学童と成長するにつれ徐々にむけていきます。 新生児では96%が手を使ってもむけない包茎の状態ですが、乳幼児のころには包茎と思われても徐々にむけていきます。 1歳で50%、3歳で70~90%、17歳では99%包皮がむけて心配ない状態になるといわれています。 症状の現れ方 通常、症状はありませんが、以下のような症状がみられることがあります。 おしっこが勢いよく線を描き、腹圧を加えずにスムーズに出ているかどうか注意し、スムーズに出せていないようなら医師に相談します。 おちんちんの先が赤くはれて、うみが出たり、おしっこの時に痛がります。 年に数回以上繰り返す時は手術の必要が考えられるので、医師に相談します。 包皮口が極端に狭くなく、年に2~3回程度なら、ただちに手術はせず、抗生剤の外用と内服で処置し経過をみます。 恥垢が包皮の下に白い塊として見える場合がありますが、何も症状がない時は様子をみるだけでかまいません。 亀頭を包皮のなかに手でもどすことを試み、うまくいかない時は、ただちに小児科医または泌尿器科医の診察を受けてください。 救急的に手術が必要になることがあります。 検査と診断 診察の際、手で包皮をむいた時に亀頭がまったく露出しないものを 真性 しんせい 包茎、一部でも露出する場合は仮性包茎と診断します。 診断のための特別な検査は不要です。 治療の方法 包茎以外の症状がない時は、放っておいても問題ないため思春期まで経過をみます。 前述のような症状がある場合や、思春期を過ぎた真性包茎では、手術を行います。 関連項目 、 金子 一成 どんな病気か ペニスをおおっている 包皮 ほうひ の出口が狭く 亀頭 きとう が露出しない状態を 真性 しんせい 包茎、手を用いると完全に露出できても、包皮が過剰なため通常は亀頭が露出していない状態を 仮性 かせい 包茎といいます。 包皮と亀頭の一部が 癒着 ゆちゃく して完全に露出できないことがよくありますが、このような状態は生理的包茎と呼ばれ、真性包茎とは区別され、特別な治療の必要はなく、大部分は徐々に癒着がはがれてきます。 真性包茎は新生児の96%、乳児の80%、幼児の60%、小学校低学年の40%にみられ、思春期前では10%、思春期後は5%と減少し、真性包茎の大部分は思春期までに自然に治ります。 成人になって生殖活動が始まるまでは、むしろ小児の包茎は、包皮によって亀頭をおおい保護する意味をもち、生理的な自然な状態であるとの意見もあります。 針穴のように狭いと、排尿時に包皮内に尿がたまり、風船のようにふくらむこと(バルーニング現象)があります。 恥垢は包皮と亀頭との間に上皮細胞などのカスがたまってできる黄白色の塊です。 放置しておいても問題ありません。 包皮の癒着がとれてくると自然に脱落します。 治療の方法 治療は原則として真性包茎にかぎられますが、泌尿器科医の間でも治療法の選択や時期に関して明確な治療指針がないのが現状です。 真性包茎の大部分が自然治癒すること、包茎の手術後の外観に不満が残ることも少なくないこと、さらに最近、ステロイド軟膏による保存治療が有効なことがわかってきたので、手術は慎重に行うべきと考えます。 ただし成人以降も真性包茎を放置すると、慢性の炎症性刺激によりになることがあり、思春期以降も真性包茎が治らない場合は手術を行ったほうがよいでしょう。 仮性包茎は基本的には手術の必要はありませんが、本人が気にする場合には手術をすることもあります。 ただし、保険適応とはならず自費になります。 キンダベートやロコイドなどの弱いステロイド軟膏を、1日2回、左手の親指と人差し指でペニスの根本方向に包皮を痛くない程度にひっぱり、包皮口に薄く塗ります。 これを1~2カ月続けます。 亀頭が完全に露出せず包皮の癒着が一部残ることもありますが、いずれはがれてきます。 その後は入浴時に時々包皮をめくり、再 狭窄 きょうさく を防止します。 包皮はめくったままにしておくとになるので、必ず元にもどしておきます。 一気に用手的包皮翻転を行うと痛みを伴い、感染やを来すことがあるので慎むべきです。 環状切開術が一般的で、包皮の狭い部分を切除し縫い合わせます。 武田 光正 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について 世界大百科事典 内の包茎 の言及.

次の

脳卒中に有効な醒脳開竅法についてのページです(温知堂鍼灸氣院)

せい ほう の ま きょう

享保(きょうほう)の改革 とは、8代将軍の 徳川吉宗(とくがわよしむね) が行った江戸幕府の政治の立て直しである。 徳川吉宗(とくがわよしむね)は、江戸幕府(えどばくふ)の政治を立て直すために、支配体制の強化を行った。 だが、平和な時代が続くようになると、人々はぜいたくな生活をすることになれ、お金を湯水のように使うようになった。 それは、武士も同じことであった。 武士もはでな衣服を身につけ、金銀をちりばめた高価な刀や生活道具を使うようになり江戸幕府の財政は苦しくなっていた。 一方で、武士の中には馬に乗れない者や刀ややりをうまく使えない者まであらわれた。 そのため、8代将軍の徳川吉宗(とくがわよしむね)は、ぜいたくなくらしをいましめ、節約を中心としたむかしの武士の生活を基本として、質素倹約(しっそけんやく)を進めた。 将軍の徳川吉宗(とくがわよしむね)自身が、はでな衣服を着ず、もめんのそまつな衣服を着続けた。 また、刀も金銀のはでな物ではなく、銅と鉄で作られた実用的な物を身につけた。 また、 食事も白米ではなく、玄米(げんまい)を食べ、魚肉をあまり食べず、おかず一皿とお吸い物一杯の一汁一菜(いちじゅういっさい)を中心とした。 このように自分が率先して質素(しっそ)な生活を行うことで、徳川吉宗(とくがわよしむね)は、武士や民衆にも質素な生活を進め、平和にゆるみきった武士の意識を引きしめたのであった。 江戸幕府(えどばくふ)の財政の根本は 「米」 である。 幕府に入ってくる米の量が増えれば、幕府の財政もよくなることになる。 そのため、新しい田を開くことを進めていった。 16世紀末には全国で150万ヘクタールであった田が、18世紀前半には2倍の300万ヘクタールになり、明治時代の初めには450万ヘクタールにまで増えた。 しかし、これはかえって米の値段を下げることになり、給料を米でもらい、その米を売ってお金にかえていた武士にとっては、逆に収入をへらすことになり、下級武士の生活が苦しくなることになった。 下のグラフを見てもわかるように、1722年には米もお金も支出が収入を上まわっているが、江戸幕府の収入の増加がはかられ、お金はその後、収入が上まわるようになっている。 また、質素倹約(しっそけんやく)の成果もあり、お金の支出もおさえられている。 グラフではわかりにくいが、合計的には米の収入も支出を上まわるようになっていた。 結果として、徳川吉宗(とくがわよしむね)の享保の改革(きょうほうのかいかく)は、一時的には幕府を立て直せたものの根本的な解決にはならなかった。

次の