そう ろう 治す。 早漏を絶対治す!~自宅で薬に頼らず、脳から早漏を直す方法を公開

早漏の対策・治す方法。トレーニングでそうろう改善

そう ろう 治す

早漏の原因は主に4つあります。 過敏性早漏• 心因性早漏• 衰弱性早漏• ED性早漏 それぞれ解説していきますね! 過敏性早漏 過敏性早漏とは、 ちんこが敏感すぎることが原因の早漏です。 過敏性早漏の人は、少し擦っただけでイキそうになるので、長持ちしません。 では、なぜ敏感すぎるのでしょうか。 理由は2つ考えられます。 1つ目は、 早抜きオナニーです。 早抜きオナニーとは、文字通り、早く抜くオナニーですね。 普段から自慰行為で早く抜いていると、SEXでも早くなります。 早く射精するのが習慣になってしまっているからです。 2つ目は、 包茎です。 包茎は早漏になりやすいと聞いたことがあるかもしれませんが、 それは本当です。 ちんこで一番敏感なのは亀頭ですが、 包茎の人はこの部分が皮で守られているので 刺激に弱くなっています。 亀頭が弱いので、ちょっとの刺激でもイキそうになるのです。 (ちなみに、包茎が原因の早漏を特に 包茎性早漏といいます。 ) ですから、男性クリニックが「包茎は早漏になるので治しましょう!」と 主張するのには一理あります。 ただ、包茎手術はお金がかかるしリスクもあるので、おすすめはしません。 こちらで、包茎のまま早漏を治す方法を教えますので、参考にしてください。 ちんこを触っていないのに射精してしまう場合は、完全に当てはまります。 ちんこが擦られてイクというより、 興奮しすぎた結果イクという感じです。 もちろん、SEX中に興奮するのは当然のことですが、 あまりに度がすぎると早漏の原因になってしまうんですね。 では、なぜ興奮しすぎるのでしょうか。 一番大きな理由は、 経験不足です。 あなたは初体験の時はやたら興奮しなかったでしょうか。 興奮にブレーキをかけれず、まるで暴走機関車のように、 射精へ一直線になるのです。 このように考えると、若い人に早漏が多いのは当然だとわかります。 10代〜20代前半は、一般的にまだ経験が少なく、 SEXに対して興奮しやすいため、早漏になりやすいのです。 こちらに対策を書いていますので、参考にされてください。 衰弱性早漏という早漏もあります。 衰弱性早漏とは、 射精閉鎖筋が衰えていることが原因の早漏です。 射精閉鎖筋は、射精を我慢するときに使う筋肉です。 射精閉鎖筋は加齢とともに衰えます。 ここの筋肉が衰えると、射精をコントロールする力が弱くなり、早漏になります。 40代をすぎて早漏になった場合は要注意です。 こちらに対策を載せています。 あまり知られてしませんが、 勃起力が弱いと早漏になります。 理由は2つあります。 1つ目は、 刺激への防御力が弱くなるからです。 たとえば、腹筋に力をいれて硬くしておけば、多少パンチを受けても ガードできるでしょう。 一方で、腹筋に力をいれずにパンチをくらえば、ダメージは大きいはずです。 同じように、 ガチガチに硬くなったちんこは、刺激への防御力があります。 多少刺激を受けても、イキそうにはなりません。 一方で、 フニャフニャのちんこは、刺激に対して弱く、 少しの刺激でもイってしまいます。 だから、早漏になるんです。 2つ目は、 中折れした時に焦ってピストンするからです。 EDの人は中折れしやすいと思います。 行為中にちんこがフニャると、焦りますよね。 その時に、焦って激しく腰を振っていませんか!? いったん抜くのもシラケるし、挿入したまま勃起させるのがいいと思うかもしれません。 しかし、このせいで早漏になることがあります。 ちんこへ刺激がかかればかかるほど、イキやすくなります。 焦って腰をふりまくれば、それだけ強い刺激が加わるので、早く射精してしまう恐れがあります。 以上のように、勃起力が弱いせいで早漏を招くことがあるのです。 こちらにED性早漏の対策を載せています。 1つ目は、 スプレーを使うことです。 早漏防止用のスプレーがたくさん売られています。 それらには感覚を鈍くする成分が含まれており、 スプレーするだけで早漏を改善する効果があります。 リドスプレーが一番有名ですね。 2つ目は、 トレーニングです。 刺激に弱いのが原因なら、刺激に強くするトレーニングをおこなえばいいわけですね。 具体的には、オナニーの際に射精を我慢する訓練をおこないます。 目標時間を決めて、その時間まで我慢するようにします。 最近では、有名オナホメーカーの TENGA(テンガ)が、 早漏トレーニング用のオナホカップを発売しました。 このオナホールには5段階にキツさのレベルが分かれています。 弱いキツさから徐々に強いキツさのオナホでトレーニングすることによって、 早漏を改善していきます。 くわしくは以下のレビュー記事をご覧ください。 興奮をおさえるテクニックは、有名なものだと、以下のようなものがあります。 嫌なこと、またはブス・おばさんの顔を思い浮かべる• 深呼吸をする 要は、興奮が一瞬で冷めるようなことをすればいいわけです。 たとえば、仕事でやらなければいけないこと、母親の顔、を思い浮かべれば、 一気に興奮が冷めることでしょう。 また、深呼吸も効果的です。 深呼吸にはリラックス効果があります。 イキそうになったら、いったん深呼吸をすれば、早漏を防ぐことができます。 さらに、 自分の興奮レベルを把握することも大切です。 元早漏のAV男優スパーキー佐藤によれば、勃起から射精まで6つのレベルがあるそうです。 興奮レベル3の場合は、射精を止めるのが簡単、 しかし興奮レベル5の場合は、AV男優ですら射精を止めるのが難しいそうです。 いってみれば、車のブレーキと一緒です。 速度30キロでブレーキを踏めば、その場ですぐ止まるでしょう。 しかし、速度150キロでブレーキを踏んでも、その場ですぐに止まるのは難しいでしょう。 同じように、 SEX中の興奮レベルを把握しておくことが射精を防ぐために重要なんです。 心因性早漏にはスパーキー佐藤の早漏対策がおすすめ 心因性早漏の対策は 「スパーキー佐藤の早漏対策」がおすすめです。 スパーキー佐藤は 元早漏のAV男優です。 超がつくほどの早漏を克服して、いまでは現役AV男優として 活躍しています。 そんな彼が早漏を克服した方法をまとめたのが 「スパーキー佐藤の早漏対策」です。 スパーキー佐藤の早漏対策では、興奮レベルを把握して 早漏を防止する方法が紹介されています。 心因性の早漏なら、この方法で改善されるはずです。 私自身、この方法で早漏が治りましたし。 以下の記事で、くわしいレビューを書いていますので 参考にされてください。 ただ、直接的に射精閉鎖筋は体の構造上むずかしいので、 間接的に鍛えることになります。 肛門付近にあるPC筋という筋肉を鍛えれば、間接的に 射精閉鎖筋を鍛えることができます。 具体的なトレーニング方法については 「AV男優スパーキー佐藤の早漏対策」でくわしいやり方が解説されています。 私はこの教材のおかげで早漏を治しましたし、 衰弱性早漏の方にもおすすめできる内容です。 くわしくは以下のレビューを参考にされてください。 ですから、 EDが治れば早漏が治ります。 EDを治す方法は、生活習慣を改善する、 トレーニングをおこなう、精力剤を飲むなどいろいろあります。 しかし、一番手っ取り早いのは、 ED治療薬を飲むことでしょう。 男性クリニックにいけば、薬を処方してくれるので、 まずは診察を受けにいくのがおすすめです。 また、最近では、 EDと早漏の両方に効く薬もあります。 ED薬に、早漏を改善する成分がブレンドされているので、 勃起力がアップするだけでなく、長持ちできるようになります。 有名なのはスーパーカマグラですね。 主に通販で取り扱いがありますが、 ごく一部の男性クリニックに取り扱いがあるかもしれません。 気になる場合は問い合わせてみるといいでしょう。 (ただし、泌尿器科や性病科のような一般的な病院では、 スーパーカマグラのような薬の取り扱いはありません。 ) 早漏は、原因は多岐にわたります。 やみくもに対策をしても効果がでません。 まずは自分の早漏の原因を見極めたうえで、 適切な対処法をしていきましょう!.

次の

早漏の対策・治す方法。トレーニングでそうろう改善

そう ろう 治す

そうろうを治す 次に、初回の性交による精神緊張で早漏を起こすのはありうることで、然し、性交経験が豊富になった後、相変わらずに条件反射の様な早漏は、きっと腎臓の封蔵機能に問題があった。 または、房事頻繁なり、自慰過度なり、常にポルノサイト閲覧の男性は腎関がよく興奮な状態になって、腎陽を損耗し易くなり、腎臓が固まらなく、精関が弛めていくので、早漏を起こすことになる。 用薬の選択上になるべく科学合理的に選択して、そうろうを治す薬を切実に、やみくもに。 早漏は多くが累積的な病気で、絶対功を焦る様に大営養補給の薬、或いは成分不明な精力剤を使ってはいけないことで、ゆっくりに調理していくべきだ。 そうろうを治す按摩法 男性の性機能を高める為に、手で直接の陰嚢按摩の習慣を付けるのは方法の一つであり、いつも按摩すれば、睾丸が循環を改善出来る。 常に睾丸へ絶えずに新鮮な血液を供給出来る為に、当然ながら睾丸の機能を増強出来て、男性の精力を高まる物である。 按摩は一日が一回で、一回は2-3分間で良い物。 指で陰嚢の上部から睾丸を軽く揉む。 若し時間が長すぎ、刺激が強すぎならば、逆に睾丸の機能が低下になる。 ご注意:「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」は逆効果が出る。 按摩は一日一回が最適で、每日一回の習慣は偶然より大幅に効果が出る。 心理でそうろうを治す 目下、世界中に心理治療を図るのもあり、特に行為治療が効果あるのと思われている。 一般的に心理治療を通じ、患者へ関係な性知識を伝授出来て、患者に懸念を取り除き、焦りと緊張心理を減少させる様にして、または患者が筋肉弛めの方法を習得することによって、性交前の恐怖、不安を除去する様になる。 そうろうを治すのは夫婦双方の事情で、特に妻が治療に参与するのは非常に重要的である。 早漏の心理治療に対して、患者の妻からの協力を取ること。 なぜならば女性の誤解や文句は男性の緊張、焦慮感上昇を起し、心理負担が加重になる。 女性は思いやり、配慮の態度を持ち、言語及び行為の慰めを与えることによって、男性に緊張心理を緩めて、其の治癒自信を樹立させる様にする。

次の

そうろう 防止

そう ろう 治す

自慰行為で慣らしていくのが、一番簡単な方法です まず大前提として、仮性包茎の方とそうでない方で分かれます。 真性包茎の方は、早漏以前にクリニックを受診しましょう。 費用は掛かりますが、それは早漏以前にリスクがあります。 ・仮性包茎の方 自慰行為中に 皮を使わないようにしましょう。 完全に剥けるところまで剥いて、軽く亀頭を刺激する感覚に慣れてください。 特に仮性の方は今までの癖で根元から擦っている人が多いので、亀頭が刺激に慣れていません。 結果、早漏の方は仮性の割合が多いのです。 ・通常状態の方 のんびり自慰行為をしましょう。 生活環境次第なのですが、自慰など見られたいものではありません。 その焦りが早く済ませようという気持ちになり、結果早めに処理するという習慣が生まれています。 やり方としては、 出そうになったら一度止めましょう。 ギリギリで止めるのはあまりよくないので、ちょっと感覚が来たというあたりで止めて、落ち着いたらもう一度です。 とはいえ、現実として中々難しいので最初は慣れましょう。 早漏はそもそも今までの射精習慣からくるものなので、そう簡単には治りません。 一番ネックなのが、 夫婦関係です。 ある程度慣れる為に自慰で特訓する訳ですが、相手から見れば毎日AVやアダルトグッズに夢中になっていると思われます。 だからといって、はっきり早漏改善だと宣言するのも心理的に厳しいものがあります。 誰もいない一人の時間が作れない場合は、個室ビデオ等の施設も視野に入れましょう。 結局、 大元の原因は余裕の無さなのです。 この辺は、もう個人の問題でもあります。 奥さんにそのまま相談できる関係であれば、回数をこなせば段々と慣れによって早漏も改善していきます。 言えるのであれば 普段の営み+自慰で、言えないのであれば 個室ビデオや 一人の空間を無理でも作りましょう。 個室ビデオ等は 浮気を疑われることもありますし、常にリスクを抱える事になるので慎重に行動しましょう。 早漏の種類と原因、そして対策 Q&A Q: 早漏の定義を教えて! A: 性交のときに男性側の射精が早くパートナーが満足できない状態のことを言います。 一般的には、 ペニスを膣内に入れてから30秒から1分30秒までが早漏であるとされており、マスターベーションの際には使われない言葉であります。 Q: 早漏の原因と種類は? A: 早漏の原因は大きく分けて3つあります。 思春期の頃、家族の目を気にしてマスターベーションを早く済ませていたことなどがクセとして定着している可能性もあります。 膣にペニスを入れた瞬間、皮がペニスの付け根方向に向かって押し下げられます。 今まで皮で守られていた部分が摩擦によって擦られるため、性行為に不慣れな場合すぐに射精してしまいます。 包茎生早漏と過敏性早漏との併発、負のスパイラルに陥ることもあるでしょう。 Q: 早漏の対策を教えて! A: 早漏の具体的な対策は原因別に3つあります。 どうすると射精しそうになるのかを覚えておくことで意図的にペニスへの刺激を減らし早漏への対策を打つことができます。 血流が良くなったタイミング(お風呂、シャワーなど)を見計らってペニスをマッサージしましょう。 刺激に対する耐性を付けることが目的です。 そして交換神経ことそ射精のトリガーとなっています。 薬での治療、カウンセリングなど医療機関に頼るのも手ですが、何にせよパートナーとの協力が必要不可欠になってきます。 でも遅漏も嫌われる セックスの時、いわゆる「 三こすり半」では自分も相手の女性も楽しむことができませんよね。 しかし早漏の反対の「」も女性には嫌われることが多いのです。 大切なのは、 お互いが気持ちよく満足できるセックスかどうかです。 そのためには、 早すぎても、遅すぎてもだめです。 丁度いいタイミングで射精できるように、コントロールする必要があります。 大抵の人はオナニーに少なからず罪悪感があります。 オナニーで時間を無駄にしたくない、なるべくならさっさ済ませて他の事をしたいと思います。 そこで早く射精する結果、早漏になる訳です。 また、男性がオナニーする場合、たいてい竿を刺激して亀頭を刺激しない「 皮オナニー」をしてる筈です。 皮オナニーは、皮が伸びて包茎が進行する原因になります。 包茎だと、普段から亀頭が皮に覆われて刺激に弱くなります。 そして実際に挿入すると、亀頭への刺激が強すぎて耐えられずに、すぐに射精してしまうのです。 かわりに 亀頭オナニーをして、亀頭への刺激になれます。 亀頭オナニーは、皮をむいて亀頭を露出させた状態で、亀頭のみを刺激します。 手にローションなどを塗って、長時間かけてオナニーすることで、射精習慣を改善します。 また、 PC筋を鍛えることも重要です。 PC筋とは、 おしっこを止める時に使う筋肉です。 PC筋を鍛えることにより、射精をとめることができるようになります。 オナニーの時に、射精感が高まってきたらPC筋を締めて、射精を止める練習をします。 PC筋を鍛えるには、5秒PC筋を締めて、5秒緩めるを20回繰り返す、これだけです。 これを一日3回、間隔をおいて行います。 このトレーニングのよい点は、場所を選ばないことです。 PC筋を鍛えて、射精タイミングを自由にコントロールできるようになりましょう。 そうすればきっと、女性を満足させつつ自分も満たされる、よいセックスができるようになるでしょう。 薬に頼る方法と自力で改善出来る方法があります 男性で早漏に悩んでいる方は大変多く、俗に言う「 三擦り半」で終わってしまう事を指すと考えますが、具体的には 挿入後30秒から1分位で射精してしまうのが早漏であると言われております。 原因は亀頭部分の神経が過敏で、刺激の影響を受けやすい為に起こります。 この早漏を治す方法としては、薬などによる治療や、スクイーズ法と言う治療方等が有ります。 薬による治療はペニスの感度を鈍らせる作用がある局部麻酔系の薬があります。 これは直接ペニスに塗る事で感度を鈍らせ射精までの時間を長くする物です。 最初に紹介する スクイーズ法は、特別な治療道具を使ったりする事無く自分一人でできる治療法になります。 自分で射精直前の状態までペニスを刺激し射精しそうになった時に 亀頭を押さえつけ射精を止めてしまう方法です。 少しコツが必要ですが慣れてくればとても簡単です。 次に、私の早漏対策として行っているのは 適度にお酒を飲む事です。 適度に 酔う事でペニスが受ける刺激が少し鈍くなるので、射精までの時間を延ばす事が出来ております。 但し、飲み過ぎは禁物で逆に何も役に立たなくなってしまいます。 女性の立場からするとあまりにも早すぎる早漏は嫌なのかも知れません。 ただし逆に遅漏過ぎても疲れたり痛くなってしまうのではないでしょうか。 「 女心は良く判りません」が適度な 挿入後10分位が丁度良いと思います。 最後に、 早漏に効果のあるサプリをご紹介します。 早漏防止のサプリで有名な所では クライミナックス・ウルトラや プレマトロール、、 ゼクノリン等になります。 これらのサプリに共通しているのは、陰茎を大きくして亀頭の露出を増やし常に刺激を受けている状態にする事にあります。 亀頭が常に刺激を受けている事で早漏の症状の改善に繋がるとされております。 又早漏に効果のあるサプリには精神安定効果のある物があります。 これらは男性の性交中の精神状態をリラックスさせてくれるので、射精迄の時間を長くしてくれる効果が期待できます。 私のおすすめ早漏改善法3選 私は以前、典型的な「 三こすり半」でした。 そのため、セックスに自信がなく、女性に対してどうしても消極的になってしまっていました。 そんな私も、今では人並みの持続力を持てるようになっています。 私自身が試して「 これがおすすめ」と思える方法を3つ紹介しましょう。 1つ目は、いわゆる「 寸止め」です。 オナニーをしていて、射精しそうになった瞬間、手を放して射精をガマンするというやり方です。 その瞬間、ペニスの根元を強く握って射精を防ぐというやり方もありますが、ペニスの血管に強い負荷がかかりますし、尿道を痛めるような気もするので、私はおすすめしません。 寸前に手を離すのは、実際にはタイミングをはかるのが難しく、一瞬遅れて射精してしまうということもよくあります。 しかし、それを何度も繰り返すことによって、寸止めテクニックが身に付きます。 あせらず、繰り返し行うといいでしょう。 2つ目は、オナニーをする時、「 ローション」を使って亀頭を刺激するというやり方です。 亀頭が敏感すぎるために早漏になってしまうケースが少なくありません。 その場合は、亀頭を鍛えることによって持久力がつくわけです。 ふつうに手だけを使ったオナニーでは、亀頭を鍛えることはむずかしいでしょう。 そこで、ローションを使うのです。 ローションをたくさん使って、手のひらで亀頭を包み、揉みしだくようにして刺激します。 これを繰り返すことによって、亀頭は次第に刺激に強くなっていくわけです。 もう1つは、「 オナホール」を使うという方法です。 実際に女性とセックスするときは、言うまでもなく自分の手によるものとはまったくちがう刺激になるわけです。 その刺激に慣れるためには、自分の手よりもオナホールを使う方がずっと効果的です。 できれば、 本物に近い内部構造を持った大型のオナホールを使って、実際のセックスをシミュレーションすることをおすすめします。 早漏の改善方法について 彼女とのエッチで早く射精してしまうと、相手に申し訳ないなって気持ちになりますよね。 早漏が原因で彼女に振られたなんてこともあると思います。 そこで早漏の改善方法をご紹介します。 早漏の原因で最も多いのは 包茎です。 日本人男性は仮性包茎の方が多く、亀頭を包皮でガードしてる為に外部刺激に弱くなるんです。 それ故に挿入した時、刺激を敏感に感じ過ぎてすぐ射精してしまうんです。 この改善方法は常に亀頭を露出させて外部刺激に慣らせることです。 こういった仮性包茎由来の早漏を治療する方法は、 包茎手術や、 包茎矯正パンツ(軽度の仮性包茎だとこれで矯正可能)で亀頭を常に露出させる方法がお勧めです。 次に原因となりやすいのは メンタルです。 やり慣れた彼女相手ならなかなかイカないのに、初めてエッチする相手だとすぐイッテしまう、こういう経験をお持ちの男性って多いんじゃないでしょうか。 それだけ興奮したから早く射精してしまったわけですが、女性からすると もう終わったの?と思われてしまいますよね。 このメンタルを改善するには一回だけなく、二回目のエッチをするのがお勧めです。 一度射精してあると精神的に落ち着きますし、二回目だと外部刺激にも鈍くなってます。 ですのでエッチは二回ワンセットと考えてするのをお勧めします。 そして一番のお勧めはED治療薬 スーパーカマグラの服用です。 スーパーカマグラっていうのはED治療薬バイアグラのジェネリック薬品 カマグラに遅漏効果を追加させたお薬です。 服用するとバイアグラと同じ勃起効果を得られますし、早漏防止成分のダポキセチン効果でなかなか射精しなくなります。 効果時間内(服用20分後~5. 6時間後)なら外部刺激さえあればすぐ勃起しますし、二回戦どころか三回戦、四回戦でも体力の続く限りエッチ出来るようになります。 二回目以降なら外部刺激にもメンタル的にもイキにくくなりますし、長時間エッチすることで相手にも慣れて来ますし外部刺激にも強くなります。 その結果早漏改善されるのでホントお勧めの方法です。

次の