エクセル フィルター コピペ。 フィルター 範囲の設定と かからないときの対処法|Excelのキホン

excelのコピペで質問です。①フィルタをかけた状態で一部をコピー②①でコピーした...

エクセル フィルター コピペ

一時的にデータを隠すときなど、表の 行や列を「非表示」にすることがあると思います。 そのような表の「見えているセル」だけをコピペして再利用したいことがありますが... 普通にやると、うまくいきません。 この表ではE列が不要なので、非表示にしてあります。 非表示にしていたE列(居住地)まで貼り付けられてしまいました。 これを毎回削除するのが面倒なんですよね。 しかし実は、 たった1つのキー操作で解決できるのです! 【エクセル時短】第49回では、 非表示の行と列を除いてコピペする方法を紹介します。 「可視セル」のみを選択するには[Alt]+[;]キー 非表示になっていない、見えているセルのことを「 可視セル」と呼びます。 これを選択するショートカットキーが [Alt]+[;]キーです。 先ほどの表で、さっそく使ってみましょう。 1可視セルのみを選択する 表全体を選択したところで[Alt]+[;]キーを押します。 ちょっとわかりにくいですが、D列とF列で選択範囲が分かれていますね。 これは非表示のE列が選択範囲から除外されたということです。 2非表示の列を除いてコピーする そのまま[Ctrl]+[C]キーを押すと、点線で囲まれた状態になります。 選択範囲がわかりやすくなりましたね。 3新しいワークシートに貼り付ける [Ctrl]+[V]キーを押し、新しいワークシートに貼り付けました。 非表示にしていたE列(居住地)以外がコピーされ、もともとのF列(年齢)がE列に移動しています。 4非表示の行と列を除いてコピーする 行が非表示になっている場合も同様です。 ここでは、ア行の氏名のデータを非表示にしています。 セル範囲を選択して[Alt]+[;]キー/[Ctrl]+[C]キーの順に押すと、非表示の行と列を除いてコピーされます。 5新しいワークシートに貼り付ける 新しいワークシートに貼り付けると、可視セルだけを抽出した表ができあがります。 なお、単純にフィルターで絞り込まれている場合は、[Ctrl]+[C]キーのみで非表示の行と列を除いてコピーできます。 コピーする前に [Alt]+[;]キーを押すだけの地味なワザですが、時短効果はバツグンです! 貼り付けたあとに行や列を削除するのは時間のムダでしかないので、ぜひマスターしてくださいね。 あわせて覚えておくといいでしょう。 [選択オプション]ダイアログボックスでは、選択するセルの種類を指定できます。

次の

オートフィルタ(データ抽出):Excel基本講座

エクセル フィルター コピペ

ひとつの方法として、フィルタリングする方法があります。 [データ]タブの[フィルター]をクリックして先頭行にフィルターボタンを表示します。 [都道府県]のフィルターボタンをクリックして、集計行のみを表示します。 下のようになります。 B列も非表示にしたいので、B列を選択してショートカットメニューから[非表示]をクリックします。 下のようになります。 このまま選択してコピーします。 別のシートに貼り付けします。 フィルターで非表示にされた行は貼り付けられず、そのまま集計行のみの表を完成させることができます。 行を非表示にしてコピー もう一つの方法です。 フィルターではなく、行を非表示にして貼り付ける方法です。 非表示にしたい行を[Ctrl]キーを使って、続けて選択します。 右クリックのショートカットメニューから[非表示]をクリックします。 下のようになります。 同じようにB列も非表示にしてコピーします。 でも、この場合、貼り付けると下のように非表示にした行も列も貼り付けられてしまいます。 可視セルのみをコピー 行を非表示して、見えるセルだけをコピーして貼り付けたい場合は、少し操作が必要になります。 範囲選択 まず、コピーしたい範囲を選択します。 そして、[ホーム]タブから[検索と選択]をクリックして、[条件を選択してジャンプ]をクリックします。 可視セルを選択 [選択オプション]ダイアログボックスから[可視セル]を選択して[OK]ボタンをクリックします。 そして、[セル選択]ボタンを押します。 そして、[Y]を押します。 すると、上記と同じ[選択オプション]ウィンドウが表示され、[可視セル]が選択されます。 コピーして貼り付け.

次の

エクセルVBAでフィルタ抽出部分のみのコピー

エクセル フィルター コピペ

オートフィルタを活用した作業効率をアップするテクニック いずれも任意の条件でオートフィルタでソートをかけた状態がスタートラインです。 フィルターをかけたセルをコピーして別範囲へペースト まずは、特定の条件で絞り込んだセルデータのみを別表にしたい場合があるかと思います。。 今回の例では、ソートをかけて表示されていた4セル分のデータがそのまま貼り付けられました。 フィルターをかけたセルを消去(デリート) 特定の条件で絞り込んだセルデータのみを消去したい場合がありますね。 そんなときはソートをかけた状態で対象の範囲を選択します。 そして、[Delete]キーもしくは[Backspace]キーを押下します。 フィルターを解除すると、ソートをかけて表示されていた4セル分のデータのみが消去されたことがわかります。 フィルターをかけた行の削除 表の余計なデータ(行)を削除したい場合がありますね。 そんなときはソートをかけた状態で対象の行を選択し、マウス右クリックの上「行の削除」をクリックします。 行が削除されました。 フィルターを解除すると、ソートをかけて表示されていた4行分のデータが削除されたことがわかります。 フィルターをかけたセルに色付け 特定のセルのみ色付けを行いたい場合がありますね。 そんなときはソートをかけた状態で対象の範囲を選択します。 その上で、今回の例ではセルを黄色の塗りつぶしにします。 セルが黄色に塗りつぶしされました。 フィルターを解除すると、ソートをかけて表示されていた4セル分が黄色に塗りつぶしされたことがわかります。 フィルターをかけたセルすべてに同一の値を一括入力 特定のセルのみ修正もしくは入力を一括で行いたい場合があります。 そんなときはソートをかけた状態で対象の範囲を選択します。 [Ctrl]キーを押しながら、任意の値を入力の上[Enter]キーを押すと、選択対象範囲がすべて同じデータが一括で入力されます。 フィルターを解除すると、ソートをかけていた際に表示されていた4セル分が同一の値が入力されたことがわかります。 【注意!】フィルターをかけたセルへのペーストはフィルターを無視される 発想的には、上記5. と同じですが、単純に表外からコピーした内容はソート関係なく実際のセル数分ペーストされてしまいます。 ソートをかけた状態で4セル分表示されてましたが、貼り付け元の4セル分はソートの状態の4セルではなく、実際の4セル分としてフィルター無視で貼り付けされてしまう仕様になっています。 パッと見で表の欄外からデータが1セル分にしかペーストできなかったように見えます。 フィルターを解除すると、実際の4セル分としてフィルター関係なく貼り付けされることになりますので注意が必要になります。 まとめ 何気に私も作業の際にはなるべく少ない手数でより多くの作業をやりたいので、今回ご紹介したテクニックはふんだんに使っています。 楽チンな割には関数に匹敵するくらい効率が上がりますので、非常におすすめです。 Excel関連の資格は以下を保有。 Excel2010スペシャリスト(一般)• Excel VBA ベーシック• Excel VBA スタンダード 通信会社勤務の現役サラリーマン。 心が安らぐ瞬間は2人の娘といちゃいちゃする時間。 趣味は読書。 ビジネス書や漫画が大好き。 好きな食べ物はラーメン。 特に二郎や蒙古タンメンがお気に入り。 Excelを10年間以上ほぼ毎日数時間触り続け、本業でも複数の業界・業種のバックオフィスの設計~運営に携わってきた森田が、業務効率・精度を高めるExcelの活用方法を発信していきます。 詳細プロフィールは.

次の