高齢出産。 30代後半、40代の妊娠…高齢出産のリスク・デメリットを準備して対策‐ILACY(アイラシイ)働く女性の医療メディア

高齢出産の子供は幸せなのか?子供が直面する現実とは・・・

高齢出産

写真はイメージです(以下同) 不妊症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望し、 ある一定期間避妊することなく性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合をさし、最近ではその一定期間は 1年というのが一般的です。 富坂先生は現場で、以下のような相談をよく受けているそうです。 ==== 「32歳で結婚したのですが、当初は仕事をしたいのでピルを飲んで避妊していました。 38歳になって子どもをつくろうとピルを止めたのですが、2年経っても子どもができません」 「39歳で結婚し、今年40歳です。 夫は52歳です。 もう子どもをつくるのは無理でしょうか」 ==== 富坂美織先生によると、「このように、 結婚して数年経ってから子どもをつくろうと思ってもできない、もしくは 40歳前後の結婚なので、というのが代表的な相談の例です。 最近は結婚年齢が高くなっているので、挙児希望の場合には早めの専門クリニック受診をオススメします」とのこと。 高齢妊娠・出産のリスクと技術の進歩 そもそも高齢妊娠・出産にはどんなリスクがあるのでしょうか。 「 高齢妊娠・出産では、赤ちゃんの染色体異常のリスクが高くなり、流産率も高まります。 また、妊娠中には、糖尿病や高血圧になるリスクが上がりますし、お産の時には、子宮の入り口の伸展が不足してしまいがちだったり、陣痛が弱かったり、お産までの時間が長引きやすく、妊婦さんも疲労しやすいので、 帝王切開となるケースも増加します。 」(富坂先生、以下同) 一方で、不妊治療技術の進歩によって、高齢妊娠・出産が増えているという現実も。 「不妊治療の現場では、技術が日に日に進歩しています。 以前よりも安全に治療を受けることができるようになりました。 平成10年代から20年代でみると、およそ10年間で、35歳以上の女性の出産の割合は倍増しています。 不妊治療を受ける患者さんの平均年齢も年々上がってきており、 体外受精を受ける女性の少なくとも3人に1人は40歳以上です。 不妊治療はカップルでの治療が原則ですが、例えば、 どうしてもクリニックで検査を受けることに抵抗がある男性向けに、スマホのカメラを活用した精液検査も行えたりします。 しかし、不妊治療でより多くの人が子供を授かることができるようになった一方で、上記のような高齢妊娠・出産によるリスクが増え、産科医療の現場がより大変になっていることも事実です」 自然妊娠や安全な出産の確率が高いのは36~37歳ぐらいまで また、自然妊娠についての正しい知識も必要とのこと。 「最近は高齢出産のニュースをよく見聞きするようになったため、『40代後半になっても生理があれば妊娠できるのでしょう?』と聞かれることが増えてきました。 生理がきていることが妊娠の基準と思っている方も多いのです。 ですが、『 生理がある=妊娠可能』ではない、というのが現実。 イメージとしては、女性の卵子は、生まれたときからずっと自分と一緒におなかの中で歳をとっていきます。 簡単に言うと、 女性の卵子は、実年齢が40歳であれば卵子年齢も40歳ということになります。 ですから年齢とともに卵子も老化し、たとえ生理があっても妊娠は難しくなります。 一般に自然妊娠しやすい時期、そして安全に妊娠・出産できる年齢は、社会的な要因も考慮すると、 20歳くらいから、生理が変わってくる前の36~37歳ぐらいまでかもしれません」 不妊治療の現場では自然妊娠を望む声も多数あると思います。 少しでも妊娠しやすい身体づくりのためにできることはあるのでしょうか。 「基本ではありますが、ストレスがかかりすぎない生活を心がけ、適度な運動とバランスのとれた食事の摂取です。 最近では、卵巣機能と免疫機能にも深くかかわるビタミンDがいいと言われています。 順天堂大学医学部卒業、東京大学医学部研修医、愛育病院産婦人科医を経て、ハーバード大学大学院へ留学。 卒業後、マッキンゼーにて、コンサルティング業務に携わる。 山王病院などを経て、現在は不妊治療が専門。 順天堂大学医学部産婦人科教室非常勤講師。 さくらウィメンズクリニックにおいても不妊治療に従事。 著書は『「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル』(ダイヤモンド社)、『ハーバード、マッキンゼーで知った一流に見せる仕事術』(大和書房)ほか。 <文/内埜さくら>.

次の

高年齢の妊娠・出産はどこまで可能なのか。「リミット」について考える

高齢出産

【目次】• 男女とも働くこと自体は問題ないと私は思います。 ですが、問題が生じているのも事実です。 年々結婚に至る夫婦の平均年齢が高くなっているというのです。 それに応じ高齢出産になってしまうケースが多々あります。 ただ、高齢出産と一言で言っても詳しくは分からないという方も多いと思います。 そこで、日本産婦人科学会が定める高齢出産の定義について詳しく触れておこうとおきます。 高齢出産の定義は1991年頃に変更されました! 高齢出産の定義ですが、日本産婦人科学会で 35歳以上の初産(初めての出産)であると定められています。 1993年以前は30歳以上で初めて子供を産む場合に高齢出産と位置づけされていましたが、女性の労働状況などの変化などから1991年ごろから35歳以上に引き上げられました。 出産総数に対して、高齢出産の割合は200年で約12%、2008年で約21%、2015年は約28%と年々増加しています。 現時点で4人に1人は高齢出産という時代になっています。 今後もこの傾向が高くなればより高齢出産の割合が高くなると考えられています。 高齢出産の定義が30歳から35歳に引き上げられた背景! 高齢出産の定義が昔は30歳以上だったのに、現在35歳以上に引き上げられた背景には色々な事情があると思います。 私としては大きいのは女性の社会進出が関係しているのではないかと思います。 一昔前までは男性が社会に出て女性が家庭を守るというのが当たり前でした。 ですが、今は女性も男性同様に働き、同等に賃金をもらうようになりました。 そうなると、無理に結婚をしなくても自分一人で生活できるという女性が増えるのも当然です。 また、周りの女性が独身だと余計に危機感が湧きにくくなるのも事実かもしれません。 どうしても、仕事優先の生活になってしまいます。 それに男性の結婚への意識の低下もあるでしょう。 男性の生涯独身率も今や全体の4分の1にまで登っていると言われています。 結婚や出産以外に人生の生きがいを持っているのでしょうが、やはり高齢出産の引き金になっているい事も否めません。 決して、結婚も、出産も義務ではないだけに難しい問題です。 高齢出産による障害児などが生まれる可能性について!? では、実際に35歳以上でも妊娠できたとします。 その場合に不安に感じるのは子供に障害がないのかという事です。 高齢出産とダウン症、発達障害などの障害をもう子供が生まれる確率が高いと言われています。 確かに生まれてくる我が子はかわいいには違いありません。 ですが、やはり健康に生まれてきてもらいたいといのは本音でしょう。 以下に紹介するのは、高齢出産の場合にあり得る子供へのリスクの一例です。 これはあくまでも一例です。 ですから、この記事を読むことで高齢出産に消極的にはならないでもらえればと思います。 ダウン症などの障害児が生まれる可能性が高くなる 高齢出産で最も多くの方が心配されるのがダウン症などの障害を持った子供が生まれないかという事だと思います。 ここではあえてダウン症を例に挙げて高齢出産のリスクをまとめてみようと思います。 ダウン症は、簡単に言えば染色体の病気です。 通常の場合、人間は22対の常染色体と1対の性染色体があり、合わせて計46本の染色体を持っています。 ダウン症の赤ちゃんには次のような身体的特徴があります。 (顔が平べったい・耳が低い位置にある・つり目で両目の間隔が広い・首が太い・ますかけ線・小指の関節が少ない)などです。 ダウン症では、筋肉の緊張低下・特徴的顔貌・成長障害などが見られ、心疾患などを伴うことも多いです。 染色体異常は男性の精子、女性の精子が年齢により劣化する事で確率が高くなると言われています。 統計上では、ダウン症は700~800人に1人と言われています。 20歳では1667人に1人、35歳では385人に1人の割合と年齢が上がるほど確率も上がります。 因みにですが、そのダウン症はどうやって、更に言うと妊娠のいつの段階で分かるのかというと、エコー検査の場合、妊婦健診で行われているので、ダウン症かどうかが分かるのは妊娠10~15週ぐらいだと言われています。 但し、この時点では確実にダウン症と断言できるまでには至らないという事です。 今回は詳細を詳細を省きますが、ダウン症の判別方法にま他にもあり、以下のような方法があるという事です。 因みに時期もやはり胎児がある程度大きくなり始めてからだという事が分かります。 〇母体血清マーカーの時期は妊娠15週~21週 〇羊水検査の時期は妊娠15週~18週 〇絨毛検査の時期は妊娠9週~14週 高齢出産は二人目(経産婦)になって不妊になる事も!? では、次に二人目、三人目の出産をする場合は、何歳からが高齢出産の定義になるのかという事です。 やはり、初産同様に35歳以上で高齢出産になるのかと考える方もいるでしょう。 私もこの点に関しては疑問に思ったので色々と資料を読み漁ってみたのですが、二人目、三人目の高齢出産の場合は何歳からという明確は定義は見つかりませんでした。 ただ、言えるのは初産が無事に成功したからと言って二人目、三人目の子供が無事に生まれてくるとは限らないという事です。 高齢出産になると不妊症やダウン症を始めとする障害を持った子供が生まれる確率が高くなると言われています。 例えばですが、不妊症と年齢の関係を調べて見ると以下の様にデータが公表されています。 この様に20代前半で出産をする場合は不妊になる可能性は約5%です。 それに対して、40代になると不妊に悩む確率は60%以上にも急上昇するのです。 ですから。 仮にですが35歳前後で結婚して、初産は無事に終わって、 いざ二人目の子供を妊娠しようと思ってもなかなかできないと夫婦も数多くいるのです。 ですから、初産が無事できたから二人目の子を産む時期を選ぶと、そのまま不妊になってしまうかもしれないのです。 それに先ほども触れたようにダウン症などの障害児にリスクも高くなります。 あくまで統計上のものですが、頭に入れておくべきかと思います。 勘違いされやすいところですが、不妊症というのは生まれついて体質という方は先ほどのデータでも分かるように全体の5%にも満たない数字なのです。 初産で無事に子供が生まれてきたのだから次の子も生まれてくるだろうと考えのは安易でしょう。 不妊症で悩む夫婦の多くが年齢などの原因で後悔をしているのも事実です。

次の

高齢出産への偏見について。悪い情報ばかり鵜呑みにして妊婦を傷つけ...

高齢出産

35才くらいの妊婦さんにしてみれば、「高齢」という意識はきっとないでしょう。 体力的な衰えを感じるような年齢でもありません。 しかし、産科的には35才以上で、さらにはじめての妊娠であると、統計的にいろいろなトラブルが起こる確率が高くなっているのは事実です。 例えば、 妊娠高血圧症候群や 妊娠糖尿病、 早産などの発生頻度です。 子宮筋腫などの婦人科の病気や、肥満、高血圧、糖尿病、心疾患などの生活習慣病をかかえて妊娠する率も増え、それが妊娠経過にも影響します。 お産においても、 軟産道強靭といって子宮口がかたくて聞きにくかったり、会陰部の伸びが悪かったりすることが少し多くなります。 肥満であれば、皮下脂肪のために産道が狭くなってしまうこともあり、そうした理由で、お産がスムーズに進まないことが、確率的には高くなります。 とはいえ、現在は医療技術の発達により、問題なく出産できる場合がほとんどです。 ダウン症を気にする人もいるでしょう。 たしかに、年代を区切った統計をとれば、若干確率が高くなります。 でも、高齢出産でなくても、その可能性はだれにでもあります。 考えすぎは禁物であると同時に、この間題はかぎられた人たちのものではないということを頭に入れておきましょう。 染色体異常(ダウン症)の確率 年齢の高い妊婦さんが心配することとして、染色体異常の赤ちゃんが生まれる確率が増えることがあります。 中でもダウン症については、ママの年齢が上がると増加することが統計的にわかっており、20代では0. 1%なのに対し、35才では0. 3%、40才では1%となっています。 これにははじめての妊娠であるかどうかは関係ありません。 ダウン症とは ダウン症とは23対の染色体のうちの21番目が1本多いことです。 発達障害があったり、ある種の病気にかかりやすかったりしますが、適切な療育環境を用意すれば、その子なりに能力を伸ばして育つことが知られています。 年齢に関係なくだれからでも生まれる可能性があり、その確率の遣いをどう受け止めるかは、それぞれの妊婦さんしだいといえます。 もしも妊婦さんが、赤ちゃんの染色体異常の検査を希望すれば受けられますので、主治医に相談してください。 ただし、リスクを伴う検査もあり、調べられることにも限界がるで、十分に説明を受け、夫婦でよく話し合ったうえで決めましょう。 染色体異常の出生前検査 以下の検査は希望する妊婦さんにのみ行う検査です。 検査を受けるかどうかは、その内容やリスクについて医師からよく説明を聞いたうえで、夫婦でしっかりと相談した上で、慎重に判断するようにしてください。 羊水検査 ママのおなかから子宮の中に針を刺し、少量の羊水を採取します。 その中にある赤ちゃんの細胞を2週間から1ヶ月間培養し、分析します。 染色体異常や代謝異常の有無のほかにも、赤ちゃんに関する多くのことがわかる検査です。 妊娠15週以降、超音波で観察しながら慎重に針を刺しますが、200~300人に1人の確率で流産するリスクがあります。 母体血清マーカー試験 妊娠中は、ママの血液中に、赤ちゃんに関する情報を提供してくれる物質が含まれています。 そのバランスによって、21トリソミー(ダウン症)と18トリソミーという染色体異常、神経管閉鎖障害である確率を調べる検査で、妊娠15週以降に行います。 4つの物質のバランスを調べるため、クアトロマーカー試験という名称で呼ばれています。 ママから採血するだけなので流産などのリスクはありませんが、異常の有無ではなく確率がわかるだけです。 そのため、確率が高かった場合、今度は確定的な結果がわかる羊水検査を受けるかどうか、夫婦で話し合って決めることになります。 超音波画像によるNT値測定 NTとは後頸部浮腫(首の後ろのむくみ)という意味の英語の略です。 妊娠初期に超音波画像で測定した赤ちゃんの後頸部浮腫の値が一定以上に大きいと、ダウン症などの染色体異常の確率が高くなるといわれています。 超音波検査で行うので流産などのリスクはありませんが、確定診断ではありません。 また、どの医師も行える標準的な検査ではありません。 高齢出産はリスクがあるという事実の受け止め方が大事です。 がっかりして自信をなくしてしまわず、リスクを少しでも小さくするためにできることを積極的にしようと考えましょう。 例えば年齢のせいで肥満気味の人なら、体重コントロールを頑張ったり、塩分摂取量を適正にするなど、適度な運動をするだけでも生活習慣病を改善し、妊娠に伴う合併症の発症リスクを減らせます。 そして、忙しくても自分の体を過信せず、妊婦健診をきちんと受けてください。 どんなトラブルも、早期発見して対処すれば、大事に至りません。 母親学級にも参加して、妊娠や出産について正しい知識を得るようにしましょう。 同じくらいの年齢の妊婦さんがたくさんいて、私もがんばろうという前向きな気持ちにもなれます。 高齢出産にはメリットもある デメリットばかりが心配される高齢出産ですが、すべてのママが難産や帝王切開を経験するわけではありません。 35歳を過ぎたからといってリスクが著しく上がるわけではありません。 出産は、他人と比較するものではありません。 今の自分が、出産とどう向き合うのかが重要です。 それに、高齢出産には高齢出産なりのメリットもあります。 高年になってから初めて赤ちゃんを授かったママ、パパは、赤ちゃんとの時間を大切にした子育てを実践する傾向が強いという、とてもよい話を耳にします。 また、妊娠中には女性ホルモンが多く出るので、若返ったと感じる人もいるようです。 体力的なことなどのマイナス面ばかりに目を向けず、自信と余裕を持って妊娠生活を送りましょう。 自分に合った情報を取捨選択できる判断力も備わっています。

次の