愛知大学野球部。 [mixi]愛知高校 硬式野球部の事 教えて下さい

硬式野球部|愛知教育大学

愛知大学野球部

来歴・人物 [ ] (現:)出身。 小学生の頃から野球を始め、として活躍。 大矢野中から、八代第一高等学校(現:)に進学。 親元を離れ、寮生活をしながら野球に取り組んだ。 1年時はであったが後にに転向する。 、3年生の時にはを勝ち抜き、に進出。 準決勝で前年の大分県代表だったの2年生エースに投げ勝ち、決勝に進む。 、野球の才能を買われてへ進学。 4年時にはエースとして活躍。 では、春季リーグで8勝を挙げ、チーム10季ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれた。 同年のでも決勝に進出、のと投げ合うが敗退、準優勝にとどまる。 同年のにも選出された。 リーグ通算43試合に登板し21勝6敗、防御率0. 大学同期にのがいた。 即戦力の右投げ投手として評価され、プロのスカウトからも注目されていた。 巨人の1位指名を拒否 [ ] で、から1位指名を受ける。 大学同期の迫丸も同じく4位で指名を受け後に入団。 迷っていたところ、入団交渉のため名古屋のホテルで会った同郷の監督と対面した際に「(入社が内定している)熊谷組は本業の仕事があり次に野球だが、うちは野球で君を欲しいと思っている」と言われたが、仕事として野球を選んだわけではないと考えていた小林はこの言葉で迷いが消え、断る決心がついたという。 2019年現在、巨人から1位指名されて拒否したのは小林のみ。 拒否した背景として、当時はプロ野球経験者が引退後アマチュア指導者に転進する場合、などの過去の経緯によるプロアマ規定によって制約が大きく、特に高校生以上の学生野球や社会人野球の指導者になるのが困難だった事も影響している。 また50代半ばに受けたインタビューで、プロアマ規定が緩和された今巨人に1位指名されたらどうするかとの問いには「入団していたと思う」と答えている。 小林の入団拒否当時、周囲では「同年3月に起こったが影響しているのではないか」という噂が飛び交っていたが、前述の小林の証言等からそれとの関連はないとされる。 奇しくも、巨人が小林に用意していた背番号は、前年までが着けていた「19」であり、にそれを着けたのは小林秀一と同姓の、同じアンダースロー投手である(前年は「40」)だった。 に進み 、1974年のでは新人ながら2回戦で先発。 に0-1で惜敗するが注目を集める。 その後もの、ので決勝進出に貢献するなど、熊谷組には8年間在籍して活躍。 母校愛知学院大野球部の監督へ就任。 同大学野球部の監督としてはにおいて15年で12度の優勝を遂げている。 では教え子の投手が巨人に指名されて入団している(引退後、スカウトを経て愛知学院大学野球部監督)。 にはで優勝。 大学院を修了。 脳梗塞で倒れ監督を退任した後は同大の准教授として教壇に立つ。 参考文献 [ ]• 澤宮優『ドラフト1位 九人の光と影』、2008年、 脚注 [ ].

次の

【選手名簿】愛知大学 野球部 新入生・新入部員メンバー2020年を特集/出身高校=中京大中京・報徳学園などから

愛知大学野球部

最新情報• 2019年11月23日• 2019年11月16日• 2019年11月 9日• 2019年10月30日• 2019年10月19日 プロフィール• 部員数55名(男50名・女5名)• 部室クラブ棟A105・A106• 活動場所長久手スポーツの杜・学内グラウンド• 活動曜日火・水・金・(土・日)• 活動時間15:00~20:30 クラブ紹介・活動内容 2部昇格をめざし、週3~4日長久手スポーツの杜や周辺施設、学内グラウンドで練習に励んでいます。 スポーツの杜では主にケース打撃、ゲームノックの練習を、学内グラウンドではティー打撃、ノック、ゲージ打撃、トレーニングを行っています。 学生監督を中心に部員全員で協力し合いながら活動しています。 年間スケジュール(2020年度) 4月 春季リーグ戦 新入生歓迎フェスティバル 5月 春季リーグ戦 6月 春季入れ替え戦 新人戦 8月 夏合宿 オープン戦 9月 秋季リーグ戦 10月 秋季リーグ戦 11月 秋季入れ替え戦 強化リーグ戦 3月 オープン戦 春合宿 リーグ状況 愛知大学野球連盟には約30の大学が所属し、リーグは1~3部まであります。 当部は現在3部に所属しており、秋季リーグ戦ではプレーオフに進出しリーグ2位という結果でした。

次の

東邦野球部監督が退任 高校と大学の「総監督」に

愛知大学野球部

東邦高校の硬式野球部監督だった森田泰弘氏(60)が1日、名古屋市名東区の同校で退任記者会見を開いた。 新監督には、コーチだった山田祐輔氏(29)が就任。 総監督になる森田氏は「思い切った山田流の野球でいい。 一緒にやってきたこと、学んできたことをやってくれれば」と話した。 森田氏は2004年秋から東邦の指揮を執り、昨春の選抜大会で優勝した。 高校に加え、愛知東邦大学野球部の総監督にも就き、「高校とともに大学でも日本一になりたい」と語った。 山田氏は、08年夏に東邦が甲子園に出場した時の主将で1番・捕手。 北海(南北海道)と対戦した1回戦では一回、初球を中堅右に先頭打者本塁打した。 1977年夏に東邦が甲子園で準優勝した時の主将だった森田氏にとって、この試合が監督として得た夏の甲子園初勝利だった。 立教大でもプレーした山田氏は、一般企業での営業マンを経て、2016年から東邦のコーチに就任。 愛知東邦大で教員免許を取得し、現在は保健体育の教員も務めている。 「(森田氏の野球は)一見豪快に見えるが、裏には細かい考えやプレーがある。 そういったところを引き継いでいきたい」と山田新監督。 「毎年、全国で戦えるチームを作って、野球だけでなく、人としてどれだけ成長できるかというのを大切にしていける野球部にしていきたい」と語った。 (上山浩也).

次の