寿司 妊娠中。 妊娠中に食べれるお寿司のネタは?イカ・サーモン・炙りなどは大丈夫?

妊娠中、うにやいくらを食べてましたか?出産前に美味しいお寿司を食べに行くので…

寿司 妊娠中

欧州で、妊娠10週目の初妊婦です。 悪阻中で、食べたい物もほとんどないけれどお寿司なら毎食でもOKだなぁ・・・と思っていたのに、先週の初回検診で「妊娠中は生の魚なんて絶対に食べてはいけない。 」と言われてショックをうけています。 生ハムやスモークサーモンも駄目だそうです。 でも、何度聞いても理由もはっきり教えてくれなかったし、私としてはどうしても納得できません。 リステリアやトキソプラズマの危険性はもちろんしっていますが、私の持っている日本の出産本には「生牡蠣等の食中毒には注意」と書いてあっても、「生の魚を食べてはいけない」なんて一言も書かれていませんし、外国にだって新鮮なお魚でお寿司を握ってくれる日本料理店は沢山あります。 日本に住んでる妊婦の方は、生の魚介類を食べても良いのに、外国にいる妊婦が食べてはいけない理由ってなんなのでしょうか? 同じような事を言われた妊婦さんは他にもいらっしゃいますか? もしかして私がしらなかっただけで、日本でも妊婦さんは生の魚介類はご法度なのかな・・・と思ったりもしたのですが、インターネット等で調べてもそんな事はどこにも書かれていません。 本当に後7ヶ月間お寿司を我慢しなければいけないのなら、せめて理由がしりたいので、外国にお住まいの方ではっきりと食べてはいけない理由をご存知の方がいらっしゃったら、教えていただけないでしょうか? ただでさえ悪阻で食べたい物がないのに、お寿司を禁止されるとは妊娠前には考えもしませんでした。 もし本当に妊娠中に生ものを食べてはいけないのならば、予定していた日本帰国もキャンセルするつもりです。 日本に帰省しているのに、お寿司も食べられないなんて拷問でしかありませんから・・。 先輩妊婦の方々、もしくは医療関係者の方で私の質問に答えて下さる方はいらっしゃいませんでしょうか? よろしくお願い致します。 ユーザーID: 5923535728 日本で出産しました。 病院でも絶対にダメとは言われませんでしたが、控えるように言われましたよ。 妊娠によって体質が変わっていることもあるし、免疫力が下がっていることもあるからだそうです。 実際、私は妊娠中に生魚をたまに食べてましたが、二回くらい下痢をしました。 一緒に食べた人は大丈夫だったので、食べた物に原因があったわけではないです。 出産後はもっとひどくて、生魚を食べる度にお腹を壊すので、一年くらい食べませんでした。 妊娠中にお腹が痛くなると本当に怖いですよ。 力めないし、このまま陣痛になっちゃったらどうしようと心配になったり。 そんなことはないと思いますが もしや陣痛なのでは?と不安に思ったり。 初めての妊娠だったもので 特に妊娠初期の下痢は危険だと聞いたことがあります。 トピ主さんのすごーくお寿司を食べたい気持ちは伝わってきました。 控えた方がいいとは思いますが、信頼できるお店であたりにくい食材を選んで召し上がってはどうでしょうか? 悪阻早くおさまるといいですね。 赤ちゃんの存在を感じられるようになると我慢も苦痛になりませんよ。 楽しい妊婦生活を過ごして下さい。 ユーザーID: 1064031115• 菌だと思います 私も海外妊婦なので言われました。 魚に限らず、生もの全般に注意した方がいいそうです。 いくら新鮮といっても、菌がくっついている可能性はなきにしもあらず。 特に夏はいろんな菌が横行していて、普通の抵抗力がある人は平気だけれど、妊婦は危険とニュースでもやっていました。 正確に言うと、妊婦が危険なのではなく胎児が危険なんだそうです。 抵抗力も何もありませんから。 もちろん知らずにお寿司をずっと食べてて出産した人もいるし、日本はほとんど禁止されてないようですけど、確率は低くても胎児に危険があるのなら私は避けたいです。 特に海外は魚の扱いも知らないようなバイトさんが寿司を握ってることもあるし、魚屋も日本に比べて生臭いような気がします。 それに私は日本食レストランでバイトしてましたが、日本のように客の回転率がよくないので少し古いけど出しちゃえっていうような店もあったので気をつけてください。 ユーザーID: 0294721130• 生ものだと食中毒が心配なのでは? 欧州在住の臨月妊婦です。 7ヶ月目で日本に一時帰国した際にお医者様から同様のことを言われました。 ただ、お寿司がダメなのではなく、赤マグロ、サメ(日本人で食べる人は少ないと思いますが)といった捕食魚は水銀が蓄積されているので少量でも胎児に良くないからという理由でした。 日本人は刺身を毎日のように食べていると勝手に思われているのでこう言われたのかな?と思って日本滞在中はお寿司、食べましたよ。 マグロのみ他の具に替えてもらいました。 もうすぐ出産ですが今のところ何も問題ないですよ。 でも日本の妊婦本とか読んでもお寿司ダメなんて書いてないんですよね・・・不思議です。 ユーザーID: 7065811100• ゆずぴーさん、ゆぴさん、17週二人目妊婦さん、お返事ありがとうございます。 そうですよね、やっぱり単に精神的な問題ですよね? ゆぴさんに質問なんですが、ゆぴさんも妊娠中一度も生ものは口にされませんでしたか? 私の産婦人科医の場合は自分が生魚を日頃から食べない人なので「あんなもの、普通でも食べる人の気がしれないと思っているのに、妊婦になっても食べたいだなんて有り得ない。 とにかく絶対に駄目!」って事で、私が「そんな事は日本では誰も言わないし、日本人の妊婦に9ヶ月生ものを食べずに過ごせというなら、それなりの理由が欲しい。 」って言っても相手にしてもらえませんでした。 連日「お寿司食べたい!!」って騒いでる私に、夫(外国人)は「じゃあ、食べに行こうよ。 ちょっとぐらい食べたって大丈夫でしょ?日本の妊婦さんは皆、食べてるんでしょ?」っていうけど、実際子供に何かあった時に「だから寿司は食べちゃ駄目って言ったでしょう。 」って、いわれるのも嫌だなぁ・・・と思って、取り合えず今のところ我慢してます。 「駄目って言われたけど食べてた。 」とか「子供の為に我慢して9ヶ月間乗り切った」って方の投稿も募集してます。 ユーザーID: 5923535728• 寿司というより 私はつわりが本格的になる前にお寿司を食べておきたいと、12月にお寿司を食べ食当たりになりました。 トピ主さんと同じく、つわり中お寿司だけは食べることができたという私の母と寿司を食べたのですが、母は大丈夫でした。 嘔吐、下痢、お腹の激痛で三日間苦しみました。 胃腸が痛いのか子宮が痛いのか訳がわからない状態で、痛みの波がくると立ちすくんで動けなくなるほどでした。 今思うと陣痛なみの痛さでしたね。 お腹の子が心配でしたので産婦人科に行きましたが無事でした。 ノロウィルスでしょうと一リットルの点滴をしたんですが、点滴をすると尿意が近くなるんです。 検診待ちの妊婦さんがいる中を点滴をつけたままベッドとトイレの間を数回往復して、すごーくみじめな気持ちになりました。 自分が播いた種なんですが。 無事出産して子供もすくすくと成長して今に至りますが、こんな実例もあるということでどうぞお気を付けください。 ユーザーID: 1002838697• まぐろ・カジキ・タイは注意 生魚というわけではないのですが。 昨年の妊娠期間を、魚がおいしい地方ですごしていました。 まぐろが揚がる場所だったので、とてもおいしかったのですが、 妊婦には食べられる上限があるので、辛かったです。 妊婦・魚で検索してください。 1週間に食べられる量は、にぎりのお寿司とか食べてたらあっという間に超えてしまいます。 下手したら1食で超えてしまいました。 つわりだと、そればっかり食べちゃうと思うので、気を付けてください。 普段はツナやエビのサラダ巻きくらいにした方がいいと思います。 魚は、多くが、日本近海ではなく、世界中の海で取れたのが運ばれてくるので、ヨーロッパでも条件は同じだと思います。 魚がよく取れて、出回る地域だったので、厚生労働省が出している基準より、もっといろんな種類の魚について、だめだという資料を保健所からもらいました。 ユーザーID: 6215107332• 平気で食べてますが・・・ ただいま第2子を妊娠中で、現在3ヶ月です。 私もお寿司は大好物で、最近つわりがおさまってきた事もあり、先日お寿司を食べました。 生ハムやスモークサーモンも駄目なのですか?私は妊娠が判明する直前に両方とも食べちゃってます。 海産物が好きなので・・・。 以前つわり専門サイトを見た事があり、その中で「つわり中に食べられたもの」というランキングがあったのですが、意外にも上位にお寿司がランクインしていました。 酢飯のすっぱさが妊婦さんには受けるようです。 そのサイトには「生魚は絶対に駄目」とは全く書かれていませんでした。 ちなみに生魚は「大量に食べるのはやめた方がいい」という話は聞いた事があります。 理由はトピ主さんが挙げられている理由とほぼ同じです。 でもそれはあくまでも「毎日大量に食べる事」。 たまにお寿司をつまむくらいで大騒ぎするものではないようです。 私は何よりもストレスをためたくないので、食べたいものはあまり我慢しません(それでも勿論体重管理には気を配っています)。 あまり我慢しすぎると却って赤ちゃんのためにも良くないと思いますし、たまに食べる程度なら問題ないと思います。 ユーザーID: 2956123198• たしか・・・ 私は今、19週の妊婦です。 本当にあれもダメ、これもダメってとっても鬱屈した気分になりますよ。 マタニティブルーって他人のせいで起こるんじゃないでしょうかね?タバコなど明らかな毒ならともかくねぇ。。 私は不良妊婦なのでいちいち全部聞く気はありません。 特にお寿司のことは、全然問題ないのではないでしょうか。 私の手持ちの2007年出版の妊娠・出産本には、「つわり中は食べられるものだけ食べるべし」と書いてあって、おすすめの食べ物6種類のうちにおすしが挙げられています(にぎり寿司の写真付き)。 病院で注意されたことはありません。 カツオのたたきなどは鉄分を豊富に含むのでこれもおすすめ食物に入っています。 ただしマグロ系の刺身は水銀関連で控え目の方が良いようです。 「妊婦のくせに生のタンパク質を食べたいだなんて、妊婦失格だ」と言われたような気がして不安で腹が立つ事と思います。 でもきっとこれからそういうことは増えるんですよ〜。 生まれたら生まれたで「赤ちゃんに添い寝しない(する)なんて、信じられない!!」とか。 私はこれから少しずつ心臓に毛を生やそうと思っています。 一緒に頑張りましょう! ユーザーID: 3477593798• 水銀 私も出産したばかりですが、酢飯が食欲をそそるので、 毎週寿司食べてましたよ〜。 ただ、妊娠中は魚の水銀の含有量が多すぎると胎児に影響するので、 ある程度摂ってよい魚に制限があります。 マグロ系は制限多かったので、調べてみてください。 こちらでは病院でそのような指導をうけます。 あとは、やはり欧州ということで、先生も生魚だと衛生状態や鮮度が 気になるんじゃないですか? 下痢などひどいものになったとき、妊娠中は母体管理も難しくなりますから〜。 私も実際ヨーロッパにいた時は、火を通してない魚は当たり外れが 多かったように思います。 ご自宅で酢飯を作り、生魚を避けたお寿司で過ごしてみてはいかがですか? 妊娠期間って意外とあっという間ですよー。 ユーザーID: 8229134079• 細かいことは忘れましたが・・・ 日本において、妊娠時に食べないほうが良いと医者に言われた生もの系は、 生の肉(生ハム、馬刺し等)でした。 たしか、やはり菌だか寄生虫だか、 そういう理由でしたよ。 忘れてしまってすみません(汗) なお、寿司好きの私は、同時に寿司はと聞いたところ、 アレルギーがないのだったらOK(妊娠による体質変化を含む)でした。 魚には、その問題の菌だか何だかはいないとのこと。。。 海外では、やはり魚の流通管理が確実でないため、 生魚は避けたほうがいいという見解だと聞きました。 ただ、他の方も仰っていたとおり、深海魚(金目鯛等)や大型魚(マグロ等)は 水銀の問題があるので、日本の厚生省から摂取を控えるよう指導がありましたよね。 なお私見で申し訳ないですが、水銀といえば貝類も危険ではと思います。 造船業の発達した地域の近くという一定の産地に限定されるので、名前が挙がらないのかもしれませんが、以前環境分析に関連する仕事をしていて、上記の貝類に水銀が蓄積されているというデータをいくつか見てますので、なぜ問題にならないのか不思議です。 貝ばっかり大量に食べることは少ないからかしら? ユーザーID: 0421069799• 魚はあまり得意じゃないのになぜかにぎり寿司ばかり欲しくなって、週2で回転寿司に通ったりスーパーや持ち帰りの寿司店で買って食べてましたよ〜。 この頃のエンゲル係数が恐ろしい事になりました。 妊娠経過に問題はなく、予定日1週間後に標準的な赤ちゃんを産みました。 アレルギーもなく元気です。 なぜ生魚がだめなのかよくわかりませんが、妊娠中に寿司を食べまくった妊婦はここにいます(笑) 海外っていうのはあまり関係ないのでは・・・ 日本の寿司だって世界中の魚が使われてるし。 ユーザーID: 1522707572• 農水省のメチル水銀摂取のガイドライン お寿司ではなく生魚に問題があるのだと思います。 数年前にTVでも話題になりましたが、農水省が発表している妊婦に対するメチル水銀摂取のガイドラインをご覧になりましたか? これに関しては賛否両論はあるようですが、現実的に生まれてくる子供にわずかでも問題が生じる可能性があるならばできるだけ避けたい食べ物だと思います。 決して精神的なものや迷信とは言い切れないものだと思います。 ただ絶対禁止ではなく、一定量を守ってくださいというのがガイドラインの内容なので、少量であればと判断することは可能だと思います。 農水省のHPへ行って検索すると生魚や貝類に関するものがみれますので是非参考になさってください。 ユーザーID: 3249752173• いちおう、こんなのが イカに付いているアニサキスという寄生虫が流産を引き起こす恐れが あるから、金目鯛は他の皆さんも言われている水銀の含有量への懸念 でしょうね。 その他に妊娠中禁忌な食べ物、香り(アロマオイル)など 自分で色々調べて「もしも」の危険回避に私は必死な9ヶ月間を過ごして ましたよ。 100%安全なお産はないので、悲しい事態が起こってしまった 時、どうしても自分を責めてしまいますからね…。 子供の為、自分の為 そう言い聞かせて乗り切りました。 でも禁忌だからカケラも口にしてはいけないという事でもないらしい です。 コーヒー・紅茶も、飲めない事へのストレスが返って胎児に障る 様なら、1日1杯と量を決めて飲めば大丈夫、と教わりました。 お寿司も 信用の置ける店(外国の寿司産業がどうなのか分かりまねますが)で 生ものは少量、火を通したものを適量といった食事は如何でしょう。 母子共に健やかなマタニティーライフを送れます様に。 ユーザーID: 2565311217.

次の

妊婦はうなぎやレバーに要注意!食べ過ぎるとどんなリスクがあるの?

寿司 妊娠中

リステリア菌は川の水の中や動物の腸の中など、広い環境に生息している菌です。 感染経路はリステリア菌が付着した食品を食べることによります。 海外ではナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモンなどを原因とした集団食中毒が報告されており、国内でも件数は少ないものの乳製品や食肉加工品などから検出されています。 低温や塩分にも強い菌で、感染すると下痢や嘔吐などの胃腸炎症状や発熱、悪寒、筋肉痛などのインフルエンザのような症状が出ることも。 妊娠中に感染すると流産や早産の原因となることもあり、また新生児にも髄膜炎を引き起こすなどの可能性があります。 厚生労働省の発表では「冷蔵庫に長期間保存され加熱せずにそのまま食べられる食品は原因となり得るため注意が必要」 とされています。 アニサキス症により胃カメラが必要になることも アニサキスとは寄生虫の一種です。 その幼虫の見た目は白い太い糸の様で長さは2〜3cmほど。 サバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類の内臓表面に寄生していることがあります。 アニサキスが付着した魚介類が死亡すると、幼虫は内臓から筋肉に移動します。 アニサキス幼虫が寄生した生魚を食べて数時間後に激しいお腹の痛み、気持ち悪さが現れるのがアニサキス症です。 じんましんや咳、息苦しさなどのアニサキスアレルギーといった症状が出ることもあります。 アニサキスに対しての治療法は主に内視鏡で取り出すこと。 つまり胃カメラで直接つまんで取り出すことが必要となります。 妊娠中に胃カメラができないわけではありません。 ただし、産婦人科と消化器内科の医師が勤務する施設に限られます。 魚に含まれる水銀の胎児への影響 一部の大型の魚の中には水銀が含まれているものも 水銀は地球上に多く存在しているものです。 日頃私たちが摂取する水銀の多くはメチル水銀といって、魚介類を食べることで体の中に入っています。 ただ全ての魚介類が水銀を多く含んでいるわけではありません。 食物連鎖の上位にいる大型の寿命の長い魚に関しては、妊娠中、食べ過ぎることのない様にその量や頻度など注意を促されています。 メチル水銀は食品とともに摂取したあと、腸から吸収され、血液に入り全身に移動します。 一部は尿や便として体の外に出ますが、一部は脳や脊髄に影響することが知られています。 妊娠中に注意が促されている理由としては、胎盤を通じて胎児へと移行し影響が出る可能性があるためです。 胎児の脳は成長し発達していく時期にあり、この時期に過剰なメチル水銀を摂取すると発達に影響を与える可能性があります。 あるとしても社会生活に大きな影響を与えるものではないとされているため、毎日、水銀が多いとされている魚を異常に食べ過ぎない限りは大きな影響はないといわれています。 また授乳中、母乳からの乳児の水銀摂取量は低いとされています。 水銀を多く含む魚の例 「なんだか面倒だし魚は食べなくても……」と、これまでの情報を見ると不安になってしまいますよね。 しかし、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ツナ缶、サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオといった魚は水銀に関して特には注意が必要ではないとされています。 しっかり加熱すれば妊婦さんが摂取するメリットはたくさんあります。 過度に魚を取り除く必要はありません。 例えば、魚には良質なタンパク質が多く含まれています。 そして、魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、胎児の脳の発育に重要な栄養素とされています。 また悪玉コレステロール値(LDL)を低下させ、脳梗塞や心筋梗塞などの予防にもよいとされています。 一部の魚に含まれるビタミンAの摂りすぎに注意 ビタミンAを摂り過ぎると?.

次の

【医師監修】妊娠中お寿司は食べてもいいの?妊娠中にお寿司を控えた方が良い理由とは

寿司 妊娠中

妊婦はくら寿司で食べても大丈夫? 妊娠初期にくら寿司へ 妊娠6週目の者です。 くら寿司に行こうと考えてます 参考出典: 何食べても大丈夫ですよ。 1つの物を異常なまでに食べちゃ駄目ですけど。 多分水銀の心配されてるんだと思いますが、まぐろだって大丈夫です。 ただ妊娠中は胃が弱かったりするから流れてるお寿司じゃなくて、注文してでてくるお寿司がいいかもです。 参考出典: こちらの体験談例のように妊娠中にくら寿司で食べることは可能です。 ネタに注意 「お寿司に注意」とひとくくりにするのではなく、お寿司の中でも「妊娠中の妊婦さんが食べて良いネタ・注意すべきネタ」が分かれます。 注意すべきネタ、なぜ妊娠中に注意すべきなのか?を理解しておくことで妊婦さんでもくら寿司を楽しむことができます。 妊婦さんが妊娠中のお寿司を注意したい理由 体重に影響・糖質管理 お寿司の酢飯に使われるすし酢には砂糖が含まれており、同じ量でも普通のごはんと比べて糖質が増えます。 そのため、普段通りの量を食べてしまうと太る原因となるので意識して食べる量を制限する必要があります。 「」でもお伝えしているように、妊娠中の体重増加は妊娠高血圧症候群や難産の原因となるため、妊娠中の体重管理にはご注意ください 塩分に注意|妊娠高血圧症候群予防 酢飯には塩分も含まれます。 その上、お寿司ではお醤油をつけて食べるために塩分摂取量が増えやすくなります。 塩分の大量摂取は栄養が偏るだけでなく、妊娠高血圧症候群になる可能性があるため塩分控えめを心がけてください。 疫力の低下と食中毒の危険 生の魚介類にはノロウイルス・リステリア・腸炎ビブリオなどの食中毒を引き起こす細菌が潜んでいる可能性があり、普通なら問題ないものでも妊娠中は免疫力が下がるため食中毒が起こる危険があります。 特に妊婦さんや高齢者の方は健康な成人のおよそ20倍も食中毒にかかりやすいといわれているほどです。 妊婦さんの食中毒 妊娠中の食中毒は嘔吐・下痢などの症状からお腹の赤ちゃんの発育に影響することがあり、最悪の場合、流産を引き起こすことも。 中でもリステリア菌は厚生労働省により胎盤や胎児への感染・流産などの影響が指摘されています。 妊娠初期の流産は、ほとんどが胎児の染色体異常(赤ちゃん側の理由)によるものといわれますが、ママが食中毒になった場合は胎児への感染が原因になる可能性もあります。 また、流産の危険が比較的少ないとされる15週目以降の安定期であっても食中毒による流産がないとは言いきれません。 特に妊婦さんの場合、体調が悪くなっても服用できる薬も限られるため、妊娠中の体調管理は注意が必要です。 生魚による水銀の影響 魚介類の中には自然界に存在するメチル水銀が多く含まれているものがあります。 本来であればメチル水銀は摂取しても体外に排出されるので特に問題ありませんが、胎児には水銀を排出する機能がまだ備わっていません。 そのため、妊婦さんが体に多くの水銀が取り込んだ場合、お腹の赤ちゃんは神経障害や発達障害を起こす危険があります。 メチル水銀を多く含む魚介類 マグロ・金目鯛・メカジキなど大型の魚は小さい魚を食すことで体内の水銀蓄積量が多くなるためメチル水銀を多く含みます。 そのため、これら大型の魚は厚生労働省により1週間の上限摂取量が定められています。 一方、サケ・タイ・アジ・サバ・サンマ・イワシ・キハダ・ビンガナ・カツオ・ブリなどの比較的小さな魚は水銀の含有量が少ないので、普段通り食べても問題ないと考えられています。 (回転寿司でもよく見かけるネタですね。 ) 参考出典: 参考出典: 寄生虫対策 お寿司には万が一に寄生虫が含まれる危険があります。 妊娠中は妊娠2か月~出産直前までの間はお腹の赤ちゃんへの影響を考え薬の投薬ができないため処置ができません。 そのため、寄生虫への対処がむずかしく、ママ自身が食中毒症状で苦しんだり、最悪の場合流産にも影響することがあります。 食べる前に知っておきたい妊娠中に食べていいネタと注意したいネタ 食べていい寿司ネタ 上記でもお伝えしたように、サケ・タイ・アジ・サバ・サンマ・イワシ・キハダ・ビンガナ・カツオ・ブリなどの比較的小さな魚は水銀の含有量が少ないので、厚生労働省からも食べても問題ないと発表されています。 ですが、水銀量が全くないわけではないので大丈夫といっても過剰に食べ過ぎないようにご注意ください。 参考出典: 注意したい寿司ネタ(1)|水銀値が比較的高いネタ 水銀値が高い魚の1週間の上限摂取量はおよそ80gほど。 これは、お刺身一人前・切り身一切れ程度の分量です。 こうした魚を食べる場合、妊娠中は1週間に1回、少量食べるだけにとどめてください。 [水銀値が比較的高い主な大型魚]• 魚卵(イクラなど) 塩分が多く含まれるため食べ過ぎに注意。 特に妊娠高血圧症候群をお持ちの方、またはその危険があると診断された方はご注意ください。 お寿司が食べたい!という妊婦さんへ向けたアドバイス・注意点 厚生労働省からのお知らせをチェック 厚生労働省が発行する「これからママになるあなたへ」には妊娠中に注意すべきお魚について解説があります。 参考資料: お寿司はもちろん、お魚を食べる際は予め一読することをおすすめします。 水銀の含有量が多い魚は摂取の上限量を守る 水銀の含有量が多い大型の魚は1週間の上限量を超えて食べてはいけません。 新鮮なもの・鮮度の良いものを食べる お寿司をはじめとした生の魚介類が食べるときは必ず鮮度の良いものを選んでください。 もちろん、どれほど新鮮でも食中毒の危険が0になるわけではないので生で食べる際はできるだけ少量にとどめてください。 魚は生より炙りネタ(加熱する) できれば生食を避けたいですが、どうしてもの場合は炙りネタがおすすめ。 特に、サケ・カツオ・アジ・サバ・サンマ・イカなどに寄生するアニキサスは新鮮であっても潜んでいます。 目視でわかる大きさなので寿司ネタに潜んでいる可能性はほとんどありませんが100%とは言い切れません。 なお、炙りでも完全に火が通っているわけではないネタもあるので、その場合はできれば控えてください。 ガリ(ショウガ)・わさびを意識的に食べる ガリ(ショウガ)やわさびには、ある程度の抗菌作用や冷え防止作用があるため、お寿司を食べる際は併せて食べてください。 くら寿司で食べるときのおすすめメニュー• その他 らーめん・うどん類、スイーツ類、から揚げ、各種味噌汁 くら寿司以外のおすすめ回転寿司チェーン 妊娠初期です… 今日、お祝い事があって スシローさんのお寿司を取り、食べました。 久しぶりのお寿司とあって 結構食べました。 参 考出典: スシローも妊娠中に食べに行くことが多い回転ずしチェーン。 ほかにもかっぱ寿司もおすすめです。 特定回転ずしチェーン店に固執する必要はないので、お住いの最寄りにあるいずれかのお店を利用すれば良いでしょう。 妊娠発覚前に知らずに食べ過ぎてしまった場合 特に注意すべきは妊娠16週目以降の胎盤が完成するころ。 胎盤が完成していない妊娠初期段階では水銀がお腹の赤ちゃんに運ばれることは稀ですので、妊婦さん自身の食中毒にだけ注意しておけば安心です。 周囲の人にも伝えておこう 周りの方もあなたの状況を理解していないと、悪気なくお寿司を誘ってしまうことがあるため、自分が妊婦であること・妊婦だからこそお寿司を食べることにデリケートな時期であること、をあらかじめ周囲に伝えておきましょう。 まとめ 妊娠中の10ヶ月は長いようであっという間。 お腹の赤ちゃんが健やかに成長して無事の出産を迎えるためにも、妊娠中のお寿司の食べ方にご注意いただき、お伝えした摂取しても大丈夫なお魚を選んで食べるようにしてくださいね。 妊娠中の体づくりから無事の出産を目指す! 無事の出産を目指す妊婦さんなら、妊娠中の体づくりとして毎日必要な栄養補給が欠かせません。 詳しくは「」もぜひあわせてご参考になさってくださいね。

次の