データ 入力 規則 解除。 データの入力規則の使い方:エクセル2010基本講座

Excelで入力規制(入力制限)の 解除をする方法!【画像解説】

データ 入力 規則 解除

Excel で文字を入力すると「この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません」というエラーが出て入力できません。 どうしてですか? 何かしらのデータの入力規則が適用されています。 入力したいセルを選択状態にして、「データ」タブの「入力規則」をクリックし「入力規則…」」を選択します。 「データの入力規則」ダイアログが開きます。 「設定」タブの「許可」が「すべての値」以外になっていると入力できる文字に何かしらの制限がかかっています。 下の図の場合は、1 から 30 までの整数以外は入力できないようになっています。 参考「(Microsoft サポート)」 「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。 をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。 是非ご検討ください。 この内容は問題解決に役立ちましたか? 記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。 「」の関連記事• (2020年1月 7日掲載)• (2020年1月 7日掲載)• (2020年1月 7日掲載)• (2019年12月26日掲載)• (2020年1月 7日掲載)• (2020年1月 7日掲載)• (2020年1月 7日掲載)• (2019年12月26日掲載) 本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。 また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。 本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。 「Too クリエイターズFAQ」内を検索 (総記事数:1589件)• 株式会社Tooは、デザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社です。

次の

Excelで入力規制(入力制限)の 解除をする方法!【画像解説】

データ 入力 規則 解除

Excelで文字入力ができない場合の対処法 Excelで文字入力ができない場合は、「データの入力規則」や「シートの保護」の設定を確認していきます。 「データの入力規則」の確認の手順 セルB3の数値を「65. 5」に変更しようとすると、「この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。 」というエラーメッセージが表示され、数値の入力ができません。 このような場合は、「データ」タブから「データの入力規則」を選択し、「データの入力規則」のダイアログボックスを表示させます。 「入力値の種類」に整数、「最小値」に10、「最大値」に50が入力されています。 入力値が整数であり、更に、最小値が10、最大値が50になっているため、65. 6は、設定された入力規則に該当する数字ではないため、入力できなかったという訳です。 ここで、「入力値の種類」をすべての値に変更し、「OK」を押します。 すると、セルB1に「65. 5」と値を入力することができました。 「シートの保護」の確認の手順 セルA4の文字を「にんにく」に変更しようとすると、「変更しようとしているセルやグラフは保護されているシート上にあります。 変更するには、シートの保護を解除してください。 パスワードの入力が必要な場合もあります。 」というエラーメッセージが表示され、文字入力ができません。 このような場合は、「校閲」タブから「シートの保護の解除」をクリックします。 すると、セルA4に「にんにく」と文字入力ができるようになりました。 文字の漢字変換やカナ変換ができない場合の対処法 Excelで、文字の漢字変換やカナ変換がうまくできない場合は、Microsoft IMEの辞書の修復やMicrosoft IMEの日本語の再インストールを行っていく方法があります。 Microsoft IMEの辞書の修復の手順 文字変換がうまくいかない場合に、Microsoft IMEの辞書の修復を行うことで、IMEに入っている学習情報やユーザー辞書などが修復され、変換ができるようになる場合があります。 1 タスクバーにあるIMEアイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択します。 2 「Microsoft IMEの設定」のダイアログボックスが表示されたら、「詳細設定」をクリックします。 Microsoft IMEの日本語を再インストールする手順 辞書の修復を行っても、現状が改善しない場合は、Microsoft IMEの日本語を一度削除して、再インストールしてみます。 1 「スタート」から「設定」をクリックします。 2 「Windowsの設定」のダイアログボックスが表示されたら、「時刻と言語」を選択します。 3 左側にある「言語」を選択します。 5 同様の方法で、今度は、日本語を追加し、インストールすれば、完了。 一度、サインアウトをし、再び、サインインをして設定から日本語が再インストールされているかを確認しましょう。 上付き文字、コメント挿入ができない場合の対処法 上付き文字やコメント挿入ができない場合は、「フォントの設定」や「シートの保護」、「Excelのオプション」などの設定を確認していきます。 上付き文字が挿入できない場合の「フォントの設定」の確認の手順 上付き文字の挿入は、「フォントの設定」にある「上付き文字」にチェックが入っている必要があるため、「フォントの設定」の確認をしていきます。 1 「ホーム」タブにある「フォント」の右下にある「フォントの設定」をクリックします。 2 「フォントの設定」のダイアログボックスが表示されたら、「文字飾り」の中にある「上付き文字」のチェックボックスにチェックが入っているかを確認します。 チェックが入っていなければ、チェックを入れ、「OK」を押します。 コメントの挿入ができない場合の各設定の確認手順 1 まずは、2つ以上のシートが選択されていないかどうかを確認します。 2つ以上のシートが選択され、アクティブ状態になっていると、コメント挿入はできなくなります。 2 「校閲」タブから「シートの保護」を確認します。 「シートの保護」をされている状態になっていると、コメントの挿入ができなくなります。 「シートの保護」がされていた場合は、「シートの保護」を解除します。 しかし、「シートの保護」がされていても、「オブジェクトの編集」のチェックボックスにチェックがある場合は、コメントの挿入ができます。 3 「ホーム」タブから「Excelのオプション」の確認をします。 「Excelのオプション」から「詳細設定」を選択し、「インジケーターのみ。 ただし、ポイント時にコメントを表示」にチェックが入っているかどうかを確認します。 コメントの挿入をしたい場合は、チェックが入っていなければならないため、入っていない場合には、チェックを入れます。 オートコンプリートができない場合の対処法 オートコンプリートとは、下のように文字を入力すると、入力履歴から候補が出てきて、そのまま候補を選択することで入力ができる機能です。 オートコンプリートができない場合は、「Excelのオプション」の設定を確認していきます。 オートコンプリートができない場合の「Excelのオプション」の確認の手順 1 「ファイル」から「オプション」を選択し、「Excelのオプション」のダイアログボックスを表示させます。 2 「詳細設定」から「オートコンプリートを使用する」にチェックが入っているかどうかを確認し、チェックが入っていない場合は、チェックを入れて、「OK」を押します。 まとめ ここで解説をした文字などの入力や変換ができない場合の対処法は、ぜひとも覚えておきたいものです。 皆さんも対処法を覚え、普段のExcelの作業に活用していきましょう。 (学生の窓口編集部).

次の

Excelで入力規制(入力制限)の 解除をする方法!【画像解説】

データ 入力 規則 解除

リスト項目を作り、名前を定義する リスト項目用にシートを追加し、リスト(1)とリスト(2)に表示させる選択肢を下図のような表にまとめて作成しました。 リスト(1)はドロップダウンリストで最初に選択する 「メニュー」のリスト項目になります。 リスト(1)の 「軽食」「デザート」「ドリンク」のセル範囲(B2:D2)を選択して「名前ボックス」にリスト名を入力します。 表から簡単に名前を定義できる 次の リスト(2)は、「メニュー」で選んだリスト項目ごとに表示させるドロップダウンリストの選択肢になります。 リスト(2)も、名前を定義しますが、これは一括で行えます。 表全体(B2:D5)を選択します。 「数式」タブの「定義された名前」グループにある「 選択範囲から作成」をクリック。 表示されたボックスの「 上端行」にチェックを入れて「OK」します。 この時点でリスト(1)とリスト(2)の名前が全て定義されました。 リスト(3)はそれぞれ別表を作る必要があります。 「軽食」配下のリスト項目 「デザート」配下のリスト項目 「ドリンク」配下のリスト項目 リスト(2)に並ぶ選択肢の名称とリスト(3)各表の「上端行」セルの名称は完全に一致させましょう。 後の操作は、前章「表から簡単に名前を定義できる」と同じです。 この操作の詳細は、以下の記事を参照して下さい。 INDIRECT関数で連動させる さて、ここからがこのページの重要ポイントです。 「B2」セルで「軽食・デザート・ドリンク」の3つの選択肢から一つを選んで入力した場合、「C2」セルでは「B2」セルで選ばれた文字列に紐付くリスト(2)をドロップダウンで表示させる設定をします。 「C2」セルを選択し、 先ほどの「B2」セルの時と同様に「データの入力規則」ダイアログボックスを開き、「設定」の「入力値の種類」を「リスト」にします。 セル参照はすぐに計算され、結果としてセルの内容が表示されます。 試しに、B2セルのリストで「軽食」を選び、C2セルのドロップダウンリストに「パスタ・サンドイッチ・グラタン」が表示されるか確認しておきましょう。 これも「C2セルの内容を参照してD2セルに反映させる」ということです。 B2セルのリストで「軽食」を、C2セルのリストで「サンドイッチ」を選んで、D2セルに「玉子・ツナ・ハム」が表示されるか確認しておきます。 データの入力規則をオートフィルでコピー 3つのセルに連動したドロップダウンリストがちゃんと表示されることを確認したら、入力した文字列は一旦削除しておきます。

次の