ライセンス キー 確認。 Windows7のプロダクトキーの確認方法!ライセンス認証方法も解説!

【Windows10】現在利用しているプロダクトキーを確認する方法(コマンド) ≫ 使い方・方法まとめサイト

ライセンス キー 確認

「Windowsを再インストールしようとしたら、プロダクトキーが見つからない!」 購入したパソコンだとパソコン本体にWindowsのライセンスシールが貼られており、そこにプロダクトキーも記載されています。 また、自作でWindowsメディアからインストールした場合でも、パッケージに封入されているので、別にプロダクトキーなんて確認しないで大丈夫と思うかもしれませんが、シールだって剥がれることはありますし、パッケージもなくすこともあります。 また、他人から譲り受けたり、中古で購入したものなどはそもそもプロダクトキーがわからないことって多いですよね。 そうなると再インストールの時に認証できなくなり、また購入するはめになります。 なので今回はたった10秒でプロダクトキーを確認する方法をご紹介します。 プロダクトキーとプロダクトIDの違い Windowsにはプロダクトキーの他にプロダクトIDというのがあります。 プロダクトIDは「設定」の「システム」>「バージョン情報」で確認できます。 で、よくプロダクトキーをプロダクトIDと勘違いされている方が多いのですが、これは別物です。 プロダクトキーはwindowsの認証に必要なものですが、プロダクトIDはインストールして割り当てられる固有の番号で、製品の識別として用いられます。 なんにせよ、プロダクトIDがわかってもライセンス認証はできません。 プロダクトキーを調べる方法 簡単にプロダクトキーを調べられる「Windows Product Key Viewer」というソフトを使用します。 このソフトはインストールする必要がないので、なにかと便利です。 ダウンロードサイトの「Click here to download Windows Product Key Viewer v1. 」をクリックします。 「Compressed. ZIP File 」をクリックしてダウンロードします。 「Donate」と書かれているのは、良ければ寄付してねってことなので、よほどお金に余裕がある時以外は無視してOKです。 「winproductkey. zip」というファイルがダウンロードされますので、解凍します。 解凍したフォルダにある「winproductkey. exe」をクリックして起動すると、すぐにプロダクトキーと登録情報が表示されます。 10秒もかかりませんね。 ちなみに、ボリュームライセンスの場合は取得できないようです。 左上にあるフロッピーのアイコンをクリックするとテキストファイルで情報を保存できます。 テキストファイルを印刷して、どこかに保管しておくと安心です。 このソフトは簡単にプロダクトキーを入手できますので、決して悪用はしないでください。 まとめ 今回は「Windowsのプロダクトキーを10秒で確認する方法」をご紹介しました。 最近はヤフオクやメルカリで中古を購入する人も多いと思いますが、そんな時はプロダクトキーがわからないことが多いと思うので、この方法で確認して保存しておきましょう。 この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

Windows10でライセンス認証されているか確認する方法

ライセンス キー 確認

対象:Windows 7/Windows 8/Windows 8. 1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016 以前はベンダーから購入したPCにプリインストールされたWindows OSの「プロダクトキー」(「CDキー」とも呼ばれる)の情報が底面などにシールで貼られていた。 それを見ればプロダクトキーが分かるようになっていたが、最近ではこうしたシールが貼られなくなっている(Windows 8以降、ベンダー製PCではプロダクトキーがBIOSに組み込まれるようになっており、シールが貼られなくなってきている)。 ThinkPad X200sの底面に貼られていたプロダクトキーのシール このPCはプリインストールがWindows Vistaであったため、Windows Vistaのプロダクトキーが書かれたシールが貼られていた。 Windows 8以前はこのようにPCにプロダクトキーが書かれたシールが貼られているのが一般的だった。 また、MicrosoftストアからWindows OSを購入したような場合(デジタルコピーを入手した場合)、プロダクトキーは購入後に届く確認メールに記載されているが、こうしたメールはなくしがちだ。 Windows OSの市販パッケージを購入してインストールしたり、MSDNサブスクリプションなどで導入したりした場合は、プロダクトキーが分からなくなることも多い。 このようにプロダクトキーが分からない場合、不具合が発生してWindows OSをクリーンインストールしたり、テスト環境の再構築が必要になったりすると、別のプロダクトキーを使うことになり、無駄にライセンスを消費してしまうことになりかねない(Windows 10では「デジタルライセンス」となっており、クリーンインストールの際でもプロダクトキーを必要としないこともある)。 Windows 10の[システム]画面 デスクトップ上の[PC]アイコンを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択すると、[システム]画面を開くことができる。 Windows Meまでは、レジストリにプロダクトキーがそのまま記録されていたため、レジストリエディターで簡単に調べられた。 しかしWindows 2000以降、プロダクトキーはレジストリに記録されなくなり、Windows OSの標準ツールでも調べられなくなっている。 ちなみに、単純に使用しているプロダクトキーの重複を確認したいだけならば、Tech TIPS「」で紹介しているように、コマンドプロンプトを開いて「slmgr -dli」「slmgr -dlv」というコマンドラインを実行して、プロダクトキーの最後の5桁を確認すればよい(キー全体の値は分からない)。

次の

シリアル番号を確認する方法 : サポート : FUJI XEROX

ライセンス キー 確認

対象:Windows 7/Windows 8/Windows 8. 1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016 以前はベンダーから購入したPCにプリインストールされたWindows OSの「プロダクトキー」(「CDキー」とも呼ばれる)の情報が底面などにシールで貼られていた。 それを見ればプロダクトキーが分かるようになっていたが、最近ではこうしたシールが貼られなくなっている(Windows 8以降、ベンダー製PCではプロダクトキーがBIOSに組み込まれるようになっており、シールが貼られなくなってきている)。 ThinkPad X200sの底面に貼られていたプロダクトキーのシール このPCはプリインストールがWindows Vistaであったため、Windows Vistaのプロダクトキーが書かれたシールが貼られていた。 Windows 8以前はこのようにPCにプロダクトキーが書かれたシールが貼られているのが一般的だった。 また、MicrosoftストアからWindows OSを購入したような場合(デジタルコピーを入手した場合)、プロダクトキーは購入後に届く確認メールに記載されているが、こうしたメールはなくしがちだ。 Windows OSの市販パッケージを購入してインストールしたり、MSDNサブスクリプションなどで導入したりした場合は、プロダクトキーが分からなくなることも多い。 このようにプロダクトキーが分からない場合、不具合が発生してWindows OSをクリーンインストールしたり、テスト環境の再構築が必要になったりすると、別のプロダクトキーを使うことになり、無駄にライセンスを消費してしまうことになりかねない(Windows 10では「デジタルライセンス」となっており、クリーンインストールの際でもプロダクトキーを必要としないこともある)。 Windows 10の[システム]画面 デスクトップ上の[PC]アイコンを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択すると、[システム]画面を開くことができる。 Windows Meまでは、レジストリにプロダクトキーがそのまま記録されていたため、レジストリエディターで簡単に調べられた。 しかしWindows 2000以降、プロダクトキーはレジストリに記録されなくなり、Windows OSの標準ツールでも調べられなくなっている。 ちなみに、単純に使用しているプロダクトキーの重複を確認したいだけならば、Tech TIPS「」で紹介しているように、コマンドプロンプトを開いて「slmgr -dli」「slmgr -dlv」というコマンドラインを実行して、プロダクトキーの最後の5桁を確認すればよい(キー全体の値は分からない)。

次の