バレンタイン 意味 あげるもの。 バレンタインにチョコ以外の食べ物の意味?プレゼントやお菓子以外ってあり?

バレンタインデーにあげるものの意味は考えるべき?クッキーや手作りの主旨は?

バレンタイン 意味 あげるもの

バレンタインにあげるもの意味に違いがある!? 日本では、バレンタインにはチョコレートを渡すのが定番となっていますよね。 でも、渡す相手がチョコが苦手だったり、甘いものが好きじゃなかったり、 または、遠方にいて送らないといけないからなど、 様々な理由で チョコ以外のお菓子を選んで渡している女性も多いようです。 しかし、バレンタインにあげるものには意味があるようなんです。 相手がお菓子の意味に違いがあることを知っていたとしたら、 もしかしたら貰ってがっかりしているなんてこともあるかも知れませんよ。 とはいえ、渡す 相手が喜んでくれるもの、 あなたが あげたいと思うものを選ぶのが一番だと思いますので、 「あげるものには、種類によってこんな意味があるらしい」 という程度に読んでもらえたらいいなと思います。 バレンタインにチョコ以外の意味は? バレンタインに、チョコ以外であげるお菓子と言えば何が思い浮かびますか? クッキーやキャンディー、マカロンなどでしょうか。 それぞれのお菓子には意味があります。 どんな意味があるのかを見ていきましょう。 チョコ以外のお菓子の意味 クッキー クッキーには 「友達」という意味があるようです。 クッキーの軽いサクサク感が、友人関係をイメージしているとか、 手軽に大量に作れるからなのだそうですよ。 つまり、クッキーを渡すということは 「これからも友達でいてね」 という意味になってしまう可能性があるので、 本命にクッキーをあげるのは避けた方が良さそうですね。 クッキーが持つ「友達」という意味は、海外でも同じ意味で捉えられていますし、 日本でも比較的多くの人が知っているようです。 知っている人が多いものだからこそ、気をつけたいですね。 キャンディー キャンディーには 「あなたのことが好き」という意味があるそうです。 キャンディーは長く口の中に留まり、ずっと甘く美味しい状態が続くことから、 愛をイメージしているのだそうですよ。 バレンタインデーに、女性からキャンディーを渡せば、 意味を知っている男性なら ドキッ!として、意識してくれるかも!? ただ、ホワイトデーに、男性からのお返しとしてもらうキャンディーは、 ホワイトデーの定番お菓子なので意味を知らなで渡している可能性もありそうです。 口の中での溶けるような感覚や甘さが安心を表していて、 それでも口の中に長く存在しているということから、このような意味になったとか。 飴のような、はっきりとした「好き」とは少し違い、 キャラメルは、「安心感」や「存在感」をイメージしているようですね。 夫婦や恋人にもぴったりですが、付き合う前のカップルにもおすすめです。 マカロン マカロンは、「あなたは 特別な存在です」という意味を持っています。 マカロンは、他のお菓子に比べると 比較的最近になって有名になったお菓子ですね。 マカロンには高級感のあるお菓子のイメージがあり、 これが「特別な存在」という意味に繋がるのだそうですよ。 「特別な存在」って、もらう側からしたら、かなり嬉しい意味合いですよね。 恋愛関係の相手でなくても、 親友などに渡しても喜ばれそうです。 が、バレンタインに親友に渡すとなると、 相手に勘違いされる危険もありますので、 「友人として大切な存在だよ」という手紙や言葉を添える必要はあるかも知れないですね。 スポンサーリンク マシュマロ マシュマロには、「あなたのことが 嫌い」という意味があるそうです。 いやー、驚きですよね! マシュマロは、アメとともにホワイトデーの定番お菓子と言われているのに。 かくいう私も、昔ホワイトデーにお返しでもらったことあります。 ん~ややこしいお菓子です。 チョコ入りのマシュマロであっても、 「嫌い」と勘違いされてしまっては悲しいですので、 バレンタインにマシュマロをあげるのは避けた方が良さそうですね。 でも、嫌いな人にわざわざお菓子をプレゼントなんてしないから、 よほどのことがない限り勘違いはされないと思いますが。 バレンタインのチョコの意味と種類 チョコ以外のお菓子の意味をご紹介してきました。 ではチョコには意味はあるのかというと、 実は、チョコやチョコレートを使ったお菓子類には、 感情を表すような意味はないようです。 ただ、「 頂いた気持ちを返します」といった意味を持っているため、 世界中にチョコを贈りあうという習慣があるのです。 しいて言えば、チョコには「感謝」の意味がありそうですね。 バレンタインチョコの種類 バレンタインにあげるチョコの種類について 簡単に見ていきましょう。 本命チョコ バレンタインにチョコをあげる元々の意味である、 大好きな相手にあげるチョコのことですね。 ただ、バレンタインにチョコレートをあげるのは日本独自の文化ですし、 バレンタインは女性から男性にあげるイベントだというのも日本の文化です。 海外ではプレゼントやお花を、男性から女性にあげる日なんですよ。 手作りチョコや、少し高級なチョコであったり、 手紙などが添えてあると、本命チョコであることが伝わりやすいですね。 もちろん、渡す時に告白して気持ちを伝えれば、 確実に本命チョコであることが伝わります。 義理チョコ 恋愛感情のない相手にあげるチョコのことです。 義理チョコには、友情の意味だけでなく、 会社などで、義務的にあげるものもあります。 お父さんや兄弟にあげるチョコも、 愛情ではあるけど恋愛感情ではないので義理チョコに該当するのかもしれません。 義理チョコをあげる際には、 相手に「好意がある」と 勘違いされないよう、渡し方などに注意しましょう。 特に会社などでは、変な噂やトラブルになる可能性もあるので、 他の女性たちと一緒に配るなど、「特別感」が出ないように気をつけると良いですよ。 絶対にダメなのは、周りに人がいない場所で渡すことです。 確実に勘違いされてしまいますよ。 また、ひと目で「義理チョコ」と分かるチョコを渡すのも良いですね。 友チョコ 友チョコは主に女性同士であげあうチョコのことです。 異性間での友人でも、「義理チョコ」とは言わず「友チョコ」と言う場合もあります。 「義理=仕方なくあげる」というイメージが強く、 友チョコの方が、親密感があるからかもしれないですね。 友情の証として渡しあう光景を見たことがありますが、 最近では会社でもほとんど見かけなくなりました。 逆チョコ 日本ではバレンタインは女性から男性にチョコをあげるイベントですが、 逆に、 男性から女性にあげるチョコのことを逆チョコと言うそうです。 これは、男性から女性への「本命チョコ」とも言えそうですね。 ただ、海外での生活が長い人だったり、外国人の場合は バレンタインに男性からプレゼントを渡すのが一般的なため、 友人としてプレゼントしただけかもしれません。 絶対に本命だと言いきれないのも、もどかしい感じがしますね。 自分チョコ 自分が食べるためのチョコのことです。 バレンタインには、高級なチョコや期間限定のおしゃれなチョコがたくさんあるので、 自分のために買って食べる人が、めちゃくちゃ増えています。 ただ、バレンタインには、 これらの意味を知らないで選んでいる人や、気にしない人も多くいます。 ですので、バレンタインに何を上げるべきか、 あげるものの意味ばかりに気を取られてしまわなくても大丈夫です。 相手に誤解を招きそうだと感じるのであれば、 念のための知識として頭に入れておき、 渡す際に気持ちを伝えたり、 メッセージカードを添えるなどで相手も誤解しないで済むでしょう。 バレンタインのお菓子に込められた意味を知ると、 お菓子を渡す以外の、バレンタインデーの新しい楽しみ方が見つかるかも!?ですね。

次の

バレンタインスイーツは意味を持つ?!あげるものにご注意!

バレンタイン 意味 あげるもの

バレンタインチョコに渡すお菓子の意味とは? 2月の一大イベントといえば、2月14日のバレンタインデーですね。 バレンタインデーは世界各国でも、愛を誓う日とされています。 日本では主に女子から男子にチョコレートをあげるという風習がありますね。 最近では、友チョコといって同性のお友達同士でもお菓子を渡し合うようになり、バレンタインも毎年進化を続けています。 今では、デパートなどでもクリスマスが終わると、チョコレートを筆頭にバレンタイン用にマカロンやキャンディなど様々なお菓子が並び、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。 実はあまり知られていませんが、実は渡すお菓子によってそれぞれ意味合いがあるのです! 今年も誰かにチョコを上げようと思っている人必見の、それぞれのお菓子に隠された意味をご紹介します。 バレンタインチョコに『生チョコ』を渡す意味 生チョコは人気が高く、渡したい人も多いかと思います。 一番気になる生チョコの意味ですが、実はチョコレートには特に意味はありません。 バレンタインと言えば、チョコレートというくらいスタンダードなものだからでしょうか。 意味がないだけに、渡す人を選ばないのでチョコレートを選ぶと間違いないですね。 バレンタインチョコに『トリュフ』を渡す意味 チョコレートは種類問わず全般意味を持ちませんので、トリュフも生チョコ同様に特別な意味はありません。 見た目もコロコロと可愛く手作りしやすいため、手作り派の人に人気ですよね。 バレンタインチョコに『クッキー』を渡す意味 クッキーには、「友達でいたい」という意味があります。 クッキーはさくさくしていて乾いているため、ドライでフレンドリーな関係でいたいという意味合いになるようです。 また、チョコレートに比べて手間がかからずたくさん作れるから、という説もあります。 ドーナツの穴は英語で「hole」、これを発音が同じ「whole」とかけて「I like you a hole bunch. 」 あなたが好き という意味合いになるようです。 日本にはありませんがX(エックス)の形のドーナツがあり、これを丸型のドーナツと組み合わせると 「XOXO」(ハグ、キス)の意味にもなります。 帰国子女の彼や、海外住まいの人にドーナツを贈ると喜ばれるかもしれません。 日本でもドーナツは「和」で調和や仲良しのイメージを連想させるため、学校や職場で配ったりしても良いですね。 バレンタインチョコに『キャラメル』を渡す意味 キャラメルには、「安心できる存在」という意味があります。 キャラメルは口の中に入れると、とろけるような食感ですがきちんと口の中に残り存在感があるためこのような意味になると言われています。 少し古風な親しみのあるお菓子ですので、兄弟や親、親友などいつも一緒にいて安心できる存在の人に渡してみてはいかがでしょうか。 バレンタインチョコに『マシュマロ』を渡す意味 マシュマロには「あなたが嫌い」、チョコマシュマロには「純白の愛で包む」という意味があります。 マシュマロは食べるとすぐにふわっと溶けてなくなってしまうので、その程度の関係でいたいという意味合いになります。 ただし、チョコが入っているマシュマロだと「純白の愛で包む」というまったく逆の意味になります。 かつてはホワイトデーに本命の子にはチョコ入りのマシュマロを返すのが流行った時もありました。 相手から貰ったチョコレートのお返しに、ふわふわとした優しさでチョコレートを包んでお返しする、というメッセージが込められています。 バレンタインチョコに『マカロン』を渡す意味 マカロンは、「あなたは特別な人」という意味があります。 マカロンは高級感があり特別感を演出できます。 最近では販売しているお店も増えてきましたが、スーパーなどで手軽に手に入るものではなく、お値段も高いイメージがあるので本命向きですね。 せっかく渡すからには、喜んでほしいと思いますよね。 ですが、 SNSなどで男性の意見を調べてみると圧倒的に多かったのが、「女の子から貰えるのであれば何でも嬉しい!」という意見でした。 また、意見が分かれていたのが 購入派と 手作り派です。 妻や子供、彼女などある程度関係値が固まっている場合は、手作りが嬉しいという意見が多く、逆に義理チョコや友達からの手作りは少し抵抗があるという人もいました。 ひとくちでパクっと食べられて、手作りでも簡単に美味しく作れるので安心だし間違いないという意見が多かったです。 甘いものがたくさん食べられない男性にも、トリュフであれば量も限られていてひと口ずつ食べられるというので人気でした。 ラッピングで可愛くアレンジ出来るのもポイント高いですね。 口の中でとろけるので、硬いチョコより食べやすいですよね。 また、手作りの生チョコも人気でしたが、市販の高級生チョコや人気の高い生チョコをバレンタインでもらってからチョコに目覚めたという人もいましたよ。 3位 マカロン 甘いもの好きな男性は、マカロンが嬉しかったという意見が多かったです。 複数からバレンタインをもらっている人も、チョコレートが多い中でマカロンをもらってその人が印象に残ったという人もいました。 これは狙い目のプレゼントかもしれませんね。 なかなか男性はマカロンを自分で購入して食べる機会がないようですし、マカロンは見た目にも鮮やかで可愛らしく女性から貰ったという事でさらにテンションが上がるようです。 また高級感やオシャレなイメージがあるため、本命なの!?とドキドキしてしまうようですよ。 モテる男性に渡すには他の人と差をつけて一歩リードするためにも、マカロンを選ぶと好印象かもしれません。 4位 ブラウニー ケーキや焼き菓子好きな男子には、ブラウニーが人気でした。 洋酒が入っているようなものは大人の男性に人気ですし、ドライフルーツが入っているものも美味しいと評判です。 手作りでもブラウニーをもらうことが多いようで、トリュフのように丸めたりしない分、潔癖気味の男性でも抵抗なく受け取れるようです。 5位 クッキー チョコレートが苦手な人にはクッキーが人気でした。 市販の物でも様々な種類のクッキーが出ていますし、手作りでも渡す相手によって甘さやを調整して渡せるので良いですね。 アイシングクッキーも人気で、さりげなくLOVEとかハートとかのデザインを入れると受け取った男性はメロメロになること間違いなしです。 物心ついた頃から、親と一緒にチョコを買いに行ったり、お家で手作りして男の子に渡していた人も多いのではないでしょうか。 昔は好きな人にチョコを渡すために、ドキドキしながら学校に持って行って下駄箱や机に手紙と共に入れておいたり、友達に呼び出してもらって渡したり・・甘酸っぱい思い出がたくさん溢れています。 男の子もバレンタインでもらうチョコの数がモテ指数になっていて、何個もらったかを自慢し合ったりしていた人も多いのでは。 今ではお菓子の種類もたくさんあって選ぶのに悩んでしまいますが、男の子はバレンタインに女の子から何か貰えるだけで、ものすごく嬉しいもの。 クールに装っていても、心の中ではガッツポーズ間違いないです。

次の

バレンタインデーにあげるものの意味は考えるべき?クッキーや手作りの主旨は?

バレンタイン 意味 あげるもの

ほどよい高級感や特別感のある物が買える• 相手に負担をかけない金額である ということでした。 本命だから味が美味しくて、見た目も特別感のあるものが良いし、だからと言って、高級過ぎると金銭的に厳しい・・・ 相手にもお返しはどうしようと・・・と負担をかけてしまうことになりますよね。 それを踏まえた上で考えると 「2,000円~3,000円」という金額が、ベストでしょう。 ちなみに本命にチョコレートを渡す場合、大半の方が、 「チョコ+メッセージカード 手紙 」 を渡しているようです。 渡す日にちやタイミングの記事でご紹介しましたが、 記事はこちら。 (笑) メッセージカードが入っていないと、「?」のまま終わってしまう場合もあるので、メッセージカードは 必須です! 後でメールやLINEを送るのも良いですが、一番気持ちが伝わるのは、やはり 直筆の手紙です。 どうしても恥ずかしければ、 「よかったら食べてね。 」 の一言でもOKなので、必ずメッセージカードを添えるようにしましょう。 メッセージカードの他にも、 「チョコ+ご飯に誘う」という意見もありました! 軽いノリでランチやディナーに誘って、食事中にサラッと「そういえば・・・」と渡したり、帰りに渡したりという方法で、チョコレートを渡しているようです。 スポンサーリンク バレンタインの相場 義理チョコは? それでは 義理チョコや友チョコはどうなのでしょうか? 義理チョコの相場としては、 「500円~1000円以内」 が一般的です。 学生の場合、男子への義理チョコは 100円以内の駄菓子 ブラック〇ンダーなど という声も! 本命とはえらい差です・・・(笑) 本命にお金を使うし、義理は個数も多いので、安く済ませる方がほとんどですね。 手作りで大量に作れるクッキーなどを作って、小分けにラッピングして渡したり、チロルチョコなど安い駄菓子を詰め合わせて渡す。 というケースが多いようです。 社会人になると会社の同僚や上司に渡す方も多いと思いますが、その場合の相場も 「1000円以内」 となっています。 義理チョコにはなるべく安く済ませる!というのが一般的ですね。 義理なんてそんなもんです。 笑 まとめ.

次の