ジュンク 堂 難波。 店舗の採用情報一覧

『日本国紀』百田尚樹に決定的に欠落している認識

ジュンク 堂 難波

百田尚樹氏が『日本国紀』込めたメッセージは何か? 百田尚樹の「通史」『日本国紀』 幻冬舎 では引用史料を一切示されず、歴史書の体をなしていないこと、そして叙述自体のいくつかの箇所がウィキペディアのコピーであることの批判が、ネット上で飛び交っている。 だが、で書いたように百田自身が実証的な歴史書ではなく壮大な物語であると宣言している『日本国紀』が実際にベストセラー化している今、むしろ重要なのは百田がこの本にどんなメッセージを込めようとしているか、ではないだろうか? 百田の書きたかったのが、後半4割強を使った明治維新以降の近現代史観であることは間違いない。 そこには、百田の思想が、前面に出てきている。 「一説によると」と、諸説から自分の考えに合うものをピックアップするのではなく、自説を高らかに表明している。 それは、天皇への敬慕と天皇制の強い支持、「大東亜戦争」肯定論、反共、反新聞である。 日本が満州の開拓に本格的に乗り出したのも、欧米のブロック経済の煽りを受けたせいだった。 後に「大東亜共栄圏」を構想するが、その目的もアジアに「円ブロック」を築こうというものだったのだ。 p352、引用は第4刷。 以下同様 日本政府の無為無策では南満州鉄道や入植者を守れないと判断した関東軍は、昭和六 一九三一 年九月、奉天 現在の瀋陽 郊外の柳条湖で、南満州鉄道の線路を爆破し、これを中国軍の仕業であるとして、満州の治安を守るという名目で軍事行動を起こした。 p358 第二次上海事変は中華民国の各地に飛び火し、やがて全国的な戦闘となった。 ただ、日本が戦闘を行なったのは、そもそもは自国民に対する暴挙への対抗のためであって、中華民国を侵略する意図はなかった。 p367 日本の中国「進出」は、あくまで西洋列強の経済封鎖への対抗策であり、アジア侵略の意図は無かったと言い切っている。 韓国併合も然り。 日本が清と戦った一番大きな理由は、朝鮮を独立させるためだったのだ。 朝鮮が清の属国である限り、近代化は難しかったからである。 統監の伊藤博文自身が併合には反対の立場を取っていた。 p326 繰り返すが、韓国併合は武力を用いて行なわれたものでもなければ、大韓帝国政府の意向を無視して強引に行なわれたものでもない。 p327 そして、言う。 日本は国際連盟規約に、「人種差別をしない」という文章を入れることを提起する。 これ以前に、国際会議の席上で、人種差別撤廃をはっきりと主張した国はない。 これは人類の歴史上、画期的なことであった。 P340 「大東亜戦争」は、アジアを蔑視し植民地化した西洋列強からアジアを解放する「正義の戦争」であり、残念ながら日本は負けてしまったが、戦中に西洋を追い出した奮戦が、アジア人に自信を与え、脱植民地ー独立へと導いたと言うのである。 インドのネルー首相は十六歳の時、〔日露戦争での〕日本の勝利を聞き、「自分たちだって決意と努力しだいではやれない筈がないと思うようになった。 そのことが今日に至るまで私の一生をインド独立に捧げさせることになったのだ」と語っているし、ビルマ 現在のミャンマー の初代首相のバー・モウは「日本の勝利は我々に新しい誇りを与えてくれた。 歴史的に見れば、日本の勝利は、アジアの目覚めの出発点と呼べるものであった」と語っている。 P 321、〔〕内引用者 東南アジアの諸国民は、欧米列強による長い植民地支配によって「アジア人は白人に絶対に勝てない」と思い込んでいた。 その認識を覆したのが、日本人だった。 無敵の強者と思われていた白人をアジアから駆逐する日本軍を見て、彼らは自信と勇気を得たのだ。 p445.

次の

店舗営業状況(6月22日現在)

ジュンク 堂 難波

最終更新日時:2019年9月6日 14:48 投稿日時:2019年9月3日 22:58 カテゴリー: 自分の備忘録として… 最近、本屋巡りをするのが一つの楽しみであるkiimiです。 池袋、大きいですね。 近々行ってみようかとおもいます…• MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 2,062坪• ジュンク堂 福岡店 2,060坪• ジュンク堂 池袋本店 2,000坪• MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店 1,800坪• 八重洲ブックセンター本店 1,800坪• 丸善 丸の内本店 1,750坪• ジュンク堂 新潟店 1,615坪• ジュンク堂 三宮店 1,500坪• ジュンク堂 那覇店 1,500坪• ジュンク堂 大阪本店 1,480坪• 紀伊國屋書店 新宿本店 1,450坪• ジュンク堂 難波店 1,400坪• ジュンク堂 広島駅前店 1,220坪• ジュンク堂 ロフト名古屋店 1,200坪• 丸善 多摩センター店 1,140坪• MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 1,100坪• ジュンク堂 吉祥寺店 1,100坪• ブックファースト 新宿店 1,090坪• 紀伊國屋書店 グランフロント大阪店 1,060坪• ジュンク堂 旭川店 1,050坪• 丸善 松本店 1,050坪• 三省堂書店 神保町本店 1,000坪• 三省堂書店 池袋本店 1,000坪• 丸善 ラゾーナ川崎店 1,000坪•

次の

大阪ミナミの「ジュンク堂書店」千日前店が21日に閉店 「座り読み」の先駆けとして約20年(1/2ページ)

ジュンク 堂 難波

紀伊國屋書店 新宿本店(撮影=編集部) 東京では5本の指に入る大型書店、 紀伊國屋書店の新宿南店(1245坪)が事実上閉店する。 7月末をめどに1~6階の売り場のうち、6階の洋書売り場を残してすべて閉店するという。 5月13日付朝日新聞が報じた。 筆者が新宿南店閉店の話を聞いたのは、昨年11月。 ある出版社幹部が「確かな筋からの話。 理由は家賃が高くて契約を更新できないから」と耳打ちした。 「確かに、2012年3月末に ジュンク堂書店新宿店が撤退したことで、専門書の需要が南店で高まっていました。 ちょうどその年の2月下旬くらいに紀伊國屋は出版社を集めて、新宿本店と南店のリニューアルを発表しました。 南店は3階にタリーズコーヒー(20坪)を設置するのと同時に、イベントスペース『ふらっとすぽっと』を設けました。 ほかにも2階や6階にイベントのフリースペースを設けて、出会いの場としての書店を演出していました。 3階や6階のイベントスペースなどではとてもお世話になったのですが、ジュンク堂書店が撤退しても店舗経営は芳しくなかったようですね。 黒字になった年はあまりなかったそうです。 特に家賃が高く、近年は売上も落ちていたようですから、相当厳しい状況だったと思われます」 別の出版社の営業担当者も語る。 「20年の東京オリンピック開催が決まったのが13年9月。 翌年、新宿南店は和書と洋書を販売していた6階を、14年5月にすべて洋書売り場にすると発表しました。 東京オリンピックに向けて、海外からの訪日客が増えることを見越しての施策だと言っていました。 その意味合いから、6階の売り場は残したのでしょう。 もともと新宿には新宿本店という紀伊國屋の本丸があります。 1996年にオープンした時、なぜこんな近距離で大型店を出店するのか、新宿本店と食い合うのではないか、と出版社は疑問に思っていました。 おそらく本丸がある『新宿』で、他の大手書店に大型店は出店させないという陣取り合戦だったように思います。 その翌年、97年にはジュンク堂書店が池袋に1000坪で大型店を出店しました。 2000年以降は紀伊國屋やジュンク堂書店、TSUTAYAなどが競って大型店を出店し始めたと思います」 総売り場面積拡大でも売上減 また、ほかの出版社幹部は、紀伊國屋の厳しい経営環境について次のように明かす。

次の