口腔 内 血腫。 歯科口腔外科

口の血豆の原因や治し方。病院は何科へ行けば良い?

口腔 内 血腫

口内炎では、通常、血豆は出来ません。 血豆が出来るのは、睡眠中に上下の歯牙によって噛まれたものと思われます。 睡眠中でなくても、食事中、会話中等でも誤って噛んでしまう事があります。 原発性口内炎には次のようなものがあります。 カタル性口内炎 潰瘍性口内炎 壊疽性口内炎(水癌を含む) アフタ性口内炎 アフタまたはアフタ様病変は、 臨床形態的に楕円形の偽膜性小潰瘍で、潰瘍の周辺には炎症性発赤(紅暈)・浮腫を伴うもの 本症は疾患名とは言えず、症状名と理解されており、原因も多種多様です。 また、口腔粘膜にアフタ様病変を現す全身性疾患には次のようなものがあります。 Behcet病 Reiter病 周期性好中球減少症 Crohn病 Felty症候群 口腔内の炎症病変はすべて口内炎であるといえますが、 通常、口内炎といえば再発性アフタを指すことが多いようです。 原 因 ウイルス、細菌、食物、アレルギー、消化器疾患、ホルモン、精神的ストレス、免疫学的異常などの要因が 現在に至るまで検討されていますが、 現在でも明確な原因は証明されていません。 そのうちもっとも有力な説は、免疫機構の関与についてのものです。 これは全身系統的な自己免疫疾患というより、 食物その他のアレルギーなどの原因で変性した粘膜抗原による局所的な反応とみる説が強い様です。 細菌については病巣よりの菌の分離、さらに同菌を用いての皮内反応の増強をみており、 また菌と口腔粘膜抗原に対する細胞性および液性免疫を検討し、 本疾患が細菌と自己免疫の協同作用に基づく可能性を示唆しています。 栄養上で、鉄、ビタミンB12、folic acidなどの欠乏の関与も検討されていますが、 直接の原因ではなく、むしろ二次的な促進因子の可能性があるとみられています。 このような因子には他にも外傷、内分泌系、ストレス、異物、喫煙、食物などが関与していると考えられています。 参考 <菊地・吉木 新病理学、 上田・竹内 内科学、 その他>.

次の

口の中、ホホのあたりにいきなり血豆みたいなのが・・・。

口腔 内 血腫

[PROFILE] 安原歯科医院 院長 日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医 友達の口の中を見ましたら、右ほほの裏側にビックリするほど大きいできものができていました。 一体なんでしょうか? はじめまして。 友達の口の中を見ましたら、右ほほの裏側にビックリするほど大きいできものができていました。 彼女の話だと4. 5年前からたまにできるそうで中身は血だそうです。 大きさは大体小指の第一関節くらいです。 表面はつるんとしていて中央に黒い血の様な丸いしみがありました。 下にも内出血のような青紫色のしみがありました。 胃の調子が悪い時やアルコールを飲んだときにでる確立が高いようなのですが、一体なんでしょうか? 教えて下さい。 宜しくお願い致します。 安原歯科医院の安原豊人です。 診察してみないとはっきりしたことはわかりませんが、口腔内の血腫や血管腫(咬筋勃起性血管腫)などの可能性があります。 血腫 血豆)ならそのうち消失したり、咬傷により再び出現したりすることが考えられます。 自分で頬をかんだり、歯磨きの際に先をぶつけたりして、頬に小さな血腫ができることがあります。 また、噛み合わせが悪いことが原因で、歯ぎしりや食事の時に、また睡眠時に無意識に口の中を噛む事により、血まめ(血腫)が出来る事があります。 通常はそのまま放置しても、口内炎のようになってそのうちに治癒することが、ほとんどです。 ただ、頻繁に血腫が生じる場合、「特発性血小板減少性紫班病」や「再生不良性貧血」などの血液疾患で生じる口 腔内症状の可能性が無いとは言い切れません。 特に数カ所にわたり、何回か繰り返すとなると、血小板、血液凝固因子、血管の異常など疾患である事もあります。 症状がつづくようでしたら、血液内科、歯科口腔外科で、口腔やのどの状態のほかに、血小板を含め血液凝固に関する精密検査を受けられることをお勧めいたします。 咬筋勃起性血管腫は、非常に珍しいものです。 咬筋などの血管腫では、安静時にはほとんど腫脹を示さず、咬合時や情緒高揚時などに明瞭な腫脹をきたすもので、(erectile hemangioma とよばれます。 治療法は、外科的切除が確実です。 機能的、審美的観点から分割切除が考慮されることもあります。 他には、冷凍外科によるもの。 梱包療法といって、血管腫への輸入血管を結紮し組織の繊維化をはかるもの。 輸入血管塞栓法などもあるがあまり行われてはいないようです。 一度口腔外科を受診されることをお勧めいたします。 スーパーカウンセラー・安原歯科医院紹介 山陽電鉄「林崎松江海岸駅」より徒歩6分! 院長・安原豊人(日本口腔外科学会認定口腔外科専門医) 副院長・安原美香 日本矯正歯科学会認定医 医師・丸屋 敬太郎 医療法人社団 瑞歯会 安原歯科医院 〒673-0033 兵庫県 明石市林崎町2-1-10 TEL. 078-926-3511 TEL. もし、 歯やあごの疑問やお悩みがある方、歯並びが気になる方、咬み合わせなどでお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください。 日本口腔外科学会認定口腔外科専門医 安原豊人が回答します。 必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。 予めご了承の上、投稿ください。 ご投稿頂きました個人情報は、守秘義務上外部に一切漏れることはございません。

次の

口腔外科 口腔内のできもの|ヤナセ歯科医院 埼玉県朝霞市

口腔 内 血腫

口腔内の黒い病変 口の中の粘膜に黒くなった部分がある、あるいはそれを見つけたという場合、以下の解説を参考にしてください。 口腔粘膜の色素沈着には、内因性のものと外因性のものがあり、内因性の主なものはメラニン色素の沈着、血液ヘモグロビン由来の色素沈着です。 外因性の色素沈着は通常、職業上あるいは薬剤や嗜好品の形で局所的ないしは全身的に取り込まれた物質が原因となります。 重金属による色素沈着は、歯科補綴に用いられる金属でも生じるので、歯科医師にとって日常臨床で比較的多く遭遇する外因性色素沈着になります。 その他にも、過去に薬剤として投与された亜鉛、水銀、また職業性に慢性に接触して吸収された鉛、水銀、銀などが歯肉など慢性炎症のある部位にとりこまれ、着色したものが外因性の色素沈着に含まれます。 内因性の色素沈着でメラニンに起因するものでは、粘膜上皮の基底層にメラニン色素が多いときには、その量によって黒色から褐色を呈し、粘膜固有層にもメラニン顆粒があれば、灰褐色となり、さらに、深部の粘膜固有層の深部または粘膜下層に大量に存在するときは青みをおびます。 限局性の色素沈着は点状ないし斑状を呈し、色素性母斑や太田母斑といわれるものです。 これらの色素斑は一般に幼少期から認められるもので、後天的に生じる場合は、粘膜の炎症後に色素沈着が起こることが多いといわれています。 多発性の色素沈着の場合は、全身疾患随伴症状として出現し、Addison病、Peutz-Jeghers症候群、Recklinghausen病などの鑑別が必要になります。 異常着色のなかで注意すべきは悪性黒色腫で、口腔内では比較的稀なものですが、きわめて悪性の経過を示し、増殖が速く、遠隔転移を起こしやすいので予後不良です。 初期のものは限局性の色素性母斑との鑑別が困難なこともあります。 同様に、悪性腫瘍に関連して発生する黒色の病変としては、黒色表皮腫があるとされていますが、悪性黒色腫を約10例ほど経験した私でも黒色表皮腫は未だ経験おらず、日常臨床で遭遇することは極めてまれと考えられます。 【色素沈着を主徴とする疾患】• 内因性 び漫性メラニン色素沈着・生理的色素沈着 歯肉、口唇、口蓋、頬粘膜に生理的にメラニンが沈着することがしばしばおこります。 また加齢とともに粘膜でも皮膚と同様に色素沈着の傾向は強まります。 びまん性であるのが特徴で特に処置の必要はありません。 色素性母斑 メラニン色素産生細胞の過誤腫 ある組織や細胞の構成細胞が過剰に増殖して腫瘤をつくることがあります。 構成が異常である細胞群が特別に増殖し、腫瘤を形成したもの 的な増殖によるものです。 いわゆる「ほくろ」で、悪性黒色腫・血管腫との鑑別が必要です。 処置:摘出が望ましい。 とくに口腔内の色素性母斑は、悪性化を考えて摘出する場合もあります。 【全身疾患と関連して口腔内に黒色病変を認めるもの】• アジソン病 副腎皮質の慢性機能不全により皮膚、粘膜の色素沈着をきたす希な疾患です。 原病の治療と、副腎皮質ホルモン製剤等の投与とともに、栄養の改善を図ります。 必要があれば口腔内病変を切除します。 ポイツージェガース症候群 手、足、口腔粘膜の多発性色素斑と、胃腸にポリープを生じるまれな優性遺伝性疾患です。 口唇に色素斑を認めるようになります。 基本的には放置してもよいですが、審美的要求の強いときには脱色などを試みます。 【外因性の色素沈着】• 重金属による色素沈着• 過去に薬剤として投与された亜鉛、水銀、また職業性に慢性に接触して吸収された鉛、水銀、銀などが歯肉など慢性炎症のある部位にとりこまれ、着色したものです。 【悪性病変】• 悪性黒色腫 発現年齢は50歳以降に多く、性差はありません。 硬口蓋と上顎歯肉に多く発生しますが、下顎歯肉、頬粘膜などにも生じます。 黒褐色に着色した種瘤で、種々の大きさや形を形成しますが、着色が明らかでない無色素性悪性黒色腫もあります。 その場合にはサテライト病変として腫瘤の周囲に黒色病変をも認めることがあります。 リンパ行性あるいは血行性の転移が多く、予後は極めて悪いものです。 治療は化学療法なども補助的療法も踏まえて、リンパ節の郭清を含めた外科手術が主ですが、予後は良いとは言えません。 黒色表皮腫 黒褐色の色素斑と乳頭状増殖を特徴とする疾患です。 原因は悪性腫瘍 胃がん 、内分泌異常 下垂体腫瘍、アジソン症候群、糖尿病 、肥満、遺伝が関与すると考えられています。 原因となる疾患を除去すると、粘膜症状の多くは軽快ないし消失するので特に処置の必要はありません。

次の