ご理解いただけますと幸いです。 「何卒ご理解」という言葉の正しい意味と使い方

ご検討いただければ幸いですの意味は?類語や英語・ビジネスメール例も

ご理解いただけますと幸いです

「ご理解」の意味 「ご理解」は「内容を飲み込む」という意味 「ご理解」とは「内容を飲み込む」や「相手の立場をよく知ること」という意味の言葉です。 「ご理解」は「理解」に、丁寧な表現をする際に使われる接頭語の「御(ご)」を加えた敬語表現であるため、目上の人へ使うことができます。 「ご理解」の類語とその違い 「ご理解」の類語 「ご理解」の類語には「ご了承(りょうしょう)」や「ご容赦(ようしゃ)」が当てはまります。 類語ではあるものの使えるシーンは異なるため注意が必要です。 「ご理解」と「ご了承」の違い 「ご理解」は相手に意味や内容を飲み込んでもらう際に使うと説明しましたが、「ご了承」は相手に意味や内容を飲み込み、受け入れてほしいという意味を持つ言葉で、これから起こる未来の事柄を対象に使われます。 「ご理解」と「ご容赦」の違い もう1つの類語「ご容赦」は、起きてしまった出来事に対して理解を求める際に使われ、「大目に見てほしい」「許してほしい」という意味で使われます。 「ご理解」「ご了承」「ご容赦」はそれぞれ「意味や内容を飲み込む」という意味ではありますが、状況によって使い分ける必要があるので注意してください。 ビジネスにおける「ご理解」の使い方と注意点 「ご理解ください」は使う際に注意 目上の相手に理解を求める際に使われる「ご理解ください」という言葉ですが、相手によっては不快感を表す人もいるため注意が必要です。 「ご理解ください」という言葉自体は敬語表現であり、表現として間違いはありません。 しかし「ください」という言葉が命令形であるため目上に対して相応しくないと捉える人もいます。 個人の捉え方によるものですので、間違いであると断定はできませんが使わない方が無難でしょう。 命令形以外を使って理解を求める際は「ご理解賜わりますようお願い申し上げます」や「ご理解いただきますようお願い申し上げます」と言い換えることができます。 「の程」を付けて丁寧な表現に 相手に理解を求める際は「ご理解の程よろしくお願い致します」となります。 腕曲表現である「の程」を付けることで文章が和らぎ、丁寧な印象を相手に与えることができます。 理解することを強く願う際は「何卒」を使う 相手に対し強く願う際に使われる「何卒」を使うことで、相手に理解を強く求める文章となります。 「何卒ご理解いただきますようよろしくお願い致します」や、更に丁寧に表現したい場合は「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」と使ってください。 理解と協力を求める際は「ご理解ご協力」 目上の相手に理解だけでなく協力も求める際は「ご理解ご協力いただきますようお願い致します」となります。 ビジネスメールや文書にて相手に理解と協力を願う際、文末に使うことで丁寧な印象を与えます。 他にも、理解と了承を求める際の「ご理解とご了承の程よろしくお願い致します」や、理解と援助を求める際の「ご理解の上お力添えいただきますようよろしくお願い致します」など、理解に加えて求めるものがあった際の言い回し方は多く存在します。 状況に合わせて使ってください。 理解への感謝を表す「ご理解いただきありがとうございます」 相手が意味や内容を飲み込んでくれた際はしっかりと感謝の言葉を表すことがマナーと言えます。 「ご理解いただきありがとうございます」や「ご理解いただきましたこと感謝申し上げます」と感謝の気持ちを伝えてください。 ビジネスメールでの「ご理解」を使った例文 「ご理解のほどよろしくお願い致します」を使った例文 理解を丁寧に求める際に「ご理解のほどよろしくお願い致します」と使うことができます。 例えばメールの返信に時間がかかることを相手に理解してもらう場合は「ご返事が遅れる場合がありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します」となります。 「ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」を使った例文 相手に理解してもらうことに加えて許しを請う際に「ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」が使えます。 お問い合わせに対応することはできませんが、ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます」となります。 まとめ 「ご理解」とは意味や内容を飲み込むという意味があり、目上の相手へ使える敬語表現です。 「ご了承」や「ご容赦」など似た意味を持つ言葉はありますが、それぞれ状況によって使い分ける必要があるため注意してください。 また、命令形など使い方によっては相手を不快にさせることもあります。 正しい使い方で会話をスムーズに進めましょう。

次の

「何卒ご理解」の例文・使い方・ご容赦との違い|ビジネス/賜り

ご理解いただけますと幸いです

「幸いに存じます」という言葉を使っている人がいたとしたら、どのような印象を受けますか。 間違いなく良い印象を受けるのではないでしょうか。 精錬された言葉のイメージもありますし、深い敬意が示されているフレーズのような気もします。 しかし、イメージだけで言葉について理解しているだけでは、その言葉を自分の会話の中に取り入れることは難しいということができるでしょう。 なぜ、そのように言うことができるのでしょうか。 なぜなら、正確な意味に精通していなければ、ある特定の言葉を使おうと感じたとしても、不安や恐れからその言葉を使わなくなってしまうからです。 では「幸いに存じます」という言葉を普段の会話の中で使うために、まずは正確に意味について理解するようにしましょう。 意味について理解することができたのであれば、その後、例文についても調べることができます。 「幸いに存じます」の意味 国語辞書などで「幸いに存じます」というフレーズの意味について調べてみると「そうしてもらうと助かる、嬉しく思う」という意味があることを確認することができます。 かなり理解のしやすい意味が「幸いに存じます」というフレーズに含まれていると言えるのではないでしょうか。 そのため「幸いに存じます」は多くの人に愛用されているフレーズですし、この言葉を聞くことに慣れている人がいるのも事実です。 では、特定の分野において「幸いに存じます」という言葉はどのように使われているのでしょうか。 分野ごとに意味が異なってくる場合があるので、それぞれの分野ごとに「幸いに存じます」について調べるのは非常に重要なことです。 ビジネス ビジネスの場面では取引先の人と会話をしなければならない場面が訪れることでしょう。 そのような状況に遭遇したとしても「幸いに存じます」という言葉を上手に使うことができます。 取引先の人が親切な人であるがゆえに、自分に対して敬意を示してくれたり、特別な取り計らいをしてくれたとします。 そのような取り計らいは自分の会社にとっても利益になるので、相手に対して深い感謝の思いを伝えなければなりません。 どのようなフレーズを使うことができますか。 こんな時に活躍してくれるのが「幸いに存じます」です。 このフレーズを言うだけで、自分が嬉しく感じていることを相手に伝えることが可能になります。 相手としても理解しやすいフレーズになりますので、迷うことなく安心して使うことのできる便利な表現ということができるでしょう。 メール 「幸いに存じます」という言葉には、相手に対する深い敬意が含まれていますので、正しい敬語として使うことが可能です。 もちろん、目上の人や取引先の人と会話をしているのであれば「幸いに存じます」ということによって、自分が嬉しく感じていることを敬意を込めながら伝えることができます。 しかし、会社の部下と話しているのであれば他の言葉を選択する必要があるでしょう。 なぜなら「幸いに存じます」という言葉を部下に対して使うのであれば、部下を見上げていることになってしまうからです。 もちろん、部下を大切にするのは大事なことです。 それでも、部下に対して、あまりにも敬意を示しすぎた言葉を使うのであれば、一緒に働いている同僚たちは違和感を覚えることでしょう。 あくまで「幸いに存じます」は目上の人に対して使う言葉である、という点を忘れないようにしましょう。 「幸いに存じます」の例文とは? 「幸いに存じます」という言葉を自分の会話の中に取り入れるために必要なのは、この証言が使われている例文を覚えることです。 そのようにすることによって、今まで「幸いに存じます」というフレーズを使うことができていなかったとしても、すぐに覚えた例文を自分の会話の中に取り入れることができるようになります。 では、具体的に「幸いに存じます」というフレーズを使ったどのような例文があるのでしょうか。 詳しく紹介します。 してくださり幸いに存じます 「してくださり幸いに存じます」というフレーズも非常に実用的ということができます。 このフレーズは、どのような場面で使うことができるのでしょうか。 例えば、職場の上司が社長があなたに対して好意を示してくださったとします。 しかも、何かのプレゼントを送ってくれました。 当然そのことに対して感謝を示したいと感じるのではないでしょうか。 そんな時に「ご好意を示してくださり幸いに存じます」という文章を作成することができます。 そして、この文章をプレゼントを送ってくれた上司に対して直接言うことによって、深い感謝の気持ちを示すことができます。 他の言葉でも感謝を示すことは可能ですが「してくださり幸いに存じます」という表現を使うのであれば、あらたまった形で相手に感謝を示すことができるので、相手側からしても「プレゼント送ってよかった」という気持ちになることでしょう。 してくださると幸いに存じます かなり似ている表現になりますが「してくださると幸いに存じます」というフレーズも非常に実用的です。 このフレーズは、相手に何かを依頼したい時に使うことのできる表現になります。 例えば、取引先の人に対して資料を読むように依頼したいと考えているとしましょう。 直接的な仕方で「資料を読んでください」というフレーズを使ってしまうと、相手を苛立たせてしまう可能性があります。 取引をスムーズに運ぶためにもそのような事態を避けることが大切です。 そのため「この資料に目を通してくださると幸いに存じます」という表現を使うこともできます。 印象が異なる かなり、相手に与える印象が異なると言えるのではないでしょうか。 命令をしているのではなくて、資料を読んでくれたら自分は嬉しく感じます、と自分の感情を伝えているに過ぎないからです。 優しい依頼を目上の人に対してしたいのであれば「してくださると幸いに存じます」というフレーズを使うことができるでしょう。 そのようにして、不必要なトラブルを回避することができます。 「幸いに存じます」の類語や言い換え方とは? 「幸いに存じます」という言葉は非常に魅力的なフレーズですが、何度も自分の会話の中で使いすぎると、違和感を覚える人がいるのも事実です。 そのため「幸いに存じます」とほとんど同じ意味ででもあったとしても、他のフレーズで言い換えることができれば、自分の言葉の表現の幅を広げることができるでしょう。 では「幸いに存じます」をどのような類語で言い換えることができるのでしょうか。 嬉しく思います 「幸いに存じます」を簡単にわかり易く言い換えたいのであれば「嬉しく思います」というフレーズを使うことができるでしょう。 意味については誰もが理解することのできるフレーズと言えるのではないでしょうか。 そのため、自分が嬉しく感じるような事があるのであれば「嬉しく思います」というフレーズを「幸いに存じます」の代用として使うことができるでしょう。 「幸いに存じます」と似ている言葉の違いと使い分け方 「幸いに存じます」という言葉と似ている表現はたくさんあります。 それぞれの意味を正確に理解すれば、的確な仕方で自分の考えを相手に伝えることができるようになりまし、相手の理解も得やすくなることでしょう。 では「幸いに存じます」と似ている言葉には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。 また、それらのフレーズにはどのような意味があるのでしょうか。 幸いと存じます 「幸いに存じます」と「幸いと存じます」というフレーズはほとんど同じです。 唯一の違い「に」が使われている場所に「と」が使われていることです。 一般的には、どちらのフレーズであったとしても同じような意味を伝えることができます。 しかし「幸いに存じます」というフレーズの方が違和感なく多くの人に愛をされていることになります。 「幸いに存じます」というフレーズを聴くことによって、違和感があると感じる人はほとんどいませんが「幸いと存じます」の「と」が使われているフレーズを聞くことによって、違和感を感じてしまう人がいるのも事実です。 どちらでも不正解ではありませんが、スムーズなコミュニケーションを図りたいのであれば「幸いに存じます」というフレーズを選択した方が賢明ということができるでしょう。 幸いです 「幸いに存じます」と「幸いです」というフレーズでは、表現されている考えが違うことになります。 「幸いです」という表現によって「嬉しいです」という意味を伝えることができるのに対し「幸いに存じます」というフレーズでは「嬉しいと思います」という意味が伝えられることになります。 ほとんど同じ意味を伝えていることになりますが、少しだけ響きが違うことに気づかされるのではないでしょうか。 幸いでございます 「ございます」には「ある」 という意味が含まれています。 そのため「幸いでございます」という表現を使うことによって「自分に幸いがあります」「幸いです」という意味を伝えることができています。 「幸いに存じます」とほとんど同じ耳になりますが「幸いでございます」の方が、自分の感情を直接表現している響きがあるのではないでしょうか。 「幸いに存じます」嬉しさを表現する 「幸いに存じます」という言葉を使うことができなかったとしても、生活に苦労することがないでしょう。 しかし、何かのことが起きて非常に嬉しく感じているのであれば、その事を誰かに伝えたいのではないでしょうか。 そのような時に助けてくれるのが「幸いに存じます」というフレーズになります。 このフレーズを使うことによって、自分がどれほど嬉しく感じているのかを、周りの人に伝えることが可能になります。 しかも「幸いに存じます」というフレーズでは、深い敬意が込められているので、会話をしている相手が目上の人であったとしても、自分の嬉しさを敬意を込めながら表現することが可能になります。 この便利な表現でやる「幸いに存じます」であらゆる人に嬉しさを表現することができるようになりましょう。

次の

【幸い】と【幸甚】の意味の違いと使い方の例文

ご理解いただけますと幸いです

公開日: 2018. 14 更新日: 2018. 14 「いただけます」と「いただきます」の違い、「いただけますでしょうか」は正しい敬語? 「いただけます」「いただきます」という言葉をご存知でしょうか。 「〜していただけますか」「〜していただきますようお願い申し上げます」などと依頼をする場面で使うことが多いです。 どちらも丁寧な言葉ですが、どう使い分けたら良いのでしょうか。 あまり違いはなさそうに思いますよね。 実際は、大きく異なる部分があるため、使い方を間違ってしまうと相手に失礼な印象を与えてしまいます。 そのようなことが起きないためにも、しっかりと使い分けられるようにしましょう。 そこで今回は「いただけます」と「いただきます」の違い、「頂けます」は正しいのかについて解説していきます。 依頼で使う「いただけます」と「いただきます」の違い 「いただけます」の意味と使い方 「いただけます」は、「もらう」の謙譲語「いただく」+可能を表す「〜ける・〜れる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「いただけますか」の形で使うことが一番多いです。 より丁寧に言うならば、 ・.... していただけますようお願いいたします ・..... していただけますようお願い申し上げます ・.... していただければと存じます ・.... していただければ幸いです などとなります。 例えば、「ご連絡をいただけますか」と言った場合は「連絡をもらうことはできますか」ということを表します。 「いただきます」の意味と使い方 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 してもらいます」をより丁寧にした表現が「.... していただきます」です。 より丁寧に言うならば、 ・... していただきますようお願いいたします ・... していただきますようお願い申し上げます ・... していただきますと幸いです ・... していただきたく存じます などとなります。 例えば、「お返事をいただきたく存じます」と言った場合は「お返事をもらいたいと思います」ということを表します。 このように、「いただきます」はやや断定的な言い方となります。 「いただけます」の方が丁寧な表現 「いただけます(か)」の方が相手に可能かどうか問う文章なので、相手が依頼を実行することが可能であることを前提に依頼している「いただきます」より丁寧になります。 「いただけます」は可能、「いただきます」は断定と命令を表します。 「食べていただけます」だったら「食べることができますよ」という意味になり、「食べていただきます」だったら「食べてください」という意味になります。 一文字違うだけで、文の印象がかなり変わります。 「いただきます」も「いただけます」も目上の人に向けていて丁寧ですが、「いただけます」がよりへりくだった表現のためお客様や上司などにはこちらを使うのが良いでしょう。 「いただけます(か)」と「いただきます」の例文 「いただけます(か)」の例文 ・先ほどお送りした企画に関する資料の内容をご確認いただけますか。 ・申し訳ありませんが、お水を一杯いただけますか。 ・新プロジェクトに関しての、ご回答をいただけますか。 ・失礼ですが、お名前を教えていただけますか。 ・商品については、こちらの中からお選びいただければと存じます。 ・今週中までにご連絡いただければ幸いです。 「いただきます」の例文 ・お手数おかけしますが、書類をご確認していただきます。 ・お忙しい中、大変恐縮ですが、メールをご確認していただきますようお願いいたします。 ・次回のミーティングまでにこちらの企画書を読んでいただきたく存じます。 ・紙を一枚いただきたいのですが、よろしいでしょうか。 ・営業部がどこにあるか、教えていただきますようお願い申し上げます。 ・詳細につきましては、添付資料を読んでいただきたく存じます。 「いただけますでしょうか」は二重敬語 敬語には3種類あります。 尊敬語と謙譲語と丁寧語です。 二重敬語とは、同じ種類の敬語を1つの文章で2回以上使用することを指します。 逆にいったら、違う種類の敬語を同時に使っても二重敬語にはなりません。 例えば、尊敬語と尊敬語、謙譲語と謙譲語と使用していたら二重敬語ですが、尊敬語と丁寧語、謙譲語と尊敬語だったら二重敬語ではないです。 「いただけますでしょうか」は慣習的には結構使われているので、使用してもそこまで相手に違和感を与えることはありませんが、二重敬語は正しい日本語ではないので、使用を避けるようにしましょう。 本来、二重敬語は目上の人に対しても失礼にあたります。 上記でも紹介した通り、 「いただけますか」と使うのが正しいです。 「いただけます」と「頂けます」はどっちが正しい? 「いただきます」は漢字にすると 「頂きます」になります。 しかし「頂く」は実際に「物をもらう」ときに使います。 今回のように 補助動詞として、動詞を補助し謙譲のニュアンスを付け加えるだけの役割の場合は平仮名で使うのが正しい使い方になります。 補助動詞は平仮名が正しい日本語なのですが、補助動詞も漢字にしている人が本当に多くいます。 例えば、「よろしくお願い致します」も誤用です。 「致します」は「お願いする」の補助動詞なので「いたします」と平仮名にするのが正式な使い方です。 逆に「お願いを致します」と「お願い」を名詞扱いにして、「致す」を補助動詞ではなく本動詞として使うのであれば問題ありません。 例えば、 ・お待ちいただけますか? ・お待ちくださいますか? はどちらも、謙譲と尊敬の違いがありますが、正しい敬語表現になります。 どちらを使って相手に対して敬意を示すことが可能です。 どちらがより丁寧かと聞かれれば、 相手の視点で発音している尊敬表現である「くださいますか」になります。 謙譲表現は、あくまでも「自分」をへりくだった表現になりますが、尊敬表現には相手の視点しかありません。 よって、「いただけますか」と「くださいますか」はどちらも正しい敬語表現ですが、「くださいますか」の方がより丁寧、ということになります。

次の