世界 の コロナ 感染。 コロナウイルスに感染した有名人【まとめ】

中国人が、日本のコロナ感染状況が気になって仕方がない理由

世界 の コロナ 感染

世界における新型コロナウイルス感染者の拡大ペースは、4月以降、頭打ちとなってきたものの、依然として高水準で推移している。 世界の人・モノの動きや各国経済活動が強く制限されるなか、世界経済は20年1-3月期に11年ぶりのマイナス成長に陥り、4-6月期はさらに落ち込むことが予想される。 各国は大規模な経済対策で企業の資金繰りや雇用を支える構えだ。 5月入り後は経済活動を再開する動きもみられるが、各国とも段階的な正常化プロセスの初期に過ぎない。 感染終息時期が見通せないなかで、順調に正常化に向かうのか予断を許さない状況だ。 今後の感染拡大ペースや終息時期も不透明なため、世界経済・日本経済の見通しを複数のシナリオで提示する(シナリオ詳細は総論P. 8参照)。 本予測は、一定の前提に基づき試算したものであり、今後の世界の感染拡大状況や、各国の政策対応とその効果、金融市場の動向などにより試算結果も変わるため、幅をもってみる必要がある。 民間・政府ともに歴史的に高い債務水準にあるなかで経済活動が収縮している。 さらなる債務の拡大や不良債権の増加を通じて、金融システム不安が発生するリスクが高まっている。 第二は、潜在成長率の低下だ。 失業長期化による人的資本の毀損やイノベーションの断絶などにより、中長期的な成長率が低下する可能性がある。 感染拡大が長期化するほど、これらのリスクは高まる。 コロナ危機後の経済社会にもたらされる変化にも注目だ。 地政学面では、排他的風潮の強まりや感染源を巡る米中対立により、世界の分断が一段と加速、国際秩序の不安定化が懸念される。 経済安全保障の観点から、外資規制やサプライチェーン再編が、保護主義的方向に進む可能性がある。 一方、社会的距離の確保への社会的な要請が、非接触型技術の社会実装やサービスのオンライン化などデジタルシフトを加速する可能性が高い。 コロナ危機を契機とする「ニューノーマル」への移行は、世界経済、ビジネスにとって大きな潮流の変化となる。 日本経済は深い景気後退局面に入った。 消費税増税の影響が残るなか、コロナ危機による経済収縮が直撃し、3四半期連続で大幅なマイナス成長となる見通しだ。 当社が4月下旬に実施した生活者5千人調査では、緊急事態宣言発令前の3月調査と比べ、特定警戒都道府県(東京、大阪など)を中心に外出を伴う消費(外食や室外娯楽)の減少幅が拡大。 経済活動の収縮度が強まっている。 現時点では、感染終息後には消費を平時の状態に戻す意向が確認されているが、感染拡大が長期化し雇用・所得環境が一段と悪化すれば、潜在需要もしぼみかねない。 5月に入り経済活動再開の動きもみられるが、感染の再拡大で失業が長期化すれば所得・消費への影響も深刻化する。 また、原油価格の急落によるシェール企業の破綻増加が金融市場の不安定化要因となる点にも警戒が必要だ。 中国での感染はひとまず終息に向かいつつあるが、世界的には感染拡大が続くなかで、経済活動の正常化には程遠い状況だ。 実質GDPは、1-3月期をボトムに4-6月期は前期比でみれば緩やかな回復が見込まれるものの、前年比ではマイナス成長が続く可能性が高い。 サービス業の需要低迷などを背景に雇用への影響も顕在化している。 すでに高い水準にあった民間債務が、コロナ危機による景気悪化で一段と積み上がっているとみられ、不良債権の増加や金融機関の信用収縮リスクが高まっている。

次の

新型コロナウイルス感染症の世界・日本経済への影響2020~2021年度の内外経済見通し

世界 の コロナ 感染

新型コロナウイルスの感染第2波について• 世界のコロナ感染者数は累計で1,000万人を突破、6週間足らずで倍増し感染ペースは急加速。 米テキサス州は経済再開を一時停止し他州も感染抑制策を決定、ただロックダウンまでは至らず。 経済再開の一時停止でも各国にこの動きが広がれば景気回復への期待は修正を迫られることに。 世界のコロナ感染者数は累計で1,000万人を突破、6週間足らずで倍増し感染ペースは急加速 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、世界の新型コロナウイルスの感染者数は、6月28日時点で累計1,000万人を超えました(図表1)。 累計感染者数が500万人を超えたのは、5月21日でしたので、昨年末を基準とすれば、500万人突破まで5カ月と3週間ほどを要したことになります。 しかしながら、その後、わずか6週間足らずで1,000万人を超え、感染ペースは急加速しています。 国・地域別に累計感染者数をみると、最多は米国の254万人超で、世界全体の4分の1を占めています(図表2)。 次いで、ブラジルの134万人超、ロシアの63万人超、インドの52万人超、英国の31万人超となっています。 また、累計の死者数は世界全体で50万人を超えてきていますが、このうち米国は12万5,000人超と、やはり世界全体の4分の1を占めています。 米テキサス州は経済再開を一時停止し他州も感染抑制策を決定、ただロックダウンまでは至らず ここで、累計感染者数および累計死者数の世界全体への影響が大きい米国の状況を確認してみます。 米国では、5月20日までに全50州が部分的に経済活動を再開していましたが、6月以降、フロリダ州やテキサス州など南部や西部で新規感染者数が急増しました。 経済活動の再開に加え、5月下旬以降の人種差別に反対するデモで、人との接触機会が増えたことが主因と指摘する声も聞かれます。 こうしたなか、テキサス州は6月25日に経済活動再開の一時停止を決定し、26日には同州ヒューストン地域で緊急事態宣言が発令されました。 フロリダ州も26日にバーでのアルコール販売の停止を決め、また、カリフォルニア州は28日、7つの郡に対し、バーなどの営業を即時停止する命令を出しました。 ただ、今のところ経済活動の再開を巻き戻す、都市封鎖(ロックダウン)のような動きはみられていません。 経済再開の一時停止でも各国にこの動きが広がれば景気回復への期待は修正を迫られることに 今後の世界的な感染動向を正確に予測することは極めて困難ですが、仮に足元の感染ペースが続いた場合、米国の例を踏まえれば、ロックダウンよりも、まずは段階的な経済活動再開の一時停止で対処する国や地域が多いのではないかと思われます。 活動再開の一時停止であれば、ロックダウンよりも経済への影響は限定されますが、それでも停滞は避けられないと考えます。 感染第2波をどのように定義するかにもよりますが、すでに局地的には発生しているようにも見受けられます。 市場では、世界の経済活動は今年の4-6月期に底を打ち、その後は緩やかな回復に向かうという予測が多いように思われ、株式市場もそのシナリオの実現を期待する様子がうかがえます。 ただ、感染拡大で経済活動再開の一時停止の動きが各国に広がれば、予測や期待は修正を迫られるため、この点は念頭に置いておく必要があります。 本資料を投資の目的に使用したり、承認なく複製又は第三者への開示等を行うことを厳に禁じます。 三井住友DSアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号 加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会.

次の

新型コロナウイルス感染症の世界・日本経済への影響2020~2021年度の内外経済見通し

世界 の コロナ 感染

ロンジーニ氏によれば、中国では隔離措置が取られていることからウイルスの拡散を遅らせる可能性があるとしているが、この措置はすでにウイルスが国内で蔓延し、国外にも拡散した後に取られていることから、その効力を疑問視している。 ロンジーニ氏は1人の感染者が2人、または3人にウイルスを感染させる可能性があるという想定で計算したところ、の人々が新型コロナウイルスに感染する可能性があるとの考えを示した。 仮に感染力を半減させた場合でも、世界で3分の1の人口が新型コロナウイルスに感染する見込み。 ロンジーニ氏はフロリダ大学で感染病統計研究所の所長も務めている統計学の権威。 中国の新型コロナウイルス 当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。 専門家らは、暫定的に新型コロナウイルス2019-nCoVが疾患の原因と判断した。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の