真矢みき 鼻。 【団子鼻解消メイク】ノーズシャドウ&ハイライトを3カ所にちょい塗りするだけ!鼻筋すっきりテク

[人相学]鼻の形・大きさから分かる性格11パターンと運勢

真矢みき 鼻

Contents• 真矢ミキの乳腺症を吸いたい? ・・・。 男子ってサイテー。 あ、はい、のどかだよ。 こんにちは。 今日は真矢ミキさんについて調べていくよ。 10月の終わりくらいに彼女、 乳腺症であるとビビットで告白したよね。 この乳腺症なんだけど、 一応区分では病気として扱われないみたい。 詳しい原因は不明なんだけれど、 症状が月のものと密接に関連してるらしくて、 卵巣ホルモンに乳腺が同調できなくなったのでは? ・・・と、推測されているのが原因みたいね。 乳がんと関係あるの?って感じで 気にしている人が同も多いみたいなんだけどね。 実際の所はあんまり関係ないよ。 ただ、乳腺症は乳腺全体に及ぶ生理的変化。 万一、乳がんが発生した場合に 早期発見の妨げになる事もおおいみたい。 発見が送れたら致命的だから、 そう言う意味ではかなり厄介な病気らしいよ。 そして、何故これを吸いたいで 検索している人間がいるのかこれがわからない。 では今回の記事は以上! ここまで読んでくれて・・・ ・・・って、ダメだよねやっぱり。 今日も人の顔にケチ付けないといけないんだよね? ああ、もう、この仕事辞めたい! スポンサーリンク 真矢ミキの2017年をチェック! 基本的にこのブログは私見が多いよ。 しかも、キャラクターを借りて喋ってる。 キャラクターを動かす訓練のつもりで こうしている部分もあるんだよね。 きちっと調べはするけども、 あくまで書き手の創作活動の延長線だよ。 そんな自己満足な内容で、 基本的にノリが物凄く独特だからね。 そんなゆるーいノリに 付いて来てくれる人だけ読んでくれればいいよ。 真矢ミキの現在の出演などは? 本名: 西島 美季 年齢:53歳 2017年11月現在 誕生日:1964年1月31日 出身;広島県 身長;166cm 活動:1981年~ 所属:オスカープロモーション さて、宝塚で活躍して女優に転身って言うのは、 皆様知っての通りだったと思う。 ただ、意外と消えそうになった時期があったそうで、 38歳の時に事務所から戦力外通告を受けたんだって。 ほんで、自らリクルートスーツを借りて 踊る大走査線のオーディションを受けに言ってね、 無事2003年に返り咲いたって経緯があるみたい。 ずっとトップ女優のイメージだったけど、 こんな不遇の時代があったんだねって初めて知ったよ。 他にも宝塚学園時代では 39人中37位だったとかどん底経験多いみたい。 それでも這い上がる力があって今があるから、 人並み知れない努力があったんじゃないかなって思う。 ・・・で。 そんな彼女の鼻の穴とか歯並びとか そんなひどいものが注目されているみたいなんだよね。 頑張ってるんだから許してあげなよ! スポンサーリンク 真矢ミキの劣化具合が気になる? 鼻の穴がでかすぎるし変と噂? 噂の発端になったのはこの写真かな? 確かに真矢ミキさん、鼻の穴がでかすぎる気がするね。 劣化って程ではないと思うし、 昔からきれいな人だとは思うんだけれど・・・。 これ、宝塚時代だけど、 やっぱり特徴的な鼻の穴は残ってるよね。 あれだけメイクが濃いのに、 やっぱり鼻の具合は隠せてないもん。 ある意味整形をしていない証拠と言えるけど。 ただ、鼻って目を合わせるのが苦手な人が 一番に視線が行く場所だからね。 やっぱりでかすぎると気になるし、 美人だからこそ台無しと感じる人も多いみたい。 ほっとけよ! でも、これ、更に若い頃の写真だけど、 この頃って鼻が目立ってないんだよね。 かなり若い頃に整形した結果 鼻が引っ張られて穴が目立つんじゃね? ・・・なんて声もあるにはあるけど。 逆に整形したなら、 あの鼻の穴の変なでかさは放置するかなぁ? 歯茎や歯並びも気になるし変? むしろ個人的に気になるのはこっち。 歯並びがガタガタなんだよね、物凄く悪い! でもこの炉落ち、今は綺麗なんだよね。 代わりに歯茎がちょっと目立ってる気もするけど。 綺麗にインプラントなり矯正なりしたんだろうけど、 多少名残が見えるよねやっぱり。 歯茎が落ちてきてるように見えるけど大丈夫かしら? まぁ、でも、正面から見るとそれ程でも? ついでに鼻の穴がでかすぎる感じも気にならないね。 やっぱりほとんどが各どの問題なのかなぁ。 人間の顔ってむくれたりするだけで、 かなり印象が変わってくるし何とも言えないね。 53歳として見れば劣化してない方だと思う。 だって、もう、53歳だよ? その割にしわとかも少ないしアンチエイジング力は凄いかと。 鼻の穴が変にでかすぎるのとか、 歯並びとか歯茎とか突っ込みだすとキリは無いけど、 やっぱり トータルではかなり綺麗な人だなと思うよ。 宝塚出身のご多分の例にもれず、 やっぱり仕事に対しては厳しいみたいだけどね。 大体この辺は皆、そう言われてるよね。 この人はどん底も味わったから余計かな・・・。 閑話休題。 どうでもいい話するんだけれど、 なんか最近、うちのブログマークされてる気がする。 いやね、記事ネタ被りなんか珍しいものでもないけど、 やり方や言葉の選定とか物凄い勢いで被るブログが1つ。 しかも、あっちの方がブログパワー強いし。 うーん、なんだかヤな感じなんだよね。 自分でネタ探してくるのもアホらしくなった、から。

次の

[人相学]鼻の形・大きさから分かる性格11パターンと運勢

真矢みき 鼻

第51回宝塚記念表彰式 (2015年6月28日) 本名 西島 美季(にしじま みき) 別名義 真矢 みき(旧芸名) 生年月日 1964-01-31 (56歳) 出生地 身長 166 血液型 職業 ジャンル ・・ 活動期間 - 活動内容 :入団、配属 :花組トップスター就任 :宝塚歌劇団退団。 その後女優として、テレビなどで活動 :バレエダンサーのと結婚 :「真矢ミキ」へ改名。 へ移籍 配偶者 (2008年 - ) 事務所 主な作品 舞台 『』 『』 『』 テレビドラマ 『』 『』 『』 映画 『』 備考 真矢 ミキ(まや みき、 - )は、の。 元トップスター。 旧芸名・ 真矢 みき(読み同じ)。 本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。 所属事務所は。 生まれ、育ち。 来歴・人物 4歳まで広島市で育ち、父親の転勤により各地を転々、中学校卒業まで8回転居した。 中学校の三年間が大阪府豊中市育ち。 「を習いたい」と中学時代からに通う。 への憧れから卒業後、にに入学。 、として宝塚歌劇団に入団。 入団時の成績は21番。 同期には女優の(元娘役スター、で死亡)、( - まで月組トップ娘役)、( - まで月組トップスター)、( - まで星組トップ娘役)、演劇、、講師の、がいる。 初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩み、特に1992年からにかけては2番手ながらトップであるとほぼ同等な扱いを受け、芝居・ショーともに活躍。 安寿との 男役同士のコンビは当時呼び物となった。 1995年、安寿の退団により『』で花組トップスターに就任。 相手役には。 純名の退団後は千ほさち(現・)を相手役に迎えた。 長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしや、退団直前にプロデュースによるでのソロコンサートの開催、撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみ ヅカの革命児とまで言われた。 、『SPEAKEASY』東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団。 楽屋入りからサヨナラ公演。 ファンに別れを告げる宝塚最後の一日が収録されたドキュメントVHS 「ザ・ラストデイ」が出されている。 宝塚退団後に鳴り物入りで芸能界入りしたが、38歳のときに事務所から。 どん底を経験する。 知人からリクルートスーツを借り、自ら『踊る大捜査線』のオーディションを受けた。 そして、2003年、このオーディションを這い上がり、念願の芸能界復活を果たした。 身長166cm。 特技は歌、、、バトン、作詞。 趣味は旅行、絵。 での成績は同期39人中で37位だった。 そのため、インタビューなどで自らのことを「劣等生」と語っている。 にでバレエダンサーのと結婚することを発表した。 また、同年に入籍していたことが明らかになり 、、で挙式。 2009年には第20回を受賞。 には第28回2011協議会選出部門を受賞。 3月1日付で、からに事務所を移籍するとともに芸名表記を変更。 2016年、『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』で夫の西島と初共演を果たす。 2017年8月29日、「」合格 エピソード• 人生観は『「一瞬の閃き」が時には大切』(「閃き」は漢字)・・「出来る限りのことをしたら、あとは力を抜いて何かが閃くのを待つ」• 中学校時代は将来の夢として「短大を出て、お嫁に行きたい」と書く。 母親が宝塚ファンである影響から音楽学校を受験。 小さい頃からバレエや歌を習っていないため、入学後第1回試験では39人中37番だったが、新人公演では主役になる。 好感度上位ランクイン歴• 、の研究所が実施した調査で「一緒にお酒を飲みたい上司の理想像」(女性上司部門)のベスト10に黒木とともに選ばれた。 2008年・2009年には同調査の女性上司部門で、黒木とともにベスト5入り。 が実施した「新入社員から見た上司の理想像」の調査においては第3位、は第2位、は第1位、2010年は第2位(黒木も第5位)にそれぞれランクイン。 が実施した調査で2009年に第1位、2010年には第2位(黒木もベスト10入り)・2013年は第3位。 付属総合研究所が取引先新入社員対象の「新入社員研修会」参加者に対して実施した調査で2年連続総合ベスト10入り(2009年は第8位、2010年は第7位)。 が2012年に取引先新入社員対象の「新入社員研修会」参加者に対して実施した調査で第2位。 2008年にが女性を対象に行った「女性上司の理想像」調査で、黒木とともにベスト5入り。 2009年1月にが実施した「女性が選ぶカッコイイ女性有名人」という調査で第1位に選ばれている。 2009年4月にオリコンが実施した「母親になって欲しい女優」という調査では第2位。 2014年にオリコンが有職者を対象に実施した「理想の上司トップ10」という調査で、女性部門第3位。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 花組時代• 『アンドロジェニー』ガルボ・マニア• 5月『散る花よ、風の囁きを聞け』:想太郎(公演)• 8月 - 9月『グッバイ・ペパーミントナイト!』:ルイス・カーナビー・ジュニア(バウホール公演)• 『ザ・レビュースコープ』:プリンセス・パイナップル• 2月『ベルベット・カラー』:ヌフ(バウホール公演)• 3月 - 5月『』:ジョー(大劇場公演)• タカラヅカ』(大劇場公演) 『春ふたたび』:与五。 『フォーエバー! タカラヅカ』:ビューティーズA• 2月 - 3月『硬派・坂本竜馬!』:(バウホール初主演)• 『ジタン・デ・ジタン』:ルダリ• 10月 - 11月『』:ジェローデル(星組公演特別出演)(大劇場公演)• 2月『ロマノフの宝石』:アンジェロ()• 3月 - 5月『』:(役代わり:ヨーゼフII世)(大劇場公演)• 5月 - 6月『美しき野獣』:ボーイM、クィーンビー(バウホール公演)• 』(大劇場公演) 『春の風を君に…』:竜童• 『ジャンクション24』:レッド・キラーS• 1月『ドニエプルの赤い罌粟』:アレクサンドル(バウホール主演)• 『スパルタカス』:サビヌス• 『ジャンクション24』:レッド、ルダリ• 『ファンシー・タッチ』:ジャック、マヤチェロ• 10月『アップル・ツリー 〜三つの愛の物語〜』:アダム、バーバラ、エラ、パッショネラ(バウホール主演)• 『火の鳥』:ジュラシックハンター• 6月『』:レット・バトラー(雪組特別出演)(大劇場公演)• 『火の鳥』:火の鳥• 『ハイパー・ステージ!』:レーサーS• 『メガ・ヴィジョン』:シャドウS、白鳥 花組トップ時代• 6月 - 8月『』:J.ピエルポント・フィンチ(大劇場公演)• 12月 - 1997年1月『Ryoma 〜硬派・坂本竜馬!II〜』:(公演)• 4月 - 5月『風と共に去りぬ』:レット・バトラー(全国ツアー)• 8月 - 9月『ザッツ・レビュー』:春風泰平(大劇場公演)• 10月『ブルー・スワン』:アレックス(バウホール公演)• 8月 - 10月公演を最後に退団 ディナーショー、コンサート• 「ディナーショー」(1989年、、とで)• 「Nice GUY! 」(1996年)• 「MIKI in BUDOKAN」(1998年7月、) 宝塚歌劇団退団後の出演 テレビドラマ• (1999年4月 - 6月、) - 葉山麗花 役• (2000年7月 - 9月、フジテレビ) - 葛井昭子 役• (2000年10月 - 12月、) - 中沢理恵 役• (2001年、)• (2002年7月 - 9月、) - 寺岡麗子 役• (2002年、TBS)• (2003年4月 - 6月、テレビ朝日) - 西根絹代 役• (2003年7月 - 9月、フジテレビ) - 松野しずえ 役• (2003年9月 - 2004年3月) - 岩瀬かおる 役• (2005年10月 - 2006年4月) - 神崎木綿子 役• 運命が見える手(2003年11月15日、テレビ朝日)• (2004年4月 - 7月、NHK) - おきん 役• (2004年7月 - 9月、TBS) - 川口夏樹 役• 輝く湖にて(2004年11月13日、NHK)• 仕置き代理人 鏡俊介の痛快事件簿(2005年6月17日、フジテレビ)• (2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 三神たまき 役• アテンションプリーズスペシャル「ハワイホノルル編」(2007年1月13日)• アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜(2008年4月3日)• (2006年10月28日、フジテレビ) - 沖田仁美警視正 役• (2006年11月7日、日本テレビ) - 霞夕子 役• ドラマスペシャル 女検事・霞夕子SP「豪華客船殺人クルージング」(2007年10月2日)• (2007年1月 - 3月、フジテレビ) - 川村亮子 役• 火曜ドラマゴールド「」(2007年3月27日、日本テレビ) - 役• (2007年6月 - 8月、フジテレビ) - 椎葉文子 役• (2007年7月4日、日本テレビ) - 宅間佐和子 役• (2007年11月24日、フジテレビ) - おたえ 役• 土曜プレミアム しゃばけシリーズ第2弾「うそうそ」(2008年11月29日)• (2007年10月 - 12月、フジテレビ) - 城ノ内桜子 役• (2008年3月17・18日、日本テレビ) - 谷村さと 役• (2008年4月 - 6月、フジテレビ) - 若林ふじ子 役• (2008年7月 - 9月、フジテレビ) - 千葉さくら 役• シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜・童顔刑事! 史上最大の危機(2009年5月9日)• シバトラ〜さらば、童顔刑事 スペシャル〜(2010年5月22日)• (2008年9月14日、) - 立花英子 役• (2008年10月 - 12月、テレビ朝日) - 園部有希 役• (2008年12月6日、テレビ朝日)- (38歳以降)役• 「白衣の天使は見た・外科病棟殺人カルテ」(2008年12月12日、フジテレビ) - 高原千草 役• 開局50周年記念ドラマ 生誕100年特別企画(2009年1月24日、テレビ朝日) - 田中純子 役• (2009年4 - 6月、日本テレビ) - 冴島涼子 役• (2009年7月 - 9月、フジテレビ) - 上矢真希子 役• (2009年10月 - 12月、TBS) - 田島淑恵 役• (2010年1月11日、TBS) - 和辻淑枝 役• (2010年7月 - 9月、日本テレビ) - 峰岸佳織 役• 金曜プレステージ「」(2010年12月10日、フジテレビ) - 主演・朝吹里矢子 役• (2011年1月 - 3月、テレビ朝日) - 田中純子 役• (2011年3月27日、) - 筒井美紗子 役• (2011年7月 - 9月、テレビ朝日) - 簑島佐和子 役• ヒューマンドラマ「」(2012年3月28日、・TBS) - 田辺礼子 役• (2012年10月 - 12月、テレビ朝日) - 主演・橘珠子 役• 「女医・早乙女美砂『ガラスの階段』」(2013年2月4日、TBS) - 主演・早乙女美砂 役• (2013年4月 - 6月、フジテレビ) - 霧澤和泉 役• (2013年8月 - 9月、TBS) - 古屋暁子 役• (2014年7 - 9月、テレビ朝日) - 印田恭子 役• (2015年1月 - 2月、NHK) - 主演・竹内美晴 役• (2015年10月 - 12月、TBS) - 和泉沙耶 役• 下町ロケット2(2018年10月 - 12月)• スペシャルドラマ「」(2015年12月22日、フジテレビ・関西テレビ) - 黒蜥蜴 役• 月曜ゴールデン「」(2016年2月15日、TBS) - 主演・西加音子 役• (2017年7月20日 - 9月14日、テレビ朝日) - 岩村叡子 役• (2017年10月7日 - 11月25日、東海テレビ・フジテレビ系) - 主演・九十九さくら 役• さくらの親子丼2(2018年12月 - 2019年1月)• (2018年1月 - 3月、テレビ朝日) - ナレーション• (2019年4月15日 - 6月3日、テレビ東京) - ナオミ・トミナガ 役• (2020年7月16日 - 、フジテレビ) - 販田聡子 役 映画• Last Dance-離婚式(2001年、監督)• (2003年) - 沖田仁美 役• (2003年) - アンナ 役• (2004年) - 森沢今日子 役• (2005年) - 沖田仁美 役• (2007年) - こまつ 役• (2007年) - 藤堂玲子 役• (2008年) - 城ノ内桜子 役• (2009年) - ケイト・ウィルソン(吹替) 役• (2010年) - オンディーヌ(声の出演) 役• (2012年) - モーガン(声の出演) 役• (2012年) - 広田新子 役• (2012年) - 沖田仁美 役• (2013年) - あやめ(声の出演) 役• (2019年7月5日公開) - 無礼図(ブレイズ) 役 舞台• (1999年)• ダンス・アクト・シリーズvol. 2「スターダストin 上海」(2002年)• 涙の温度(2003年)• CABARET(2004年)• 真矢みきディナーショー(2004年)• (2006年)• (2008年)• 一座・熱海五郎一座合同公演「こんにちは赤ちゃん」(2011年)• (2014年) - 役• スーパー神話音楽劇『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』(2016年) - イザナミ 役 オリジナルビデオ• (2011年5月2日発売) - 筒井美紗子 役 吹き替え• 第6話(2016年) - 役 音楽番組• (2007年5月・2010年11月23日、NHK総合) - 司会 ドキュメンタリー番組• TBS開局60周年記念番組『"人間とは何か…!? "わたしと地球の38億年物語〜アース・コード〜』(2011年6月4日、TBS) - ナビゲーター• ドキュメンタリー同期生「亡き友を胸に〜宝塚歌劇団67期生〜」(2012年12月28日、NHK) バラエティー・教養番組• (2003年、テレビ東京) - 司会• (2007年10月 - 2008年3月) - 母 役• (2008年4月 - 2009年3月、日本テレビ系)• (2010年4月3日 - 2010年6月5日、、) - 司会• (2011年8月20日・21日、日本テレビ系) - サポーター• ポストのある日本の風景(2013年4月4日 - 2015年3月30日、BS日テレ) - ナレーター• (2013年5月3日 - 9月13日、フジテレビ系) - メインMC• (2015年3月30日 - 2019年9月27日、TBS系) - 司会 CM• (2代目女王役、「私の華道」メインキャラクター)• (2005年 - )• 「アクテージSN錠」(2007年 - )• 「茶のしずく石鹸」(2008年8月 - 2010年7月)• 「バニラ」(2008年12月 - ) - 声の出演• 「ピュオーラ・ナノブライト」(2009年2月 - )「セグレタ」(2009年9月 - )• 「ディアナチュラ」(2009年5月 - )• シャルレドレッセ(2009年 - ) - イメージキャラクター• 「麺づくり」(2009年8月3日 - )• 「昔ながらの中華そば」(2009年8月20日 - )• 「バニラ」(2009年8月5日 - )• (キシリクリスタル、2009年10月16日 - )• 「きもの着付教室」(2010年12月 - )• 若者総合相談・若ナビ(2011年1月 - ) - イメージキャラクター• 「植物性乳酸菌・ラブレ」(2011年3月 - )• 「トラピックス」(2012年 - )• 「」(2016年)• 「ヤマサ鮮度生活」(2017年4月12日 - ) - と共演 ラジオ• 文化放送「ヒーリング・パーク」パーソナリティ(2000年 - 2001年、文化放送) ナレーション• ポストのある日本の風景(2013年4月 - 、) 書籍• 生き方名言新書4 真矢みき 願えばかなう! (、2008年4月3日発売、) 写真集• 真矢みき写真集(宝塚歌劇団、1997年8月発売、) CD• 「赤と黒のキャバレー」(2004年10月6日 ヤマハミュージックコミュニケーションズ)自身が作詞した曲を含む全11曲 (YCCW-10008)• ジュエリープロデュース:ジュエリーブランド「XIV TOKYO」より「ラ・ブリエシリーズ」(外部リンク: ) 受賞歴• 2008年、第6回 40代部門• 2009年、第20回 40代部門• 2011年、第28回 協議会選出部門受賞• 2011年、第2回2011 WOMAN OF THE YEAR• 2013年、第7回アンチエイジング大賞2013• 2016年、・協会特別賞 脚注 []• 『新訂現代日本女性人名録』、2001年、1097頁、(2015年4月2日時点の)、、• 、2008年7月1日21面、(2014年9月6日時点の)• (2009年4月16日時点の) 2009年1月21日 スポニチ閲覧• 2015年3月7日. 2015年3月13日閲覧。 エンタステージ. 2016年5月20日. 2016年5月24日閲覧。 読売新聞2012年11月9日夕刊3面「言葉のアルバム 「全力尽くして あとは運」• [ ]• (オリコン、2014年3月21日)• 2015年9月17日. 2015年9月22日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月20日. 2015年11月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年8月18日. 2017年8月18日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 芸能. 2020年4月7日. 2020年4月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月16日. 2019年4月20日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年4月19日. 2016年4月20日閲覧。 ヤマサ醤油株式会社・ニュースリリース. 2017年4月12日. 2017年4月14日閲覧。 - 、2011年11月2日。 (2013年11月30日時点の) - 、2013年11月14日。 ORICON STYLE. 2016年10月31日. 2016年10月31日閲覧。 外部リンク• - 所属事務所ページ• - (2013年9月16日アーカイブ分)• - (2019年11月1日アーカイブ分)• 男性タレント・モデル ・スポーツ選手 (1927年退団) ・・ 初代(1933年退団) ・・ (1939年退団) ・・ (1943年退団) ・・ (1989年退団) ・・ (1972年退団) ・・ (1951年退団) ・・ (1964年専科へ異動、退団) ・・ (退団) ・・ (退団) ・・ (退団) - ,&(1974年2月2日? '-'は先代次代関係あり。 (1974年月組)• (1975年花組)• (1975年雪組)• (1976年星組)• (1976年月組・東京)• (1989年雪組)• (1989年星組)• (1990年花組)• ・(2001年宙組)• ・(2014年宙組)• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1994年月組、宝塚・東京・全国)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットI• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットII• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) アシュレ• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) メラニー• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• (1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) 宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない).

次の

真矢みきの宝塚時代の写真と伝説エピソード集!宝塚の舞台を降りたワケとその後

真矢みき 鼻

ビビットで真矢ミキが失言?内容は? 鼻の毛穴ぶつぶつには! 真矢ミキさんで調べると「鼻 毛穴 ぶつぶつ」って出てくるので、そうなのか?と思い調べましたがそういうわけじゃないですw真矢ミキさんがCMしてた『茶のしずく』という石鹸が泡立ちがよく、鼻の毛穴黒ずみのぶつぶつがよく落ちるっていう評判だったみたいですね。 しかし、その『茶のしずく』が小麦加水分解を使用した石鹸で、それを使ってが小麦アレルギーになった人が続出して問題になったことも。 その時真矢ミキさんは「あきらめないで」ってCMで言っていたので、あきらめないでその石鹸を使って症状もでた人もいるので、タレントとしてはイメージダウンになってしまいました。 真矢ミキさんが事務所をオスカーにうつしたのが2015年3月で4月からはTBSの朝の番組「白熱ライブ ビビット」で初MCに真矢さんが抜擢されたことで話題です。 芸能界の裏の事情はわかりませんが、なんか色々あったんでしょうな(笑)オスカーと言えば先日妊娠が発覚した上戸彩、スピード離婚騒動の米倉涼子、ゴリ押し?とも言われてる剛力彩芽がいたりとかなり大きな芸能事務所です。 事務所が変わったタイミングで朝の帯番組(月~金)のMCに選ばれるって、やっぱり事務所の力ってすごいんだなぁって思っちゃいます。 もちろん真矢ミキさんが主婦層からの人気があるからなんでしょうけど。 4月に始まってすぐの段階で、「失言」があったみたいな噂が流れたんですが、よくよく調べてみると「早くも失言で降ろされそう」っていうだけの話が大きくなって「失言」したという噂になっただけみたいです。 強いて言うなら4月1日にしょっぱなから「宝塚の初任給は14万だった」としゃべくり007みたいなこと暴露したので、それが失言ととらえられてるのかもしれません。 たぶん、真矢ミキがまだそういう朝の生放送番組に慣れてないのに結構自由な発言をしてるのをみて「いつヤバイこといってもおかしくない」みたいなオーラを感じた視聴者が多かったみたいですね。 実際の真矢ミキさんの朝のMCぶりは正直、「良い」「悪い」の意見がはっきりわかれてます。 真矢ミキさんは新しい事務所で改名して、新しいことにチャレンジしてるからか「若干張り切り過ぎてる」「司会者を演技している」「話が長くて出しゃばり過ぎ」という悪い意見が多いです。 一方で、「国分太一さんがダメな分、頼りになる」「意見が的を射ている」という良い意見もあり、まだ始めたばっかりということを考えたらそんなに悪い評価じゃないのかな?と思います。 今後、真矢ミキさんが朝の顔になれるかどうか要注目です。 <スポンサーリンク>.

次の