池袋 事故 署名。 池袋暴走事故 妻と娘を失った父が思い出の動画公開 厳罰求める署名呼び掛け

池袋暴走事故、39万筆の署名が逆効果になるおそれも 送検された元院長の今後は(前田恒彦)

池袋 事故 署名

池袋事故に29万筆の署名が集まる! 2019年7月18日、池袋の事故で亡くなった松永真菜さんの夫が記者会見を開き、以下のようにコメントされていました。 今後二人のような被害者と私たちのようなつらい思いをする遺族がいなくなるように、できるだけ 重い罪での起訴と厳罰を望んでいます それから約一ヶ月半で、 29万筆もの署名が集まりました。 また、1万通を超える手紙も届いているといい、事故で亡くなった松永真菜さんの夫は、 ここまで多くの人に署名してもらえるとは思っていなかった と、記者会見で感謝の言葉を述べられました。 池袋事故の署名期限はいつまで? 池袋事故の署名の期限はいつまでなのでしょうか? 署名を募るのは、当初8月末までとしていましたが、賛同者の要望で 2019年9月15日まで延長することが発表されています。 会見にて発表させていただきましたが、署名活動の期間を9月15日まで延長させていただくことになりました。 「8月は夏休みなので、9月まで延長してほしい」というご要望が多かったことと、私の期限設定が曖昧で、皆様にご迷惑をお掛けしてしまった為です。 9月15日まで郵送受け付けております。 皆様日々お忙しい中誠に恐縮なのですが、何卒ご協力をお願いいたします。 手書きで氏名・住所を記入する。 年齢制限はないが、必ず自署すること。 住所は都道府県から記入する。 (国外からの場合は国名から)• 同じ住所を記入する際は、「同上」「〃」ではなく、全て記載する。 一人につき、1行。 A4サイズで片面に印刷する。 セブンイレブンのコピー機で、白黒印刷は20円、カラー印刷は60円を投入する。 画面にて、「プリント」を選択• 「ネットプリント」選択• 「確認」を選択• 「43333708」と入力(この番号は 9月8日まで有効)• 「確認」を選択• カラーの場合はこの手順はスキップ• 「これで決定」• 「プリントスタート」• 完了 署名における注意点は、自宅で印刷する場合と同様です。 署名後、9月15日までに下記までご郵送をお願いいたします。 司法に介入できるならそれは司法のあり方に問題があるだけで。 やけど、絶望の中にいる旦那さんに「それは違うよ」と言えないわ。 感情が暴走?当たり前だ。 俺も暴走するだろう。 — デネ denexgurasub まとめ 池袋事故の署名期限は、2019年9月15日まで。 また、自宅・コンビニでの署名用紙のダウンロード方法をご紹介しました。 署名を提出する予定の方は、期限が迫っていますのでお急ぎくださいね。 一通でも多くの署名が集まることをお祈りしています。

次の

池袋事故遺族・松永さん語る心の変化「憎しみより家族への愛」

池袋 事故 署名

はじめに 改めて事故について振り返ってみる。 事故が発生したのは2019年4月19日午後12:25分頃。 東京都豊島区東池袋の東京メトロ東池袋駅付近の交差点において、乗用車が赤信号を無視して交差点内の横断歩道に突っ込むなどして母子2人の命が奪われ、乗用車を運転していた男性を含む10人が負傷しました。 報道によると、 車を運転していた男性は赤信号を2回無視していて、ブレーキをかけた形跡もないことがドライブレコーダーの記録から判明している。 男性は事故直後に息子に電話をかけ「アクセルが戻らなくなり、人をひいた」と説明しているとのこと。 車両に不具合が見つからなかったことから、パニックも含め操作ミスである可能性が高いようです。 しかも 経歴がヤバイ人なんです! 飯塚幸三さんは1931年6月1日生まれで、東京都のご出身です。 東京大学を卒業後、通商産業省 現・経済産業省 に入省。 硬さ測定 や形状誤差 の研究に実績があり、計測の国際標準化活動にも貢献。 計量研究所所長、工業技術院長、クボタ取締役 常務、専務、副社長 を歴任。 15年間委員を務めた国際度量衡委員会では日本人初の副委員長にも就任し、世界計量記念日を提案した。 日本計量振興協会や計測自動制御学会、 国際計測連合 IMEKO などで会長を歴任し、日本工学アカデミーや日本工業標準調査会の副会長も務めた。 2015年秋、瑞宝重光章を受勲。 マジでかなりのエリート街道を歩んできた過去があります。 私も同じくらいの子を持つ親として、被害者家族のいたたまれない気持ちを察します。 ほんとに、つい数時間前までにあった幸せが、不意に全く無くなってしまうことなんて想像もつきませんし、仮に自身がその立場にあったとすれば立ち直る自信がないかもしれません。 かなり大々的に取り上げられたニュースですし、そういうものなのかなぁと。 しかし、 ウラの存在がありました! ほぼ同時期の2019年4月21日に神戸市営バス暴走事故というものが発生しています。 21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅北側の兵庫県道で、神戸市営バスが赤信号の先の横断歩道に突っ込み、歩行者を次々とはねた。 兵庫県警葺合 ふきあい 署によると、同県明石市の大学3年、柳井梨緒 やないりお さん 20 と神戸市須磨区のアルバイト、那須勇成 ゆうせい さん 23 の男女2人が死亡、20~50代の男女6人が重軽傷を負った。 同署は自動車運転処罰法違反 過失致死 の疑いで市交通局の運転手、大野二巳雄 ふみお 容疑者 64 を現行犯逮捕。 「ブレーキを踏んでいたが急発進した」と供述しており、同署が詳しい事故原因を調べている。 仕事中かどうかや、年齢的なものなどの違いはあるものの、かなり酷似したケースの事故になっています。 これに対し世間では、 結局飯塚幸三は逮捕されなかったもんね。 怪我が治り次第逮捕されるもんだと思ってたけど違ったよね。 これ院長じゃなかったら即逮捕だったんじゃないの? 受賞した人じゃなかったら即逮捕だよね? すっごく変だと思う! しかもこの爺さんまた免許欲しいとか言ってたし。 絶対許せない。 署名する。 他の事件では現行犯で捕まえているのにも関わらず、この事件はTVでも触れなくなっている。 自身の犯した罪の大きさを認識し、一刻も早く罪を償うべきだと思う。 — もっちゃん motchinkosan もうガチギレな方が多数いらっしゃいます! そりゃメディアや警察に対して、そういう不信感を抱く気持ちはかなりわかりますね。 今回のようなケースでの刑量としては執行猶予とか懲役7年以下とか罰金100万円以下があるらしいんだけど、人が2人も亡くなってますし、執行猶予はないというのが大方の見解です。 また表向きには 厳罰する事例を作ることで高齢者の免許返納を促したり、同じような被害者を出さないようにするためということです。 たしかにそういった効果もかなりあると思います。 また、 飯塚幸三さんが逮捕・身柄拘束に至っていない理由について専門家の方が話していたのを聞きました。 1.特定の住居がある 2.証拠隠滅の恐れがない 3.逃亡の恐れがない 逮捕は刑罰の一環というわけではないので、上記3点の条件を満たしていれば逮捕しないケースもあるんだそうですね。 ・・・だとしても、公平に逮捕しましょうよ!って感じもかなりしますけどね。 署名活動の参加方法 署名活動に参加する方法として、 1.街頭に赴いて署名 2.郵送での署名 上記の2種類があります。 街頭での署名活動は8月3日 土 10時から16時ごろまで、池袋駅東口から徒歩5分の南池袋公園 東京都豊島区 で行う予定とのことです。 また、郵送方法については署名用紙は松永さんのブログ「」からダウンロードすることができます。 まとめ いかがだったでしょうか? なんとも複雑な思いでいっぱいです。 ・・・だって、もちろん被害者家族のいたたまれない気持ちや加害者である飯塚幸三さんの横暴な態度には第三者目線で客観的に見ても腹が立ちます。 かと言って、齢88歳の老人が、普通に考えれば先10年もないであろう余生を刑務所で過ごさなければいけないなんて悲惨な感じもします。 理由がどうあれ、犯した罪を償うことは社会では当然のことなので、やむ終えない部分も多々あるんですけどね。 今回のケースを期に、何かがいい方向に変わって、少し手も被害者・加害者がでない世の中になることをせつに願うばかりです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

池袋事故の悲惨【動画・画像】まとめ事故現場の場所プリウスに問題?

池袋 事故 署名

「東池袋自動車暴走死傷事故遺族のブログ」 など何ヵ所かに宛先もでていまるかと思いますのでそちらをご覧になればいいと思います。 署名するせよ、手紙だけの意見にせよ、きちんと読んでくださるようですが、気の利いた画像のプリントなども同封すれば喜ばれるかもしれません。 >署名用紙に10個署名する場所があるのですが、家族とかに知り合いとかに書いてもらってもいいんですか? 場所があるというのは、そういうことでしょうね。 私は署名はしません。 意味がないと思います。 「適正な罰」を求める署名なら意味はなくても内容は正しいとは思いますが、「厳罰」を求める署名となるとニュアンス的にも少しおかしい気がします。 理由は以下となります。 署名運動であれネットの書き込みであれ、本当に正しく有意義な事をしたいのであれば自動車死亡事故は毎年4000件近く起こっている現実を冷静に考えるべきです。 逮捕されない(警察都合、捜査上の必要性)例はかなり多い、その場合は報道されない(マスコミ都合、視聴率向上等)事が多いので目立ちませんが。 ただし加害者が起訴されないのは、被害者側の一方的な過失責任の場合のみで、極めて稀です。 前科無その他の事情により判決に執行猶予がつき刑務所に入らない例はかなり多いです。 意図的な殺人ではなく過失なのですから。 起訴までや裁判に要する期間は前例の有無や調べ解明すべき内容によって千差万別です。 池袋事故の加害者は過去に実績のある高齢者、被害者は未来のある母と幼子、マスコミの好餌にはたいへん都合がよろしい。 しかし、まず高齢者問題は難しい。 自家用自動車は高齢もしくはやや身体不自由な人にとってこそ役立つ「道具」であるのが本来の理想であるとも考えられます。 データ上、高齢運転手は対歩行者では特に危険とはいえません、高齢運転手自身の死亡率は高いですが若い人なら助かる怪我でも死亡するので当たり前。 身体的理由での危険性は確かに重要で、医師が公安委員会に届け出る制度もあるのですが、明らかに本人の身勝手の飲酒・スピード狂(危険運転致死傷罪)と同列に考えてよいものか? 「ブレーキの故障だと錯覚していた」との主張を、車のせいにしている、卑怯だといった意味の意見が散見されますがこれはおかしいと思います。 もし故障ではなくアクセルだと分かっていて長時間ずっと目一杯踏み続けていたのなら故意の殺人ということになります。 まさか「気に食わない爺だから秋葉原通り魔殺人みたいに死刑にしたい」と思ってる訳ではないとは思いますが、単なる保身ではなく、今後同様な事故を防ぎ、また裁きの規範を残す意味でも心理も含めて事実をきちんと主張し、解明するのは重要です。 「かわいい子供たちについ目を奪われて一瞬脇見をしてしまいました。 すみませんでした。 」なら謝罪と同時に自分の過失の主張でもありますが、「確かに車の故障ではありませんでした、アクセルをずっと思い切り踏み込んでいました。 すみませんでした。 」なんて言ったら混乱の火種になるかもしれません。 現時点ではマスコミの無責任な報道のみで、警察・検察側の見解や方針は未知数かと思います。 弁護士や保険会社も迂闊な発言・行動を控えるように求めている可能性があります。 そもそも、たとえ加害者の人格に多少問題があったとしても、それは別問題、罪は罪として冷静に公平に裁かれるべきで、それは警察検察弁護士裁判所の仕事です。 示談関係は交通事故では実際に費用を出す保険会社が中心に動くことが多いのではないですか?よく知りませんが。 私は、それ以外の皆さんは、本件だけに拘らず年齢も問わない「対歩行者有効の自動ブレーキの普及」「交通至便地での自家用車使用制限」などの運動が望ましいと思います。 高校生の未熟かつ感情的な意見ですがよければきいてください。 罪は罪。 それはごもっともだと思います。 しかし遺族側の視点に立つと、そう冷静な思考は出来ないのではないでしょうか。 これから先、あの家族は絵にかいたような幸せを歩んでいたことでしょう。 最近の記者会見の夫の見せたビデオ。 あれを見ればどれだけ幸せでどれだけ夫の心の支えになっていたか、その未来を危険運転により幸せを奪ったあの飯塚幸三を憎まずにいられるでしょうか。 まず、今まであれだけ報道されておきながらなにも進歩がなく、いわゆる泣き寝入りになりかけていたのに、急に最後の文の運動を起こすなんて誰に出来ますかね。 あの夫の方はまだ冷静な方てまはないですか?人が人だったら暴動を起こしてたかもしれませんし。

次の