鎖骨 きれい。 デコルテラインがきれいな女性はメリット尽くし!鎖骨美人になる方法

《GU》鎖骨がきれいに見えるトップスまとめ!着痩せするデザイン&着こなし方を紹介

鎖骨 きれい

体における鎖骨の役割 首の付け根から胸部にかけて存在する、2本の骨。 それが鎖骨です。 指で触ってみれば、その存在が容易に確認できることでしょう。 この鎖骨は、どのような役目を持っているのでしょうか? 私たちの体には、「胸郭」と呼ばれるものがあります。 肋骨や胸椎、胸骨を含めた部分のことを言い、これが内臓部分(特に心臓や肺)を守っています。 もし鎖骨がないとなると、上腕部の骨の動きがこの胸郭によって妨害されてしまいます。 鎖骨があるおかげで、上腕部は胸郭からある程度距離を保ったところに存在することができます。 そして、「胸郭に邪魔されない」ということによって、私たちの腕は自由に動くことができ、広い可動域を持つことができます。 鎖骨は、私たちの腕の動きをサポートする非常に重要な場所なのです。 鎖骨はくっきり見えるのがいい さて、この「鎖骨」は、普段はあまり意識しない、という女性も多いのではないでしょうか。 しかし意外なほど、男性が見ている部分でもあります。 男性から見た鎖骨のイメージについて見ていきましょう。 「男性がフェチシズムを感じる場所」というと、あなたはどこを思い浮かべるでしょうか。 恐らく多くの女性が、「胸」「お尻」などを挙げるのではないかと思われます。 少しニッチなところですと、「足首」などのように答える人もいるかもしれませんね。 しかし、実は、今回取り上げている「鎖骨」は、男性がとても気にしている場所なのです。 マイナビウーマンが、22~39歳の社会人の男性を対象として行い、104件の回答を得たなかには、「自分は鎖骨フェチである」という人が複数人含まれていました。 鎖骨のラインが浮かび上がっていると、そこに美しさや艶っぽさを感じる、という人は少なからず存在します。 特に鎖骨は、あまり大っぴらに見せつける場所ではないからか、ちらりと除くその美しさに夢中になってしまう男性もいるのだとか。 分かりやすいセックスアピールではないからこそ、そこにロマンを覚える男性もいるのかもしれませんね。 mynavi. まず、鎖骨の位置について考えましょう。 鎖骨は、のどぼとけから横に向かって伸びるかたちが理想的です。 Vの字になっていたり、ハの字になっていたりする鎖骨は美しくありません。 また、鎖骨が埋れていたら、折角の美しさが目立ちません。 これは肥満体型であったり、筋肉が緩まっていたりすることで起こります。 美しい鎖骨を持っていると、デコルテも、メリハリのある美しいカーブを描くことになります。 また、鎖骨が正しい位置にある人というのは、「猫背」であるケースが少ないと言われています。 鎖骨は骨盤の状態を示すバロメーターでもあるからです。 猫背の人の場合は体全体が内側に対して倒れがちになるため、鎖骨も目立ちません。 対して、真っ直ぐな姿勢を保っている人は、この鎖骨が非常にきれいに、しっかりと見えます。 ストレッチ では、この鎖骨をきれいに見せるためにはどのようなことが考えられるのでしょうか。 これには、「鎖骨周りの筋肉をほぐすことで、きれいな鎖骨を手に入れることができる、と言われています。 そのなかでも、「ストレッチ」と「ダイエット」と「姿勢の改善」は非常に大きな意味を持ちます。 ストレッチをすることで、肩周りの筋肉がほぐれます。 鎖骨は、上でも述べたように、もともと「上腕を広く動かすこと」を目的としている骨です。 上腕を大きく動かし、広く使うようにすることで、それと関わる鎖骨もまた、正しく動くようになります。 実はおすすめなのが、「ラジオ体操」。 ラジオ体操は体全体を使うのですが、このときに、肩周りの筋肉もほぐすことができます。 大切なのは、「指示通り、目いっぱい体を動かすこと」です。 可動域を最大限まで動かすことを意識して、一つひとつの動きをしっかりと行いましょう。 「なんとなくやっている」ではなかなか効果が出ませんよ! ちなみにこのストレッチ(ラジオ体操)の最大のメリットは、「だれにでもできる」ということ。 後でお話しする「姿勢の改善」や「ダイエット」は、専門家の手を借りたり、ある程度計画をたててやったりしなければなりませんが、ラジオ体操の場合、だれでも簡単に取り組むことができます。 また、これは極めてけがが少ないというメリットもあります。 まったく運動をしていない人であっても、安全に体をほぐせるのがうれしいポイントです。 運動前にも最適です。 姿勢の改善 猫背の人の場合、鎖骨が沈み込んだ状態のようになってしまうことがあります。 体が内側にたたまれているため、鎖骨もそれに引っ張られてしまうのです。 このようなことが理由で鎖骨が目立たない、という人の場合は、「猫背の矯正」が極めて有用です。 接骨院や鍼灸医院に相談しに行ってみましょう。 ちなみに、「猫背の改善方法」として、しばしば整骨院やカイロプラクティックが紹介されることがあります。 これらは国家資格がなくても運営できるものなので注意しましょう。 ももちろん、「国家資格がないからダメ」「国家資格がない施設はすべてヤブだ」ということは決してありません。 ただ、どこにしようかまよったのならば、やはり国家資格のある施設に通う方がのぞましいでしょう。 ダイエット もう一つ重要なのは、「ダイエット」です。 鎖骨というのは、体脂肪が多くなれば、たやすくその脂肪のなかに埋もれてしまいます。 BMI指数が25を超える人の場合、ダイエットをしていくなかで、この鎖骨が浮き出た状態になれば、ある程度ダイエットが順調に進んでいることの指針にもなると言われています。 鎖骨は肩周りと密接な関係があります。 そのため、私たちはついつい、「肩周りのダイエットだけをすればよいのだろう」と考えてしまいがちです。 しかしこれは間違いです。 鎖骨が関係しているのは肩まわりだけではなく、デコルテ部分など、「胸部」とも繋がりがあります。 このことから分かる通り、鍛えるべきは、胸筋~肩周りの筋肉です。 また、たとえこの部分の筋肉を付けたとしても、「そもそもの体脂肪率がとても高い」という場合、簡単には鎖骨は浮き上がってくれません。 そのため、最終的には、「全身のダイエット」が必要になります。 筋肉トレーニングをしていると、体の体脂肪がおちるだけでなく、筋肉がつくようになります。 この筋肉は、鎖骨をよく支え、浮かび上がらせるために役立ちます。 ダイエットをすることにより、「体脂肪を減らす」「鎖骨を浮かび上がらせる」という、2つの方向から、鎖骨美人に近づけるのです。 ちなみに、この「デコルテ部分の脂肪」は、お腹周りよりもはるかにぜい肉が落としやすい部位だと専門家は指摘します。 このため、「見せられる鎖骨」を作り上げることは、実はそれほど難しくはありません。 ダイエットによって鎖骨をきれいにしていくことには、メリットがたくさんあります。 まず、体全体をシェイプアップさせられる、ということ。 そして、胸周りの筋肉はつくので、胸のかたちも美しく保てるということ。 メリットしかない方法ですから、ぜひ試してみてくださいね。 鎖骨美人になろう ここまで、「鎖骨」について取り上げていきました。 鎖骨が、男性にとって極めて魅力的な部位であることについては、意外に思った人も多いのではないでしょうか。 鎖骨がきれいになれば、さまざまな洋服も自信をもって着こなすことができます。 美しいデコルテ部分は、自分自身の自信へと繋がることでしょう。 鎖骨をきれいに見せるためには、ストレッチや猫背改善、ダイエットといった地道な努力が必要です。 少し時間はかかりますが、実は、デコルテ部分はかなり落としやすい部位であることも確かです。 効果が実感しやすいところなので、ぜひ取り組んでみてください。 パートナーに褒めてもらうために。 友だちとの温泉旅行にむけて。 来年の夏にあわせての調整として。 mynavi. pia.

次の

モデルのような“デコルテ美人”に! 埋もれた「鎖骨」をキレイに出す簡単テク(1/2)

鎖骨 きれい

鎖骨の辺りが目立つファッションをしているときなどには、「どうしたら鎖骨をきれいに出すことができるのか」という点が悩みどころです。 鎖骨がきれいに見えるということは、デコルテがきれいだということです。 鎖骨のラインや骨の出方だけではなく、デコルテの肉付きや肌の美しさも、鎖骨の美しさを強調します。 鎖骨が出ていない原因は、日々の習慣にあります。 鎖骨が埋まっている原因について正しく理解し、セルフケアのやり方も押さえておきましょう。 この記事では、鎖骨が出ない理由とともに、きれいな鎖骨のくぼみを出すためにできることについて解説していきます。 美しい鎖骨の条件って? 美しいといわれる鎖骨の条件としては、いくつかの事柄が挙げられます。 まず、正面から見たときに、鎖骨が横にまっすぐ伸びていることです。 実は、鎖骨の形は人によって異なります。 加えて、厳密にいうと鎖骨はまっすぐではなく、少し湾曲している状態が正常です。 次に、左右対称になっている鎖骨は美しいといわれることが多くあります。 鎖骨が左右対称でまっすぐ横に伸びていると、肩が自然に落ちて腕のラインもきれいに見えます。 また、両手を前に伸ばしたときに、鎖骨のくぼみに指3本の第一関節までが入るという点も、きれいな鎖骨の条件のひとつです。 鎖骨が横にまっすぐ伸びている• 鎖骨が左右対称になっている• 両手を前に伸ばしたときに、鎖骨のくぼみに指3本の第一関節までが入る 鎖骨の形で悩んでいるのであれば、美しい鎖骨の条件を把握しておき、チェックしてみましょう。 鎖骨が出ないと太って見える可能性も! 鎖骨がきれいに見えて、そのうえ美しいデコルテを維持することができなければ、太って見える可能性もあります。 鎖骨がきれいに出ていないと、人によっては首元が詰まって見えてしまう恐れがあるでしょう。 すると、全体的にスタイルが悪い印象となってしまいます。 加えて、鎖骨が見えない状態では胸が下がってしまうことによって、 バストの位置まで下がってしまうというデメリットもあるのです。 二の腕が目立ちやすくなる また、鎖骨が出ていないと二の腕が目立ちやすくなり、結果として太って見える可能性もあります。 鎖骨が埋まっているだけでなく、二の腕が太いという悩みがあるのであれば、美しい鎖骨の条件として紹介した、「両手を前に出したときに、指三本分の第一関節までがくぼみに入る」というものをチェックしてみましょう。 こり固まった筋肉をほぐすためにマッサージを この条件がクリアできない人の場合は、デコルテの辺りや肩の筋肉が凝って固くなっている可能性が高いといえます。 そのため、こり固まった筋肉をほぐすためにマッサージをするなどして鎖骨がきれいに保てるような工夫をしてみると、デコルテだけでなく、二の腕あたりにも変化が生まれてきます。 鎖骨が出ない原因のひとつは「姿勢」 鎖骨が美しく出ていない原因のひとつとして、姿勢の悪さが挙げられます。 姿勢が悪いと、肩が内巻きになる傾向があります。 肩が内巻きになってしまうと、腕や首が前方に出てきて、鎖骨が埋もれているように見えてしまうのです。 肩が内巻きになり鎖骨が縮まる 内巻き肩になると、腹筋が弱ってきます。 すると、お腹回りが次第に緩んでしまい、美しい姿勢をキープすることが難しくなってしまいます。 腹筋が緩くなると、背骨の胸あたりにある胸椎と呼ばれる部分が前屈みに曲がってきます。 この胸椎が丸く前傾すると、肩が上がり、鎖骨が内側に縮まります。 鎖骨は首と繋がる筋肉があり、鎖骨が縮まることで、首の筋肉も縮まり、凝りやむくみの原因になります。 デコルテ付近の筋肉が凝ってしまう可能性も しかし、お腹回りに筋肉があれば腹部が緩むことはなく、背筋もピンと自然に伸びた状態になります。 さらに、腹筋が鍛えられていないと、もともと丸みを帯びていた背中がどんどん丸くなっていき、肩甲骨が前方に巻いていきます。 肩甲骨が巻いてくると、その動きを受けて肩も内に巻いていってしまうのです。 巻き肩になると、首から肩にかけての筋肉は緊張した状態であるため、デコルテ付近の筋肉が凝ってしまう可能性もあります。 首や肩の付近の筋肉が凝っていると感じている人のなかには、筋肉の緊張によって肩が上がって見えるケースもあるため注意が必要です。 気付かないうちに姿勢が悪くなっているかも? 日常生活を送る間で、自分では気が付かないうちに姿勢が悪くなっていることもあります。 自分の姿勢を客観的に見る機会はそれほど多くはありません。 ゆえに、体のゆがみなどが直接的な原因でさまざまな不調を起こさないためにも、正しい姿勢がキープできるように心がけることが欠かせません。 スマホやパソコンを見ることが多く、うつむく姿勢でいることが多い人は、ストレートネックや猫背になりやすいです。 まずはデバイスの位置を目線や目線より上にしましょう。 また 料理や手芸などが趣味の方も、下を向いたまま作業に没頭することがあると思います。 15分置きに休み、肩を後ろにストレッチしたり、首を上下に動かしたりして、長時間一定の姿勢にならないようにしましょう。 定期的に鏡を見るなどして、「猫背や前かがみの姿勢でいる時間が多くなっていないか」や「内巻き肩になっていないか」などを確認してみることが大切です。 そして、毎日長時間スマホを見たり、猫背で過ごす時間が長かったりするなどの自覚がある人は、生活習慣を改め、姿勢を見直すことも大切です。 それでも改善しない、首肩こりがある方は、治療家や運動療法士、エステティシャンなどの専門家に診てもらうと良いでしょう。 「出ない」以外にも注意したい鎖骨の形は? 鎖骨やデコルテの美しさを気にしている人のなかには、「鎖骨が出ていない」という点で悩みを抱えている人がほとんどです。 しかし、ただ単に鎖骨が出ているからといって「美しい鎖骨」と断言することはできません。 実は、鎖骨には「出ない」以外にも、注意すべき形があるのです。 「V字型」鎖骨 まず、姿勢が悪い場合には、鎖骨が「V字型」になるケースもあります。 鎖骨の辺りをチェックしてV字型になっているのであれば、 猫背であることが原因となって肩が内側に入ってしまっている可能性があるといえるでしょう。 加えて、鎖骨がV字型を示しているということは、肩の筋肉が引っ張られているということを意味しています。 そのため、鎖骨が埋まっているというだけでなく、いかり肩や肩こりの原因にもなりかねません。 「八の字型」鎖骨 次に、鎖骨が「八の字型」になっているケースです。 鎖骨が八の字型の場合は、 なで肩に見えるという特徴があります。 鎖骨が八の字になってしまうと、胸郭出口が狭くなるという問題があります。 胸郭出口とは、肋骨と鎖骨の間のことです。 胸郭出口が狭くなれば、神経を圧迫するなどのことから、肩こりをはじめとして、背中や腕のしびれなどにもつながる恐れがあります。 鎖骨が出ないとさまざまな影響が出る 鎖骨が出ておらず、埋まっているという状態は、「スタイルが悪く見える」など、見た目が悪いということだけにとどまる問題ではありません。 生まれつきの体格や体質で、鎖骨が表面に見えない方もいますが、今までは見えていたのに鎖骨が見えなくなった場合は、体にもさまざまな影響が出てくる可能性があります。 肩がこりやすくなる まず、姿勢が悪いことによって鎖骨が埋もれている場合には、肩こりの症状が起こりやすくなります。 はじめのうちは軽い肩こりの症状の場合でも、時間が経過するにつれて、腕が上がらないほどの痛みを伴う恐れがあるのです。 呼吸が浅くなる ほかには、呼吸が浅くなる可能性もあります。 人間が深い呼吸を行うときには、肩甲骨を使って肋骨を大きく開かなければなりません。 鎖骨と肩甲骨はつながっています。 そのため、肩こりがひどい場合には、呼吸を助けるといわれている僧帽筋や胸鎖乳突筋、鎖骨下筋、小胸筋などの筋肉が固くなってしまっている場合があるのです。 鎖骨のまわりの筋肉をしっかりほぐしておくと、肩や首の凝りを軽減することができます。 もし、呼吸が浅いという自覚があるのであれば、鎖骨の辺りを指で押さえてみましょう。 鎖骨の周辺を指で押さえてみて痛みを感じるようなら、筋肉が凝っている可能性があります。 顔のむくみや冷え性の原因にも また、鎖骨が埋もれている場合は、むくみが出ている可能性があります。 皮下に水分が停滞して皮膚が膨張するとデコルテ周辺が膨らんで、むくみます。 そして鎖骨が見えなくなりますので、デコルテや鎖骨を美しくしたい方は、常日頃から 血流やリンパ液の流れをよくするよう、マッサージをしましょう。 猫背やストレートネックは、筋肉の疲労を起こし、血管やリンパ管を圧迫するので、むくみやこりに繋がります。 鎖骨周辺は、首や下顔面の血流にも直接つながりますので、顔のむくみの原因にもなります。 さらに、鎖骨が出ていないと、顔のむくみを引き起こす恐れもあります。 鎖骨やデコルテを美しく見せたいと思うなら、血行やリンパの流れを良くすることが重要なポイントです。 血行やリンパの流れが悪くなると、肩こりだけでなく、むくみや腰痛などにもつながります。 加えて、リンパには疲労物質をはじめとする有害物質や、不要な水分を取り除いてきれいな体を保つ役割があります。 特に、鎖骨リンパ節の流れが悪くなると、顔のむくみだけでなく、足のむくみや冷え性の原因となる可能性があるため、注意が必要です。 姿勢を美しく保つにはセルフケアが必要不可欠 美しい姿勢を保つために、日頃の生活のなかで簡単にできるセルフケアを取り入れていきましょう。 姿勢が良いかどうかという問題は、毎日の習慣と深く関係しています。 例えば、デスクワークが中心の生活を送っていたり、スマホやパソコンの画面を長時間見ることが習慣化したりしているようならば、本人は気付いていなくても、前かがみの姿勢や猫背になっている恐れがあります。 美しい鎖骨を意識的に作るためには、日常的にセルフケアを取り入れて、凝りなどをほぐしていくことが大切です。 肩回りのストレッチ 例えば、肩回りをほぐすストレッチやマッサージを行うと、姿勢を美しく保つことができるようになります。 肩の辺りを意識したストレッチを覚えておくと、仕事や家事などで忙しいときでも気軽に取り組むことができます。 まず、立った姿勢、または椅子に座った姿勢になり、頭の上に両腕を引き上げるようにして、両方の肘をつかむようにしましょう。 次に、息を吐きながら、両腕を頭の後ろへ引いていきます。 さらに、息を吸うタイミングで緩めていきます。 この動きを30回ほど行うと、肩の凝りが少しずつほぐれてきます。 肩甲骨のストレッチ ほかに、肩甲骨のストレッチも簡単に行うことができるため、チャレンジしてみましょう。 最初に、立った姿勢か、椅子に座った姿勢になって準備します。 次に、両腕は背面にまわして、手のひらをくっつけた状態で指を組みます。 そして、息を吐くと同時に、両腕を下へと引っ張っていきましょう。 このとき、肩甲骨を下げるように意識しながら、肩を下方へと下げていくことがポイントです。 胸が張り、引きあがっているような状態のまま、10秒ほどキープしましょう。 一度姿勢を戻した後、ストレッチを3回ほど続けると肩甲骨の辺りの凝りがほぐれます。 鎖骨や肩の辺りの筋肉が凝って固くなっていると、姿勢も悪くなっています。 毎日のセルフケアに関しては個人で行わなければならないものであるため、普段の生活のなかに積極的に取り入れていきましょう。 特に重視したいのは背中ケア! 猫背を治したい場合は、鎖骨だけでなく、背中を意識したケアを心がけていきましょう。 ただ、鎖骨は簡単に目視することができても、背中は自分では見えづらいという問題があります。 鏡越しに背中を見た場合でも、ゆがみや筋肉の状態などを正しく判断することは困難です。 加えて、背中は手の届きにくい部分であるため、 自分一人で日常的にケアをするのは非常に難しいといえるでしょう。 適切な背中のケアを行うことは、鎖骨を美しく見せるだけでなく、前かがみの姿勢や猫背の矯正にもつながるものです。 したがって、正しい姿勢を維持して、美しい鎖骨を目指したいと考えるなら、背中ケアにも力を入れることが求められます。 短期間で美しい鎖骨を手に入れるには 背中ケアを行うことで、短期間で美しい鎖骨を手に入れたいなら、エステに通ってプロの施術を受けてみるのも方法のひとつです。 エステを利用すれば、鎖骨や姿勢などにまつわるさまざまな悩みを、プロに相談することができます。 施術前に行われるカウンセリングでは、具体的な施術にまつわる質問はもちろんのこと、 食生活やセルフケアなどのアドバイスも受けることができます。 また、エステは知識と技術を持ったプロが、肩甲骨や背中のストレッチを丁寧に行ってくれるという点も大きなメリットといえるでしょう。 気になる背中を効率よく揉みほぐして、 筋肉の深部にまで働きかけるということは、エステでしか受けることのできない技術です。 加えて、鎖骨や背中だけでなく、凝りやすい首やデコルテの部分もケアしてもらえば、上半身が引き締まり、全体的に美しいシルエットになります。 セルフケアでは届きにくい箇所に働きかける さらに、エステで施術を受けると、低周波マシンなどを利用して、セルフケアでは届きにくい箇所にも働きかけることが可能です。 背中や鎖骨を中心として適切なケアを受けることができれば、メリハリのあるボディを目指せるかもしれません。 セルフケアを続けて行うことは、もちろん大切です。 しかし、背中を重点的にケアするためには、エステの利用も検討してみると良いでしょう。 きれいな鎖骨のためのケアを取り入れよう きれいな鎖骨を手に入れるためには、姿勢を正すことからはじめる必要があります。 特に、美しい鎖骨を維持したいと考えるなら、適切な背中のケアが大切です。 継続して背中のケアを行うことができれば、太りにくい体を作ることにもつながります。 きれいな鎖骨を手に入れるために、セルフケアや背中ケアを取り入れていきましょう。 参考元URL 【nestra】内巻き肩を指圧やストレッチで治す方法とは!なで肩や肩こり姿勢も改善で着てしまう! 【美肌マニアの美容情報】逆ハの字は注意!美しい鎖骨の条件と作り方 【いまトピ】ツラい肩こりに!「鎖骨コリほぐし」で呼吸もすっきり 【キレイの先生】鎖骨リンパを流す方法!専門家に聞くマッサージ!足や顔のむくみ改善にも.

次の

なぜ鎖骨が出ない?理由ときれいなくぼみを手に入れる方法を解説!

鎖骨 きれい

デコルテがきれいな人は、必ず「鎖骨」が横に伸びていますよね。 鎖骨が見えない、鎖骨が埋まってる、鎖骨がVの字、または鎖骨が逆ハの字になってしまっている人……。 自分じゃどうする事もできないと諦めなくても、おうちでも鎖骨を出す方法をご紹介します! 鎖骨の正しい位置 まずは鎖骨の正しい位置を知ってください。 喉仏の下からまっすぐ横に伸び、肩の終わりまで続いて、鎖骨のくぼみには指が3. 4本縦に第一間接まで入るのが理想の鎖骨です。 目指すは見せられるデコルテへ! 鎖骨が縦、V字の人の原因 鎖骨が首に巻きつくように縦になってしまっている人。 このタイプは肩こり、頭痛も酷いのではないでしょうか? まずは姿勢が悪いことが原因。 そして当然リンパも詰まってしまい、鎖骨がぱっと見て見当たらないのもこのタイプ。 埋もれた鎖骨の出しかた このタイプは鎖骨下の胸の筋肉が縮まってしまい、逆に背中の筋肉がゆるみ、広がってしまっています。 鎖骨同様に肩甲骨も埋もれているのが特徴。 ですので前の筋肉を広げ、背中の筋肉を縮める運動をすると鎖骨が横になり、出てきます。 やり方はダンベルなどを持ち、負荷をかけながらまっすぐ手を上に上げて、そこからゆっくり背中の肩甲骨を寄せるように意識して後ろ寄りに下にさげきります。 腕が真横に来たときはウエイトリフティングのようになっていれば正解。 そしてまた同じようにゆっくり手を上げて。 を毎日最低10回繰り返す事で、ひと月ほどはかかりますが、キレイに鎖骨が横に伸びるようになります。 キレイに伸びた後は毎日5回ずつ位していると維持できるようになりますよ。 仕事中でも手を後ろに組みそのまま上にあげて肩甲骨を縮める動きをすることもオススメ! もちろん姿勢も正しく、胸を張るように意識して生活していないとすぐに元に戻ってしまいます。

次の