ジェイド 利き手。 ツイステキャラのプロフィール一覧と接点・4月のお知らせなど

ジェイド・リーチ (じぇいどりーち)とは【ピクシブ百科事典】

ジェイド 利き手

結んだ契約を果たせなかった、あなたが悪いんですよ? CV: 概要 学年・クラス 2年E組13番 誕生日 蠍座 年齢 17歳 身長 190cm 利き手 右 出身 珊瑚の海 部活 山を愛する会 得意科目 魔法薬学 趣味 嫌いなこと 好きな食べ物 の 嫌いな食べ物 特技 をいれること オクタヴィネル寮の副寮長。 個人のロゴは左向きのウツボ。 人物 とは双子の兄弟。 物腰が柔らかく、誰にでも丁寧な口調で接する。 の補佐役でもあり、一見すると真面目で二人に振り回されているようにも見えるが 腹黒い。 仲間内の悪巧みにも積極的且つ誰よりも愉快そうに乗っている。 バイオレンスな兄弟が暴力的手段に出そうになっても 場合にも因るが 止めそうで止めない。 入学式直後には 新寮生の個人情報やSNSの裏垢まで把握しており、その情報ファイルを寮長に丸ごと上納していた。 (そもそもある化粧水作りの時はあっさりと双子の兄弟を売ったりしている) 同じ副寮長であるは「真面目で腰が低い苦労人」だと思っていたが、この一面を見て考えを改めた。 この性格の為からは兄弟纏めて苦手に思われている。 そのためかからは「ムシュー・計画犯」と呼ばれている(因みにフロイドは「ムシュー・愉快犯」)。 魔法薬学は得意だが、飛行術は苦手な模様。 本人は「アズールよりマシでしょう?」と意地を張っているがユーザーの目からすれば。 因みに意外にも「燃費が良くない」よう。 双子であるフロイドが「海の中じゃ靴は履けない」「折角足が出来たんだから好みの靴を履かないと勿体無い」等と元々はよく見る姿とは違う姿をしていたのを仄めかすような事を言っていたが、第三章「深海の商人」にて兄弟揃って真の姿が明らかになった。 またに異常な執着を見せており一時は二週間、ほぼ毎日のようにキノコ料理を出しておりキノコ嫌いであるフロイドは元より無料で低カロリーの食材と喜んでいたアズールまで文句を言うほどキノコ攻めにしていた。 (山を愛する会という部活動で採取してきたらしい) 珊瑚の海の中でも北の方出身でウィンターホリデー中は海面が流氷で覆われ帰るのが大変なためフロイド、アズールと共に寮で年を越す。 帰省は春休みの予定だ。 容姿 ターコイズ色の短髪に黄色とオリーブ色の釣り目のオッドアイ。 また髪に黒のメッシュが入っている。 フロイドと同じだが目の色とメッシュの向きが反対。 普段は気付きにくいが口角を上げて笑うとフロイドと同じが見える。 本編・イベントでの動向 本編 初登場は第2章。 マジフト大会を目前に生徒が相次いで怪我をする事件を追っていたが、情報で狙われるであろう生徒として兄弟揃ってマークしていた。 第3章ではイソギンチャクの奴隷達を解放するべく契約を果たそうとする主人公達をフロイドと共に邪魔をした。 愉快そうに乗っていたジェイドだったが、アズールの危機を察知すると主人公達に拘るフロイドや自棄を起こして暴走するアズールを説得して止めようとするなど片割れや副寮長としてしっかりした場面も見られた。 第4章でも続けて登場。 ウィンターホリデー期間中の為兄弟と幼馴染みと共に学園に残った。 そこで偶然モストロ・ラウンジに転がりこんだ主人公達からの事に関するトラブルを聞き、三人揃ってスカラビア寮にお邪魔する事にした。 最近情緒不安定だというにはがあるのではとユニーク魔法で本人の口から情報を聞き出そうとするが……。 ハッピービーンズデー 同じ農民チームとして主人公と共に行動をする。 副寮長なのでアズールとは敵対。 相方のフロイドは興味を持たずにどこかへ行ったが当人はノリノリでアズールと戦っていた。 アズールから聞いていたの情報などで動いていたりした。 ゴースト・マリッジ 花嫁ゴーストからを奪還する為の花婿候補として兄弟揃って参戦させられる 高身長がゴーストの理想に適っていた為。 丁寧な物腰と花のプレゼントで好印象はもたれていたがフロイドから 実は毒草だとバラされ、「 物騒!!」と失格の平手打ちを食らってしまった。 自分だけ失格にされたのが気に入らなくて バラしたフロイドもフロイドだがそんなモンを渡したジェイドもジェイドである。 ユニーク魔法 『 そんなに怖がらないで、力になりたいんです。 かじりとる歯 ショック・ザ・ハート 』 魔法名 【 かじりとる歯 ショック・ザ・ハート 】 効果 一度だけ相手に真実を喋らせることができる 一度使ってしまうと、その相手には二度とこの魔法は効かなくなってしまう。 また魔法耐性が強い人や、アズールのように用心深い人にはほとんど効かない。 逆にのような心のガードが緩い人や、気が動転するなどして心に隙が出来た人にはかなり効きやすいらしい。 その性質故、ジェイドはユニーク魔法のことを気軽に話したがらない。 さらに、相手の義理堅さによっては第三者との約束で詳細を話すことを拒否されてしまったりして、魔法の発動中に話を聞きだすのが難しい時もある。 余談 モチーフはの部下である双子のウツボの片割れ『ジェットサム』と思われる。 関連イラスト.

次の

映画『トリプル・スレット』公式サイト|9月6日ロードショー

ジェイド 利き手

結んだ契約を果たせなかった、あなたが悪いんですよ? CV: 概要 学年・クラス 2年E組13番 誕生日 蠍座 年齢 17歳 身長 190cm 利き手 右 出身 珊瑚の海 部活 山を愛する会 得意科目 魔法薬学 趣味 嫌いなこと 好きな食べ物 の 嫌いな食べ物 特技 をいれること オクタヴィネル寮の副寮長。 個人のロゴは左向きのウツボ。 人物 とは双子の兄弟。 物腰が柔らかく、誰にでも丁寧な口調で接する。 の補佐役でもあり、一見すると真面目で二人に振り回されているようにも見えるが 腹黒い。 仲間内の悪巧みにも積極的且つ誰よりも愉快そうに乗っている。 バイオレンスな兄弟が暴力的手段に出そうになっても 場合にも因るが 止めそうで止めない。 入学式直後には 新寮生の個人情報やSNSの裏垢まで把握しており、その情報ファイルを寮長に丸ごと上納していた。 (そもそもある化粧水作りの時はあっさりと双子の兄弟を売ったりしている) 同じ副寮長であるは「真面目で腰が低い苦労人」だと思っていたが、この一面を見て考えを改めた。 この性格の為からは兄弟纏めて苦手に思われている。 そのためかからは「ムシュー・計画犯」と呼ばれている(因みにフロイドは「ムシュー・愉快犯」)。 魔法薬学は得意だが、飛行術は苦手な模様。 本人は「アズールよりマシでしょう?」と意地を張っているがユーザーの目からすれば。 因みに意外にも「燃費が良くない」よう。 双子であるフロイドが「海の中じゃ靴は履けない」「折角足が出来たんだから好みの靴を履かないと勿体無い」等と元々はよく見る姿とは違う姿をしていたのを仄めかすような事を言っていたが、第三章「深海の商人」にて兄弟揃って真の姿が明らかになった。 またに異常な執着を見せており一時は二週間、ほぼ毎日のようにキノコ料理を出しておりキノコ嫌いであるフロイドは元より無料で低カロリーの食材と喜んでいたアズールまで文句を言うほどキノコ攻めにしていた。 (山を愛する会という部活動で採取してきたらしい) 珊瑚の海の中でも北の方出身でウィンターホリデー中は海面が流氷で覆われ帰るのが大変なためフロイド、アズールと共に寮で年を越す。 帰省は春休みの予定だ。 容姿 ターコイズ色の短髪に黄色とオリーブ色の釣り目のオッドアイ。 また髪に黒のメッシュが入っている。 フロイドと同じだが目の色とメッシュの向きが反対。 普段は気付きにくいが口角を上げて笑うとフロイドと同じが見える。 本編・イベントでの動向 本編 初登場は第2章。 マジフト大会を目前に生徒が相次いで怪我をする事件を追っていたが、情報で狙われるであろう生徒として兄弟揃ってマークしていた。 第3章ではイソギンチャクの奴隷達を解放するべく契約を果たそうとする主人公達をフロイドと共に邪魔をした。 愉快そうに乗っていたジェイドだったが、アズールの危機を察知すると主人公達に拘るフロイドや自棄を起こして暴走するアズールを説得して止めようとするなど片割れや副寮長としてしっかりした場面も見られた。 第4章でも続けて登場。 ウィンターホリデー期間中の為兄弟と幼馴染みと共に学園に残った。 そこで偶然モストロ・ラウンジに転がりこんだ主人公達からの事に関するトラブルを聞き、三人揃ってスカラビア寮にお邪魔する事にした。 最近情緒不安定だというにはがあるのではとユニーク魔法で本人の口から情報を聞き出そうとするが……。 ハッピービーンズデー 同じ農民チームとして主人公と共に行動をする。 副寮長なのでアズールとは敵対。 相方のフロイドは興味を持たずにどこかへ行ったが当人はノリノリでアズールと戦っていた。 アズールから聞いていたの情報などで動いていたりした。 ゴースト・マリッジ 花嫁ゴーストからを奪還する為の花婿候補として兄弟揃って参戦させられる 高身長がゴーストの理想に適っていた為。 丁寧な物腰と花のプレゼントで好印象はもたれていたがフロイドから 実は毒草だとバラされ、「 物騒!!」と失格の平手打ちを食らってしまった。 自分だけ失格にされたのが気に入らなくて バラしたフロイドもフロイドだがそんなモンを渡したジェイドもジェイドである。 ユニーク魔法 『 そんなに怖がらないで、力になりたいんです。 かじりとる歯 ショック・ザ・ハート 』 魔法名 【 かじりとる歯 ショック・ザ・ハート 】 効果 一度だけ相手に真実を喋らせることができる 一度使ってしまうと、その相手には二度とこの魔法は効かなくなってしまう。 また魔法耐性が強い人や、アズールのように用心深い人にはほとんど効かない。 逆にのような心のガードが緩い人や、気が動転するなどして心に隙が出来た人にはかなり効きやすいらしい。 その性質故、ジェイドはユニーク魔法のことを気軽に話したがらない。 さらに、相手の義理堅さによっては第三者との約束で詳細を話すことを拒否されてしまったりして、魔法の発動中に話を聞きだすのが難しい時もある。 余談 モチーフはの部下である双子のウツボの片割れ『ジェットサム』と思われる。 関連イラスト.

次の

フロイド・リーチ (ふろいどりーち)とは【ピクシブ百科事典】

ジェイド 利き手

INTRODUCTION 主演を務めるのは『マッハ!』のトニー・ジャー、『ザ・レイド』のイコ・ウワイス、そして『マトリックス』の武術指導を経て俳優としても活躍するタイガー・チェン。 世界的なアクションスターの三人がそれぞれムエタイ、シラット、カンフーを武器に立ち上がりドリームチームを結成!さらに『ドクター・ストレンジ』で披露した超絶アクションが記憶に新しいスコット・アドキンス、総合格闘技出身のマイケル・ビスピン、7種の武術の黒帯を有する『スポーン』のマイケル・ジェイ・ホワイト、『チョコレート・ファイター』のジージャー・ヤーニンら世界のアクションスターが大集結!血湧き肉躍る激闘、超絶アクションの連続!ここに最強のアクション映画が誕生した! STORY 中国有数の資産家の娘シャオシャンは父の遺産を投じ、東南アジアの都市マハ・ジャヤに巣食う犯罪組織の壊滅を目指していた。 ところがその行動を面白く思わない犯罪組織のボスはシャオシャンを殺害すべく、冷血非道なコリンズ(スコット・アドキンス)をリーダーとした傭兵部隊を送り込む。 コリンズらの襲撃により街は戦場と化し、かろうじて警察署に逃げ込んだシャオシャンはそこで出会った二人の腕に覚えのある男パユ(トニー・ジャー)とロン・フェイ(タイガー・チェン)に助けられる。 パユ、ロン・フェイ、そしてシャオシャンは警察署を脱出し大使館を目指すのだが、そこに妻を殺害されコリンズに恨みを持つ現地の男ジャカ(イコ・ウワイス)も加わり、壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。 コリンズの追撃は激しさを増していくなか、果たしてパユとロン・フェイはシャオシャンを守り抜くことはできるのか!? トニー・ジャー 1976年タイ出身。 ジャッキー・チェンに憧れて武術の練習を始め、15歳でタイ・アクション映画界の巨匠パンナー・リットグライに師事。 高校を卒業後、体育大学に進学し、テコンドー、ムエタイ、棍棒、剣術や体操を学ぶ。 タイで撮影された『モータル・コンバット2』(97)でロビン・ショウのスタントマンとして出演したのを機に注目を集め、『マッハ!』(03)で初の主役に抜擢される。 アクションコーディネートも担当したこの映画は、世界中で大ヒットし、トニーはタイのトップアクションスターの地位を築き上げた。 続く『トム・ヤム・クン!』(05)はオーストラリアで撮影され、4分間長回しワンカットなどの超絶アクションを披露、全米でも公開され話題となった。 さらに『マッハ!弐』 08 では監督にも挑戦したほか、『ワイルド・スピードSKY MISSION』(13)ではハリウッドデビューを果たす。 最新作は人気ビデオゲームの映画化『MONSTER HUNTER』、ニコラス・ケイジと共演した『JIU JITSU』が控えている。 イコ・ウワイス 1983年インドネシア出身。 10歳の頃から伝統的なインドネシアの武術シラットのマスター、アチマド・バナワーから学び、全国規模のシラットの大会で幾度も優勝を飾る。 ギャレス・エヴァンス監督がドキュメンタリー映画を作るためにイコのシラット道場に訪れ、自身の製作会社に入り映画俳優と格闘シーンの振付師になるよう提案したのがきっかけで映画界へ入り、『ザ・タイガーキッド ~旅立ちの鉄拳~』(09・未)でスクリーンデビューを飾る。 その後、国際的にも評価され人気を博した『ザ・レイド』(11)、『ザ・レイド GOKUDO』(13)に出演。 この成功によって、アクション映画のスタートしてイコの名はハリウッドでも認知されるようになり、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)に出演した。 その他の主な出演作に『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』(13)、『ヘッド・ショット』(16)、『スカイライン-奪還-』(18)など。 タイガー・チェン 1975年中国出身。 幼い頃より中国武術を学び、18歳で四川省の代表チームへ入り中国大陸全国少年武術大会で優勝する。 19歳で渡米し香港アクション映画界の重鎮ユエン・ウーピンに弟子入り、『マトリックス』シリーズ(99-03)でのキアヌ・リーブスの武術指導やスタント、『チャーリーズ・エンジェル』(00)にてスタントを経験する。 その後、『マトリックス』で仕事をともにしたローレンス・フィッシュバーンが監督・脚本・主演を手掛けた『ONCE IN THE LIFE』(00・未)で俳優としてデビューを飾る。 さらにはキアヌ・リーブスが初監督を務めたマーシャルアーツアクション映画『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』(13)で主演に抜擢される。 その他の主な出演作に『カンフー・トラベラー 南拳』(17)、『カンフー・トラベラー 北腿』(17・未)など。 スコット・アドキンス 1976年イギリス出身。 10歳の頃に地元の柔道クラブに通いはじめ、ブルース・リー、ジャッキー・チェンらアクションスターに憧れながら鍛錬を重ね、14歳よりテコンドー、17歳よりキックボクシングを学ぶ。 香港でアクション監督のトン・ワイに見出された彼は、トン・ワイ自身が監督を務めた映画『Extreme Challenge』(01・日本未公開)への出演をきっかけに、ユエン・ウーピン、ユン・ケイ、ツイ・ハーク、サモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェンら香港アクション映画界の大御所たちと仕事をする機会を得る。 その後アメリカで出演した『人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊』(03・未)、『デッドロック II』(06・未)での切れ味鋭いアクションを披露し大きな注目を集める。 また、スタントマンとしても活躍しており『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(09)ではライアン・レイノルズのスタントを務めた。 その他の主な出演作に『アクシデンタル・スパイ』(01)、『メダリオン』(03)、『ピンクパンサー』(06)、『ボーン・アルティメイタム』(07)、『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』(12)、『エクスペンダブルズ2』(12)、『ゼロ・ダーク・サーティ』(12)、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』(16)、『ドクター・ストレンジ』(16)、『アメリカン・アサシン』(17)など。 最新作はドニー・イェン主演の大ヒットシリーズ第4弾『Yip Man 4(原題)』。 マイケル・ビスピン 1979年キプロス出身。 イギリスへ移住し8歳から柔術を、その後ボクシング、キックボクシング、空手を学び、2003年より総合格闘技に進出。 イギリスの団体Cage Rageでの王座を経て、2006年からUFCに参戦。 同年6月UFC傘下のTUF3大会に優勝し、2016年6月には「UFC 199」にてUFC世界ミドル級王座を獲得。 イギリス人初のUFC世界王者となった。 2018年に現役引退。 TVシリーズ「Hollyoaks Later(原題)」(10)への出演により俳優としてのキャリアをスタートさせ、『トリプルX:再起動』(17)、「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」(17)、『ザ・アウトロー』(18)にも出演している。 マイケル・ジェイ・ホワイト 1967年アメリカ出身。 松濤館流空手、剛柔流空手、極真空手、テコンドー、唐手道、武術太極拳、琉球古武道、そしてブラジリアン柔術の8種の黒帯を有している。 俳優としては1995年にHBOが制作した『マイク・タイソン/傷だらけのプライド』でマイク・タイソンを演じたことで大きな注目を集め、人気コミックの実写映画化作品『スポーン』(97)に主役に抜擢された。 その他の主な出演作に『ミュータント・ニンジャ・タートルズ2』(91)、『ユニバーサル・ソルジャー』(92)、『ユニバーサル・ソルジャー/ザ・リターン』(99)、『DENGEKI 電撃』(01)、『シルバーホーク』(04)、『ダークナイト』(08)、『バトル・ヒート』(14)など。 最新作はメル・ギブソン、ヴィンス・ボーンと共演した『Dragged Across Concrete』。

次の