スプラトゥーン2 立ち回り x。 【スプラトゥーン2】スプラマニューバーコラボのおすすめギアと立ち回り|ゲシピ

【スプラトゥーン2】ウデマエXとは?ウデマエXになる方法と解説

スプラトゥーン2 立ち回り x

このとき、 好きな武器がマイナー武器であった場合、性能の時点で勝機が失われることがあるので、好きな武器と勝てる武器は使い分けたいところです。 好きな武器=勝てる武器である方で、負け頻度が多い場合は、立ち回りやプレイヤースキルを見直す必要があります。 負けなくてもキルレが安定しなかったりする場合も同様です。 ヤグラ上の敵をサクサク倒せるブラスター武器で、防衛に関しては間違いなく刺さる武器です。 多くの武器は立ち回りにも依存してしまいますが、この様に、 武器の性能面だけで既にそのルールやステージに特化した武器と言うものが存在します。 これらの武器を使うだけでも勝機はグッと高まるので、武器選択の際に試してみて下さい。 他にも潜伏がバレにくい場所、ヒト速の速さを活かせる場所など、自分の 武器の性能を存分に活かせるステージの時に挑むことも重要です。 スペシャルの中でも強い部類のハイパープレッサーが刺さるステージは、対策が出来ない以上無理に挑む必要はありません。 連戦していると「あ、今ハイプレ多いな…」と思うことも少なくはないはずです。 それが原因で負けていると感じたら、少し時間を置いて再挑戦してみるのもありです。 この様に、ハイパープレッサーに限らずですが、相手になると苦手な武器がある場合は、その武器が極端に刺さり、どうも勝率が低いなと言うステージは避けるのも得策です。 集中しすぎて視野が狭まることもあります。 そして脳が非常に疲れます(筆者談)。 なので、程よく集中力があり、少しの余裕もある時に挑むことがおすすめです。 目の前の敵を必ず倒すための集中より、こまめにマップを確認したり、味方の動きを見たりなどできる 余裕がある時のほうが、視野広く立ち回ることができます。 あと、疲れません。 疲れているとエイムが合わなかったり、瞬間的な状況判断で遅れを取ったり、あるいは間違えて敗因そのものになってしまうなんてことも少なくありません。 疲労感のないときにやることの大事さは、ぜひ知っておいてほしい要素です。 それに対して勝つことで得られるのは至極単純「楽しい」の1つに尽きる。 なんて方も少なくはないでしょう。 この様に、連敗が続くとその分、自身にかかる負荷が非常に多くなります。 連敗が続いている場合は、潔く休憩を挟んでリフレッシュし、しっかりクールダウンすること! これ、ほんとに、ほんとに大事です。 イライラせずにバトルできるのがベストな状態だと言うことを覚えておきましょう。 それは「 不利な要素は回避すること」です。 ややずるいようにも思えますが、これが事実、ウデマエXへの近道でもあります。 勝つことだけに力を入れた時、負ける要素は徹底的に排除すると言う結果に落ち着くのです。 負けることで遠のくウデマエXなわけですから、少しでもはやくウデマエXに到達したいのであれば、負け戦には挑まないことが一番です。 そしてここで生まれる疑問がひとつ。 それでウデマエX以降維持できるのか?と言う点です。 つまり、 ほんとに実力を高めたければ、その土俵に立って実力のある人達に囲まれ、質の高い場でさっさと経験を積んだほうが早いわけです。 なので、まずはその強者たちと同じ土俵に立つために、ビビリ戦法でもコツコツとウデマエを高め、ウデマエXに到達することをおすすめします。 スプラトゥーン2 関連リンク ウデマエXを目指す前に読んでおきたい!•

次の

スパッタリーのギア構成と立ち回りのコツをウデマエXが紹介します【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 立ち回り x

1発28ダメージの確定4発・キル射程は試し打ちライン3. 1本分 プライムシューターと同等の射程• 塗り射程は試し打ちライン4. 2本分• スライド後射撃で精度はよくなるがキル速が変わらない• スライド後の硬直時にずり移動ができる マニューバー最長の射程を持っており、キル速は劣るもののその射程はプライムシューターと同等です。 とはいえチャージャーやスピナーほどの射程はないのであくまで中衛ブキの射程ですね。 ほかのマニューバーと違って スライド後のキル速上昇がないですが、スライド後は 弾の乱数が減りエイムの精度が上がります。 また、 スライド後の姿勢を維持したままずり移動することができるので生存力はかなり高いブキです。 デュアルを担ぐときは自分でキルを取る意識を持つのはもちろんですが、 デスを減らす気持ちも持っておきましょう。 サブは スプラッシュボム。 言わずと知れた優秀なボム。 地面に当たって約1秒で起爆します。 接地から爆発までが早いので気づいてからよけるのが難しく、死に際に地面に転がすだけでもキルを取れることがあります。 デュカスは寄られると弱いので 近づこうとする敵への牽制や、 高台に投げて敵を動かしたり、 オブジェクト周りの混戦に投げて事故キルを狙う運用が多いです。 ボムの爆風がかすればメイン3発で倒せるようになるのでボムを投げて同時にメインでキルを取りに行く動きも強いですね。 スペシャルは アメフラシ。 必要スペシャルポイントが210と多めですが、デュカスは塗り性能が高いのでそこまで辛くはありません。 アメフラシは発動後の隙が少なく使い勝手がいいのでオブジェクトに投げたり有利ポジションに投げて使いましょう。 雨で削ればメインでの確定数も減るので雨と同時に前に出るのがおすすめです。 デュアルスイーパーカスタムの立ち回りについて動画でも紹介 デュアルスイーパーカスタムの立ち回りとギア構成について動画でも解説しています。 実際にガチマッチをプレイしながら立ち回りやギア構成について話しています。 話が長い! 文字読むのはめんどくさい! という人は 動画をどうぞ。 動画と記事両方を見ていただければデュカスの立ち回りがさらにレベルアップするはずです。 デュアルスイーパーカスタムのギア構成 見た目もかわいいJKギア デュアルスイーパーカスタムは必須ギアで枠を取られ、立ち回りによってギア構成もかなり変わるブキです。 個人的におすすめは• デュカスの必須ギアで0. 3か1. 0は積みたいメインインク効率アップ・ボムでキルを狙っていく立ち回りならサブインク効率アップ• 激しいインク消費をカバーするためにインク回復力アップ• 打開を素早く行うためにスペシャル増加量アップ• デス後にさまざまな効果を発揮するカムバック• デスからの復帰を早められる復活時間短縮• 前線復帰のリスクを減らせるステルスジャンプ デュカスはメインのインク消費が激しいので メイン効率は必須です。 最低でも0. 3、個人的には 効率がいいと言われてる1. 1は積みたいですね。 また、サブも優秀なのでサブ効率も積んでおきたいですね。 こちらも僕は1. 1積んでいます。 両方の効率を積んでいてもインク管理がきついのでインク回復力アップも0. 2積んでいます。 スペシャル必要量が210ポイントと多いので打開をスムーズに行うためにスペシャル増加量アップも積んでおいて損はないです。 余ったらつけておきましょう。 そしてほとんどのブキで高い効果を発揮できるカムバック、復活時間短縮は定番ですね。 ガンガン前に出る動きをするなら積んでおけるだけ積みたいギアです。 ステルスジャンプも前線復帰を早めるために有能なギアですが、デュカスは積みたいギアが多すぎるので僕は採用していません。 普段からほかのブキで積んでいて前線にガンガン飛ぶ癖がある人は積んでおくとリスクが減るでしょう。 その他0. 1ずつ積んでいるギアについてはスパッタリー・ヒューの立ち回り考察記事で紹介しています。 デュカスのギアはメインで戦うのか、ボムに頼るのか、最前線に出るのか、中衛ポジで動くのか、など 立ち回りでギア構成が変わります。 僕は前衛~中衛ポジションで動きながらボムで牽制しつつメインでキルを取る立ち回りなのでメインサブの効率アップをバランスよく積んでいます。 カムバックとスぺ増はデス時の打開用に採用しています。 ガチホコではサブインク効率をいくつか削って対物攻撃力アップを採用しています。 ホコバリアを割る速度が上がるのは大きなメリットですからね。 上記のギアを参考に自分に合ったギア構成を見つけ出しましょう。 メイン効率アップを0. 3から1. 1は必須・サブ効率、インク回復を積むとインク切れのデスが減る• ゾンビ系ギアは枠があるなら積む• ガチホコでは対物攻撃力アップの採用もアリ デュアルスイーパーカスタムの立ち回り デュアルスイーパーカスタムを使うときは持ち前の射程を使って、 相手の射程外から一方的に倒せるように射程管理をしましょう。 相手に弾が当たる距離を体に染みつかせて相手が寄ってくるなら引いて、逃げるなら追いかけてキルを取りに行きます。 デュアルより短いブキを持っているときに自分がやられて嫌だったことを相手にしてやるイメージですね。 ただし敵が自分より射程が長いブキと戦う場合はガンガン前に詰めて射程の不利を潰しましょう。 長射程は近づかれるほうが嫌ですからね。 デュアルは射程を生かせば 立ち撃ちでも弾がでかいので問題なくキルを取れます。 スライドは逃げと追撃用に使いましょう。 中衛ブキだから前線から一歩引いて援護に徹する、という動きだけでは編成事故や仲間の前衛が弱かったときに勝てません。 積極的に前に出て敵が近づいてくる前に倒すイメージで動けるようになりましょう。 弾速が遅いので敵の動く先を狙うイメージで偏差撃ちをすると当たりやすいです。 後衛の敵を誰も倒しに行かないなど、状況によっては裏どりも行って柔軟に動きましょう。 ただし キル速が遅いので1対2の状況を作られるとほぼ勝てないので注意しましょう。 デュアルは前衛ブキよりも広い視野を持って動くことが求められます。 寄られる前に敵の位置に気づければ射程を押し付けてキルを取れますし、味方と交戦中の敵がこちらに気づかないような距離から横やりを入れることもできます。 ボムは寄られた時の道ずれボムコロや乱戦に転がしたりクリアリングに使っていきましょう。 わかばなどのボムでキルを取るブキと違ってデュアルはメインでキルが取れるのでボムに頼りすぎるのはよくないですね。 インク消費が大きいので考えなしに投げていると寄られたり足元を取られたときにインク切れでデスしてしまうので、 インクの残量と敵の位置に気を配りながら投げましょう。 ボムを投げたら逃げる敵の動きを予測してメインで追撃をかけるといいですね。 ボムの爆風が30ダメージなので3発当てれば倒せます。 スペシャルの アメフラシは打開と押し込みに使っていきたいですね。 特に 打開時は味方のスペシャルと合わせて使うようにするとスムーズに打開しやすいです。 吐く場所は打開時ならヤグラやホコなどのオブジェクト周り、敵が固まってそうなところに投げればOKです。 押し込む時は敵が打開に来るであろう場所を予想して待ち構え、敵が来たらそこに雨を流すイメージで投げると敵の打開を遅らせることができます。 デュアルスイーパーカスタムを持つべきステージ 普段はガチルールごとの立ち回りを解説しているのですが、僕の場合 デュカスはルールごとではなくステージごとに採用するか決めています。 モズクやオートロ、エンガワやスメーシーなど 射程の有利を押し付けやすいステージですね。 射程差を生かしやすいのは平面での撃ち合いなので、 ステージの凹凸が少なく、障害物に邪魔されにくいひらけた場所で戦うことが多いステージでデュカスを持っています。 逆にBバスやフジツボのような射程差を生かしにくいステージではスプラマニューバーベッチューやスパッタリーヒューなどを持つことが多いですね。 相手の射程まで寄られやすいステージではデュカスはキツいです。 デュアルスイーパーカスタムの立ち回りとギア構成まとめ デュアルスイーパーカスタムは射程管理とインク管理をしっかりできるようになれば大抵の相手に打ち勝てるブキです。 メインサブスぺすべてが優秀なので視野を広く持って前に出るタイミングと引くタイミングを間違えないように動けばウデマエもガンガン上がっていくでしょう。 射程の有利を押し付けて敵の届かないところからキルを取るのは癖になりますよ。 前衛から中衛まで幅広くこなせるデュアルスイーパーカスタムを使って射程管理の感覚を身につけましょう.

次の

スパッタリーのギア構成と立ち回りのコツをウデマエXが紹介します【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 立ち回り x

スシコラの上位互換! ジェットパックが強化され、塗りも優秀な武器です。 野良で非常に人気な武器になっていて、採用率もかなり高いです。 理由としては、 塗りやスペシャルの回転率に加え、対面もスライドがあり強いです。 スシコラの上位互換という言われ方もします。 サブのカーリングも優秀で イカニンジャを付けるだけでヘイトが取れます。 編成出来るギアも幅広く使い勝手がいい武器です。 対抗戦でも多く見られ、実際に自分も使ったりして、 非常に強い塗りと打開時にスペシャルを用意しやすさで、かなり助けられてます。 この様な点でスシコラと差を広げていて、現在では かなり人気の採用率になっています マニュコラのオススメギア スペシャル性能アップ ジェットパックの爆発範囲は変わってないので 1. 3は欲しいですね。 スペシャル増加アップ 塗りが強いので 回転率を上げるのに優秀です。 カムバとの相性もいいですね。 サブインク カーリングボムは強力なサブウェポンなのでオススメです。 サブインクの弱体化があり、少ないと効果が薄いので 1. 2~1. 3は欲しいですね。 イカ速度アップ スライドからの追い打ちや逃げからも使えるので、 安定の1です。 イカニンジャ カーリングボムとの相性は抜群です。 その代わりイカ速を多く積む必要があります。 おすすめ構成例 筆者が使用しているギア構成例を参考に紹介します。 ガチマッチでの動き ガチエリアの立ち回り 塗りが強く強気で前に出れる武器です。 エリアを管理しつつ、 隙があれば前に詰めましょう。 エリアでは塗り合いが激しいので、スペシャルの回転率も期待出来ます。 貯まり次第、積極的に吐いて大丈夫です。 高台にいる敵、スペシャルを貯めてる敵を狙っていきましょう。 ガチヤグラの立ち回り ヤグラだと乗ってる敵に当てにくい事もあるので、場所取りをしっかりとして防衛しましょう。 ジェットパックも積極的に吐いて大丈夫です。 関門を超えたら前に出て、 ひたすら荒らす感じで暴れましょう。 ガチホコの立ち回り ホコではカーリングボムで道を作ったり、ジェットパックで近づけさせない様にしましょう。 対物を積んでのスライド撃ちは中々の速さでバリアを割ることができます。 カーリングボムにも効果がのるので、ギアを上手く使い分けましょう。 その他のブキ解説は以下からどうぞ!.

次の