タッチ パッド 右 クリック。 使いにくいWindowsノートPCのタッチパッドは、MacBook風の設定で快適になる

使いにくいWindowsノートPCのタッチパッドは、MacBook風の設定で快適になる

タッチ パッド 右 クリック

「アプリケーションキー??」あまり使わないキーなのですが キーボードの右下、 Altと Ctrlの間にあります。 操作するファイルやフォルダなどを選び「アプリケーションキー」を押すと マウスの右クリックと同じメニューの一覧が表示されます。 画面の何もないところでも「アプリケーションキー」を押すと、 右クリックと同じメニューの一覧表示がされます。 「 Enter」キーを押すと決定します。 マウスの左クリックと同じ操作になります キーボードを使ったキー操作だけで「 マウスの右クリックのメニュー操作」ができますね。 「 Shift」を押しながら「 F10」を押します。 普段使わない「アプリケーションキー」いつ使うんだろう?っていうか何の為のキー?と思っていたでしょう。 実は 右クリックメニューの表示をしたい場合に役に立つんですね。 アプリケーションキーが無いキーボードの場合には、「 Shift」を押しながら「 F10」のショートカットキーを使うとマウスの右クリックと同じ操作ができます。 矢印キーとEnterキーの組み合わせでマウスを使わなくてもメニューの操作ができますね。 「マウスが故障」なんてことが無い方がいいのですが、そんな緊急事態にもキーボードでなんとかマウスと同じ様な操作は可能です。 でも、マウス操作の方が作業効率がいい場合もありますので予備のマウスを持っておくことをオススメします。 以上、【Windows】マウスを使わずに右クリックをキーボードで表示させる方法の紹介記事でした。

次の

使いにくいWindowsノートPCのタッチパッドは、MacBook風の設定で快適になる

タッチ パッド 右 クリック

今日は先日の数学記事の続編をアップする予定だったのに、全く 時間的余裕がない。 仕方ないからパソコン記事でお茶を濁しとこう。 多分、私と同じトラブルで困ってるユーザーは少なくないはず。 結論だけすぐ知りたい人は、 下の方にスクロールして頂きたい。 これは半ば個人的な日記なので、あれこれつぶやいてる。 OSの自動アップデートで長く待たされたことも無し。 ドライブをHDDより高めのSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)に したのは大正解(ここまでは)。 今でも起動時間は30秒くらいで、 2年半使ってる iPad Proとほぼ同じ速さだ。 外付けHDDへの データ・コピーもハッキリ速くなって、ストレスがかなり減った。 音も静か過ぎて不安になるほど・・というより、無音だ。 買って 数ヶ月で発生した、タッチパッドのクリックボタンの不具合だ。 どんどん反応が悪くなって、最近は押す気にならないほど。 全力 でグイッと何度も押し付けて、ようやく反応することも多かった。 ファイルをドラッグする途中で失敗することもザラ。 これは超不快。 もともと消耗品という建前だけど、今までタッチパッドが使えなく なったノートPCは1つも無い。 調子がいい時もあるから、機械的 な問題というより、静電気とかの問題なのかも。 ワイヤレスで 指先をクリクリさせるだけなら、邪魔にもならない。 ただ、5000円~1万円払うのが悔しいし、買わずに済ます 方法を探してみたら、何とか見つかった。 複数のサイトに分散 した形で、私が欲しい情報が集まったのだ。 調子が悪いのはボタンだけで、その上側の指を滑らせるエリア は問題なし。 そこをトン!とタップする操作も可能。 トントン!と タップすれば、ファイルやフォルダを開くこともできる。 複数のファイルやフォルダなら、まずシフトキーやコントロールキー とタップで選択して、その後にダブルタップ&スライドすればいい。 大きく移動させる時は、最初に指をタップする位置を考える。 左右 の端とか上端からスライドさせると上手く行く。 パッドの端まで指が 行ったら、そこでキープすれば、ドラッグは継続。 こんな簡単なことなのか・・・と驚くほどスムーズ。 動きが早過ぎて、 たまに変な場所に移してしまうほど。 道理でこれまで、急いで操作 してる時、たまに勝手にドラッグされてたはずだ。 慌てて、指が パッドから離れてなかったわけか。 もう一つ困ってたのが 右クリック。 ボタンがほとんど使えなかった。 こちらはもっと簡単で、「 二本指 タップ」するだけ。 最初、つい右手 でやってたけど、左手でも可能(笑)。 好みは右手の中指と薬指。 そもそもドラッグなんてしなくていいように、最初からファイル やフォルダの保存場所を上手く設定すると、もっと楽になる。 スクロールバーを素早く大きく動かすのなら、端の方をタップ するだけでも可能。 細かい動きはダブルタップ&スライドで。 時々、自動 でサポート機能が作動するのはいいとして、たまにドライバを 推奨されることがある。 それをインストールしようとして、これまで 2回 失敗した。 先日は、「Intel 8265 WIFI Driver」。 黒い ウインドウが開いたまま30分ほど待たされた後、「失敗」表示。 失敗した後はしばらくPCが使えなくなる。 キーボードは使えない し、ポインター(矢印)は動くこともあるけど役に立たない。 電源 ボタンで強制終了して、 再び起動すると、またダメ。 ところが、 数分くらい 時間を空けながら5回~10回ほど繰り返すと、なぜか 直った。 何も表示は出ないし、意味不明。 BIOSのセットアップかアップデートをすればいいのかも知れない けど、逆効果の恐れもあるからまだやってない。 「認識できないから充電できないかも」と英語で警告して来ても、 実際は充電できてるのだ。 これも意味不明、デル独自のサポート 機能の問題。 というわけで、今現在の状況なら80点出してもいいけど、これが いつまで続くか分からない。 こうしてみると、アップル(iPad)のトラブルの少なさは際立つ。 ノートPCも次はMac(マック)を初体験してみるかも。 ともあれ、今日はそろそろこの辺で。。

次の

DELLノートPCのタッチパッド、左右クリックボタンの不具合の解決方法とか: テンメイのRUN&BIKE

タッチ パッド 右 クリック

タッチパネルでの左クリック マウスの左クリックは、タッチパネル操作では「タップ」と言います。 タッチパネルを指で一回トンと叩きます。 これがタップで、左クリックに相当する操作方法です。 タッチパネルでのダブルクリック マウスのダブルクリックは、タッチパネル操作では「ダブルタップ」と言います。 タッチパネルで指で素早くトントンと二回叩きます。 これがダブルクリックに相当する操作方法です。 タッチパネルでの右クリック マウスの右クリックは、タッチパネル操作では「タッチアンドホールド」若しくは「ロングタップ」と言います。 タッチパネルを指で長押しします。 これが右クリックに相当する操作方法です。 タッチパネルでのスクロール スクロール操作をタッチパネルでは「スライド」と言います。 スクロールするには、画面を 二本指で上下になぞるとスクロールできます。 2本指で画面をつまむように操作すると縮小、2本指で指を離す操作をすると拡大します。 これだけ覚えておけば、戸惑うことなく Windows10 をタッチパネルで操作できるでしょう。 スポンサーリンク.

次の