民芸家具。 北海道民芸家具

日本の民芸家具

民芸家具

松本民芸家具 松本民芸家具の特徴は、和と洋が見事に調和するデザインにある。 ミズメ ミズメザクラ を主要材として漆・ラッカー塗装で仕上げられる家具には、味わい深い趣が感じられる。 300年以上の歴史を持つ松本家具は、大正末期には日本一の和家具の生産高を誇っていたが、太平洋戦争後に衰退、廃絶の危機に晒される。 転機となったのは、民藝運動との出会いである。 民藝運動の提唱者である柳宗悦は当時の松本家具の苦況を惜しみ、産地を激励。 この柳宗悦のラブコールに応えるかたちで新たな家具製作の取り組みが松本で始まり、松本民芸家具が誕生した。 ここに注目。 和家具の町松本で洋を取り入れた「松本民芸家具」が生まれた理由 穂高岳と鉢盛山に囲まれた長野県松本市は、豊かな森林と乾燥した気候という、家具作りに最適な環境に恵まれた土地である。 すでに安土桃山時代には家具づくりが行われていたと考えられており、松本城を中心とした城下町で産業が発展した。 ケヤキやナラなどの無垢材を使用し、現在も松本一帯で生産される和家具は「松本家具」と呼ばれ、松本家具工業協同組合で生産されているものは国の伝統的工芸品にも指定されている。 松本家具は関東大震災後の復興で一時活況となるが第二次世界大戦戦後、ライフスタイルの変化などによって急速に衰退していく。 そんな中、柳宗悦らによる民藝運動に感銘を受けた池田三四郎が、松本家具を後世に残し、技術をより発展させようと世界の民芸家具を学び、新たな家具製作に取り組み始める。 時代に合わせた椅子やテーブルをミズメザクラを主要材に用い、製作し始める。 こうした家具が「松本民芸家具」と呼ばれ、松本家具の伝統を受け継いだ家具として現在も製作が続けられている。 松本民芸家具といえばこの人。 池田三四郎 池田三四郎 左 と柳宗悦 右 松本民芸家具を語る上で欠かせない存在が、池田三四郎である。 松本民芸家具の創始者となる池田を民芸の道へと導いたのは、1948年 昭和23年 11月に京都・相国寺で開催された「第二回日本民芸協会全国大会」での柳宗悦 やなぎ・そうえつ との出会いだった。 柳の講演「美の法門」に強い感銘を受けた池田は、民芸新作運動に生涯を捧げることを決意。 松本を訪れた柳が松本家具の衰退を憂い、伝統の回復を強く切望したことも背中を押した。 松本の木工業を民芸によって復活させるべく、採算を度外して民芸新作運動の一環として家具製作に取り組んだのが、松本民芸家具のはじまりである。 池田は柳の紹介で安川慶一 初代富山民芸館館長 を指導者として迎え、戦後の混乱で無職となっていた松本の木工家具職人達に洋家具づくりを要請。 木工家具職人であった彼らは最初こそ反発したものの、次第に池田の熱意に心を動かされ、和家具と洋家具の魅力が融合する松本民芸家具が生み出されていくこととなった。 この頃から柳が毎夏に松本を訪れるようになり、他にもイギリス人の陶芸家バーナード・リーチや陶芸家の濱田庄司、河井寛次郎、木工家の安川慶一らをはじめとする民芸運動の錚々たる顔ぶれが松本を訪れ、松本民芸家具の製作指導に協力するなどして基礎がつくられていった。 松本民芸家具を体験するなら、この場所へ。 まるも旅館と喫茶まるも 喫茶まるも 「まるも旅館」と「喫茶まるも」は、松本民芸家具を体験するのにうってつけの場所だ。 まるも旅館は創業130年の老舗旅館で、歴史的に名を残す人物も宿泊したことがある伝統のある場所である。 足を踏み入れると、まるで過去にタイムスリップしたような感覚になるのは、各所に設えられた松本民芸家具があってこそ。 旅館の隣にあるのが「喫茶まるも」で、まるも旅館の一部を改装されてできた喫茶店だ。 テーブルから椅子まで、全て松本民芸家具で揃えられている。 かつて柳宗悦も訪れたという上質な空間を、心ゆくまで味わいたい。 <関連の読みもの> 「家具好き必見。 住みたくなる「まるも旅館」で130年前の日本を体感 松本民芸家具の宿を訪ねて」 「松本の朝は「珈琲まるも」 から。 柳宗悦も愛した名物喫茶店へ 」 松本民芸家具の歴史 長野県、松本の地でつくられてきた松本民芸家具。 その歴史を、今一度振り返ってみたい。 家具作りに最適な環境に恵まれた長野県松本市で、松本家具は誕生した。 1582年 天正10年 頃、安土桃山時代は城下町として栄えていた松本。 この頃にはすでに家具の生産が行われていたようで、松本の家具づくりは町の産業として発展したとされている。 震災後の復興で家具の需要が高まり、大正末期には松本は日本屈指の家具の産地として大きく発展を遂げた。 この状況を憂慮した柳宗悦が、松本を訪れた際に松本家具の伝統の回復を強く切望。 その願いに応えるべく、池田三四郎が民芸新作運動の一環として家具製作に取り組んだのが、松本民芸家具のはじまりである。 1948年、池田は戦後の混乱で無職となっていた松本の和家具職人らに協力を仰ぎ、その伝統的な技術を洋家具づくりに応用することで復活を試みた。 初めの段階から注力したのが椅子で、特にイギリスのウィンザーチェアと、アメリカ開拓時代のウィンザーチェアを手本とした。 失敗を重ねながら何度も繰り返し作り続けることで、次第に完成度が上がっていった。 この頃から、柳は毎夏に松本を訪れるようになった。 他にも陶芸家の濱田庄司、河井寛次郎らをはじめとする民藝運動の参画者達が何度も松本を訪れていたという。 1952年、白木屋で「松本民芸家具展」が開催され、松本民芸家具初めての大作である英国式バタフライ卓とスピンドルチェアのセットを世界的な版画家である棟方志功(むなかた しこう)が購入した。 1953年からはバーナード・リーチが何度も松本を訪れており、その際に英国家具の製作指導をしており、このときの指導が松本ウィンザーチェアの発展に大きな影響を与えている。 松本民芸家具の若手職人を養成するための施設で、実際に民芸家具とともに生活することで、その本質を体で感じ取ることを目的とした。 1972年には、松本民芸家具工芸協同組合を設立。 1976年、当時の通商産業大臣より、「松本家具」として全国の家具部門で第一号となる国の伝統的工芸品の指定を受けた。 そして今、松本民芸家具の製品種類は、通常商品だけでも800種類以上ある。 松本民芸生活館の卒業生らは家具職人として第一線で活躍し、全国の愛好家の元へ製品を届け続けている。 松本民芸家具のお手入れ方法 作り手である株式会社松本民芸家具によると、松本民芸家具は出荷時が完成形ではなく、使い手によって磨き込まれ、より美しく育っていくとのこと。 日常の手入れは、特別なものは不要。 固く絞った布巾と乾いた布巾で毎日拭くだけでよい。 毎日拭くことで色が透け、艶が増すような丹念な塗装がされているので、経年変化を味わえるのも醍醐味の一つ。 <参考資料> 松本民芸家具といえばこのアイテム。 ウィンザーチェア 松本民芸家具:ウィンザーチェア 松本民芸家具といえば、ウィンザーチェア。 初めの段階から注力していたのが椅子で、その中でも特にイギリスのウィンザーチェアと、アメリカ開拓時代のウィンザーチェアを手本として製作が試みられた。 ウィンザーチェアに白羽の矢が立ったのは、この椅子が庶民工芸の代表格だったからだという。 画像の44型ウィンザーチェアは、松本民芸家具が本格的ウィンザーチェアの作成に初めて成功した型として特に有名だ。 ここで買えます、見学できます 中央民芸ショールーム 松本民芸家具は、松本市にある「株式会社中央民芸/中央民芸ショールーム」で見学や購入することが可能。 このほか、日本全国各地のデパートでも取り扱っている。 松本民芸家具のショールーム 中央民芸ショールーム 長野県松本市中央3-2-12 0263-33-5760 関連する工芸品 「日本の木工とは。 松本民芸家具 : 主にミズメザクラが使用される。 粘りのある硬い木で、美しい模様が特徴。 使えば使うほど味わいがあり、松本民芸家具の魅力を一層引き立てる。 滑らかで美しいフォルムが印象的だ。

次の

【楽天市場】民芸家具 和風家具:家具通販のステップワン楽天市場店

民芸家具

今回はの創設者で柳宗理の父でもある柳宗悦やバーナード・リーチとも深い関わりがある松本民芸家具について。 松本民芸館にて。 松本民芸家具の創設者・池田三四郎の本を読んで、松本民芸家具に開眼しました! というのはちょっと大げさですが、年をとってきたせいか、近年「民藝」というものに対しての想いが年々強くなっているように思います。 2013,14年頃だったでしょうか、長野県松本市に行きました。 に行ったり、 に宿泊したり、 珈琲まるもに行ったりしました。 もちろん民藝に興味はありましたが、今ほどの情熱はありませんでした。 民芸家具というと古臭くて野暮ったい印象を抱く方も多いと思います。 昔は私もそうでしたが、最近はまったく見え方が変わってきました。 古臭く野暮ったい印象から、歴史を感じる魅力的な家具へと… 日本人なので日本の家具を好きになるのもいいことですよね。 まだ、1つも手にしてはいませんが、いつかは必ず手に入れたいと思います。 ちなみに松本民芸館には多くの李朝家具がありました。 椅子に囲まれた小さなテーブル・小盤(ソバン)や端に写っている棚・卓子など。 その松本民芸家具ですが、最近面白い動画をYouTubeで発信しています。 まずはこちらをどうぞ。 松本民芸家具のラッシ編みです。 ペーパーコードを編んでいる映像は、カール・ハンセンのYチェアが有名なので目にする機会は多いですが、ラッシ編みは貴重ですよね。 素材は太井草。 これを人が手で編んでいくんですが、その耐久性が驚きです。 10年?20年? いえいえ、古いモノだと200年以上も使い続けられているものがあるようです…。 驚きですよね。 元々は人間国宝・が持っていたイギリスの古いラッシ編みの椅子を修理することがきっかけで、その作り方や編み方を研修したことが始まりだそうです。 他にも塗装や曲木、ホゾ組などをアップされてますので、家具好きの方にはぜひ見ていただきたいです。 ちなみに松本民芸家具のロゴのデザインは人間国宝の染色作家・芹澤銈介です。 柳宗悦やら濱田庄司やらバーナードリーチやら錚々たる人たちが関わっていますね。 そりゃーすごいわけですよ、松本民芸家具。 最後にの創設者・丸山太郎氏の言葉で今日は締めたいと思います。 「美しいものが美しい」 それでは!.

次の

日本の民芸家具

民芸家具

そのままご注文・ご決済頂き、後程お送りする『受注のご案内メール』にて正しい送料と決済額変更のご案内をさせて頂きます。 メールにて、"決済額変更のご承認" をいただき、正式な受注とさせて頂きます。 正式な受注の手続き後、出荷の手配を致します。 銀行振込み|みずほ銀行 【受注のご案内メール】に記載のお振込口座に3日以内にお振込み下さいませ。 振込時の手数料はお客様のご負担となります。 お振込み確認後、出荷の手配を致します。 一度そのままご注文頂き、『受注ご案内メール』にて正しい送料のご案内をさせて頂きます。 送料をご確認頂き、商品代金と合わせてお振り込みをお願い致します。 店頭支払い 店頭にて現金、クレジットカード、QRコード決済、交通系ICカードがご利用頂けます。 ご注文の商品を在庫している店舗へ直接お越しくださいませ。 (家電製品は商品代金¥10,000以内が1週間、¥10,000以上が3か月の保証となります。 ) 【 らくらく家財便での発送の場合 】 お品物がお手元に届きましたら、運送会社スタッフ立会いのもと、その場で商品をご確認下さい。 不備があった場合は、その場で配送スタッフにお伝えいただき、ご購入店舗までご連絡をお願い致します。 【 自社便での発送の場合 】 お品物がお手元に届きましたら、当社配送スタッフと立会いのもと、その場で商品をご確認下さい。 不備があった場合は、その場で配送スタッフにお伝えいただきますようお願い致します。 【 その他の発送の場合 】 お品物がお手元に届きましたら、お早めに開封し商品内容と状態のご確認をお願い致します。 不備があった場合は、到着日より7日以内にご購入店舗までご連絡をお願いします。 *運送会社による配送中の破損に関しましては、その運送会社の保険適用によっての返金手続きとなります。 *自社便での配送中による破損に関しましては、当社が受領した代金の全額返金にて対応させていただきます。 返品送料 【 不良品や配送中の破損があった場合 】 返品の際の送料は当社が負担いたします。 【 お客様都合による返品の場合 】 往復分の送料および振込手数料、キャンセル料として商品代金10%をご負担頂きます。 *返品・キャンセルにつきまして 下記リンク参照 不良品 内容相違、初期不良などが認められる場合、1週間以内に限り受領した代金のご返金にて対応させて頂きます。 配送中の破損があった場合は運送保険や上記同様に現金にて対応させて頂きます。 また、製造上の傷やミスプリントなども保証対象外とさせて頂きます。

次の