スケラ 対策。 強化されたエレクトロウィザードはザップ枯渇とスケラ対策になるかも

【クラロワ】スケラポイズンデッキ解説!使い方と対策【クラッシュロワイヤル】

スケラ 対策

自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。 1 :1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。 《究極伝導恐獣》が強い!効果考察 《究極伝導恐獣》考察の概要 2017年2月ストラクチャーデッキR『恐獣の鼓動』が発売されて以降、恐竜デッキが大幅に強化されが環境入り。 2017年3月25日以降の『新マスタールール』はじめの環境でも活躍しています。 このデッキにおいて圧倒的な存在感を誇っている《究極伝導恐獣》。 この攻撃力3500化け物、 《究極伝導恐獣》の考察・対策を紹介していきたいと思います。 《究極伝導恐獣》ゆるい召喚条件 まず《究極伝導恐獣》の召喚は、ポンって感じ。 かなーりゆるく出てくるモンスター。 とにかく召喚条件がゆるい。 《究極伝導恐獣》の召喚条件は、「墓地の恐竜族モンスター2体を除外することで手札から特殊召喚」する特殊召喚方法。 2体除外するだけで攻撃力3500のモンスター(効果もぶっ壊れ)が出せるのは普通に脅威。 で、さらに、この墓地の恐竜族2体ってのが割と簡単に揃う。 《リトスアジムD》の破壊効果や《幻創のミセラサウルス》効果などで、 恐竜族デッキにおける破壊コンボで、割とぐるぐるコンボをしているうちに気づいたら墓地に恐竜がわんさかしている。 他のデッキテーマでもそう言えるが、墓地が勝手に肥える 恐竜デッキにおけるこの召喚条件は特にやばいって。 基本的に、チェーン処理を行うことができないため、とにかくポンって出る。 もちろん《神の通告》《神の警告》《神の宣告》など、チェーンブロックを作らない特殊召喚を無効にできるカウンター罠は存在する。 打てる。 打てるのだが、そのライフコストがこの恐竜デッキには辛いんですよ。 そうなると、何で封じるんだって話になってきます。 となると次に考えるのが、召喚後に対処するってこと。 で、次の問題に進みます。 メインフェイズの《皆既日食の書》効果 まずは、《究極伝導恐獣》のこの効果。 1 :1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。 (1)効果として、自分手札・フィールドの恐竜族を破壊することで相手フィールドのモンスターすべて裏守備にする《皆既日食の書》のような効果を持っている。 さらに、 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。 つまり、《究極伝導恐獣》こいつ一体で、相手フィールドが一層される上に、ダメージも受ける。 《究極伝導恐獣》の対策は、まずは出されないことがベストなのだがチェーンブロックを作らない比較的なゆるーい特殊召喚方法で出てくるため、止められないことも多々ある。 そうなった時には召喚後にこいつを対処しないとならない。 戦闘破壊は難しいので、基本カード効果による除去になると思うのだが、出したメインフェイズにだいたい(1)効果を使う。 (1)効果は「手札・フィールドの恐竜を破壊して皆既日食効果」。 恐竜デッキにおいて破壊はもはやデメリットじゃない。 《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を破壊すれば召喚権を使わず、さらなる恐竜をデッキからリクルートできる。 一つ考えるのは、この効果を使う前、召喚成功時に《強制脱出装置》や《激流葬》などで対応すること。 さらには(1)効果にチェーンして《幽鬼うさぎ》を使って対処するのもあり。 だがそこで出番なのが《幻創のミセラサウルス》。 こいつは手札から捨てることで、そのメインフェイズにフィールドの恐竜は、効果を受けなくなる。 そのため相手メインフェイズにおけるこれらの効果は不発に終わるケースも多く、手札誘発なので、セットされた罠などとは違い使ってくるのか使ってこないのかが読めないのもかなり厄介。 《ミセラサウルス》は手札誘発の効果使用後は、墓地除外からデッキから《ジュラックアウロ》を出し、レベル4と合わせてレベル5シンクロ《HSRチャンバライダー》を出せばこいつだけで「4600」打点。 残りの3400は、《ベビケラサウルス》や《プチラノドン》が破壊されているなら、《ディノインフィニティ》なども出てくるので一気にキル打点に持って行くルートの起点にも《ミセラサウルス》はになっている。 つまり《究極伝導恐獣》の召喚が成功し手札に《ミセラサウルス》を握られていたら一気にキル打点の確率が高まるというわけ。 もちろん《ミセラサウルス》効果はバトルフェイズには消えるので、《真竜剣皇マスターP》効果などでバトルフェイズに破壊してしまえばと思うかもしれないが。 高打点の壊獣も《究極伝導恐獣》の前ではその強さは無に帰す。 《究極伝導恐獣》対策 と、ここまではかなり強い面をクローズアップしてきましたが、ここでは《究極伝導恐獣》の対策に関して考察していきます。 とにかく、召喚させないこと。 これに限ります。 つまり《究極伝導恐獣 》の召喚条件はゆるいが、ゆるいなりに召喚条件を満たさないといけないのは変わらない。 つまり、• 墓地に恐竜2体を揃えさせない• 又、サーチさせない 《恐竜真竜》における止めどころは間違いなく《ドラゴニックD》と《魂喰いオヴィラプター》詳しくは下記記事にまとめていますが、基本、この2枚を止めることである程度それ以降の展開を止めることができる。 ある程度他をつぶしてしまえば、仮に出されても《神の通告》《神の宣告》《神の警告》を打って除去してしまえば良い。 他の展開を絶っているので、ライフコストはあまり気にならない。 なので、対策カードをつかって、なるべく展開を前段階で止めていく。 それが1番の対策と考えます。 スポンサーリンク 恐竜デッキ関連記事まとめ その他の 恐竜デッキ考察系の関連記事をまとめました。

次の

ヘリックス/諫早駅前店(旧ラウンドケストラ諫早店)|店舗案内

スケラ 対策

久しぶりの日本代表の試合にワクワクしているろなうどです 今夜ワールドカップ以来のサッカー日本代表の試合があるんです!監督が代わって最初の試合ということで、どんなサッカーを見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。 今回はスケルトンラッシュ スケラ 対策ということでスケラに有利なカードや、スケラと相対したときの立ち回りの基本などを簡単に紹介したいと思います。 スケラはジャイアントなどを盾にして相手のタワーにかけることで強さを発揮する呪文ですが、 スケルトンが10秒間出続けるという厄介な性能を持っていて、さらにタワーのターゲットは盾役ユニットに向いているのでスケルトンは増える一方。 ダメージを防げずに毎度イライラしている方も多いのではと思います。 しかしそんなスケラにも 攻撃に相当のエリクサーを使うという弱点があります。 盾役ユニットをジャイアントとするとスケラをかけると合わせて10コスト、そこにポイズンを使うと14コストを使うことになり、相手のエリクサーがカツカツなのは明らかです。 なので相手がスケラを撃って、呪文を使う前に逆サイドを攻めれば相手は守りにエリクサーを割かざるを得ないので、呪文を使わせないという抑止効果が期待できます。 また、呪文を使われてタワーを落とされたとしても、相手にエリクサーがないことが明らかなので、速攻をしかければタワーを落とし返すことができます。 攻撃に相当のエリクサーを使うという弱点を意識的に突けるようになれば、スケラに対する苦手意識も見違えるように解消されると思います。 では他の対策法とともに詳しく解説していきましょう。 呪文を使わせないように同時に攻めよう スケラは非常に強力な呪文で、無理に守ろうとしてもポイズンやフリーズなどの呪文と絡めてあっという間にタワーを落とされてしまいます。 しかも守りにエリクサーを使わされて、相手と同じエリクサーを使ったのにも関わらずコチラだけがタワーを1つ失った状態ということがザラにあるのがスケラの恐ろしいところです。 そこで無駄にしてしまった エリクサーを攻撃で使うという判断ができるかどうかが勝負のカギです。 スケラを使ったタイミングでの逆サイド攻めはかなり効果的です。 ゴーレムなどの重量級デッキであれば、あえて守らずにスケラを無視してエリアドをとって、形を作って攻めることができれば強力なカウンターパンチを相手にお見舞いすることができます。 相手が攻めている中で逆サイドにエリクサーを使うというのは結構勇気のいる決断だとは思いますが、徐々に感覚を慣らしていってください。 スケラを使った瞬間の逆サイド攻めで呪文を使わせない キングタワーを起動しよう キングタワーを早い段階で起動させることができれば、その後のスケラをキングタワーの攻撃込みで処理することができます。 トルネードを持っていてなおかつ、相手のスケラデッキにディガーやヴァルキリーなどのトルネードで吸えるユニットが入っていたら、トルネードでキングタワーを起動させましょう。 ディガーを吸うときの注意点ですが、 ディガーがキングタワーから最も遠い場所に出てきたら、トルネードで吸うことはできないので覚えておきましょう。 この位置に来たらトルネードで吸えないので注意。 また相手がスケラをキングタワー寄りに撃ってくれたときに、運よくスケルトンがキングタワーを攻撃してくれるときもあります。 スケラ相手にはタワーを1個落とされたとしても、 キングタワーが起動している状況では有利な展開に持ち込みやすいので、あえて守らずにタワーを落とさせて守りやすくするという戦術もあります。 早い段階にキング起動をして有利な展開に持ち込む スケラ用の呪文は使わずにとっておこう スケラ用の呪文 ポイズン・丸太・ザップなど はスケラに使えるようになるべく手札に残しておくように立ち回るといいです。 特にポイズンはスケラの範囲にかぶせて撃つことで、スケルトンが出てきた瞬間に倒してくれるので ノーダメージでスケラを防ぐことができます。 スケラの5コストに対して4コストのポイズンなので1アドもとることができます。 ユニットだけでスケラを抑えようとしてもかなり厳しいので、スケラに有効な呪文は 試合終盤の決め打ち以外はスケラに対してのみ使うぐらいの心持でいいと思います。 スケラに対して有効的な呪文は手札に残しておく 盾役ユニットを自陣に入れない これは少し上級者向けのテクニックになります。 しかし難しいテクニックではないので、ぜひ練習して使えるようになってください。 スケラの強みはスケラ自体よりも、 アリーナタワーの攻撃を受けてくれるジャイアントやバルキリーなどの盾役ユニットにあります。 盾役ユニットがアリーナタワーの射程に入ってしまえば最後、スケラも盾役ユニットも早急に処理しなければならないという厳しい状況になってしまいます。 だったら自陣に入れなければいいじゃん!というのが今回のテクニックです。 建物に向かっていくジャイアントやアイゴレを自陣に入れないというのは難しいですが、 ナイトやバルキリーなどのユニットを攻撃するユニットに対しては、 何かしらのユニットを出してあげることで自陣に入る前に止めることができます。 盾役ユニットがアリーナタワーの射程に入ってこなければ、スケラを撃ってきたとしても必然的にタワーの攻撃はスケルトンに向くのでかなりダメージを抑えることができます。 しかしユニットが自陣に入ってくる前に止めるためには、ある程度 スケラを撃ってくるタイミングを読む必要があります。 読んだうえでどのユニットを出して止めるかを決めておく必要があります。 ジャイアントやアイゴレは自陣に入ってきた後に トルネードで相手陣内に戻してタワーのターゲットをリセットするという方法もあります。

次の

ヘリックス/諫早駅前店(旧ラウンドケストラ諫早店)|店舗案内

スケラ 対策

[ ][ ]• Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』 バトル終了時、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。 シンボル:赤 イラスト:藤井英俊 フレーバーテキスト: 「フェラール・レーシング」のピットクルーにインタビューしたところ、 今回の注目選手はエグゼシード選手の血統を継ぐ 期待のニューフェイスだそうデス! 今回の走りにも注目デスね。 Image of カード番号:BS37-006 で登場したの。 アルティメットを対象に含む指定アタックは貴重だが、アルティメットを相手取るにはBP不足なので、合体で補いたい。 大幅なBPアップが可能なや辺りが無難な所か。 リバイバル の効果発揮の起点にもなれるため、ではシナジーを形成しやすい。 Lv2・Lv3効果は類似効果のなかでは珍しくブロックの可否を問わずに発揮される。 擬似的なシンボル追加効果としても機能し、自身が除去さえされなければ確実にライフを削れるため、詰めの局面で役に立つ効果と言える。 2つの癖のない噛み合った効果を備えているため、コスト5帯としては十分に強力。 から展開できれば理想的で、でライフ貫通数を増やしても良いだろう。 しかし、大量除去やドローはできないため、デッキに足りない要素を考えてなどと使い分けたい。 名前の由来はギリシャ神話の最高神ゼウスの別名の一つであり、同時にゼウスの扱う武器の名称でもある「ケラウノス」だろう。 武器としてのケラウノスはキュクロプスによって作り出されたとされる。

次の