座頭 市 俳優 死亡。 座頭市

【撮影中に死亡】座頭市 真剣事件の真相

座頭 市 俳優 死亡

芸名:鴈龍(がん・りゅう) 旧芸名:鴈 龍太郎(がん りゅうたろう) 本名:奥村雄大(おくむら たけひろ) 生年月日:1964年8月9日 没年月日:2019年11月1日(55歳没) 出生地:京都府京都市 死没地:愛知県名古屋市 身長:174cm 血液型:O型 俳優の故・ 勝新太郎さんと女優の 中村玉緒さんの長男である鴈龍さん。 18歳から父親の勝新太郎さんの付き人をつとめ、1984年、20歳の時、大阪・新歌舞伎座で上演された 新座頭市物語「糸ぐるま」で俳優デビューを果たします。 当初は本名の奥村雄大で活動していました。 親の七光りと言われることを避け、勝新太郎さんの息子であることを隠して大部屋で役者修業した鴈龍さん。 1989年には父、勝新太郎さんが監督をつとめた映画 「座頭市」で映画デビュー。 しかし、詳しくは後述しますがこの「座頭市」の撮影で、鴈龍さんは誤って 出演役者を事故で死亡させてしまいます。 「座頭市」の映画は翌年公開されましたが、この事故をきっかけに、鴈龍さんは1994年までの 約5年間、謹慎することに。 謹慎を経て1994年に復帰。 その際、芸名を 鴈龍太郎と改名し、その後、 鴈龍と再び改名しています。 2003年には、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」にも出演。 しかし 俳優活動は苦戦していたようで、中村玉緒さんがテレビ局に頭を下げて回ったものの、単発の仕事ばかりだったと言います。 2017年の舞台を最後に、鴈龍さんは公の場から姿を消します。 その後は 宝石デザイナーを目指したこともあったようですが、近年何の仕事をしていたのかは、近しい人も知らなかったようです。 スポンサーリンク 鴈龍(中村玉緒の息子)孤独死の死因は? 2019年11月1日、鴈龍さんは滞在先の名古屋で 急死しています。 当時鴈龍さんは名古屋市で働いていましたが、鴈龍さんと連絡が取れなくなって不審に思った知人が自宅を訪ねたところ、鴈さんは すでに亡くなっていたとのこと。 一人暮らしだったこともあり、 孤独死で、死後数日はたっていたといいます。 55歳の若さでした。 死因は 急性心不全。 身長174cmに対し、 体重100kg超えという肥満体系であったため、心臓に負担がかかったのでしょうか。 葬儀は11月29日に近親者だけで行われ、父親の勝新太郎さんと同じ都内の墓に収められました。 中村玉緒さんは近年、鴈龍さんの独り立ちを促そうと経済的援助を打ち切り、 絶縁状態だったと言います。 そのまま息子に先立たれる悲しい結果となってしまいましたね・・・。 最愛の息子に先立たれたショックで、周囲には「 何も話したくない」と言い、悲しみにうちひしがれていたようです。 スポンサーリンク 鴈龍(中村玉緒の息子)が殺人事件!「座頭市」真剣での事故やその原因とは? 1988年12月26日、広島県福山市みろくの里で映画「座頭市」の撮影中に、鴈龍さんは 斬られ役の俳優、加藤幸雄さんを撮影用の模擬刀ではなく 真剣(本物の刀)で切りつけて死亡させる事故を起こしています。 鴈龍さんの使っていた日本刀が、 模造刀から真剣になぜか入れ替わっており、事故は発生したとのこと。 事故後の調べで、鴈龍さんに真剣を持たせたのは 時代劇経験のない助監督だったと判明します。 事故当初は「 迫力を出すために意図的に使われた」と報道されましたが、後日の記者会見で勝さんは「 竹光の銀紙が取れかかっていたので、取り換えることになったが、助監督が誤って真剣を渡してしまったようだ」と釈明しました。 事故とはいえ人命が失われてしまい、 自分が加害者となったことで、相当ショックが大きかったでしょう。 作品において鴈龍さんの演技はとても良かったようで、スタッフ一同が唸るほどだったと言います。 それだけに非常に残念な事故でした。 鴈龍さんはこの事故をきっかけに1994年までの約5年間、謹慎することになります。 鴈龍(中村玉緒の息子)は過去に大麻で2回逮捕されていた 鴈龍さんは、芸能界デビュー前の1982年に 大麻密売で姉の奥村真粧美さんとともに 逮捕されています。 その2年後の1984年にも大麻取締法違反で 再び逮捕。 薬物での逮捕は鴈龍さんと姉だけでなく、 父親の勝新太郎さんにもあります。 中村玉緒さん以外の家族はみんな逮捕経験があるということですね。 父親の勝新太郎さんは1990年に、ハワイのホノルル空港でマリファナとコカインを 下着の中に隠し持っていたとして現行犯逮捕されました。 日本に移送される際、「 もうパンツははかない」と言い放ったことは有名で、今でも語り継がれています。 親子で薬物とは、やっぱり似てしまうものなのでしょうか・・・。 鴈龍(中村玉緒の息子)は結婚してた? 鴈龍さんは 生涯独身だったと言います。 母親の中村玉緒さんは 息子の結婚をのぞんでいたようで、かつて女性誌「婦人公論」で、 「息子もまだ独身ですが、早くいい嫁さんに来てもらって、孫の顔が見たいですね」 出典: などと語っていたようです。 2014年7月にも婚活書籍の出版記念会見にゲスト出演した際、中村玉緒さんは、 「孫が見たい、抱きたいと思っていたが、年齢も年齢。 まずは 孫の顔よりお嫁さんの顔を見たい。 私の目の黒いうちに挙式してほしい」 「人はいいが、男は優しいだけではあかん。 何かが足りない。 10年以上前に 交際する女性を2、3回連れて来たが破局してしまった。 勝新太郎、中村玉緒の息子と見られるのはかわいそうだが、それを忘れて頑張って、奥さんを食べさせていくようになってほしい。 仕事じゃなくて本心です」 出典: と息子を思いやる母の胸中を吐露しています。 ところが鴈龍さんは結婚どころか仕事に対しても意欲がなく、 母親の経済力に頼るような生活。 結果、2017年頃から経済的援助を打ち切られ、絶縁状態になり、最期は孤独死で生涯に幕を閉じました。 中村玉緒さん自身も「私はちょっと贅沢をさせて、 育て方を間違えたかもしれません」とおっしゃっていたそうですが、ちょっと甘やかしすぎた部分はあるかもしれませんね。 念願のお嫁さんを見ることなく息子に先立たれ、非常に残念だったでしょう。 鴈龍(中村玉緒の息子)まとめ 中村玉緒さんの長男、鴈龍さんについてまとめました。 55歳という若さで亡くなった死因は 急性心不全。 息子の結婚や独立を 切望する母、玉緒さんの気持ちとはうらはらに、経済的に甘えてきたという鴈龍さん。 経済的支援を断つため、2017年頃から 絶縁状態だった中での名古屋での孤独死でした。 映画「座頭市」での 死亡事故は、本人も周囲の方も相当なショックだったと思います。 まさか本物の刀にすり替わっているなんて、思いもしませんよね。 また 大麻での逮捕歴も2回あり、姉・父親も 薬物逮捕歴があることも分かりました。 今は父・勝新太郎さんの元で安らかに眠られているという鴈龍さん。 まだお若くこれからという時の急死に、ご冥福をお祈りいたします。

次の

中村玉緒 孤独死した長男の墓前に捧げた“涙のテキーラ”

座頭 市 俳優 死亡

ここから芸能人の事件・事故10選を紹介していきます 「酒井法子」…覚せい剤を乱用した容疑で逮捕された 時代を築いたアイドルとして、人気が高かった「 酒井法子」さん。 美貌と名誉、そして一生を過ごすのに十分すぎるお金を手に入れた酒井法子さんが、まさかの「しゃぶ漬け」だった事件は世間を震撼させました。 事件の発端は、元夫が繁華街で捜査員の職質により現行犯逮捕されたことです。 その場に来るよう呼び出された酒井法子さんは、任意同行を拒否した挙句まさかの逃亡。 潜伏先を変えての逃亡劇は、マスコミが大々的に報じ世間を賑わせました。 結局、逃亡6日目に出頭し、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けることに。 報道が過熱し、放送倫理・番組向上機構が警告を行う事態になりました。 「小向美奈子」…覚せい剤の使用で2度も逮捕されていた グラビアアイドルとして絶大な人気を誇った、「 小向美奈子」さん。 実は彼女、2008年に所属事務所から契約を解雇された翌年に、覚せい剤の所持などで逮捕されました。 所持量がわずかだったので、起訴猶予処分となりましたが尿検査で陽性反応が出たため、使用の容疑で送検・起訴。 涙ながらに謝罪しましたが、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年を言い渡されます。 その後、2011年に覚せい剤を譲り受けたとして2度目の逮捕となりましたが、証拠不十分で釈放。 2度目の逮捕では、フィリピンへ出国してしばらく滞在するという逃亡劇を繰り広げたことも世間を驚かせました。 スポンサーリンク 「千野志麻」…自動車事故で歩行者を死亡させていた 2000年にフジテレビに入社後フリーアナウンサーとなった、「 千野志麻」さん。 順風満帆な人生を歩んでいましたが、2013年にその後の人生を大きく変える事件を引き起こします。 シティホテル内の駐車場で、SUV車を運転していたところ、通路を歩いていた男性と接触。 車の前に倒れた男性の胸や腹を轢いてしまい、男性は死亡しました。 大きなニュースになりましたが、千野志麻さんは書類送検されたものの逮捕はされなかったのです。 どうして人を殺したのに逮捕されないのか、世間から疑問視されていました。 「速水けんたろう」…高齢者をはねて死亡させていた 1993年から99年にかけて、「おかあさんといっしょ」に出演した「 速水けんたろう」さん。 お母さん世代から絶大な支持を得ていた速水けんたろうさんですが、2011年に女性高齢者をはねる事故を引き起こしました。 その後、高齢女性は死亡し、速水けんたろうさんは逮捕。 懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が決定しています。 スポンサーリンク 「大竹まこと」…追突事故を受け相手の男性が死亡した 俳優として高い評価を得ている、「 大竹まこと」さんが運転する車にバイクが衝突しました。 それは1996年の8月のことで、衝突したバイクを運転していた男性が死亡。 青信号を走っていた大竹まことさんに、全く非はありませんが男性が死亡した事実は彼の精神に深いダメージを与えたのです。 この事件で大竹まことさんは芸能活動を自粛しましたが、被害者家族の強い願いもあって、およそ2週間で復帰を果たしました。 「奥村雄大」…日本刀で俳優を斬り殺した 日本を代表する俳優「勝新太郎」さんと、中村玉緒さんの間に生まれた「 奥村雄大」さん。 映画「座頭市」に出演していた奥村雄大さんは、リハーサル中に持っていた日本刀が子分役の殺陣師の首に刺さり死亡しました。 撮影で使う日本刀は、撮影用の模擬刀であることが普通ですが何故かこの時は「真剣」が使われていたのです。 どうして真剣があったのか、奥村雄大さんはどうして真剣だったことに気付かなかったのか真相は謎のまま。 有名俳優の息子という立場なので、真相はもみ消されたとの噂もあります。 スポンサーリンク 「安室奈美恵の母親」…義弟に車でひかれた後にナタで殴られて死亡した 安室奈美恵さんの 実母は、事件に巻き込まれて死亡しました。 1999年、当時21歳だった安室奈美恵さんの実母(当時48歳)が、義弟に車でひかれる事件が発生。 義弟は車でひいた後にナタを取り出して安室奈美恵さんの母親を殴り殺してしまったのです。 その後、犯人は農薬によって服毒自殺。 犯人の動機などは、自殺したので不明…。 平成の歌姫に、こんな悲惨な過去があったとは驚きですね。 「佐々木つとむ」…愛人から刃物でめった刺しにされ死亡した 昭和のお笑いタレントとして、圧倒的な人気を得た「 佐々木つとむ」さん。 1987年に愛人とされる、「中野美沙」に殺されてしまいました。 それも全身を刃物でめった刺しにされるという、非常に残忍な殺され方で当時の世間に激震が走ることに。 佐々木つとむさんは、ギャンブル好きで愛人の家へ転がり込んでは、彼女に借金の一部を肩代わりさせていたと言われています。 その後、彼女の犬を骨折させたことで2人の関係は悪化し、佐々木つとむさんを殺害した後、彼女は入水自殺しました。 スポンサーリンク 「美空ひばり」…ファンから顔に塩酸をかけられた 昭和の大物歌手「 美空ひばり」さんは、ファンから顔に塩酸をかけられる事件を経験しています。 それは1957年1月13日のことで、浅草の国際劇場に出演していた美空ひばりさんにファンが塩酸をかけたのです。 当時、美空ひばりさんは19歳で、塩酸をかけたファンも19歳の少女。 「みにくくなった顔をみたい」とのメモを少女は残しており、ゆがんだ愛情が引き起こした何とも悲惨な事件です。 「三原じゅん子」…カメラマンに馬乗りになって暴行した アイドル時代は絶世の美女と世間から注目された、「 三原じゅん子」さん。 自信がついてヤンキー気質な性格が見られるようになり、取材は要注意する必要があるとマスコミの間で知られていたのです。 そんな中、1987年に当時交際中だった男性とデート中、カメラマンがスクープを撮影。 すると、三原じゅん子さんは激怒しカメラマンに馬乗って、髪をつかみ頭を地面にたたきつけました。 警察がかけつけ、現行犯逮捕。 若気の至りでは済まされない、何とも残念な事件に発展しました。

次の

【撮影中に死亡】座頭市 真剣事件の真相

座頭 市 俳優 死亡

映画やドラマには、ストーリーによっては登場人物が死亡するシーンも当然あるわけで、、数多くの俳優が迫真に迫る演技を見せています。 中東ヨルダンで、ドラマの撮影中、死亡する役を演じていた俳優が本当にそのまま死んでしまったという出来事がありました。 本来あってはいけないことではあるのですが、映画やドラマの撮影中に予期せぬことが起き、演じていた俳優やスタッフが亡くなるという事故が起きたことは実際にあります。 オムニバス形式の4話構成からなるこの映画の、第一話の主役として出演していたのが名優、ヴィック・モローでした。 ヴィック・モローはテレビドラマ『コンバット』の主人公、サンダース軍曹を演じたことで知られていますが、『コンバット』以降は作品に恵まれず、この『トワイライトゾーン』に再起をかけていたといいます。 映画のクライマックスシーンとなるヘリに追われるシーンを撮影中、上空のヘリが模擬爆発に巻き込まれて落下、ヴィック・モローは共演していた二人と共に落ちてきたヘリのローターに巻き込まれ、死亡しました。 映画は問題のシーンをカットして公開されましたが、事故の瞬間を捉えた映像は公表されており、現在でもYouTubeで観ることができます。 その日、サワルカさんは出演していたテレビドラマの最後の登場シーンを撮影中だったそうです。 その場面は、銃撃を受けたサワルカさん演じる父親が、息子に後のことを託して死ぬシーンでした。 脚本にあったサワルカさんの最後のセリフは「わしの遺体はお前の手で埋めてくれ」というものでしたが、何かを予感していたのか、実際に口にしたのは脚本に記されていたのとは全く違うものでした。 『わしは、もうすぐ死ぬような気がする』 その言葉を最期に、サワルカさんはそのまま息を引き取ったということです。 サワルカさんの死因は不明とされていますが、ドラマの撮影には支障がないと判断され、そのまま撮影が続行されたそうです。

次の