皮脂 多い 原因。 皮脂が原因の肌トラブルと対処法~テカリのない肌のためのスキンケア方法とは

ニキビの原因がチョコや揚げ物だと思ってない?資生堂研究員が解くニキビのメカニズムと予防法

皮脂 多い 原因

皮脂とは 肌トラブルの原因となる皮脂とは、皮膚の表面に存在する脂質です。 皮脂が過剰に分泌されることで、肌が油っぽく感じます。 皮脂を作る皮脂腺は足の裏以外の部分に分布し、身体中のいたるところに存在しています。 鼻・口周りの前頭部や、頭部などには数多くの皮脂腺が集まっているため、特に油っぽく感じることが多いです。 皮脂の成分 皮脂は以下の成分で構成されています。 ワックスエステル• スクアレン• トリグリセライド• コレステロール• 遊離脂肪酸 皮脂腺から分泌される皮脂は、毛包を通じて皮膚の表面に出てきます。 通常、皮脂には保護機能があるため肌の健康には欠かせない存在ですが、過剰に分泌されることで肌トラブルを引き起こす原因になってしまうのです。 また、皮脂の量は20代前半でピークを迎え、その後次第に減少していきます。 皮脂の役割 皮脂といえば、肌トラブルのイメージを抱く人が多いかもしれませんが、実際には健康を保つ機能も備えています。 <皮脂の役割>• 外部刺激からの保護 皮脂が不足していると肌がむき出しの状態になってしまい、紫外線やアレルゲンの影響を大きく受けます。 皮脂はこうした外部からの刺激を防ぎます。 水分蒸散の抑制 皮膚の表面から水分が蒸散するのを抑制し、肌の乾燥を防ぎます。 緩衝作用 皮脂に付着した酸やアルカリ溶液を弱酸性に戻します。 皮脂の分泌による肌トラブル 肌を健康に保つためには、皮脂の存在が欠かせません。 しかし、そんな皮脂も過剰に分泌されてしまうと、肌トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。 皮脂が原因となって引き起こる肌トラブルは以下のものです。 顔のテカリ• 角栓の詰まり• 毛穴の黒ずみ• ニキビ これらの症状について、それぞれ詳しくみていきましょう。 顔のテカリ 過剰な皮脂の分泌は、顔のテカリや肌のべたつきの原因となります。 特に、額や鼻周りは皮脂腺が集中しているため皮脂の分泌量が多くなる傾向があります。 そのため、 化粧が崩れてしまう原因にもなります。 さらに、夏場は皮脂に加えて汗による影響もあり顔がテカリやすくなります。 こまめに汗を拭いたり、ティッシュで皮脂を取り除いたりしましょう。 角栓の詰まり 皮脂は角栓を作る原因になります。 必要以上に皮脂が分泌されると、 余分な角層と皮脂が混ざり合い角栓のつまりを引き起こします。 特に、オイリー肌の場合は皮脂の分泌量が多くなるため、角栓に悩まされるケースも増えてきます。 一方、角栓を防ぐために皮脂を必要以上に取り除いてしまうと、皮膚の健康に保つために必要な皮脂までなくなってしまうので適度な対策が必要です。 毛穴の黒ずみ 角栓は放っておくと黒ずみへと変化していきます。 本来、角栓の色は白いため目立ちづらいですが、空気に触れることで酸化し色が黒へと変わります。 黒いポツポツが目立ついちご鼻の状態も、放っておいた角栓が黒くなったものです。 ニキビ さらに、皮脂の過剰分泌は肌の炎症を引き起こしニキビの原因となります。 健康な状態の肌では、皮脂と水分が適切なバランスで保たれています。 しかし、皮脂の分泌量が増えることで皮膚表面での皮脂と水分のバランスが崩れニキビができてしまうのです。 こうした原因を解消するためには、肌の内側から改善しなければいけません。 皮脂が過剰に分泌される理由 通常、適切な量で分泌される皮脂ですが、なぜ過剰に分泌されてしまうのでしょうか? 具体的な原因がわからなければ、正しい対策をとることはできません。 ここでは、皮脂の過剰分泌が起きる原因や仕組みについて、性別ごとに詳しく説明していきます。 女性の場合 皮脂の分泌には、男性ホルモンであるテストステロンが関係しています。 テストステロンには皮脂の合成を促す作用があり、皮脂腺での分泌を活発化させるのが特徴です。 女性であっても少なからず男性ホルモンは存在しているため、テストステロンの影響を受けています。 また、女性ホルモンの中にはプロゲステロンという皮脂の分泌を促進する種類があります。 プロゲステロンは、排卵から月経にかけて分泌されるため、 月経前になると肌トラブルが起きる女性も多いです。 男性の場合 男性も女性と同じく、テストステロンの影響により皮脂の過剰分泌が起こります。 男性の場合は、女性の約20倍のテストステロンが分泌されるといわれています。 オイリー肌に悩む男性が多いのもこのためです。 こうした性ホルモンは思春期から成人にかけて多く分泌され、男性の場合は20~40代にかけて続きます。 そのため、適切な方法で皮脂と付き合っていかなければ長期にわたって肌トラブルに悩まされることになってしまいます。 皮脂の過剰分泌を抑える方法 肌の健康を保つためには、皮脂のバランスを整えることが大切です。 とはいえ、特別な治療は必要ありません。 皮脂の過剰分泌の原因は日常生活のなかに潜んでいるため、それらを解消することが対策となります。 実際の対策方法をみていきましょう。 日常生活でできること 女性・男性ホルモンは皮脂の分泌と大きく関係していますが、そのほかにもいくつか対策可能な原因があります。 日常生活のなかでできる具体的な対策は以下の通りです。 食事や食べ物で健康な肌を維持• 皮脂の過剰分泌をさせない生活習慣• ストレスを溜めずに自律神経を正す 食事で健康な肌を維持 日々の食事が身体の健康の土台を作るように、皮脂のバランスも食生活を正しく見直すことで改善されます。 皮脂バランスを整える栄養素とこれらの栄養素を多く含む食品は次のとおりです。 ビタミンB2 体内の脂質をエネルギーに変える働きがあります。 毎日1. 2mgを目安に摂取しましょう。 例:牛乳、レバー、うなぎ• ビタミンB6 脂質の消化機能を持つビタミンB6は肌の健康を維持するために必要な栄養素です。 毎日1. 2mgを目安に摂取しましょう。 例:まぐろ、さんま、バナナ、レバー 逆に、脂質や糖質の多い食べ物は皮脂の増加につながるため摂りすぎないよう気をつけましょう。 皮脂の過剰分泌をさせない生活習慣 皮脂のバランスを整えるためには生活習慣の見直しも大切です。 適度な運動は血行促進につながり、酸化の原因となる活性酸素の除去も期待できます。 1日1時間を目安に有酸素運動を取り入れましょう。 20分のウォーキングを3セット行うといったように分割して行っても問題ありません。 また、睡眠不足や就寝時間が不規則だと自律神経の乱れにつながります。 そうなると、さまざまな肌トラブルを引き起こすだけでなく皮脂の過剰分泌を引き起こします。 毎日同じサイクルで6時間以上の睡眠をとるようにしましょう。 ストレスを溜めずに自律神経を正す 精神的ストレスを感じると、皮脂が増加することがわかっています。 そのため、ストレスを溜め込まないように日々発散することが大切です。 仕事で同じ体勢が続く人はこまめにストレッチをするように習慣化しましょう。 ストレッチをすることで筋肉の緊張状態を緩和させることができ、ストレスが軽減します。 また、ストレッチは骨盤の歪みを整えることにもつながるため自律神経の乱れを防ぎます。 アロマにも自律神経を整える働きがあります。 就寝前などリラックスしたい時はアロマで気持ちを落ち着かせるのもよいでしょう。 スキンケアでできること 皮脂の過剰分泌は毛穴トラブルの原因となるため、日々のスキンケアも大切です。 ただし、間違った方法のスキンケアはかえって肌に負担をかけてしまいます。 正しい対策をするために、下記項目を押さえておきましょう。 スキンケアのポイント• 皮脂汚れを洗い流す正しい洗顔方法• 乾燥による皮脂分泌を抑えるための適度な保湿 スキンケアのポイント 毎日のスキンケアでは、下記のポイントを押さえましょう。 肌を清潔に保つ 汚れが溜まると肌に負担がかかるため、毎日しっかりと洗浄するようにしましょう。 洗顔では油分や添加物が少ない、固形石鹸の利用がおすすめです。 水分と油分を保つ 肌を健康に保つためには、十分な水分と油分が必要です。 肌の健康に必要な皮脂まで洗い流してしまわないようにしましょう。 物理的刺激を与えない 汚れを落とすため、力を入れてスキンケアをする人もいますが、逆効果です。 肌に負担をかけてしまい、肌トラブルの発生につながります。 テカリを洗い流す正しい洗顔方法 間違った洗顔は、かえって肌トラブルを引き起こします。 以下の流れを意識して洗顔しましょう。 <正しい洗顔方法>• 洗顔料をよく泡立てる• 額、鼻、頬、目元、口元と皮脂の多いところから順にやさしく洗う• 35度程度のぬるま湯で泡をすすぐa• タオルを押すように肌に当て、擦らないように水分を取る 泡をすすぐ際、熱いお湯だと肌に余計な刺激を与えてしまうため、ぬるま湯を使うようにしましょう。 また、洗顔後はタオルを肌に押し当てるように顔を拭きましょう。 擦るように拭いてしまうと、肌の表面を傷つけてしまう可能性があります。 乾燥による皮脂の分泌には保湿 皮脂の過剰分泌は乾燥が原因になっている可能性があります。 皮脂には肌から水分が蒸散するのを防ぐ役割があります。 肌が乾燥していると、防衛反応で皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。 下記のポイントをしっかりと押さえて保湿しましょう。 化粧水や乳液、クリームなどでの保湿 肌から水分が失われないように、毎日の洗顔後は化粧水や乳液、クリームで肌の潤いを保ちましょう。 皮脂を落としすぎる洗顔料を使用しない 洗浄力の強すぎると、必要な皮脂までも失われます。 添加物の少ない固形石鹸がおすすめです。 まとめ 皮脂の過剰分泌は、肌を清潔に保ち、しっかりと保湿することで改善する可能性があります。 ただし、きれいにしようと思うあまり洗顔をしすぎてしまうとかえって肌にダメージを与えてしまいかねません。 洗浄力の強い洗顔料は控え、力を入れすぎないように注意しましょう。 また、乾燥を防ぐために毎日の保湿ケアを忘れないように心がけましょう。

次の

皮脂分泌量が多い場所は?性別や年齢、季節も関係あるの?

皮脂 多い 原因

メイクをした時には綺麗に決まっていても時間が経つと鼻のテカリが気になる事はありませんか? 顔の中でも鼻はテカリやすい部分なので、日頃から注意をしている女性も多いでしょうが、いくら気を付けていてもテカってしまうのが鼻です。 女性会やデートがある時には、最悪だと感じる事もありますし、自分の鼻のテカリを気になってしまう人も多いのでは無いでしょうか? 鼻のテカリの原因とその対策について考えて行きます。 鼻がテカる原因は?顔の中でも特に鼻がテカる原因 顔の中でも鼻は多くの女性がご存知の通り、とてもテカリやすいところです。 でもなぜ鼻ばかりがテカってしまうのでしょうか。 普段から気を付けているのに鼻だけは思い通りに行かない事がコンプレックスになる事もあるでしょう。 鼻がテカる原因とその対策にはどんなものがあるのでしょうか。 鼻にはテカる理由がある!原因は皮脂腺との関係があった 体の中心部位には、皮脂を分泌する皮脂腺が多く存在しています。 顔も例外ではなく、顔の中央はTゾーンは皮脂が多く分泌される部分としても知られています。 Tゾーンの大部分は鼻ですから、当然皮脂腺が多くあり、活動も活発なのでテカりやすくなります。 テカリの原因は皮脂腺が多いだけではありません。 本来皮脂腺は適切な量の皮脂を分泌するためにありますが、適切な量を超えて皮脂が分泌された場合に、テカリとなって顔表面に出てきます。 これはメイクだけでは隠しきれるものではなく、かといって応急処置だけでも対応しきれないものがあります。 根本的な原因には次のようなものがあります。 食生活の偏り(油分過多)• 洗顔の時鼻を気にして強く洗う• あぶらとり紙などで頻繁に皮脂を取り肌に刺激を与えている• 肌の乾燥 過剰な皮脂分泌が原因なのであれば皮脂を取り除けばいい、と洗顔の回数を増やしたり、ゴシゴシと洗顔をしたりするのはNGです。 テカリの原因ともなる皮脂ですが、肌には必要なものなのです。 皮脂は皮膚の中の水分の蒸発を防いだり、皮膚の表面を弱酸性に保つことで雑菌の侵入や増殖を抑える働きをしたり、肌をなめらかにする天然のクリームのような役割を持っています。 洗顔のしすぎはそのような大切な働きをする皮脂を取りすぎてしまい、鼻のテカリの原因となっていることがあります。 また、テカリを隠そうとその上にファンデーションを厚塗りしてしまうのもいけません。 余計に皮脂が分泌され、化粧崩れの原因となります。 鼻の毛穴の黒ずみを取りたくて毛穴パックを頻繁に利用することも、必要な皮脂や角質を無理にはがしてしまうことになり、皮脂の分泌を促します。 さらに、あぶら紙の使用も、必要な油分を取りすぎてしまったり、肌を傷つけてしまったりすることが多いので、使い方には注意が必要です。 こうした悪循環を繰り返していると鼻のテカリは良くなるところか、どんどん悪化していくようになります。 最終的にはメイクをする時から、上手く化粧が乗らないと言う事も出てくる可能性があります。 そうならないためには、 乾燥はさらなる皮脂の分泌に繋がるので、毎日の保湿がとても大切です。 鼻のテカリを軽減させるための対策。 スキンケアやメイク編 鼻のテカリを軽減、または解消させるためには、テカリの原因について1つ1つ向き合っていく事が大切です。 いろいろな原因があるからこそテカリはその原因から鼻を守ろうと必死になるので、その原因を取り除いてあげれば徐々に改善されていく事が考えられます。 洗顔時のポイント 洗顔に使用する石鹸やフォームは、可能な限りしっかりと泡立ててから顔につけます。 この時に指の腹で優しく泡を撫でるようにする事が大きなポイントです。 肌を直接ゴシゴシこすらないように気を付けます。 さらに洗い流す時もバシャバシャと水を顔に添わせるように洗い流します。 間違っても指で顔をゴシゴシこすらないようにあくまでも指ではなく水で洗い流します。 洗顔料、洗顔フォーム選びのポイント 大きく分けて石鹸タイプとその他に分けられますが、石鹸タイプは天然の界面活性剤で作られていて、石油系の成分がほとんど含まれていません。 そのため形状で言えば石鹸タイプがおすすめです。 その他では肌質に合った成分のものを使用する事が挙げられます。 弱酸性か弱アルカリ性かについても、自分の肌に合わせる必要がありますが、オイリー肌の時には弱アルカリ性の方が汚れをしっかりと落としてくれるのでおすすめです。 洗顔後のポイント タオルで顔を拭く時はこすらずに顔にタオルを押し当てるようにして水分を優しく吸収させます。 その後はなるべく早く化粧水や乳液などを使って• 油分 を補いしっかり保湿をします。 この時にも肌の触り過ぎはいけません。 あくまでも指の腹で優しく塗布します。 この時に収れん化粧水を使う事もおすすめです。 鼻のマッサージをする 鼻のマッサージをして血流をよくすることも大切。 両手の中指と薬指を鼻に当て、上から下に向かってマッサージ。 力を入れすぎないように注意しながら行います。 メイクのポイント メイクの時にはテカリ防止用の下地を使います。 リキッドファンデーションなどカバー力の強いメイク用品は油分が多く、皮脂の過剰分泌につながります。 パウダーファンデーションを使うようにしましょう。 メイク自体はついつい厚く塗りたくなりますが、ぐっとこらえてナチュラルメイクを心がけるようにしましょう。 メイク直しのポイント メイク直しをする時にはテカリのある部分にあぶらとり紙を使うのは良いですが、必要以上にこすりつけるのはNGです。 さっと優しく使う事に専念しても良いでしょう。 鼻のテカリを軽減させるための対策。 食事編 鼻のテカリが気になる時は、洗顔やメイクの他にも食生活を見直す事が必要です。 普段からスナック菓子や脂っこい食事に偏っていないでしょうか? ビタミン類やミネラルなどは十分に摂取しているかどうかもチェックすると良いです。 皮脂の分泌は食事によってある程度コントロールする事が出来ます。 皮脂のコントロールに良い栄養成分には次のようなものがあります。 ビタミンB1・B2 豚肉、魚卵系、枝豆、レバー、納豆、乳製品 ビタミンA・C 緑黄色野菜、果物 こうした栄養成分は意外と身近なものなので、毎日の食生活に少しずつ取り入れていき、出来るだけ食事から摂取する事が理想的です。 特にビタミンB1・B2はどちらも過剰になっている皮脂の分泌を抑える働きがあるので、1日3食の中に上手に取り入れる事がおすすめです。 どうしてもこれらの食品が苦手と言う方は野菜ジュースやサプリメントを上手に利用して、テカリに良い栄養成分を取り入れるようにしましょう。 毎日の食生活の中で出来るだけ気を付けて行きたい事は、• 揚げ物• インスタント食品• 甘いもの(お菓子類) の食べすぎです。 これらは食べてはいけないと言うものではありませんが、 鼻のテカリを少しでも改善したいなら控えるようにする方が効果的です。 これらは皮脂を増やしてしまい、体が皮脂腺から脂分を排出しようとするので、皮脂腺が多く集まっている鼻がテカりやすくなってしまいます。 せっかく日々テカリを気にして頑張ってきても、その努力が無駄になってしまう可能性があります。 テカリが気になる時にはこれらの食品を控える事が必要です。 鼻のテカリは運動とも関係があるの?運動不足や睡眠不足も鼻のテカリの原因に! 鼻も肌の一部なので、運動不足とはとても深い関係があります。 ハードな運動はしなくても良いですが、それなりに健康維持のための必要最低限の運動はしておいた方が良いでしょう。 一見すると鼻のテカリとは何の関係も無さそうですが、実は深い関係があったのです。 運動不足も睡眠不足も鼻のテカリの大敵になるって本当? 運動不足も睡眠不足も、肌にとっては良い事がありません。 肌のリズムを崩してしまう他、体全体のホルモンバランスまで崩してしまう事になります。 運動不足や睡眠不足が原因で女性の体のホルモンバランスが崩れると、 男性ホルモンが増加してしまい分泌される皮脂量が増える事になります。 そうなると体のリズムも狂い始め、肌のターンオーバーも正常ではなくなってしまい、最悪の場合、鼻の部分だけやたらとテカっているのに皮がむけてきたり、• にきび• くすみ の原因にもなります。 こうした生活習慣の乱れは、血流を滞らせる事にもなりますから、さらなるテカリの原因を自分で作ってしまう事になります。 肌の代謝が悪くなれば、肌自身が皮脂の分泌量を上手くコントロールできなくなり、毛穴がたるんだり、開いたりする事も考えられます。 ハードな運動をしなければならないと言う事はありませんが、適度に毎日体を動かして肌のゴールデンタイムと言われている夜の22時から深夜の2時の間はしっかりと眠れるような生活のリズムを作る事もテカリ改善のためには必要です。 厄介な鼻のテカリの原因と、その対策についてのまとめ 鼻のテカリは普段何気なく過ごしていてもテカってしまう厄介なものです。 女性にとっては鼻のテカリほど煩わしく感じるものはないでしょう。 しかし、鼻のテカリにはちゃんとした原因があります。 その原因を知り、正しいケアをして行けば必ず症状が改善します。 日々のちょっとした事を気を付けて行くだけで鼻のテカリは改善に向かいますので、メイクが綺麗にいつまでも持つようにするためにも、テカリの原因の根本から改善すると良いです。 鼻も肌の一部ですから、日頃からスキンケアに気を配っている女性ならちょっとした工夫で改善出来ると思いますし、その変化にも気づきやすいでしょう。 鼻のテカリは放置しておいても改善する事はなく、むしろ毛穴が目立つようになったり、毛穴が炎症を起こしてにきびになる可能性もあります。 そうなればまたさらなる悩みに発展しますから、テカリが気になる今の段階でしっかりとケアをしていく事がおすすめです。 これからの肌の美しさにも関わって来るので、軽視は禁物と言えるでしょう。

次の

頭皮の皮脂量が多い原因はコレ!分泌を抑える対処法は!

皮脂 多い 原因

頭皮の皮脂の役割 頭皮の皮脂が持つ役割と効果は、主にこの6つです。 1 頭皮の乾燥を防ぐ効果 2 細菌などの感染を予防する効果 3 紫外線対策効果 4 頭皮の常在菌を正常に働かせる効果 5 髪にツヤを与え保護する効果 6 頭皮の健康を保つ効果 頭皮の皮脂が多い原因 頭皮は体の中で最も皮脂腺の多い場所です。 頭皮の皮脂が多くなる原因はこの3つです 1 シャンプー 頭皮の皮脂が多い原因のほとんどが洗浄力の強いシャンプー成分によるものです。 強い洗浄力で頭皮を洗うことにより、必要な頭皮の皮脂まで剥ぎ取ります。 このような状態が続くと免疫作用が反応して、頭皮に過剰な皮脂を分泌させてしまいます。 このような症状は頭皮がベタつくので、さらにしっかりとシャンプーすることで悪循環が始まり、頭皮トラブルへと発展していくのです。 現在では毎日シャンプーしない人はいない時代です。 頭皮の皮脂が多い原因はシャンプーをしないことではなく、シャンプーのしすぎによる、頭皮の免疫作用で起こるということを覚えておきましょう。 2 生活習慣 肉食中心の食生活や過度な飲酒、睡眠不足などの生活習慣の乱れからも、頭皮の皮脂分泌は過剰になります。 野菜中心の食事を心がけ、規則正しい睡眠をとることで、頭皮の皮脂分泌量も正常になります。 健康的な生活習慣を心がけて下さい。 3 頭皮トラブル もうすでに頭皮トラブルになっている人も、頭皮の皮脂が多いです。 頭皮を鏡なのでチェックして頭皮トラブルを確認してください。 頭皮トラブルの場合は早めの対策方法が必要です。 頭皮の皮脂が多い症状を改善するシャンプー 頭皮の皮脂が多い症状を改善するシャンプーには、スカルプシャンプーがオススメです。 スカルプシャンプーとは頭皮に必要な皮脂を残し、いらない汚れ等をしっかりと洗浄してくれるシャンプーです。 洗浄効果が強いと思われがちなスカルプシャンプーですが、アミノ酸洗浄成分を使用しているため、石油系シャンプーよりも洗浄力はマイルドです。 必要以上に多い皮脂を落としてくれて、頭皮の保湿効果もあるスカルプシャンプーが、頭皮の皮脂が多い症状を改善してくれ、頭皮トラブルなどに早く効くシャンプーです。 頭皮の皮脂が気になる方は参考にしてみてください。 まとめ 頭皮トラブルを改善するときに、早く効く方法がシャンプーです。 頭皮の皮脂が多い原因の改善にもシャンプーが効果的です。 頭皮トラブルに早く効く方法の、スカルプシャンプーをお勧めします。 以上、頭皮の皮脂が多い原因をシャンプーで改善する!早く効く方法でした。

次の