お盆帰省ラッシュ 2020。 お盆の渋滞2020年のピークは?帰省ラッシュの渋滞予測

【お盆休み2020】いつからいつまで?渋滞ピークもチェック! | イチオシらぼ

お盆帰省ラッシュ 2020

毎月の広報PRに役立つトピックスやトレンド情報の活用方法についてお届けする、広報PRトレンドウォッチです。 2020年8月の広報PRでは、どんなトピックスを意識して動いていったらいいのでしょうか。 情報発信されるPRパーソンのヒントになるような情報をお届けすべく、今回もPR TIMES MAGAZINE編集部が考察していきます。 トピックスの多い8月は発信タイミングの見極めを 夏本番となる8月!多くの学生が 夏休みを過ごし、企業もお盆に合わせて休暇を取るなどリフレッシュの期間でもあります。 「 夏祭り」や「 お盆」「 花火大会」など季節感ある行事や風習も多く、「 キャンプ」や「 フェス」などアクティブな企画が盛沢山。 ビッグイベントが多い分、 情報発信も6月や7月など早めに行うケースが多いです。 ただ、グルメやフェアなどの誰でも気軽に取り入れられるものに関する情報は、駆け込み需要を見込んでオンタイムに発信するなど、 ニーズを読み取ったタイミングの見極めが重要です。 また、2020年は8月7日が「 立秋」となり、この日を過ぎると「暑中見舞い」が「残暑見舞い」に変わるなど、暦の上では 秋となります。 実際は9月下旬頃まで厳しい暑さが続きますが、 8月は夏から秋に切り替わる時期にもあたります。 今年の8月はコロナ禍で平時通りにはいかないかもしれませんが、今年も取り入れやすい8月の注目キーワードをPR TIMES MAGAZINE編集部がピックアップし、考察していきます。 (PR TIMES編集部) 2020年8月の注目キーワード 広報トピックス満載な8月のなかでも注目すべきキーワードとは。 今回も事例をもとに3つご紹介します。 注目KWその1「山の日」 8月11日は国民の祝日 「山の日」。 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日です。 1995年に国民の祝日になった「海の日」につづき、日本山岳協会などが中心となり「山の日」を国民の祝日に制定する動きが始まり、2014年に国民の祝日として制定、 2016年より施行されました。 「山の日」は8月唯一の国民の祝日で、8月11日という日付は語呂合わせなどの意味合いはなく、お盆休みと連続させやすいことから選定されたと言われています。 2020年に限ってはオリンピック・パラリンピック開催に伴い「山の日」は 8月10日に移動し、8~9日の土日と合わせて 3連休となります。 参考: 行楽シーズンにつき 「海の日」と「山の日」を比較した調査リリースも見受けられます。 それぞれの認知度や期待度、過ごし方の違いを通して生活者のニーズや傾向が掴めるような、 多くの企業・団体で参考になる調査項目を設計できるかがポイントとなりそうです。 <海の日と比較したプレスリリース例> 今年はコロナ禍により実施が難しい側面もありますが、平時では「山の日」らしいアクティブなイベントも開催されています。 夏休み期間につき、お子さんを含めた 家族で楽しめる企画が多いようです。 屋外だからこその開放的なビジュアルを撮影し、 報告レポートや次回開催時の素材として活用するケースも多数見受けられます。 <アクティブなイベントのプレスリリース例> フード業界では「山の日」にかけて 「山盛り」フェアが実施されます。 記念日と絡めることでイベントの定着度も高まり、 恒例イベント化も狙えますね。 <山盛り企画のプレスリリース例> 自社プロダクトを山に見立てたり、山を想起させるコンセプトでイベントを実施するといったユニークな事例も。 「山の日」=山という固定観念を取り払い、自社ならどうやってアピールできるか工夫している点は業種問わず参考になります。 <山を想起させるプレスリリース例> 国民の祝日として定着しはじめているものの、関連プレスリリースはまだまだ少ないよう。 しかし、 今年の「山の日」を含めた3連休は、コロナ禍での貴重な夏休み商戦になるはずです。 記念日を意識して「山場」を意識的に作っていくような広報戦略を立てられると良いでしょう。 山の日のプレスリリース活用事例はから 注目KWその2「お盆」 毎年8月15日前後は 「お盆」として休暇を取り、帰省する方も多いのではないでしょうか。 そもそもお盆とは、年に一度先祖の精霊をお迎えして供養する期間のこと。 お墓参りのために帰省することから、休暇を関連づけるようになったのでしょう。 1カ月範囲内のタイムリーな情報発信が多いようです。 この時期は人の移動が多くなるため 「帰省ラッシュ」がつきもの。 ただ 2020年はコロナ禍によってお盆の帰省事情にも変化や規制が生じる可能性があります。 そんな帰省事情に関する調査も行われています。 <帰省に関連するプレスリリース例> お供え用ローソクの製造販売をおこなう企業では、お盆の時季に精力的に新商品を展開。 お墓参りという風習を大切にしながらもユーモアさを両立させた発信が、自社の領域と可能性を拡げています。 思わず読みたくなるキャッチーなプレスリリースタイトルもポイント。 <お供え用商品に関連するプレスリリース例> 帰省に伴い、高齢者となった親に 免許返納を提案する機会提唱も行われています。 大切なことを家族で話すきっかけとして「お盆」を活用するのは、免許返納以外でもできそうです。 <免許返納に関連するプレスリリース例> 近年ではお盆の期間でも稼働できるよう夏季休暇を調整する企業は多く、また墓じまいも増加傾向のため、従来は異なる方法で先祖を供養する人も増えていることでしょう。 そんな、 時代によって変わる「お盆」への意識や実態を調査するプレスリリースも見受けられます。 <調査に関連するプレスリリース例> お盆の期間には本来、夏祭りやお墓参りなど家族で参加する行事が多くありますが、今年は帰省にも変化が起こるでしょう。 とはいえ親族が一同に会する貴重なひとときを「お盆」に絡めて提案できると良さそうですね。 お盆のプレスリリース活用事例はから 注目KWその3「野菜の日」 毎月29日は「ニクの日」。 では、野菜の日はご存知でしょうか? 「野菜の日」は毎年8月31日で、食料品流通改善協会などが野菜の栄養価やおいしさを見直してもらう機会にしようと、1983年に制定されました。 日付の由来は「8 ヤ 、3 サ 、1 イ 」の語呂合わせからきています。 参考: 野菜を扱う 飲食業界では「野菜の日」に合わせて様々なキャンペーンが開催されています。 <キャンペーンに関するプレスリリース例> バランス良い食事に野菜は不可欠。 とはいえ、野菜嫌いのお子さんに困っているお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか。 そこで、記念日を通じて おいしく野菜を食べてもらえるようなアイデアグッズや、こども向け食育プログラムなども展開されています。 <子どもに向けたPR施策のプレスリリース例> 「ニクの日」は「290円」「29種類」など記念日の数字を活用した事例が多い反面、 「野菜の日」は「ヤサイ」の語呂に合わせた企画が多いのが特徴です。 価格などの数値を変更しづらい企業・団体は参考になりそうですね。 <語呂合わせでフェアを行うプレスリリース例> 他の記念日同様に、「野菜の日」に野菜に関する調査リリースを出す企業・団体も。 野菜の摂取や栽培に関する調査結果がほとんどです。 <調査に関するプレスリリース例> 「野菜の日」に関連したイベントは実施されているものの、関連プレスリリースは 8月当月でも20本前後とまだまだ少ないのが実情。 知らない生活者がいることを見越してか、 「8月31日は野菜の日」と日付とセットでタイトルに記載するプレスリリースが目立ちます。 しかし、農林水産省も東日本大震災の復興支援の一環として「野菜の日」を活用するなどその活動は拡がりつつあります。 今後更なる盛り上がりが期待できそうですね。 参考: 3月から続いた自粛要請で、「食」環境は大きな変化が起こりました。 農家の応援策として、営業再開した飲食店のPR施策として、おうちごはんを楽しむ提案として。 今年の「野菜の日」は活用チャンスが例年以上に大きいかもしれません。 野菜の日のプレスリリース活用事例はから 2020年8月の広報PRはこう動くのがおすすめ 8月はイベントも多く広報トピックスも豊富ですが、 2020年は新型コロナウイルスの影響で従来の夏とは異なる過ごし方をする人が増えることでしょう。 夏ならではの高揚感はそのままに、今だからこそできること、楽しめること、必要なことを模索して積極的にアピールしていきたいですね。 また翌9月に入ると市場は次の季節を迎える準備を進めます。 新学期が始まるなど、新たな区切りと捉える人も多いのではないでしょうか。 次の時季に向けた提案も8月の段階から意識しておきましょう。

次の

2020年お盆東海道新幹線混雑予想!Uターンラッシュ&帰省ラッシュはいつ?|ゆんぶろぐ

お盆帰省ラッシュ 2020

お盆休みを迎えて、いざ帰省をする際に各交通機関が大混雑していたら大変です。 せっかくの帰省や旅行も、大混雑によって様々な問題が起きてしまうかもしれません。 例えば、高速道路であれば長い渋滞に巻き込まれてしまった場合、なかなか進むことが出来ずに身動きが取れなくなってしまいます。 また、新幹線が大混雑していれば指定席がとれなかったりと、予定していたものに乗れないという事も起こるかもしれません。 それらの問題を避けるためには、まず帰省ラッシュの混雑のピークをしっかりと知っておく必要があります。 ここではお盆の帰省ラッシュでは、 高速道路と新幹線でどのくらい混雑するのかについてご説明します。 高速道路の場合 各高速道路では、お盆休みなどの一般的な長期休暇の際にはやはり混雑してしまいます。 混雑する日時は毎年変動しますが、基本的にはお盆休みの始めの8月10~12日が帰省ラッシュとなる場合が多いです。 その際には、中央自動車道や東北自動車道などの下りでは、 午前中がピークとなり40㎞前後の渋滞が発生しやすくなります。 特に中央自動車道では高井戸ICから相模湖IC間にかけて発生しやすく、東北自動車道では鹿沼ICから西那須野塩原IC間の混雑が多く見られるようです。 また、上りでは関越自動車道でも40㎞前後の渋滞が発生しやすくなっています。 お盆の帰省ラッシュの高速道路では、特に下りが集中する傾向にあり混雑しやすくなります。 逆に上りは分散傾向となっており、大きな渋滞はあまり目立ちません。 ちなみに目安として45㎞の渋滞ともなると、その区間を抜けるのには通常よりも1時間半前後もの時間がかかってしまいます。 新幹線の場合 こちらも混雑する日時は毎年変動しますが、基本的にはやはりお盆休みの初日である11日が混雑し、特に午前中がピークとなります。 そして、12日には混雑は分散しますがそれにより終日混み合ってしまうことが多くなります。 また、新幹線の乗車券には指定席特急券と自由席特急券がありますが、その中の指定席特急券は時期によって値段設定が異なります。 指定席特急券には繁忙期、閑散期、通常期があります。 繁忙期では通常期の値段の200円増しとなっていて、逆に閑散期は通常期よりも200円安くなります。 また、当然お盆の時期は繁忙期に入りますので値段が高くなります。 つまり、お盆の指定席特急券の値段は閑散期と比べると400円も高くなるのです。 また、自由席特急券は基本的に指定席特急券よりも520円安く、時期による値段の変動も特にありません。 お盆のUターンラッシュはどれぐらい混む? お盆の始めに帰省ラッシュが発生し混雑してしまうように、お盆の終わりにはUターンラッシュが発生します。 ここでは、Uターンラッシュの場合はどのくらい混むのか、いつ頃がピークなのかについて見ていきましょう。 前述した通りUターンラッシュでは、高速道路や新幹線ともに お盆の終盤である8月15~17日で発生しやすくなっています。 高速道路では、帰省ラッシュの時とは逆で上りが混雑し、特に夕方の17時頃がピークとなり40㎞近くの渋滞が発生するところもあります。 また、新幹線においても、東京方面へ向かう上り線が特に混み合い、15日の午後から16日の午前中にかけて、ピークとなることが多いです。 ただし、お盆のUターンラッシュの混雑する日時も毎年変動しますので注意しましょう。 お盆の帰省ラッシュはどう回避する? お盆の時期の帰省ラッシュでは毎年、各交通機関で大混雑してしまうという事がお分かりいただけたと思います。 そして、そんな帰省ラッシュの大混雑に巻き込まれてしまえば、せっかくのお盆休みに計画していた予定にも影響が出てしまうかもしれません。 やはりお盆休みを楽しく過ごすためにも、混雑はできるだけ避けたいですよね。 では、お盆の帰省ラッシュを回避するにはどういった方法があるのでしょうか? ここでは、 高速道路と新幹線の各場合での混雑の回避方法をご紹介します。 また、その他にもお盆の混雑を避ける方法をご紹介しておりますので、ぜひ合わせてご参考にして下さい。 高速道路の場合 高速道路の帰省ラッシュでは、特に午前7時頃が混雑のピークとなりますので、その時間帯や午前中は避けるのが望ましいです。 ただ、一日を無駄にしてしまわないためにも、出来る限り早く目的地に到着したいと思う方も多いのではないでしょうか。 そこで、目的地に早く到着できて混雑も避けることができるお勧めの時間帯があります。 そんな最適な時間帯とも言えるのが、 当日の深夜から早朝にかけての時間帯です。 この時間帯であれば、渋滞に巻き込まれることはほとんど無く、通常通りスムーズに移動することができるのです。 したがって、当日の深夜から早朝の間に高速道路を移動してしまうというのが、帰省ラッシュを避けるための最良の手段となります。 また、渋滞に巻き込まれてしまった際の対処法としてお勧めするものがあります。 それは、なるべく一番左の車線を走ることです。 渋滞が発生した際には、多くの人が追い越し車線に移動してしまうため、かえって一番左の車線が空く傾向にあるのです。 そして、全然進まないからと言って高速道路を降りないようにしましょう。 結局は一般道路でも混雑しているため、高速道路を走り続けた場合よりも時間がかかってしまうという事になってしまいます。 また、このように渋滞に巻き込まれてしまう前には、事前に渋滞の起こりやすいポイントなどをしっかりと確認しておくことが重要となります。 新幹線の場合 新幹線の場合においても、初日の午前中が帰省ラッシュのピークとなります。 また早朝であっても混雑することが多いため、当日では乗車券を購入するのにも時間がかかってしまい、指定席もすでに満席という事がほとんどです。 そうなってしまう前にも、以下の対策が必要となります。 出来る事ならば指定席を選び、事前に購入しておきましょう。 実は、指定席の場合はあらかじめ予約しておくことが可能なのです。 最大1ヶ月前から予約することができ、駅構内にある券売機やみどりの窓口はもちろん、インターネットでも購入することができます。 ただ、 できるだけ早いうちに購入しておかなければ、席はどんどん埋まってしまいますので注意が必要です。 また、もしかすれば指定席を取ることができずに、自由席となってしまう場合もあるかもしれません。 こうなってしまった場合には、基本的に混雑することを覚悟しなければいけません。 始発の新幹線であっても、大勢の人が並びますので座席を確保するには一本見送るか、さらに早い時間から並ぶしか方法はありません。 指定席では料金こそかかってしまいますが、確実に座席を確保することができ混雑も回避できますので、新幹線の帰省ラッシュにおいて一番の安全策と言えます。 思い切って海外旅行に行く やはりお盆の時期では、各交通機関はもちろん国内の旅行先などでも混雑しているところが多いようです。 国内でこれだけ混雑しているのならば海外旅行をしてしまえばいいのでは、と考える方もいるのではないでしょうか。 しかし実際は、お盆の時期であればなおさら海外旅行をする人も多いのです。 そのため、当日の空港ではやはり混雑してしまいます。 また、人気の旅行先であれば航空費が高くなってしまうので、 早めに予約しておく必要があります。 もちろん、中には旅行費が比較的安く混雑もしていない所もありますので、お盆の時期でものんびりと過ごす事ができます。 お盆にオススメの海外旅行先 定番の海外旅行先といえば、ハワイやグアムを思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか。 お盆の時期は夏ですので当然、海が恋しくなりますよね。 ただ、海外旅行とはいえ人気のあるところでは、やはり混雑は避けられないようです。 ここではお盆の時期でも混雑を避けることができ、 比較的手軽に旅行を楽しむことが出来るお勧めの海外旅行先をご紹介します。 ロシア・ウラジオストク ウラジオストクはロシアの極東部の海沿いに位置するため、意外と日本とも近く直通の飛行機であれば3時間程度で行くことができるのです。 また、ロシアの領土内ではアジアとして分類されていますが、そこで見られる風情ある町並みはまさしく ヨーロッパ諸国そのものです。 ウラジオストクには美術館や博物館も多くあるので、特徴的な建物とともに観て回るのも良いかもしれません。 もちろん海を望める場所や、ルースキー島連絡橋といった有名な観光スポットも存在します。 その他にも、多くの楽しめる観光施設がありますので、ぜひ海外旅行をする際にはご検討してみてはいかがでしょうか。 マルタ島 マルタ島は地中海に位置するマルタ共和国に属する島で、その中でも一番大きな島です。 マルタ島へは直通の飛行機が無く、距離も遠いため時間はかかってしまいます。 しかし、現地に到着してしまえば様々な絶景を望むことができるのです。 島なので当然周りには海が広がっており、青く透き通った綺麗な海を一望することができます。 また、マルタ島には歴史的な建造物が数多く存在し、首都のバレッタにおいては 街全体が世界遺産に登録されています。 マルタ島では綺麗な海を満喫するのも良し、街や歴史をゆっくり観光するのも良しと、まさに穴場となっておりますのでぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。 また、上記以外にもお盆の時期にお勧めする国内外の旅行先を、下記の記事にてご紹介しておりますのでぜひご覧ください。 お盆は基本的には8月13日から15日まで。 お盆の帰省ラッシュ時は午前中が特に混雑しやすい。 お盆のUターンラッシュ時は午後が特に混雑しやすい。 お盆の帰省ラッシュを回避するには早めの行動が重要。 お盆にお勧めの海外旅行先はまだまだある。 お盆の時期では、各交通機関や旅行先などでやはり混雑してしまいます。 旅行を計画するのであれば、旅行先は慎重に決めて早めの行動をとれば、ある程度混雑を避けることはできるのです。 せっかくのお盆休みですので、ぜひ快適で良い休日を過ごしましょう。 「終活ねっと」では、下記のお盆の迎え方についての記事など他にも多数掲載しております。 ぜひそちらもご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お盆 お供え お返し 初盆 新盆 2020 紅茶 ケーキ バウムクーヘン カレルチャペック紅茶店 ティースイーツチェスト2段 :TSC

お盆帰省ラッシュ 2020

お盆休みを迎えて、いざ帰省をする際に各交通機関が大混雑していたら大変です。 せっかくの帰省や旅行も、大混雑によって様々な問題が起きてしまうかもしれません。 例えば、高速道路であれば長い渋滞に巻き込まれてしまった場合、なかなか進むことが出来ずに身動きが取れなくなってしまいます。 また、新幹線が大混雑していれば指定席がとれなかったりと、予定していたものに乗れないという事も起こるかもしれません。 それらの問題を避けるためには、まず帰省ラッシュの混雑のピークをしっかりと知っておく必要があります。 ここではお盆の帰省ラッシュでは、 高速道路と新幹線でどのくらい混雑するのかについてご説明します。 高速道路の場合 各高速道路では、お盆休みなどの一般的な長期休暇の際にはやはり混雑してしまいます。 混雑する日時は毎年変動しますが、基本的にはお盆休みの始めの8月10~12日が帰省ラッシュとなる場合が多いです。 その際には、中央自動車道や東北自動車道などの下りでは、 午前中がピークとなり40㎞前後の渋滞が発生しやすくなります。 特に中央自動車道では高井戸ICから相模湖IC間にかけて発生しやすく、東北自動車道では鹿沼ICから西那須野塩原IC間の混雑が多く見られるようです。 また、上りでは関越自動車道でも40㎞前後の渋滞が発生しやすくなっています。 お盆の帰省ラッシュの高速道路では、特に下りが集中する傾向にあり混雑しやすくなります。 逆に上りは分散傾向となっており、大きな渋滞はあまり目立ちません。 ちなみに目安として45㎞の渋滞ともなると、その区間を抜けるのには通常よりも1時間半前後もの時間がかかってしまいます。 新幹線の場合 こちらも混雑する日時は毎年変動しますが、基本的にはやはりお盆休みの初日である11日が混雑し、特に午前中がピークとなります。 そして、12日には混雑は分散しますがそれにより終日混み合ってしまうことが多くなります。 また、新幹線の乗車券には指定席特急券と自由席特急券がありますが、その中の指定席特急券は時期によって値段設定が異なります。 指定席特急券には繁忙期、閑散期、通常期があります。 繁忙期では通常期の値段の200円増しとなっていて、逆に閑散期は通常期よりも200円安くなります。 また、当然お盆の時期は繁忙期に入りますので値段が高くなります。 つまり、お盆の指定席特急券の値段は閑散期と比べると400円も高くなるのです。 また、自由席特急券は基本的に指定席特急券よりも520円安く、時期による値段の変動も特にありません。 お盆のUターンラッシュはどれぐらい混む? お盆の始めに帰省ラッシュが発生し混雑してしまうように、お盆の終わりにはUターンラッシュが発生します。 ここでは、Uターンラッシュの場合はどのくらい混むのか、いつ頃がピークなのかについて見ていきましょう。 前述した通りUターンラッシュでは、高速道路や新幹線ともに お盆の終盤である8月15~17日で発生しやすくなっています。 高速道路では、帰省ラッシュの時とは逆で上りが混雑し、特に夕方の17時頃がピークとなり40㎞近くの渋滞が発生するところもあります。 また、新幹線においても、東京方面へ向かう上り線が特に混み合い、15日の午後から16日の午前中にかけて、ピークとなることが多いです。 ただし、お盆のUターンラッシュの混雑する日時も毎年変動しますので注意しましょう。 お盆の帰省ラッシュはどう回避する? お盆の時期の帰省ラッシュでは毎年、各交通機関で大混雑してしまうという事がお分かりいただけたと思います。 そして、そんな帰省ラッシュの大混雑に巻き込まれてしまえば、せっかくのお盆休みに計画していた予定にも影響が出てしまうかもしれません。 やはりお盆休みを楽しく過ごすためにも、混雑はできるだけ避けたいですよね。 では、お盆の帰省ラッシュを回避するにはどういった方法があるのでしょうか? ここでは、 高速道路と新幹線の各場合での混雑の回避方法をご紹介します。 また、その他にもお盆の混雑を避ける方法をご紹介しておりますので、ぜひ合わせてご参考にして下さい。 高速道路の場合 高速道路の帰省ラッシュでは、特に午前7時頃が混雑のピークとなりますので、その時間帯や午前中は避けるのが望ましいです。 ただ、一日を無駄にしてしまわないためにも、出来る限り早く目的地に到着したいと思う方も多いのではないでしょうか。 そこで、目的地に早く到着できて混雑も避けることができるお勧めの時間帯があります。 そんな最適な時間帯とも言えるのが、 当日の深夜から早朝にかけての時間帯です。 この時間帯であれば、渋滞に巻き込まれることはほとんど無く、通常通りスムーズに移動することができるのです。 したがって、当日の深夜から早朝の間に高速道路を移動してしまうというのが、帰省ラッシュを避けるための最良の手段となります。 また、渋滞に巻き込まれてしまった際の対処法としてお勧めするものがあります。 それは、なるべく一番左の車線を走ることです。 渋滞が発生した際には、多くの人が追い越し車線に移動してしまうため、かえって一番左の車線が空く傾向にあるのです。 そして、全然進まないからと言って高速道路を降りないようにしましょう。 結局は一般道路でも混雑しているため、高速道路を走り続けた場合よりも時間がかかってしまうという事になってしまいます。 また、このように渋滞に巻き込まれてしまう前には、事前に渋滞の起こりやすいポイントなどをしっかりと確認しておくことが重要となります。 新幹線の場合 新幹線の場合においても、初日の午前中が帰省ラッシュのピークとなります。 また早朝であっても混雑することが多いため、当日では乗車券を購入するのにも時間がかかってしまい、指定席もすでに満席という事がほとんどです。 そうなってしまう前にも、以下の対策が必要となります。 出来る事ならば指定席を選び、事前に購入しておきましょう。 実は、指定席の場合はあらかじめ予約しておくことが可能なのです。 最大1ヶ月前から予約することができ、駅構内にある券売機やみどりの窓口はもちろん、インターネットでも購入することができます。 ただ、 できるだけ早いうちに購入しておかなければ、席はどんどん埋まってしまいますので注意が必要です。 また、もしかすれば指定席を取ることができずに、自由席となってしまう場合もあるかもしれません。 こうなってしまった場合には、基本的に混雑することを覚悟しなければいけません。 始発の新幹線であっても、大勢の人が並びますので座席を確保するには一本見送るか、さらに早い時間から並ぶしか方法はありません。 指定席では料金こそかかってしまいますが、確実に座席を確保することができ混雑も回避できますので、新幹線の帰省ラッシュにおいて一番の安全策と言えます。 思い切って海外旅行に行く やはりお盆の時期では、各交通機関はもちろん国内の旅行先などでも混雑しているところが多いようです。 国内でこれだけ混雑しているのならば海外旅行をしてしまえばいいのでは、と考える方もいるのではないでしょうか。 しかし実際は、お盆の時期であればなおさら海外旅行をする人も多いのです。 そのため、当日の空港ではやはり混雑してしまいます。 また、人気の旅行先であれば航空費が高くなってしまうので、 早めに予約しておく必要があります。 もちろん、中には旅行費が比較的安く混雑もしていない所もありますので、お盆の時期でものんびりと過ごす事ができます。 お盆にオススメの海外旅行先 定番の海外旅行先といえば、ハワイやグアムを思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか。 お盆の時期は夏ですので当然、海が恋しくなりますよね。 ただ、海外旅行とはいえ人気のあるところでは、やはり混雑は避けられないようです。 ここではお盆の時期でも混雑を避けることができ、 比較的手軽に旅行を楽しむことが出来るお勧めの海外旅行先をご紹介します。 ロシア・ウラジオストク ウラジオストクはロシアの極東部の海沿いに位置するため、意外と日本とも近く直通の飛行機であれば3時間程度で行くことができるのです。 また、ロシアの領土内ではアジアとして分類されていますが、そこで見られる風情ある町並みはまさしく ヨーロッパ諸国そのものです。 ウラジオストクには美術館や博物館も多くあるので、特徴的な建物とともに観て回るのも良いかもしれません。 もちろん海を望める場所や、ルースキー島連絡橋といった有名な観光スポットも存在します。 その他にも、多くの楽しめる観光施設がありますので、ぜひ海外旅行をする際にはご検討してみてはいかがでしょうか。 マルタ島 マルタ島は地中海に位置するマルタ共和国に属する島で、その中でも一番大きな島です。 マルタ島へは直通の飛行機が無く、距離も遠いため時間はかかってしまいます。 しかし、現地に到着してしまえば様々な絶景を望むことができるのです。 島なので当然周りには海が広がっており、青く透き通った綺麗な海を一望することができます。 また、マルタ島には歴史的な建造物が数多く存在し、首都のバレッタにおいては 街全体が世界遺産に登録されています。 マルタ島では綺麗な海を満喫するのも良し、街や歴史をゆっくり観光するのも良しと、まさに穴場となっておりますのでぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。 また、上記以外にもお盆の時期にお勧めする国内外の旅行先を、下記の記事にてご紹介しておりますのでぜひご覧ください。 お盆は基本的には8月13日から15日まで。 お盆の帰省ラッシュ時は午前中が特に混雑しやすい。 お盆のUターンラッシュ時は午後が特に混雑しやすい。 お盆の帰省ラッシュを回避するには早めの行動が重要。 お盆にお勧めの海外旅行先はまだまだある。 お盆の時期では、各交通機関や旅行先などでやはり混雑してしまいます。 旅行を計画するのであれば、旅行先は慎重に決めて早めの行動をとれば、ある程度混雑を避けることはできるのです。 せっかくのお盆休みですので、ぜひ快適で良い休日を過ごしましょう。 「終活ねっと」では、下記のお盆の迎え方についての記事など他にも多数掲載しております。 ぜひそちらもご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の