ひだしん。 ひだしん(@mmzkjin)

高山陣屋 ひだしんプロジェクションマッピング

ひだしん

小陰唇縮小手術がおすすめなのは、こんなケース• 小陰唇が大陰唇からはみだしている• こすれたりはさまったりする• 黒ずみが気になる• 汚れがたまりやすい• 臭いが気になる• 痛みに悩んでいる• 左右差が気になる 今回、小陰唇縮小手術を希望されたのは、NICOLY読者のAさん。 24歳の女性です。 きつめのパンツをはいたときや、自転車に乗っているときにすれている感じがし、「小陰唇が大きすぎるのではないか?」と思っていたそう。 彼氏に指摘されたことはないそうですが、鏡の前で裸でまっすぐ立ったときに気になり、小陰唇縮小手術を受けることを決意されました。 小陰唇縮小のカウンセリングを受けに、湘南美容外科新宿本院へ 小陰唇縮小手術のカウンセリングを受けるために、お邪魔したのは。 湘南美容外科では、相談もふくめ婦人科形成施術に関する2015年年間来院数が、なんと 2,100件を超えたそう。 婦人科形成が、一般的に浸透しつつあることがうかがえます。 今回来院した新宿本院は、全国に50院を展開する湘南美容外科のなかでも随一の広さを誇り、在籍スタッフ数は100人を超えるそうです。 美容外科医による小陰唇縮小手術のカウンセリング 小陰唇縮小のカウンセリングを担当してくださったのは、医師。 2013年に湘南美容外科に入職されました。 美容に関する知識も豊富で、医学の知識を用いたされています。 なんと、ほぼ毎日婦人科形成の手術を行っているのだとか。 その実績からも信頼度の高さがうかがえますし、何より福澤医師は 同じ女性。 婦人科形成というデリケートな箇所の施術だからこそ、 同じ目線にたって相談にのってくれる女性医師の存在はとてもありがたいです。 運動や衝撃が加わるような行動は、2週間ほどお休みしてください。 性交渉も最低でも1週間、できれば2週間ほど控えていただくのが良いです。 どんな方法で小陰唇縮小するの? ちなみになぜ婦人科形成が人気かというと、湘南美容外科ではという術式を取り入れているからなのだとか。 抜糸なし7DAYS、通称7DAYS法とは、その名のとおり 抜糸の必要がない婦人科形成術のことです。 通常の小陰唇縮小手術は? 通常の小陰唇縮小手術では小陰唇の内側と外側両方を縫い、1週間後に再度来院して 抜糸を行わなければなりません。 抜糸は痛みを伴いますし、まれに糸が皮膚に食い込み、小陰唇に痕が残ってしまう可能性が。 また、性交渉は1か月たたないと行うことができません。 それだけ、 皮膚への負担が大きいということなのです。 抜糸なし7DAYSでは? 小陰唇の内側も外側も縫う必要のある通常の手術に対し、7DAYS法は 内側を溶ける糸で細かく縫い合わせ、外側は医療用ボンドで固定します。 約1週間でシャワーを浴びているうちに自然とボンドがはがれ落ち、そのときには傷はふさがっているのだとか。 抜糸がいらず、何より表を糸で縫っていないので、食い込み痕ができることはないとされています。 性交渉も約1週間後から可能で、ダウンタイムが短いのも魅力的です。 抜糸ありの施術と抜糸なしの施術とを比較してみると以下のようになります。 7DAYS法は 縫糸が見えない、抜糸が不要、ダウンタイムが短い、とメリットが三拍子ぞろいなのです。 小陰唇縮小手術のリスクは? ーー「小陰唇縮小手術に伴うリスクは、どういったものがあるのでしょうか?」 3つめのリスクは、 左右同一にならない可能性がある、ということです。 もともと左右差が大きかったりすると、左右完全に同一にするのは難しいです。 我々外科医は切ることはできても、ないものを取ってきてつけることはできないので(笑)。 ただ、今まで左右差が気になって修正のため再来されたケースはないので、おそらく満足いただけると思います。 3つのリスクを簡単にまとめると、以下のような感じです。 ちなみに術後は少しだけ 腫れがみられ、1か月ほどで安定するそう。 とても満足度が高い手術らしく、 やらなければ良かったという人はまずいないそうです。 術後のトラブルや合併症もものすごく少なく、症例件数が多いため、医師はもちろん看護師もカウンセラーもベテラン揃い。 婦人科形成は意外と身近な整形なんだな、と思いました。 小陰唇縮小の適応を診るための診察 一通りカウンセリングが済んだところで、小陰唇縮小の適応を診るため診察を行うことになりました。 下着を脱ぎ、巻きタオルを身につけます。 鏡で見ながら、医師と一緒に小陰唇の状態を確認。 診察の結果、小陰唇縮小手術の適応があるとのこと。 ただ副皮もつながっているため、 今回は副皮除去も同時に行うことになりました。 ちなみに、クリトリスが露出してしないよう、副皮は除去しすぎないようにするのが良いそう。 大陰唇を閉じたときにはみ出ないくらいがきれいだと思うので、 平均より小さめの1〜1. 2cmにすることが多いです。 まれに、とにかく小さくしたいと要望される方もいます。 そういった場合は5ミリ程度まで小さくすることもありますが、基本的に切り過ぎないようにしています。 性交渉の時に膣をガードするなど、 小陰唇にはちゃんとした役割があるので。 小陰唇は正しい大きさが自分ではなかなか判断できないもの。 経験豊富な医師にすべて任せるのが安心かもしれません。 小陰唇縮小手術について、カウンセラーからの説明 医師からのカウンセリングを終え、今度は個室になっている待合室で、カウンセラーの方からの説明がありました。 施術前の注意事項• 前日に陰部の毛を剃ってくる• 前日はアルコール、下剤、激しい運動禁止• 点滴の麻酔を使用するので6時間前から食事禁止、3時間前から飲み物禁止 前日から気をつければ十分のようです! 小陰唇縮小手術の施術当日 そして、小陰唇縮小手術当日。 また湘南美容外科新宿本院を訪れました。 巻きタオルに着替え、下着を脱いで紙パンツをはきます。 施術室で待つこと5分、ふたりの看護師さんがやってきました。 まずは 点滴を打ちます。 ベテランの看護師さんだったためか、Aさんはほとんど痛みを感じなかったそう。 どどん。 脚を開いてがっちり 固定! ーー「むくみとれそう〜」 と、Aさんはしゃいでおられました(笑)。 その後、患部を念入りに 剃毛し…… イソジンで患部をしっかり 消毒しました。 その後、福澤医師がやってきて、 施術開始! まずは念入りに マーキングを施しました。 ちなみにこの頃、 静脈麻酔が効きAさんは夢の中。 声をかけても返事をしませんでした。 Aさんが眠ったタイミングを見計らって、 局所麻酔を患部に注入! はたから見ると、女性の大事な場所に針を刺すなんてほんと痛そう……と思いがち。 でも、Aさんに 局所麻酔を打たれた記憶は全然ないそうです。 痛みをまったく感じないというのは本当らしい! そしてついに、小陰唇にメスが入りました。 丁寧に、かつ大胆に小陰唇を切除していく福澤医師。 局所麻酔に血管収縮剤が入っているため、そこまで大量に出血しませんでした。 切除後止血を行い、切除面を丁寧に縫合。 最後に医療用ボンドをぬり、施術は終了。 手術は 大体1時間程度で終わりました。 手術後の小陰唇は、とてもすっきりしていました! 同じ女性が見てもきれいだと思う形になっていて、Aさんも写真を見て大満足。 小陰唇縮小手術が終わったあと 術後は以下の順に着用し、 陰部をしっかり圧迫しました。 圧迫することで内出血や腫れを最小限にとどめ、治りが早くなるそう。 着用する順番• ガーゼ• ナプキン• ショーツ• 丸いガーゼ• ガードル ガードルはこんな感じのものを着用。 似たような形のものがあれば持参しても良いのですが、Aさんは湘南美容外科で購入したものを着用しました。 最初にあてたガーゼは、出血量を見るためのものだそうです。 小陰唇縮小手術は、術後 長くて1週間ほど血がにじみます。 少しにじむ程度なら正常ですが、生理でもないのに1日に何度もナプキンを変えるほど出血するようなら、すぐに病院へ電話するようにとのこと。 4層目に着用した 丸いガーゼは術後3日間着用、 ガードルとナプキンは術後1週間着用が義務づけられています。 はずして良いのはお風呂のときのみ。 トイレに行ったら必ず ウォッシュレットを使用し、 陰部を清潔に保つ必要があります。 また、 腫れと内出血は術後1〜2日間をピークに、1〜2週間ほどで落ち着くそう。 手術直後は痛み止めの点滴を打ちながら、座って30分ほど陰部を圧迫しました。 アフターケアや薬について その間に看護師さんから、薬の服用などアフターケアについての説明が。 渡された薬はぬり薬も含め計3点。 痛み止めの薬は、痛くなかったら飲まなくても問題ないとのことです。 痛み:チクッとする痛みが3日ほど続く• 腫れ:術後3日間は多少の腫れがある• 出血:術後2日間ほどナプキンに血がつく 手術直後、3日後、1週間後で特に変化は見られません。 極端に腫れたりしないのがうれしいですね。 小陰唇縮小手術から1か月後の検診 小陰唇縮小手術から1か月後、検診のため再び湘南美容外科新宿本院を訪れました。 もちろん診察してくださるのは福澤医師。 診察の結果、経過は良好とのこと! Aさんはうれしそうに検診を終え、湘南美容外科新宿本院を後にしました。 小陰唇縮小手術後の経過。 ビフォーアフターは? 手術前、手術直後、1週間後、1か月後の小陰唇の写真を比較してみました。 比較してみると、Aさんがおっしゃっていたように手術から1週間後はまだ若干腫れているかも……? でも、とにかく手術前に比べ、 小さくすっきりした小陰唇に。 これで、小陰唇がすれて気になるようなこともなくなるはずです! 小陰唇縮小手術の料金は? 湘南美容外科には2種類の小陰唇縮小術がありますが、今回行ったのは 抜糸なし7DAYSという手法のもの。 抜糸なし7DAYSの小陰唇縮小術は、両側で 253,120円(税込)です。 今回は抜糸なし7DAYSの副皮除去術も同時に行いました。 副皮除去術は両側で 230,040円(税込)。 なので今回の施術は、 合計483,160円でした! 小陰唇縮小手術のカウンセリングを受けてみては? 小陰唇縮小手術は決して安い出費ではないけれど、 悩みから解放され、理想の女性器を手に入れる方法のひとつです。 一度受ければ再び大きくなることはほとんどないということからも、 検討する価値があるかもしれません。 自分の小陰唇が気になるけれど、本当に手術を受ける必要があるかわからないという人も、カウンセリングを受けて診断してもらってみてはいかがでしょうか?.

次の

『地元密着金融機関・ひだしん(飛騨信用組合)の職員さんイチオシのお店!!その確かな味と人のあたたかさで、心にほっこり「花」が咲き誇ること間違いなし♪』by shigeshigeふぁいとだぁ : 炒飯 花

ひだしん

ひだしんで採用を担当しています、奥原さや香です。 現在、7歳と3歳の子を持つ、家庭大好き、仕事大好き、飛騨が大好きな2児の母です。 平成27年10月より総務部に配属となり、職員の皆さんの色々な声を聞き、皆がHAPPYでやりがいを持って働ける職場づくりをする事が、私の役目です。 目標はひだしんの母です(笑) ひだしんで一緒に、大好きな飛騨を盛り上げる意欲に溢れた、頼もしい仲間をお待ちしています。 少しでも興味を持たれましたら、お気軽にお申し付けください。 きっとひだしんの魅力を感じていただけるのではないでしょうか。 飛騨市古川町出身。 こよなくサッカーを愛する26歳です。 こよなく子供を愛し、 こよなく奥さんに怒られ、 こよなく職場に恵まれ、 こよなく幸せな人生を送っております。 現在は営業統括部にて、全店のスキルアップ、営業の支援等行っております。 飛騨信用組合ブランド戦略部の田口舞です! 飛騨信用組合【ひだしん】のイメージアップ、ブランドPRを目的とし、チラシ、ポスターなど販促物のデザイン、ひだしん取り組みの様子を紹介する動画製作・配信などを行っています。 また、地元女子ハンドボールチーム『飛騨高山ブラックブルズ岐阜』の選手兼コーチとしてブルズのゴールを守るGKをしています。 ブルズは日本ハンドボールリーグという国内最高峰のトップリーグに参戦中。 選手それぞれが仕事をしながら練習に取り組み、日本一を目指して日々活動をしています。 飛騨信用組合 営業統括部の早川真由です。 FP担当として投資信託などの資産運用のご案内をさせていただいています。 三重県出身ですが、飛騨大好きでIターンでやって来ました。 2017年の目標は飛騨弁を喋れるようになって、飛騨人になれるようにすることです。 資産運用のお役に立てるようにと思い、全力を振り絞っていきます。 たくさんの方とお知り合いになりたいです。 飛騨信用組合 本店• 高山市花岡町に本店を置き、高山市に13店舗、飛騨市内に3店舗の支店を構える地域密着型金融機関です。 愛称は『ひだしん』。 おなじみ飛騨のさるぼぼをモチーフにした『しんちゃん、くみちゃん』がひだしんの人気マスコットキャラクターです。 地域の皆様に愛され信頼される金融機関として、『街のコンシェルジュ』を合言葉に、お客様のどんなお困り事にも相談に乗れる、よきアドバイザーを目指し様々な取組を行っています。 なぜやるのか• ひだしんで働く職員は、それぞれのHAPPYを感じながら働いています ひだしんは、これまで地域の皆様の支えをいただき、地域と共に順調に成長してまいりました。 飛騨地域は、今多くの観光客に注目され、何百万人もの観光客が訪れる、非常に魅力的なエリアとなっています。 ところが、当地域も例外なく、人口減少、少子・高齢化など様々な地域課題を抱えています。 ひだしんは、地元自治体が総力を挙げて取り組むこれらの地域課題に、地域の金融機関として積極的に関わり、取引先企業の成長を後押ししながら地域経済の活性化に向けたお手伝いをしたいと思っています。 ひだしんは、お客様あってのひだしんです。 そしてこの地域あってのひだしんです。 地域が元気にならなければ、私たちひだしんも元気でいることは出来ません。 地域コミュニティの一員として、飛騨地域が笑顔あふれる元気な街になるよう、地域に新しい光を灯したい…それがひだしんの想いです。 そのためには職員がやりがいを持って、前向きに働ける環境を整えることも重要だと考えます。 職員も地域社会の一員であり、職員がHAPPYでなければ、お客様や地域をHAPPYにすることは出来ません。 この地域に笑顔とHAPPYが広がれば、若者や地域外の人々が自然と集まる、活気あふれる街になるのではないでしょうか。 日々ひだしんは、皆様にHAPPYを届けるためにどんなことが出来るだろうかと常に考え、チャレンジし続けています。 どうやっているのか• 本制度は、地元の皆様が出来るだけ地元で買い物や食事をすることで、地域のお金が地域に還流し、地元企業の活性化に繋がるはずだという願いを込めて始めた、会員制の優待サービスです。 地域の企業のご協力もあって、加盟店であるひだしんさるぼぼ倶楽部ファミリー店は、平成28年3月末現在257店舗になり、総会員数28,896名と地域の皆様に大変好評をいただいております。 また、ひだしんは、「どこに相談したらいいのか、何をどうしたらいいのか」と悩んでいらっしゃる事業者の皆様が、安心して何でも相談できる、無料のよろず相談所『BizCon. HIDA』を平成26年7月に開設いたしました。 さらには、『育てる金融』をキーワードに『お客様の事業のステージに合わせた適切な金融サービスを提供したい』との思いから、BizCon. HIDAを中心とした金融サービスプラットフォームとして、クラウドファンディング『FAVVO飛騨・高山』や地域活性化ファンド等の取組を積極的に進めてまいりました。 お客様にただ寄り添うだけでなく、共に考え、共に価値を生み出し、共に成長していけるような『伴奏型金融』の提供を目指して、様々なメニューを取り揃えております。 平成27年11月には、お客様により便利で使いやすい店舗を提供したいと、当地域初のインストアブランチ形態の店舗を展開いたしました。 当店舗は地元のスーパーに併設され、営業時間はAM9:30~PM7:30、年末年始を除く土日祝日営業としており、普段金融機関の窓口にご来店できないお客様のため、営業時間の見直しを行いました。 それに合わせて勤務形態も週休3日のシフト制を導入し、お陰様で地元のお客様からは、買い物のついでに立ち寄れて、大変利用しやすいと喜んでいただいております。 他にも、ひだしんは地域を盛り上げるにはスポーツも重要であると考え、スポーツ振興にも力を入れております。 この飛騨の地から、国内最高峰のトップリーグ『日本ハンドボールリーグ』に参戦する女子ハンドボールチーム『飛騨高山ブラックブルズ岐阜』。 彼女たちは、仕事と練習を両立しつつ、頂点を目指して頑張っています。 そんな皆さんの力になりたいと、ひだしんはメインスポンサーとなりました。 平成29年1月現在、4名の選手がひだしんで働きながらハンドボールの練習に励んでいます。 また、地元飛騨高山の出身で平昌オリンピック候補者ではと注目されているアルペンスキーヤーがいることをご存知ですか?ひだしんは、オリンピックを目指し、ひたむきに世界に挑戦する地元アスリート新井真希子選手とメインスポンサー契約を結び、応援しています。 こうして飛騨にも、日本一、世界一を目指して頑張っているスポーツ選手がいます。 でも、なかなか経済的に厳しく、満足のいく練習が出来ていないのが現状でした。 そんな彼女達が少しでも練習に注力できることで、強くなり活躍する姿を見ることが出来れば、地元の子供たちの夢も大きくなることでしょう。 そうすれば、地域全体が一致団結し益々盛り上がってくるはずです。 その他にも、高齢者の健康増進の一環として、飛騨高山グラウンドゴルフ場の整備、子供たちのサッカー大会の開催等多くのスポーツ支援を実施しています。 このような様々な取組を行っていくには、職員一人一人が仕事にやりがいを感じて、前向きに取り組まなければ、実現不可能です。 そのため、ひだしんは職員が自己実現のために活き活きと働き、長く働き続けられる職場づくりを目指し、様々な制度整備を進めております。 近年は、育児休業の取得推進はもちろん、嘱託職員やパート職員の正職員登用制度の導入による雇用形態の安定化、さらには女性を中心とした事務改善チームの発足により、本部・営業店を巻き込んでの、大きな事務体系の変革を実施し、新たに数名の女性リーダーを選任する等、ひだしん流ダイバーシティを進めてまいりました。 今後は、男女問わず大きな問題となるであろう、介護問題にも真摯に向き合い、在宅勤務や育児・介護休暇制度の充実など前向きに検討し、個々のライフスタイルに合わせた多様な勤務体系への対応を取り入れたいと考えております。 また、ひだしんは若い職員が比較的多いため、やる気があれば年齢に関係なく、本部の専門的なポジションについて、経営陣の近くで多くを学ぶ機会が持てることも大きな魅力ではないでしょうか。 また、福利厚生もとても充実していて、ここ数年は職員旅行を実施し、皆で仲良く酒を酌み交わします。 また、お誕生日には組合から誕生日プレゼントが届く、とてもアットホームで素敵な職場だと思います。 こんなことやります ひだしんは、これからも地域が抱える様々な課題に真摯に向き合い、ひだしんの強みを生かした地域価値の創造に積極的に挑戦していきます。 近年、フィンテックと呼ばれるIT技術を使った新しい金融サービスが広がりを見せています。 お客様のライフスタイルや嗜好が変化していく中で、私たちの提供する金融サービスも日々変化させていかなくてはいけません。 そんな中、私たちが現在取り組んでいるのは、スマートフォンアプリを活用した電子地域通貨プラットフォームの導入です。 地域通貨の電子化は金融機関初の試みであり、地域密着型金融機関として利用者のメリットを確保しながらも、地域経済の活性化を目指し、併せて当組合の収益にも資するビジネスモデルを実現し、全国の金融機関や自治体等に向けて提供したいと考えています。 また、この地域内には、同じように飛騨を盛り上げたいという熱い思いを持った人々がたくさんいます。 そして、狭い地域ならではの強いつながりがあります。 そんな地元のために頑張っている方々と手を取り合って、共にどこにも負けない地域を創っていきたいと思っています。 私たちは、金融機関の概念にとらわれず、柔軟な発想を持って、やりたいことの実現に向けて、前向きに取組める元気な人材を求めています。 これからの金融機関には、個性と多種多様な能力を持った人材が求められます。 地域を元気にして、自分もHAPPYになりたい!そんな熱い思いを持った方は、ぜひひだしんを感じに来てください。 ひだしんでしか出来ないことがきっとあるはずです。 ここには温かい仲間がたくさん待っていますよ。

次の

ひだしん「さるぼぼ」ネーミング募集!!: 飛騨高山をのぞいて見れば!

ひだしん

ひだしんで採用を担当しています、奥原さや香です。 現在、7歳と3歳の子を持つ、家庭大好き、仕事大好き、飛騨が大好きな2児の母です。 平成27年10月より総務部に配属となり、職員の皆さんの色々な声を聞き、皆がHAPPYでやりがいを持って働ける職場づくりをする事が、私の役目です。 目標はひだしんの母です(笑) ひだしんで一緒に、大好きな飛騨を盛り上げる意欲に溢れた、頼もしい仲間をお待ちしています。 少しでも興味を持たれましたら、お気軽にお申し付けください。 きっとひだしんの魅力を感じていただけるのではないでしょうか。 飛騨市古川町出身。 こよなくサッカーを愛する26歳です。 こよなく子供を愛し、 こよなく奥さんに怒られ、 こよなく職場に恵まれ、 こよなく幸せな人生を送っております。 現在は営業統括部にて、全店のスキルアップ、営業の支援等行っております。 飛騨信用組合ブランド戦略部の田口舞です! 飛騨信用組合【ひだしん】のイメージアップ、ブランドPRを目的とし、チラシ、ポスターなど販促物のデザイン、ひだしん取り組みの様子を紹介する動画製作・配信などを行っています。 また、地元女子ハンドボールチーム『飛騨高山ブラックブルズ岐阜』の選手兼コーチとしてブルズのゴールを守るGKをしています。 ブルズは日本ハンドボールリーグという国内最高峰のトップリーグに参戦中。 選手それぞれが仕事をしながら練習に取り組み、日本一を目指して日々活動をしています。 飛騨信用組合 営業統括部の早川真由です。 FP担当として投資信託などの資産運用のご案内をさせていただいています。 三重県出身ですが、飛騨大好きでIターンでやって来ました。 2017年の目標は飛騨弁を喋れるようになって、飛騨人になれるようにすることです。 資産運用のお役に立てるようにと思い、全力を振り絞っていきます。 たくさんの方とお知り合いになりたいです。 飛騨信用組合 本店• 高山市花岡町に本店を置き、高山市に13店舗、飛騨市内に3店舗の支店を構える地域密着型金融機関です。 愛称は『ひだしん』。 おなじみ飛騨のさるぼぼをモチーフにした『しんちゃん、くみちゃん』がひだしんの人気マスコットキャラクターです。 地域の皆様に愛され信頼される金融機関として、『街のコンシェルジュ』を合言葉に、お客様のどんなお困り事にも相談に乗れる、よきアドバイザーを目指し様々な取組を行っています。 なぜやるのか• ひだしんで働く職員は、それぞれのHAPPYを感じながら働いています ひだしんは、これまで地域の皆様の支えをいただき、地域と共に順調に成長してまいりました。 飛騨地域は、今多くの観光客に注目され、何百万人もの観光客が訪れる、非常に魅力的なエリアとなっています。 ところが、当地域も例外なく、人口減少、少子・高齢化など様々な地域課題を抱えています。 ひだしんは、地元自治体が総力を挙げて取り組むこれらの地域課題に、地域の金融機関として積極的に関わり、取引先企業の成長を後押ししながら地域経済の活性化に向けたお手伝いをしたいと思っています。 ひだしんは、お客様あってのひだしんです。 そしてこの地域あってのひだしんです。 地域が元気にならなければ、私たちひだしんも元気でいることは出来ません。 地域コミュニティの一員として、飛騨地域が笑顔あふれる元気な街になるよう、地域に新しい光を灯したい…それがひだしんの想いです。 そのためには職員がやりがいを持って、前向きに働ける環境を整えることも重要だと考えます。 職員も地域社会の一員であり、職員がHAPPYでなければ、お客様や地域をHAPPYにすることは出来ません。 この地域に笑顔とHAPPYが広がれば、若者や地域外の人々が自然と集まる、活気あふれる街になるのではないでしょうか。 日々ひだしんは、皆様にHAPPYを届けるためにどんなことが出来るだろうかと常に考え、チャレンジし続けています。 どうやっているのか• 本制度は、地元の皆様が出来るだけ地元で買い物や食事をすることで、地域のお金が地域に還流し、地元企業の活性化に繋がるはずだという願いを込めて始めた、会員制の優待サービスです。 地域の企業のご協力もあって、加盟店であるひだしんさるぼぼ倶楽部ファミリー店は、平成28年3月末現在257店舗になり、総会員数28,896名と地域の皆様に大変好評をいただいております。 また、ひだしんは、「どこに相談したらいいのか、何をどうしたらいいのか」と悩んでいらっしゃる事業者の皆様が、安心して何でも相談できる、無料のよろず相談所『BizCon. HIDA』を平成26年7月に開設いたしました。 さらには、『育てる金融』をキーワードに『お客様の事業のステージに合わせた適切な金融サービスを提供したい』との思いから、BizCon. HIDAを中心とした金融サービスプラットフォームとして、クラウドファンディング『FAVVO飛騨・高山』や地域活性化ファンド等の取組を積極的に進めてまいりました。 お客様にただ寄り添うだけでなく、共に考え、共に価値を生み出し、共に成長していけるような『伴奏型金融』の提供を目指して、様々なメニューを取り揃えております。 平成27年11月には、お客様により便利で使いやすい店舗を提供したいと、当地域初のインストアブランチ形態の店舗を展開いたしました。 当店舗は地元のスーパーに併設され、営業時間はAM9:30~PM7:30、年末年始を除く土日祝日営業としており、普段金融機関の窓口にご来店できないお客様のため、営業時間の見直しを行いました。 それに合わせて勤務形態も週休3日のシフト制を導入し、お陰様で地元のお客様からは、買い物のついでに立ち寄れて、大変利用しやすいと喜んでいただいております。 他にも、ひだしんは地域を盛り上げるにはスポーツも重要であると考え、スポーツ振興にも力を入れております。 この飛騨の地から、国内最高峰のトップリーグ『日本ハンドボールリーグ』に参戦する女子ハンドボールチーム『飛騨高山ブラックブルズ岐阜』。 彼女たちは、仕事と練習を両立しつつ、頂点を目指して頑張っています。 そんな皆さんの力になりたいと、ひだしんはメインスポンサーとなりました。 平成29年1月現在、4名の選手がひだしんで働きながらハンドボールの練習に励んでいます。 また、地元飛騨高山の出身で平昌オリンピック候補者ではと注目されているアルペンスキーヤーがいることをご存知ですか?ひだしんは、オリンピックを目指し、ひたむきに世界に挑戦する地元アスリート新井真希子選手とメインスポンサー契約を結び、応援しています。 こうして飛騨にも、日本一、世界一を目指して頑張っているスポーツ選手がいます。 でも、なかなか経済的に厳しく、満足のいく練習が出来ていないのが現状でした。 そんな彼女達が少しでも練習に注力できることで、強くなり活躍する姿を見ることが出来れば、地元の子供たちの夢も大きくなることでしょう。 そうすれば、地域全体が一致団結し益々盛り上がってくるはずです。 その他にも、高齢者の健康増進の一環として、飛騨高山グラウンドゴルフ場の整備、子供たちのサッカー大会の開催等多くのスポーツ支援を実施しています。 このような様々な取組を行っていくには、職員一人一人が仕事にやりがいを感じて、前向きに取り組まなければ、実現不可能です。 そのため、ひだしんは職員が自己実現のために活き活きと働き、長く働き続けられる職場づくりを目指し、様々な制度整備を進めております。 近年は、育児休業の取得推進はもちろん、嘱託職員やパート職員の正職員登用制度の導入による雇用形態の安定化、さらには女性を中心とした事務改善チームの発足により、本部・営業店を巻き込んでの、大きな事務体系の変革を実施し、新たに数名の女性リーダーを選任する等、ひだしん流ダイバーシティを進めてまいりました。 今後は、男女問わず大きな問題となるであろう、介護問題にも真摯に向き合い、在宅勤務や育児・介護休暇制度の充実など前向きに検討し、個々のライフスタイルに合わせた多様な勤務体系への対応を取り入れたいと考えております。 また、ひだしんは若い職員が比較的多いため、やる気があれば年齢に関係なく、本部の専門的なポジションについて、経営陣の近くで多くを学ぶ機会が持てることも大きな魅力ではないでしょうか。 また、福利厚生もとても充実していて、ここ数年は職員旅行を実施し、皆で仲良く酒を酌み交わします。 また、お誕生日には組合から誕生日プレゼントが届く、とてもアットホームで素敵な職場だと思います。 こんなことやります ひだしんは、これからも地域が抱える様々な課題に真摯に向き合い、ひだしんの強みを生かした地域価値の創造に積極的に挑戦していきます。 近年、フィンテックと呼ばれるIT技術を使った新しい金融サービスが広がりを見せています。 お客様のライフスタイルや嗜好が変化していく中で、私たちの提供する金融サービスも日々変化させていかなくてはいけません。 そんな中、私たちが現在取り組んでいるのは、スマートフォンアプリを活用した電子地域通貨プラットフォームの導入です。 地域通貨の電子化は金融機関初の試みであり、地域密着型金融機関として利用者のメリットを確保しながらも、地域経済の活性化を目指し、併せて当組合の収益にも資するビジネスモデルを実現し、全国の金融機関や自治体等に向けて提供したいと考えています。 また、この地域内には、同じように飛騨を盛り上げたいという熱い思いを持った人々がたくさんいます。 そして、狭い地域ならではの強いつながりがあります。 そんな地元のために頑張っている方々と手を取り合って、共にどこにも負けない地域を創っていきたいと思っています。 私たちは、金融機関の概念にとらわれず、柔軟な発想を持って、やりたいことの実現に向けて、前向きに取組める元気な人材を求めています。 これからの金融機関には、個性と多種多様な能力を持った人材が求められます。 地域を元気にして、自分もHAPPYになりたい!そんな熱い思いを持った方は、ぜひひだしんを感じに来てください。 ひだしんでしか出来ないことがきっとあるはずです。 ここには温かい仲間がたくさん待っていますよ。

次の