約束 の ネバーランド ネタバレ 162。 約束のネバーランド 番号について!番号には法則がある?

約束のネバーランドのネタバレと6巻の感想!救援者は何者!?

約束 の ネバーランド ネタバレ 162

彼らを救うべく、エマたちが向かいました。 約束のネバーランド【第162話】玉座盗りゲームのネタバレ 各地で火の手が上がり、混乱が続く王都。 そんな中ソンジュとムジカは寺院へと向かっていました。 今でこそ都の端に小さく追いやられている寺院ですが、かつては神の声を伝える者として代々の王を任命し、その政治を助け、そして民の心の支えでした。 中でも大僧正様と四賢者、彼らは本当に立派で、その民に尽くしていたというソンジュ。 ムジカは「ソンジュの先生の先生よね」と言います。 しかしその贖罪に自らは教義を遵守し、ただひたすらに民の安寧を祈り続けたのです。 民はそのおかげで今、養食人肉を食えていると思っているというソンジュ。 大僧正様たちの犠牲と祈りが神の怒りを鎮めてくれたのだと。 寺院にたどり着いたソンジュはカーテンをめくって、部屋の中に入りました。 そこには大僧正と四賢者が両手を合わせて、祈るように椅子に座っていました。 軽く頭を下げるソンジュ。 ムジカはやせ細ったミイラのような姿で動かない大僧正たちを見て、人形?死体?と感じます。 まだ生きているのね?というムジカに、ソンジュは「ああ」と答えます。 人間を食べずに1000年もどうやってと驚くムジカに、仮死状態だと説明するソンジュ。 生きながらにして肉体を極限状態にし、代謝、細胞分裂を止めているのだとか。 それは誰にでもできることではなく、彼らは今も民のために祈り続けているのです。 そしてソンジュは大僧正と四賢者を自分たちの邪血で復活させ、大僧正を王にすると言います。 1000年も経っているので、そもそも蘇生が上手くいくかもわかりません。 しかし王政が崩れた今、混乱を鎮めて民をまとめ、導くことが出来るのは彼らだけだというソンジュ。 ムジカは城下や五摂家領に、女王たちの死が知れ渡る前に急ぎましょう!と言います。 エマたちと約束したもの。 これ以上誰も死なせない。 さらに部下は城下でソンジュとムジカも確認され、城から出てくる人間の子供たちの姿もカメラが捉えたと報告します。 実はアジトでエマたちは死んだと子供たちに聞かされていたピーター・ラートリーですが、やはり生きていたと怒りを露わにします。 部下たちはまさか食用児が王都を襲ったのかとうろたえていますが、却って好都合だというピーター・ラートリー。 この機を存分に利用してやろうじゃないかと不敵な笑みを浮かべます。 そして今から言うべきものへ急いで伝えよ!女王・五摂家の弔い合戦だ!!と叫ぶピーター・ラートリー。 女王らが死んだ?ちょうどいい。 玉座・政権は我らがいただく。 今後この世界は我らの統轄下で調停するのだ! ピーター・ラートリーはそういうと、いま派兵している全捜索隊も即刻引き上げさせると言います。 食用児をどうするのかという部下たちに、我らの行き先をやつらはすでに知っているから待てばいいというピーター・ラートリー。 やつらは必ず仲間を助けに来る、絶対に見捨てはしない。 来い食用児共。 永遠の子供たちよ。 ネバーランドは終わらせない。 片をつけよう、グレイスフィールドで。 その後、GFに到着した子供たちは拘束され、鬼たちと共に門の前で待機していました。 まさかこんな形で戻ってくるなんて・・・と苦い表情でつぶやくラニオン。 その時GFの門が開き、一人の女が鬼を引き連れて現れました。 出迎えご苦労、お久しぶりですとあいさつするピーター・ラートリー。 そこには不敵な笑みを浮かべるイザベラの姿がありました。 子供たちは青ざめながら「ママ・・・」とつぶやくのでした。 約束のネバーランド【第162話】玉座盗りゲームの感想 当然ですが、GFでイザベラと再会することになりましたね。 一番底知れない怖さがある人物なので、エマたちの最大の敵になりそうな予感がします。 今後の展開が楽しみですね! 次回の約束のネバーランド【第163話】が掲載される週刊少年ジャンプ6・7合併号は1月4日に発売されます。

次の

【約ネバ最新話ネタバレ完結181話】子供たちとエマが感動の再会を果たす!|ワンピースネタバレ漫画考察

約束 の ネバーランド ネタバレ 162

-------------------------------------------------- 寺院を目指すソンジュとムジカ 王都では鬼たちが街の復興に努めている最中、ソンジュとムジカはある場所へと急いでいた。 ソンジュが目指していたのは、とある寺院。 寺院の存在は、今現在は都の端に追いやられてしまったものの、昔は神の声を伝える者として代々の王を任命する役割だった。 更にその政治を助け、民の心の支えになっていた。 人間と組んだ約束のせいで寺院への信仰が歪み、力を失ってしまったものの、寺院への敬意は今も民の中に残っているというソンジュ。 その中でも、大僧正様と呼ばれる人物と、四賢者と呼ばれる人物たちは、その身を捧げて民に尽くしていたという。 実は大僧正はソンジュの先生の先生でもあった。 大僧正と四賢者の現在 大僧正は約束をした後、民の命を守るために民に教義を破るように許した。 その贖罪として、自分たちは教義を守り切ることにした。 民はそのおかげで今養食を食べることができていると思っていると…。 大僧正様たちの犠牲と祈りが神の怒りを鎮めたと思い込んでいた。 そう話しながら辿り着いた寺院。 そこにいたのは、骨と皮の状態になりながら、手を合わせている大僧正様と四賢者の姿だった。 さすがのムジカも驚く…。 -------------------------------------------------- 女王の死を知るラートリー しかし、ラートリーのフクロウが、王都の襲撃を確認していた。 レグラヴァリマ女王が逝去されたとの報告がラートリーたちのもとに入る。 儀祭を狙った賊徒の犯行かと思っていたようだが、邪血のソンジュとムジカの姿の確認、更にヴィンセント達の姿もバレていた。 すでにノーマンのアジトの子供たちは囚われていたが、エマたちは死んだ!とウソの証言を子供たちからされていた。 それがウソだったとラートリーが気付いた瞬間だった。 ラートリーの計画 ラートリーは、この機会を存分に利用してやろうと思いつく。 これは、女王と五摂家の弔い合戦だと! 女王が死んだのならちょうどいい、この世界をラートリーたちが統括してやろうと邪悪な笑みを浮かべる! 必ず仲間を助けに来るとラートリーは確信していた。 そのため、全捜索隊を引き上げさせ、GFに集合させる。 ネバーランドは絶対に終わらせない、GFで決着をつけよう、と。 -------------------------------------------------- 約束のネバーランド162話ネタバレの感想考察 今回の見どころは、やはり イザベラの再登場でしょう! エマたちが脱走してから、イザベラはハウスから消えたと言っていました。 そのためもしかすると責任を取らされたのでは、と考えられていたのです。 しかし やはりイザベラは生きていましたね。 きちんと登場してきたので、少し嬉しくなりました。 ただ、ピーター側の人間のように描かれていたので、 再び敵としてエマたちの前に立ち塞がるのでしょうか!? 鬼も引き連れているので、本人の意思とは関係なく、あちら側として行動しなければならないようですね。 そしてもう一つ、ソンジュの言っていたアテとは 先生の先生のことでした。 ソンジュは先生の教えを守り、エマたちの味方をしてくれました。 そんな先生に教えた先生です。 かなりの重要人物ですね! 大僧正様と四賢者は、無事復活するのでしょうか!? 彼らなら、確かに新たな王になり得るでしょうね。 寺院とグレイスフィールド、どちらの展開も気になりますね。 -------------------------------------------------- GF農園! エマ達はGF農園に到着すると、これからどうやって侵入しようか考えます。 農園の入り口には鬼達が構えており、簡単には入れなさそうでした。 そこでエマはまともに戦っても勝てっこないからとある作戦を伝えます。 その作戦を聞いたみんなは驚き、あまりにも危険でやめた方がいいと言うのです。 エマはそれでも今はこれしかないと思う!と自分が囮になって引き付ける役目を担いました。 そしてエマは一人走り出すと、鬼達は思った通りにエマを追いかけてます。 レイとノーマンがサポートをしながら、GF農園へ侵入することに成功するのでした。 -------------------------------------------------- 新たな王! ムジカとソンジュはある人物のところへ向かいました。 そこは鬼達にとって聖なる場所とされる社でした。 ムジカはここは?とソンジュに聞くと、ここにはあるものが祀られていると答えます。 そしてソンジュがある呪文を唱えると、見たこともない鬼の化身が現れました。 今鬼の世界は混沌としてリーダーが存在しません、お導きを…とソンジュが伺います。 すると、ある巨大な力が王都全体に降り注ぎ、ムジカを新たな王にすることを聞くのでした。 その言葉通りにすれば問題ないとし、ソンジュはムジカに王として君臨を願い、それを受け入れました。 エマの作戦! エマは鬼達を倒す秘策を思いつきました。 それはソンジュがくれた一つの武器を使うことです。 こんな小さな刀で手際や倒すことができるのか?とノーマン達は疑っていました。 エマは確かに接近戦で危ないけれど、ソンジュがきっと役に立つと言ってくれたから大丈夫!と自信満々です。 そして鬼を引きつけてその刀を使うと、一瞬にして動きが止まりました。 時空を止める力を持つ刀で、エマはこの秘密の刀を使い拐われた仲間達の前にまで来ることができたのです。 ピーターの反応は!? ピーターはおそらく、 まだ女王たちが死んだことを知らないでしょう。 しかしエマたちが突入するまでに報告を受ける可能性もあります。 その場合、 ピーターは鬼の世界も自分の思うようにするのではないでしょうか。 これまでなかなか動くことが出来なかった分、これから自由に支配していくのかもしれません。 もしくは、エマたちから鬼たちが死んだことを聞かされるパターンもあり得ますね。 その場合は、 もう戦う必要はないのだとノーマンは言うのかもしれません。 ただ、 そこで引き下がるピーターではないでしょう。 やはりある程度の戦いは避けることができないと思います。 イザベラの存在 グレイスフィールドといえば、やはりイザベラの存在が外せないですよね。 イザベラはエマたちを逃してしまい、それ以降の消息は不明と言われています。 つまり、 まだ生きている可能性もあるのです! わざわざ最後にグレイスフィールドへ戻ってくるということは、 イザベラの登場の可能性も決して低くはないと思います。 そして今度こそ、みんなのママとして力を貸してくれるのでは、と期待したいところですね。 ちなみにもう一人のママ、 クローネは死亡が確定しています。 女王の体からその顔を覗かせるという、なかなかショッキングなシーンまでありましたしね。 -------------------------------------------------- この物語の結末は? 正真正銘、これが最後の戦いだと思います。 作者自身がこの作品を4年ほどで終わらせるつもりである、と当初から言っていました。 その通りなら、今の戦いを終えた時、この物語は終わるのでしょう。 その結末とは、どのようなものなのでしょうか!? 鬼と人間は完全に分かれて暮らすことになるのか。 それともエマたちが、ムジカやソンジュにたまに会いに行くのでしょうか。 個人的には後者の方が嬉しいですね。 やはり 完全にサヨナラとなると、少し寂しいですし。 この物語がどう結末に向かうのか、次回からの展開も楽しみですね! -------------------------------------------------- 約束のネバーランド162話ネタバレまとめ オリバーたちが到着した時には、 既に仲間たちは移送されていました。 食料とするために、グレイスフィールドへ向かっているそうです。 向こうの敵兵は2000。 そんな中、エマは大丈夫だと断言しました。 自分たちなら大丈夫、という前向きなエマの言葉に、みんなはグレイスフィールドへ向かうことを決意します。 いよいよこれが最後の戦いです。 エマたちは家族を取り戻すことができるのでしょうか!? 次回の『約束のネバーランド』第163話を楽しみに待ちましょう! >>> 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

最新ネタバレ『約束のネバーランド』162

約束 の ネバーランド ネタバレ 162

2020年1月4日 土 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド 約ネバ 本誌163話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 約束のネバーランドの前話162話では、大僧正と四賢者の存命が判明。 その復活が今後の鬼世界の明暗を左右することがわかり、ソンジュとムジカは大僧正と四賢者の復活に向けて動き出します。 また、最後にはグランマ・イザベラも登場。 エマたちを逃がすという失態を犯したイザベラが、どのようにグランマまで登りつめたのかも気になりますね。 今回は「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ163話最新話確定速報】大僧正を復活させるもソンジュとムジカ逮捕」と題し紹介していきます。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 大僧正を復活させるソンジュとムジカ ソンジュとムジカは大僧正と四賢者と復活させ、新たな王を建てようと計画していました。 ついに自らの邪血を分け、大僧正を復活させることに成功します。 1000年の眠りから目覚め、すぐに状況を呑み込めない様子の大僧正ですが、目の前にいるソンジュとムジカを見て自分を復活させるためにどれほどの血を必要としたのか察します。 何があったのか尋ねる大僧正に対し、ソンジュが今起きていることを説明します。 女王や五摂家が殺されたことを聞いた大僧正は、滅ぶか殺されるしか道がなかったのは残念だと落胆。 いつかこんな日が来るのでないかと恐れていたと大僧正は語りますが、それもまた決まっていたことかもしれないと話します。 その結果としてムジカのような特別な血を持つ者が生まれ、神は私たちに生きる選択を残したのだ大僧正は語るのでした。 ムジカに対し700年間生き延びてくれたことを感謝し、自分にできることがあるのなら何でもすると大僧正は約束します。 新政府樹立の通達 ソンジュが大僧正との約束を取り付け、ほかの四賢者たちも起こそうとした矢先、街のほうが騒がしくなりました。 王兵が民衆に対し、女王並びに五摂家が賊の手によって殺されたこと、これからは四大農園と五摂家の各家臣団が連携して政治を取り仕切ることが伝えられていました。 賊の正体を明かせと騒ぐ民衆に対し王兵は、賊の正体はかつて野良落ちの刑に処されたギーラン一派と邪血の二人組だと伝えるのでした。 ソンジュとムジカにかけられた誤解を解こうとする民衆たち ムジカたちに助けられた民衆は、なんとかソンジュとムジカの誤解を解こうと王兵に近寄りますが逆につかまり、牢屋へ投獄されてしまいます。 さらに、邪血を得た鬼たちを処分すると民衆に告げ、女王の敵として賊を殺すように民衆をあおる王兵たち。 その様子を見て、自分たちが助けたために民衆が皆殺しにされることを嘆くムジカ。 エマやレイによって世界が変化することを好機だと考えていたソンジュですが、その希望も儚く散ってしまったのです。 約束のネバーランド 約ネバ 最新話163話への感想ツイート 鬼滅に隠されてるかもしれないけど。 約束のネバーランドもすごくいい漫画ですよ?笑笑 鬼滅みたいに流行ってもいいのよ?笑 新刊は、ザジがカッコ良かったよ?笑 — しょーき🦁 homo23shoki 以下が約束のネバーランド 約ネバ 163話を読んでの感想ツイートの一部です。 約束のネバーランドめちゃくちゃおもしろいな、、続きが気になりすぎて最新話まで一気に読んでしまった、、ノーマン消えたあとノーマンロスだったけど再開した後のノーマンくそ殴りたかった😢😢😢 — コトネ ktn0003 ムジカ、ソンジュ好きだわ — いも imoimo1118 大僧正様が邪血で復活したのはいいけどラートリーたち王政の復権が早すぎて驚いた。 ソンジュたちとギリギリの勝負をすると思ってたのに圧倒的にラートリーたちの方が早い。 状況が一転して追われる立場になったけど誰かが助けるくらいしかもう逃げれる方法が無さそう…。 頑張ってほしいなぁ。 彼らが納得する結末になってほしい。 しかも自分が助けたせいで多くの者が犠牲になるとかキッツいな。 ラートリー想像以上に出来る奴だ。 ここらでしばらくソンジュ編が来る気がしてるなぁ。 — 一ノ瀬飛鳥 itinoseasuka 約束のネバーランド 約ネバ 163話ネタバレ最新話確定速報まとめ 約束のネバーランド 約ネバ 本誌の前話162話では、大僧正と四賢者たちの復活が世界の明暗を左右することが判明。 さらに、エマやレイたちを逃がすという失態を犯したイザベラが、グランマ・イザベラとなって登場しました。 163話では、ソンジュとムジカが大僧正を復活させるも、女王と五摂家を殺した賊として追われる身となってしまいます。 ソンジュとムジカに助けられた民衆たちがなんとか誤解を解こうとするものの、ソンジュの努力むなしく捕まってしまいます。 163話はソンジュとムジカ、二人の主役回となっており、珍しくエマやレイの活躍はありませんでした。 また、いかにしてイザベラがグランマになったのか知りたかったのですが、それについても触れられていませんでした。 次話164話では、捕まった後のソンジュとムジカの動き、また、同行する大僧正が何らかの働きをして二人が逃げることを期待します。 以上「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ163話最新話確定速報】大僧正を復活させるもソンジュとムジカ逮捕」と題しお届けしました。

次の