大阪 コロナ 追跡 システム。 「大阪コロナ追跡システム」と「厚労省COCOA」の違いとは?観光業の回復に向け気を付けたい「インバウンドの気持ち」:個人情報保

大阪コロナ追跡システム開発費は80万円 吉村知事「国会議員の文書通信費より安い」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

大阪 コロナ 追跡 システム

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる緊急事態宣言の中、独自の「出口戦略」で話題となった大阪府。 「出口戦略」以外にも「入口戦略」(自粛・休業要請を再開する基準)や「 大阪コロナ追跡システム」など独自の施策が考えられています。 今回は「 大阪コロナ追跡システム」についてご紹介します。 「大阪コロナ追跡システム」とは 「大阪コロナ追跡システム」とは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大を抑えるために 大阪府が独自に構築したシステムです。 不特定多数の人が集まるイベント・店舗等において感染者が発生した場合に、 QRコードを用いて感染拡大を防ぎます。 QRコードを活用して、イベント参加者や店舗等利用者の連絡先を大阪府が把握し、 感染者が発生した場合に、ほかの参加者・利用者へ通知します。 利用方法 イベント主催者・店舗等が、大阪府のHPからQRコードを取得、印刷して会場・店舗に掲示します。 イベント参加者・店舗等利用者は、そのQRコードを読み取り、メールアドレスを登録します。 感染者発生時 QRコードが掲示されたイベント・店舗等で感染者が発生した場合、 大阪府から感染者発生を知らせる通知メールが一斉に送信されます。 イベント参加者・店舗等利用者は、不明点がある際は通知メールに記載のFAQホームページにアクセスし、さらに感染が疑われる場合は、「新型コロナ受信相談センター」へ相談することになります。 メールアドレスは大阪府で管理され、名前・住所・電話番号・行動履歴等は取得されません。 また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)収束後にシステムから削除されます。 Source: 藤田尚眞.

次の

大阪コロナ追跡システム開発費は80万円 吉村知事「国会議員の文書通信費より安い」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

大阪 コロナ 追跡 システム

提供 AERA 2020年6月29日号より 政府は感染者と濃厚接触した可能性を通知する「接触確認アプリ」をリリース。 政府が目指すインストール率は国民の6割以上でこの数字をクリアしないと、感染を抑える効果は得られないというが、大阪府はQRコードでの追跡システムをすでに導入している。 併存しても問題はないのか。 AERA 2020年6月29日号は専門家に意見を求めた。 * * * 国がアプリ開発に奮闘する間、接触追跡に切り込んだ自治体もある。 大阪府は5月29日、「大阪コロナ追跡システム」の運用を始めた。 施設や店舗にQRコードを発行し、利用者がスマホでコードを読み込む。 表示されたWebページでメールアドレスを登録すると、利用施設と日時が記録される仕組みだ。 約3カ月の自粛を経て6月8日に営業を再開したユニバーサル・スタジオ・ジャパンではパークの入り口やレストランなど21種類のQRコードを設置した。 「パーク内ではマスクの着用が必須です。 追跡システムへの登録は個別に案内するのではなく、チラシなどでお知らせしています」(担当者) 大阪府の吉村洋文知事によると、QRコードを使ったシステムの開発費は80万円。 低コストですぐに導入できるため、神奈川県や京都市など自治体にも広がっている。 高松エクスプレスが運行する高速バス「フットバス」も独自でQRコードを使った追跡システムを導入した。 もともと9割弱を占める予約客には、万一感染者が出た場合にすぐ連絡できたが、飛び込みの利用客にも連絡できるようにと仕組みを整えた。 12日にシステムを導入したところ、飛び込み客の半分が利用しているという。 国主導の接触確認アプリと自治体や企業が運用する接触追跡システムが併存する今、どう使い分ければいいのか。 情報化社会や監視社会を研究する慶應義塾大の大屋雄裕(たけひろ)教授はこの状況を「面白い」と見る。 「人との接触を追いかけるアプリに対して、QRは場所の管理に強いのが特徴です。 政府も自治体も予期せぬ結果でしょうが、相互補完する2系統を動かすというのは悪い考えではないでしょう」 グーグルとアップルが共同開発にあたって重視するのは、プライバシーと透明性、ユーザーの同意の三つ。 両社のシステムを利用する接触確認アプリはもちろん、追跡システムも登録に強制力はない。 ワクチンができても打たなければ疫病が防げないように、アプリも使われなければ無力。 カギをにぎるのは、私たちの行動だ。

次の

大阪府/【施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて

大阪 コロナ 追跡 システム

[ABSS] QRコード読取で利用可能、プライバシーにも配慮 株式会社ABシステムソリューション(本社:東京都江東区、代表取締役社長:小貫喜和、以下:当社)は、新型コロナウイルスの感染経路追跡サービス「QRBOX forコロナ追跡サービス」を2020年5月14日(木)より全国の自治体などへ無償提供開始することをお知らせします。 ウィズコロナ時代 における コロナ追跡 全国に広がった緊急事態宣言が徐々に解除されつつありますが、第2、第3の波が来る可能性もあり、引き続きコロナ拡大への警戒が必要です。 そのような背景の中、ウィズコロナでは いち早く感染の可能性のある人をより早く、より多く見つけ、感染を抑制することが重要です。 大阪府では国内初となる独自コロナ追跡システムを5月中に開発、導入することが発表され、今後全国で同様のシステムが必要になると考えられます。 当社は各自治体がコロナ感染者発覚時、機動的に対策できるよう、コロナ追跡サービスを自治体などに無償提供開始します。 「QRBOX for コロナ追跡サービス」 について 「QRBOX forコロナ追跡サービス」は、当社が運営するアンケートプラットフォーム「QRBOX」をベースとして、特別提供されます。 利用自治体は飲食店や商業施設に登録を呼びかけ、各施設は施設ごとに発行されるQRコードを設置します。 登録施設を利用客が訪れた際、スマホで施設のQRコードを読み取ると、その施設で万が一 感染者が出た場合 、 同日(または後日)に対象施設に居た 利用者に 対して、注意喚起を一斉通知できる情報を提供するサービスです。 海外で広がる コロナ追跡システムの課題 と対策 現在、台湾、韓国、イスラエル等ではスマートフォンの位置情報を利用した追跡システムを運用しています。 しかし 位置情報利用 型 は 、 プライバシーの観点から受け入れがたいという課題が浮上し、その後シンガポールやインド等多くのアジア諸国、欧州、中南米がブルートゥースを利用し、感染者の至近距離にいた人を感知・記録する追跡アプリを展開しています。 今後のコロナ追跡ステムは 誰 もが安全かつ 簡単 に 使えることが重要です。 QRBOX forコロナ追跡サービスでは、QRコードを活用し利用拡大と、取得する個人情報をメールアドレスに限定することで、プライバシーの保護を両立させます。 利用 方法 詳細 ・利用想定:全国の各自治体及びショッピングモール、商店街など ・提供内容:「QRBOX forコロナ追跡サービス」 ・提供期間:2020年5月14日(木)~2020年11月30日(月)まで ・利用方法:1.お申し込み、2.ご利用方法説明、 3.専用アカウント発行 ・お申込み:下記お問い合わせURLのお問合せフォームより、「QRBOX forコロナ追跡サービス利用」を入力の上、お申し込みください。 解約料等は発生いたしません。 会社概要 会社名:株式会社ABシステムソリューション(英文社名 AB System Solutions, Co. Ltd.

次の